生活110番ニュース 家電の修理

このエントリーをはてなブックマークに追加

あると便利な衣類スチーマー!おすすめ商品や使い方のコツを伝授

投稿日:2019-01-31 更新日:2019-07-31

あると便利な衣類スチーマー!おすすめ商品や使い方のコツを伝授

この記事を読むのに必要な時間は約 19 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

現代では男女ともに働きながら、家事をこなしている人が多いのではないでしょうか?また、夫婦共働きの家庭は家事を分担しながら、助け合っていることもあるでしょう。その中で家事が簡単にこなせる便利な道具がたくさん販売されています。

たとえば、朝の忙しい時間、支度の最中にシワだらけのワイシャツやブラウスに気づいてしまったことはありませんか?「今日はこれしか着るものがないのに……」となっても、朝からアイロンやアイロン台を出す時間もありませんよね。

もちろん、クリーニングなんてもってのほかです。そんなとき、救世主になるのが「衣類スチーマー」です。スイッチさえ入れれば、ハンガーにかけた状態のまま、シワを伸ばすことができるので、とても便利な道具です。

また、ご自宅だけではなく、出張先でもこの衣類スチーマーは活躍します。1~2週間程度の出張だと、「必要な枚数を持っていくとかさばるから、ワイシャツなどはクリーニングに出す」という方もいるかもしれません。

しかし、これではクリーニング代がかかってしまいますよね。できればクリーニング代を抑えたいという方には、このコンパクトな衣類スチーマーがとても便利です。

このコラムでは、衣類スチーマーの選び方と上手な使い方をご紹介していきます。衣類スチーマーを使うにはちょっとしたコツが必要なのです。これを知れば、「衣類スチーマーってどうなんだろう……」なんて思っていたあなたに革命が起こるかもしれませんよ。

また、衣類スチーマーを購入しようか悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。目的別におすすめ商品もご紹介していきます。

衣類スチーマーってそもそもなに?

衣類スチーマーとは、衣服をハンガーにかけたまま、大量のスチームを吹きかけシワを伸ばす便利家電です。衣類スチーマーは、スチーム水分と熱によって衣服のシワを伸ばすしくみになっています。スチームの水分と熱を衣服にかけると衣服のシワになった繊維が元の状態に戻ろうとします。衣類の繊維が元に戻った状態でスチームを止めれば、衣服の水分と熱が取れ、シワのない状態で残ります。この原理を使って、衣類スチーマーは稼働しています。

「スチームアイロンと衣類スチーマーって同じじゃないの?」と思う方もいらっしゃいますよね。ふたつともスチームを使ってシワを伸ばすことには変わりはありませんが、スチームアイロンはアイロン台とスチームアイロンが両方揃って、最大の効果を発揮します。

アイロン台でしっかりプレスするため、シワをきれいに伸ばしきることができたり、きっちりと折り目を付けることができます。きっちり伸ばしたい方は時間をかけてアイロンがけするのもいいでしょう。

反対に衣類スチーマーはプレスではなく、スチームを利用してシワを伸ばしていきます。アイロンと違って、衣類スチーマー単品で使うことができるのでお手軽に使用することができます。

とくに朝急いでいるときや出張の際には重宝します。スピーディーに衣類をきれいに伸ばしたい方にはうってつけです。そんな衣類スチーマーのさまざまなメリットを見ていきましょう。

アイロン台なしでらくらく準備できる

「アイロンがけが面倒くさい、苦手」という方の多くはアイロンがけの準備が大変だからという方が多いかもしれません。そして、アイロンがけが終わったら片付けなければならないという工程を考えると先延ばしになりがちですよね。

先ほども述べましたが、衣類スチーマーは単体で使用することができます。しかも30秒ほどで立ち上がり、使用可能な状態になるので準備に時間がかかることはありません。

「ここのシワだけが気になる!」といった部分的なものにもすぐさま対応できます。またハンガーにかけたままシワを伸ばすことができるので、丈の長い衣服などはとても使いやすくなっています。

スチーマー噴射で除菌・消臭効果も

最近の衣服は、洗濯できないものが多くなってきました。その代表的なものがファーやジャケット、コート、スーツなどです。焼き肉屋などの飲食店でにおいがついてしまったり、たばこなどのにおいが自然とついてしまったりするのは仕方がありません。しかし、洗濯できないとにおいが取れないと困ってしまったことはありませんか?

