生活110番辞典 家電の修理

このエントリーをはてなブックマークに追加

洗濯機のお掃除していますか?黒カビ対策と正しい掃除方法

2018-07-04

洗濯機のお掃除していますか?黒カビ対策と正しい掃除方法

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

洗濯機修理の無料相談はコチラPCメールでの無料相談はコチラ

洗濯物を毎日行うご家庭が多いかと思われますが、衣服を洗っている洗濯機の掃除はどうでしょうか?お皿洗いをするためのスポンジが汚れていてはいけないのと同じように、洗濯機そのものも清潔にしておく必要があります。

洗濯機は衣服と一緒に毎日洗われているから、掃除なんて必要ないと思われていませんか?ふたを開けて中を覗き込んで確認しても汚れが見えないので、つい気を抜いてしまいますよね。しかし汚れているのは洗濯層の裏側です。

もし洗濯機の中からニオイがするようなら、もう汚れが溜まっている状態だといえます。ニオイ放っておくと、洗濯を終わった衣服に黒っぽいゴミが付着するようになってしまいます。これではせっかく洗っても、衣服は清潔にならないままです。
ニオイのもとでもある黒っぽい汚れの正体や、洗濯機の掃除方法などをまとめてみました。

洗濯槽のカビについて

洗濯が終わって、洗濯機から衣服を取り出すと黒っぽいワカメのような汚れがついていた……その正体は、カビです。嫌なニオイがしたら、洗濯層の裏側に黒カビが発生していることを疑いましょう。
洗濯層の裏側は、黒カビにとって快適に繁殖できる条件が整っている場所なのです。
洗ったはずの衣服に黒カビが付着していると、洗濯層の裏側は黒カビがびっしりと繁殖しているといって間違えないでしょう。たまりにたまった黒カビが、洗濯機の震動で剥がれ落ちて衣服に付着したと考えられます。

嫌なニオイやアレルギーの原因に?

黒カビが衣服に付着することで、洗濯物が嫌なニオイを発する原因となります。それだけではなく、アレルギー性皮膚炎の原因の1つである可能性が指摘され始めているようです。

洗濯機にカビが生えやすいのは?

毎日洗剤を入れて洗っているのに、どうして洗濯機にカビが生えるのでしょう?
実は洗濯層の内側は、洗濯をするたびに汚れが溜まっていく場所なのです。衣服にはタンパク質や脂肪、泥などあらゆる汚れが付着しています。それらの衣服の汚れだけでなく、洗剤の溶け残りも溜まると、カビの養分となるのです。
洗濯層には水分が残っている状態となりますが、直射日光が入らないためカビにとっては好条件だといえます。

洗濯機を掃除する頻度

毎日のように汗や皮脂で汚れた衣服を洗っている洗濯機ですから、本体は汚れやすいものです。清潔な衣服に身を包むためにも、洗濯機そのものの掃除を大切にしましょう。
洗濯機の掃除の頻度で推奨されているのは、どれぐらいのペースだと思いますか?
一般的には月に1度が推奨されているようです。「え?そんなにやってない」という声も聞こえてきそうです。実際に月に1度必ず洗濯機の掃除を行えているというご家庭は少ないと思われます。
しかし衣服多くは直接肌に触れるものであるため、カビ菌が付着している衣服がアレルギー皮膚炎の原因の1つになりうるのです。肌の健康に影響する可能性があるなら、リスクは減らしたいものです。月に1度の掃除が難しい場合は、3か月に1度を目指しましょう。そして3か月に1度を目安にしながらも、必要なら頻度を増やします。たとえば梅雨の時期は、よりカビが繁殖しやすい時期です。そのような時期は洗濯機の掃除の頻度を増やし、月に1度集中的に掃除をするのがいいでしょう。
洗濯機を掃除する頻度

洗濯機の掃除方法

洗濯機にお湯をためましょう

洗濯層の一番高い水位までお湯をためてください。45~50度ぐらいのお湯がいいでしょう。お風呂の残り湯を利用するという方法もあります。追い焚き機能を利用して、温度を設定しておけば50度のお湯を簡単に準備できます。

洗剤を入れる

酸素系洗剤を投入したら、「洗い」の最長時間で洗濯機を作動させます。そのあと、半日以上は放置し、カビを浮かせていきましょう。

水に浮いた黒カビを排除する

半日以上放置すると、黒カビが水の上に浮いているはずです。細かなネットを使ってひろい取っておきます。浮いている黒カビをだいたい取り除いたら、もう1度洗濯機で洗いを行ってください。

きれいな水に入れ替える

きれいな水に入れ替え、すすぎ~脱水の工程を2回ほど繰り返します。水の汚れがきれいになるまで、何度か行ってください。

糸クズフィルターの掃除も忘れず

フィルターにも黒カビが付着しているので、汚れは捨てましょう。可能なら交換を行います。洗濯機のフタはしばらく開けたままにして、湿気がこもらないようにしましょう。

糸クズフィルターの掃除も忘れず
Photo by Amazon

洗濯機の掃除におすすめの洗剤

洗濯機を掃除するための洗剤には「塩素系」と「酸素系」のものがあります。

塩素系洗剤

次亜塩素系ナトリウムが主成分です。強い殺菌効果が期待されています。目には見えないカビまで退治できます。カビを分解して除去するタイプです。

酸素系洗剤

過炭酸ナトリウムの強い発砲力を利用するので、カビをはがし取って除去を行います。

カビを分解して除去をする「塩素系洗剤」を使用した場合は、カビが水面に浮きにくくなります。浮かし落とす「酸素系洗剤」とは違い分解されているためです。見た目では大きく違いを感じますが、カビを除去する効果はほとんど変わらないようです。各洗濯機メーカーは塩素系洗剤の使用を推奨していることが多いようです。
掃除のしやすさや好みで使い分けてもいいでしょう。
酸素系洗剤
Photo by Amazon

市販の洗濯層クリーナー

市販の洗濯層クリーナーにも、塩素系と酸素系の洗剤に分かれています。洗濯機のタイプによって使用できないものもあるので、よく確認してから購入するようにしてください。

まとめ

洗濯機はカビの繁殖に適している環境が整っています。黒カビは、嫌なニオイの元となるだけでなく、アレルギーの原因の1つだともいわれているようです。洗濯機を清潔に保つことで、そのようなトラブルをなくすことができるでしょう。定期的に洗濯機の掃除を行うことが大切です。塩素系洗剤と酸素系洗剤の効果はほとんど変わらないものですが、使用している洗濯機に合った洗剤を選ぶことが必要です。もしなにか少しでもお困りの方は、一度「生活110番」にて「洗濯機のプロ」を探してみてはいかがでしょうか?

弊社調べの最安値 8,000円~

弊社調べの最安値 8,000円~

洗濯機修理の無料相談はコチラPCメールでの無料相談はコチラ

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
0投票,  平均評価値:0

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、200ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!

最新記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
暮らしのトラブルに備えよう!あると安心のパンフレット
2018-07-04 12:47:16
https://www.seikatsu110.jp/electronics/es_washing_machine/6423/
家電の修理
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

家電の修理 洗濯機修理

おすすめ記事

洗濯機修理のお問い合わせ・ご相談はこちら

洗濯機修理についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
電話番号必須
都道府県必須
相談したい内容必須

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

洗濯機修理オリジナルサービス

0120-949-986