そんなときに活躍するのが衣類スチーマーです。洗濯できない衣類にも使用できるのでスチームを吹きかければ、蒸発と共ににおいを取り除く効果があります。また、スチームの熱の効果で、除菌をおこなうことができます。同じように洗濯できないソファなどの除菌もできるので、小さいお子様がいるご家庭でも重宝するのではないでしょうか。

衣類スチーマーってそもそもなに?

花粉症対策にもおすすめ

今や日本人の3人に1人は花粉症といわれる時代ですが、衣類スチーマーは花粉症の方の救世主になってくれます。花粉が多い季節、外から帰宅したときには衣服にたくさんの花粉が付着しています。

そのままにしておけば、家の中にも花粉を持ち込むことになるので、症状が治まらないかもしれません。その対策として、衣服は花粉が付きにくい素材のものを選んだり、玄関に入るまえに花粉を払っておく人が多いのではないでしょうか?

しかし、それだけでは花粉を取りきることは難しいでしょう。そんなときはハンガーにかけた衣類に衣類スチーマーを吹きかければ、衣服から花粉を取り除いてくれます。そのとき、花粉は床に落ちることになるので、掃除機をかけることを忘れないでください。

このように衣類スチーマーにはたくさんの利点があります。また、衣類スチーマーだからシワ伸ばしができる素材もたくさんあります。

たとえば、シルクやベルベット、ウール素材のもの、プリーツスカート、フリルなどふわっと仕上げたい素材はアイロンより衣類スチーマーが向いています。衣類や素材によって、使い分けるといいかもしれません。

とても便利な衣類スチーマーですが、注意する点もあります。まずは、アイロンをかけられる面が小さいということです。大きな衣服やアイロンをかけたい部分が多いときは、スチームアイロンを利用した方が早くアイロンがけできるかもしれません。

そして、もうひとつは充電式の商品が非常に少ないということです。スチームアイロンはコードレスタイプのものも多く販売されていますが、衣類スチーマーに関してはとても少なく、選べるほどありません。

そのため、使用できる場所が電源の取れる場所に限定されてしまいます。もし充電式タイプのものをお探しであればコードレスのスチームアイロンを購入してもいいかもしれませんね。

衣類スチーマーの選び方ポイント

衣類スチーマーには、シワを伸ばす以外にも消臭・除菌効果があることが分かりました。簡単にすばやく使えることから、「一家に1台あってもいいかな」とお考えのかたも多いようです。

しかし、衣類スチーマーにはたくさんの種類や形があり、どれを買ったらいいのか迷ってしまいますよね。そんなとき、衣類スチーマーの選び方を知っていたら、より使いやすいものを選ぶことができるでしょう。ここでは、より使いやすい衣類スチーマーを選ぶポイントについてご紹介していきます。

本体の重さとタンクの容量

衣類スチーマーを選ぶにあたって、重要視したいのが本体の重さとタンクの容量です。衣類スチーマーはアイロンと違って、常に持ち上げて使うため、本体が重いと手首や腕に負担がかかってしまいます。

タンクに水を入れたときに、できるだけ片手で持ち上げることができるものを選ぶようにしましょう。軽ければ軽い方が疲れることなく、使用することができます。

しかし、軽量化されている分だけタンクの容量が小さくなります。少しの時間使うことができればいいというかたはコンパクトさを最重要視すればいいですが、長時間使用したいという方はタンクの容量と重さを同時に考慮してみるといいでしょう。

スチームの噴射量

衣類スチーマーのスチームの噴射量は、製品によって異なります。広範囲にたくさんのスチームが出るタイプは、短い時間でシワをきれいに伸ばすことができます。しかし、その分価格も高く、タンクが大きくなり本体も重くなります。

スチームの量が少ないタイプのものはシワを伸ばすのに時間はかかりますが、その分軽く低価格に抑えることができます。ご自身の用途に合った衣類スチーマーを選んでみてください。

また、スチームの水滴が大きくバラバラだったり、威力が違ったりするものはとても使いにくく、困ってしまいます。規則正しく、そして細かなスチームが出るものを選びましょう。

立ち上がり時間や使用時間

ご自宅でスチームアイロンより衣類スチーマーを選んで使うのは、準備が楽なことのほかに立ち上がりの早さという理由もあります。朝出かけるまえにシワ取りしたいとき、なかなか温まらないとすぐに使うことができずに不便を感じてしまうことでしょう。

衣類スチーマーは高性能なものだと電源を入れてから30秒ほどで試用できる状態になります。どのような場面で衣類スチーマーを使いたいのかをイメージして、立ち上がり時間も参考に選びましょう。

また、どれくらいの時間使用するかによっても選ぶ製品は違ってきます。カーテンの消臭などをメインに使いたい場合は、タンクが小さいものでは何度も給水が必要になります。その場合は、長時間使えるようにタンクが大きなものを選びましょう。

携帯性

衣類スチーマーはどこへでも持ち歩けるというのも利点のひとつです。出張などでホテルに長期滞在することもあるサラリーマンの方にはとても便利な道具になります。

大切な会議や接待に、シワだらけのシャツでいくのは相手に対しても失礼にあたります。そんなときに、ビジネスバッグにすっぽり入る衣類スチーマーが役に立ちます。

電源さえあれば、ホテルなどの滞在先で手軽にシワ伸ばしができるので、シワだらけのシャツで困ることがなくなります。最近ではコンパクトさに特化している衣類スチーマーもたくさん販売されていますので、探してみてはいかがでしょうか?

衣類スチーマーの選び方ポイント

コード式

衣類スチーマーの多くはコード式のタイプです。それはスチームの噴射を安定させ、長時間使用できるようにするためです。

しかし、コードがあることで使用する場所が限られたり、コードが邪魔になったりすることもあります。場所にこだわらず、スマートに使いたいかたはコードレスタイプをおすすめします。

コードレスタイプになればそれ相応に価格も高くなり、販売されている商品も少なめなので、その点は把握しておきましょう。

付加機能

衣類スチーマーには、シワを伸ばす以外にさまざまな機能が搭載されているものがあります。たとえば、水のタンクのカルキを抜く機能や、じゅうたん、カーペットなどのメンテナンスをする機能です。

さらに殺ダニ機能やスチームのスイッチをロックして、連続的にスチームを出し続ける機能などもあります。また、アイロンと同じようにプレスして使うことができる衣類スチーマーもあります。ご自身にあった付加機能がついているものを選びましょう。

お手入れ

衣類スチーマーのお悩みでよく聞くのが、タンクの水垢です。タンクに水垢が溜まってしまうと、スチーム口が塞がってしまい、スチームが出にくくなってしまいます。

この水垢の原因とされるのが、水道水に含まれるカルキです。そこで、タンクの水のカルキを抜いてくれる機能がついていると水垢が溜まることなく、お手入れも簡単になります。衣類スチーマーのお手入れが面倒だったり、簡単に済ませたいというかたはこのような付加機能がついているものを選ぶとよいでしょう。

コードの長さ

衣類スチーマー反対の機能や性能も大切ですが、実はコードの長さも使い勝手のよさに大きく影響してきます。衣類スチーマーはコンセントを差し込んだ位置から衣類までの距離と、持ち上げて使うことによる上への距離を考えなくてはなりません。

コードが短すぎると、衣類に届かなかったり、スチームをかけたい位置まで持ち上がらないおそれがあります。大体の衣類スチーマーは、コードが2m程度の長さに設定されています。衣類スチーマーを使う場所や高さまで考慮して、コードにゆとりをもった長さのものを選ぶとよいでしょう。

もし、お気に入りの衣類スチーマーを見つけて、コードの長さが足りず悩んだときは一緒に延長コードも準備しておくとよいかもしれません。

価格帯

衣類スチーマーの価格は、商品によってさまざまです。当然価格によって、機能性も変わってきます。安いものだと約1,000円台で購入することができますが、機能自体はシンプルなものになります。

価格が上がるにつれて、スチームの量や起動時間、付加機能などに差がついてきます。もしアイロンは使わずに衣類スチーマーを購入されるのであれば、機能が十分に備わった種類のものを選ぶと安心でしょう。

また、「メインで使うのはスチームアイロン、衣類スチーマーはアシスト程度に使えればいい」というかたは、シンプルな機能である低価格のものを選んでもいいかもしれません。衣類スチーマーには、たくさんの種類の商品があるので、価格やそれに見合う機能をじっくり吟味してから購入してもいいでしょう。

このように、衣類スチーマーを選ぶポイントはいくつかあります。ご自身がなにを重要視されるかによって、選ぶ商品は違ってきます。最重要ポイントを考えて、納得いく衣類スチーマーを選んでみましょう。

衣類スチーマーを上手に使うコツ

衣類スチーマーを使用したことがあるかたもないかたも、本当にスチームアイロンのようにシワがのびるのか心配なかたもいるのではないでしょうか。衣類スチーマーの上手な使い方には、ちょっとしたコツを知っておくと仕上がりがきれいになります。まずは衣類スチーマーの基本的な使い方についてご説明していきます。

【衣類スチーマーの使い方】

①シワになった衣類をハンガーにかけましょう。

②ハンガーにかけた衣類をグラグラしない安定した位置にセッティングします。このとき、衣類の上から下まで手の届く範囲にセットすると、スチームがかけやすくなるでしょう。

③スチームの電源を入れます。

④衣類の端をやさしく引っ張りながら、シワを伸ばしたい部分になでるようにスチームをかけていきましょう。このとき、衣類から少し浮かせて狭い範囲で、ゆっくり10cmを3秒程度出かけるとシワがのびやすくなります。直接アイロン面をつけて、スチームをあてると毛玉の原因になります。

以上が、基本的な使い方になります。さらに衣類や部分によって使い方を分けることも大切です。シャツは袖や胴部の部分はシワがついていると目立つので、引っ張りながらスチームをあてるときれいに仕上がります。

スラックスは膝やポケットの部分にシワがつきやすいので、軽く引っ張りながら伸ばしてスチームをかけていきましょう。

デリケートな衣類は直接スチームがあたると生地を傷めてしまうおそれがあります。はじめは10㎝ほど離して、徐々に近づけて3~5㎝程の距離を保ちながらスチームをあてるときれいに仕上がります。また、ふんわり仕上げたい部分はアイロン用のミトンを使用することをおすすめします。

ヨレてしまったTシャツやニットも少し離してスチームを当てると、風合いを戻すことがきるので試してみてください。

ここで注意しなくてはいけないものは、衣類の洗濯表示です。衣類スチーマーが使えないものもあるので必ず使用するまえに洗濯表示のアイロン記号を確認しておきましょう。

以下の表示のものは衣類スチーマーを使用できます。

・高温180℃まで
・中温150℃まで
・低温110℃まで

この表示の際、低温表示のものやあて布表示のものは、衣類スチーマーと衣類を離して使用してください。この表示以外で、「アイロン不可」の表示がされているものは使用できません。

衣類スチーマーを上手に使うコツ

「高温180℃まで」の表示がされている綿・麻(混紡素材含む)

※混紡素材の場合はすべての素材を確認しておきましょう。

綿素材の場合、衣類スチーマーを直接当てたり、離したりして使用することができます。とくにふんわりした立体的なフリルがついたブラウスは、仕上がりも風合いを崩さずきれいに仕上がります。

しかし、きっちりシャキっと仕上げたいワイシャツなどには不向きで、スチームアイロンで仕上げるとよりきれいに仕上がるでしょう。

麻素材の場合も衣類スチーマーを直接あてたり、離したりして使用することができます。しかし、アイロンを当てすぎると、摩擦によって生地が毛羽立つことがあるので注意しましょう。

「中温150℃まで」の表示がされているポリエステル・レーヨン

ポリエステル素材の場合、衣類スチーマーを直接当てたり、離したりして使用することができます。綿とポリエステルの混紡素材の衣類もたくさんあるため、衣類スチーマーの使用がおすすめです。

レーヨン素材の場合も衣類スチーマーを直接あてたり、離したりして使用することができます。ドレープ性に優れているレーヨンは、女性用のドレスなどに使用されます。衣類スチーマーは、ドレープをふんわりしなやかに仕上げてくれますが、長い時間スチームをあてると縮んでしまうことがあるので注意しましょう。

「低温110℃まで:の表示がされているシルク(絹)・ウール・カシミヤ・アクリル・ベルベット

アイロン表示が低温になっているものは基本的に直接衣類スチーマーを当てることはできません。必ず衣類から離して使用してください。

なぜなら、シルク(絹)やウール・カシミヤ・アクリルなどは素材がデリケートなことや、ふんわり感が損なわれないためです。また、ベルベットは直接アイロン面を当てるとテカリが出てしまうおそれがあるからです。

低温表示の衣類を発見したら、衣類スチーマーを使用する際も繊細に扱うようにしましょう。

番外編!こんな衣類はどうやって当てればいいの?

女性の衣類にはビジューなど飾りがついているものもあります。このような衣類はどうやってスチームをあてていいのか悩みませんか?

ビジューなどの飾りがついている衣類は、表面からスチームをあてるとビジューが熱で溶けてしまうかもしれないので、必ず裏からあてていきましょう。

また、毛足が長いアウターは表面からスチームをあてると、せっかくのふんわり感が損なわれてしまいます。そんなときは裏から衣類スチーマーを当てることで、コートのよさを残しながら衣類スチーマーをあてることができます。

また、革ジャンなどの革製品には衣類スチーマーは使用できませんので注意してください。

このように当て方のコツや衣類の洗濯表示について知っておくだけで、衣類を傷めず上手く衣類スチーマーを使うことができるのです。

出張におすすめ!携帯性に優れた衣類スチーマー2つ

サラリーマンの方は出張先でシワがついてしまったシャツで困ったことはありませんか?1週間程度の出張の場合、大体滞在先はビジネスホテルになるでしょう。

洗濯機はホテル内にあるコインランドリーで使用することができても、アイロンまでかけるもはなかなか難しいでしょう。クリーニングに出せば当然その分料金がかかってしまいます。

そんな出張が多い方におすすめなのが衣類スチーマーです。最近ではカバンにすっぽりおさまるコンパクトなものも販売されています。これひとつ持っていけば、出張先でシワだらけのシャツを着ずに済みます。

出張先持っていくのであれば、なにより重視したいのが「コンパクトさ」「携帯しやすさ」ですよね。そんなかたにおすすめの衣類スチーマーをご紹介します。


HOMEMAXS スチームアイロン 衣類スチーマー 折り畳み式 除菌 脱臭 安全保証 8分連続使用可能 ハンガーにかけたまま ハンディーアイロン ガーメントスチーマー コンパクト 携帯小型 軽量 出張・旅行用 家庭用(改良型)

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

 

こちらの商品は折りたたんで持ち運ぶことができるため、コンパクトな作りになっています。また、立ち上がり時間もわずか10秒と早く、朝の忙しい時間でもすぐに使用することができます。

さらに出張先では、接待や外食などでタバコのにおいや食べ物のにおいがつきやすいですよね。洗うことができないスーツもこの衣類スチーマーを使えば、においとりをすることができます。さまざまな素材に使いたいというかたにもおすすめです。


トラベル コンパクト スチーマー (100V-240V自動切り替え 海外対応 ) ピンク MEH-27PK

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

海外への出張があるかたは、こちらの海外電圧(100~240V)に対応した衣類スチーマーはいかがでしょうか?海外旅行を予定されている方にもおすすめの一品です。

手にフィットしやすいように持ち手が設計されており、カバンにもすっぽり入るので持ち運びにはとても便利です。

コスパ抜群!おすすめ衣類スチーマー2つ

家にスチームアイロンがあるので、衣類スチーマーにはあまりお金をかけたくないかたや、欲しいけどシンプルな機能のみがついた安いものがいいというかたもいるでしょう。衣類スチーマーは、ものによってはお手軽な価格で手に入れることができるのです。

「機能より価格重視」というかたにおすすめの商品をご紹介していきます。


Honeyview スチームアイロン ハンガーアイロン 携帯用アイロン 衣類スチーマー 150ml 大容量 8分程連続使用可 脱臭 高温除菌ダニの駆除 空焚き防止 手軽家庭用/旅行用 一人暮らし ミトンと収納ケース付き(安心なPSE取得 日本語取り扱い説明書付き)

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

 

価格面から考えると、一番お買い得に購入できるのがこの商品です。低価格のわりに、シワ伸ばしのほかに、高温除菌・消臭、ダニ退治、静電気や花粉の除去など多機能な商品です。

手のひらのカーブに沿ったハンドルになっているため、操作しやすくなっています。また、注水口が二重構造になっているため、水漏れの心配もなく安全に使用することができます。


MaxTeck アイロン スチームアイロン 衣類スチーマー ハンディースチーマー ガーメントスチーマー 超高速ヒートアップ ハイパワースチーム 携帯用アイロン フェイススチーマー 加湿器 小型 軽量 旅行用 出張 家庭用(ホワイト)

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

こちらの商品も低価格ながら、約45秒で立ち上げることができ、スピーディーに使用することができます。わずか460gと軽量なため、携帯用の衣類スチーマーとしても活躍することは間違いありません。

ハンドルには高級感のある素材を使用しているため、衣類スチーマーもデザインを重視したいというかたにはおすすめの一品です。


プロ向け!本格派の衣類スチーマー3つ

「せっかく衣類スチーマーを買うなら、性能や機能にこだわりたい!」というかたは、機能が充実したプロ向けの衣類スチーマーを選ぶといいでしょう。

プロ向けの衣類スチーマーは、デザインも豊富でスチームの量や強さ、細かさも違ってきます。さらに、通常のアイロンのように使用できるものもあり、アイロン要らずになるくらい便利なものもあります。

価格は高価格にはなりますが、十分な機能や性能がついているため、納得のいく商品に巡り会えるでしょう。ここでは、機能や性能も本格的な衣類スチーマーをいくつかご紹介していきます。


パナソニック 衣類スチーマー ダークブルー NI-FS530-DA

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

おしゃれなデザインのこちらの商品は、衣類スチーマーとしてもプレスしてスチームアイロンとしても使用することができる2WAYタイプになります。

強力なスチームと360°どの角度からもスチームがあてることができるので簡単にシワ伸ばしすることができます。さらに汗のにおいやたばこ、飲食臭、防虫剤のにおいまで取ってくれるので、衣服のにおいが気にならなくて済みます。


日立 衣類スチーマー 温度調整機能・ブラシ付き ホワイト CSI-RX1 W

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

「シャツのアイロンがけはこれ1台で解決!」とされるこの衣類スチーマーは、ひし形のアイロン面を利用して、広範囲はもちろん、ボタン周りの細かい部分や袖の折り目もしっかりつけることができる優れものです。

また、洗濯表示のアイロン表示に対応した温度調節ができるため、素材や用途に合わせることができます。付属のブラシアタッチメントを装着すれば、熱に弱い衣類のホコリや毛を除去することができます。


ティファール(T-FAL) コードつき衣類スチーマーT-FAL アクセススチーム ライト DT7002J0

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

連続使用時間が約16分と一度に大量に衣類を仕上げることができるので、家族が多いファミリー向けの商品ともいえるでしょう。わずか45秒という立ち上がりの早さから、朝の忙しい時間に使用するのも大変便利です。

こちらの商品は自立するだけでなく、ドアにかけられるドアフック付きで無駄な収納場所をとらないのも魅力的ですよね。

シワ取りスプレーにこだわろう!おすすめ商品

衣類スチーマーをより効果的に使うには、シワ取りスプレーと併用することをおすすめします。シワ取りスプレーを使うことで、頑固なシワも簡単に伸ばすことができたり、すばやくシワ取りすることができます。

では、シワ取りスプレーはどのようなものを選べばいいのでしょうか?まず、きれいにシワを取りたいというかたは、シリコン入りのシワ取りスプレーを選ぶことです。

シリコンは、効果的にシワ取りしてくれるほかに、シワ防止にも役立ちます。スプレーを散布したら、そのまま放置でもいいですが、手で伸ばしたり、軽く叩いたりするとよりシワがのびやすくなります。

また、衣類スチーマーを出先で使うようであれば、一緒に持っていくシワ取りスプレーも携帯用を準備しておくと、一緒に持ち歩けて便利です。

市販のスプレーボトルに詰め替えて持ち歩くこともできますが、専用ノズルのついたスプレーの方が散布範囲などからみても効率的に使用できます。できれば最初から携帯用のボトルを購入して、使用しましょう。

最近ではシワ取りスプレーにもさまざまな種類が販売されています。消臭、防臭効果のあるもの、花粉やウイルスがつかないようにガードしてくれるものや静電気防止のものまであります。

季節や使用場面によって、使い分けると便利に使用することができるのです。また、使用前に対応している素材も確認しておきましょう。おすすめのしわ取りスプレーも紹介していきます。


お洋服のスタイルガード しわもニオイもすっきりスプレー 携帯用 70ml

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

旅行や出張先にも持ち運びやすいこちらの商品は、シワ伸ばしの効果のほかに消臭や除菌効果もあります。さわやかなデオドラントグリーンの香りで、無香料よりは少し香りが欲しい方にはおすすめです。


トップ ハイジア 除菌・消臭スプレー 本体 350ml

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

普段から香水やスタイリング剤など香りがあるものを身につけるかたは、香りが混ざることがないこちらの商品がおすすめです。噴射した際にはほのかにミンティーグリーンの香りがしますが、香りは残らないものになっています。

繊維の奥にあるにおいの原因菌を除去してくれるので、根本的な消臭につながります。


アイメディア 衣類のシワ伸ばしスプレー 業務用 300ml 074965

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

「シワ取りするならとことんこだわりたい!」というかたは、クリーニング業者も使用しているというこちらの商品を使ってみてはいかがですか?

抗菌・消臭効果もあるため、スラックスやシャツ、ジャケットなどのシワ取りには大活躍してくれるでしょう。

まとめ

朝の忙しい時間や出張先での衣類のシワ伸ばしに活躍してくれるのが、衣類スチーマーです。衣類スチーマーは本体だけで使用できるので、スチームアイロンのようにアイロン台を用意する手間も要りません。

同時に、消臭効果や除菌効果、花粉除去にも役立つため、一家に1台あるととても便利です。普段洗濯できないソファやカーテンにも簡単に使用することもできます。衣類スチーマーの購入を決めたら、ご自身がどのように使うか、なにを重要に考えているかによって購入する商品はさまざまです。用途に合ったものを購入するようにしましょう。

さらに衣類スチーマーは、シワ取りスプレーを併用したり、上手な使い方のコツを知っておくだけで仕上がりに差が出てきます。上手な使い方をして、簡単にシワ取りしてみませんか?衣類スチーマーを上手く使いこなせば、きっとお出かけするときもきれいな服で楽しい気分になることでしょう。

洗濯機修理を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「洗濯機修理」をご覧ください。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:たくぞう
家電の新製品と旧式の違いを発見することが特技。特技が高じて人に伝えたいという思いにいたり、ライターの道を目指すきっかけとなった。家電や電気工事関連の記事を担当。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
2投票,  平均評価値:5

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-07-31 15:10:33
https://www.seikatsu110.jp/electronics/es_washing_machine/130746/
家電の修理
現代では男女ともに働きながら、家事をこなしている人が多いのではないでしょうか?また、夫婦共働きの家庭は家事を分担しながら、助け合っていることもあるでしょう。その中で家事が簡単にこなせる便利な道具がたくさん販売されています。たとえば、朝の忙しい時間、支度の最中にシワだらけのワイシャツやブラウスに気づいてしまったことはありませんか?「今日はこれしか着るものがないのに……」となっても、朝からアイロンやアイ...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

家電の修理 洗濯機修理

洗濯機修理のお問い合わせ・ご相談はこちら

洗濯機修理についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!