生活110番ニュース 家電の修理

このエントリーをはてなブックマークに追加

空調機の耐用年数は?業務用エアコンを長く使うためにすべきこと

投稿日:2017-12-11 更新日:2018-10-04

空調機の耐用年数は?業務用エアコンを長く使うためにすべきこと

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

空調機は家に中だけでなく、街中でも見かけることが多い電化製品の一つです。また使用頻度が高いものになるので、どうしても耐用年数が気になる方も多いかと思います。その中でも、業務用の空調機は使用頻度がかなり高くなっています。
そこで今回は、空調機の耐用年数について詳しくご紹介していきます。

空調機の耐用年数

業務用エアコンをはじめとした空調機にも耐用年数がきちんと設定されています。店における空調機は決して安いものではないため、一度購入したらどれぐらい持つのかは気になってくるものではないでしょか。

空調機の耐用年数は使用する環境によって変わってきます。いくら丁寧に使用していても年数が経てば当然汚れや傷みが目に見えてきます。
家庭で使用されているエアコンの耐用年数は約6年~10年と言われています。しかし、店舗などで使用する空調機の一般的な耐用年数はエアコン自体の馬力で変わってきます。たとえば、22馬力以下のものは約13年、そのほかの馬力のものは約15年であるといわれています。

しかし、業務用は使用頻度も高くなるため、早い場合は約5年で潰れてしまうこともあります。また、故障している空調機をずっと使用し続けていることも多く、そのまま使い続けていると修繕費用がかかるだけでなく、修理部品の入手困難から修理ができなくなってしまうおそれもでてきます。

そのため、空調機は定期的にメンテナンスを行うことをおすすめします。メンテナンスをしっかりとすることでエアコンの維持費を削減することもでき、空調機を長く使用することもできるため、結果的にはコスト削減にもつながるでしょう。

      空調機の耐用年数

耐用年数が短くなるケース

空調機の耐用年数は、物理的・社会的・経済的の3つの視点があります。この視点から、あまり使用しない状態で、機器の運転時間を10時間/日・2500時間/年と仮定することで、それぞれの耐用年数の目安としているのです。

しかし、耐用年数はあくまで目安です。実際の使用可能年数は短くなる場合もあります。

・温度や湿度が高かったり、変化が激しい環境で使用している場合
・頻繁に発停をしている場合
・電源や電圧の波形に著しいゆがみある場合
・相間電圧が著しく不平衡になっている場合
・工場やコンビニエンスストアなどで24時間運転している場合
・氷蓄熱運転など運転時間が長い場合

こういった場合は年数が短くなってしまうおそれがありますので、注意が必要です。また、温泉地帯に多い硫化ガスなどの有毒ガスや塩害地域、塵埃、オイルミストなど厳しい環境で使用することが決まっている場合は、設置するときに事前にメーカーに相談することが必要となってきます。

法的な空調機の耐用年数

空調機の耐用年数は『法定耐用年数』というのが決められています。

・器具や備品に属する家具や電気機器、ガス機器や家庭用品:6年
・建物附属設備に属する空調設備やボイラー設備:15年
・上記で冷凍機の出力が22kW以下の場合:13年

耐用年数はあくまで減価償却の期間というだけなので、その期間がきても使えることもあります。しかし、製品の質の向上もあるので、新しくすることで電気代が安くなる可能性もあります。

      法的な空調機の耐用年数

点検のチェックリスト例

空調機の耐用年数は、定期的に点検することでより長く使用することができます。そこで空調機の点検はどこをチェックするのか、いくつかご紹介していきます。

室内

・構造部分
構造部分は主に目視点検をしていきます。
化粧パネル:汚れや傷や変形がないか確認します。
吹込・吹出グリル:汚れや傷や変形がないか、また吹き出しグリルルーバの動作確認もしていきます。
防振ゴム:ゴムの劣化や硬直がなく防振機能に弊害がないか確認します。

・送風系統部品
目視点検を主に確認していきます。
フィルター:ろ材がきちんと透けて見えているか、破れや変形がないかなどを確認していきます。
ファン・ファンケーシング:著しく振れ状態でないか、錆や変形の発生がないかゴミの付着などを確認していきます。
ベアリング:聴覚点検をしていきます。異常な音が発生していないかを確認します。ベアリングは定期的に給油が必要となります。

・冷媒系統部品
目視点検およびガス検知器などを使います。
空気熱交換器:目詰まりや損傷、漏れ検知がないことを確認していきます。
機内配管:常な共振や音、腐食、接触摩擦がないことを確認していきます。

・付加機能部品
目視点検の他に500Vメガ、聴感点検などをおこないます。
高性能フィルター:短期に著しい目詰まりがないか、変形や損傷がないかなどを確認していきます。
超音波加湿器:蒸気発生量は規定通りで1MΩ以上になっているか、また汚れや振動子の汚れの確認などもしていきます。

室外

・構造部品
主に目視点検をしていきます。
フレーム:著しい錆や断熱材に損傷や塗装被膜のはがれ、浮きの確認をしていきます。
ガード類:著しい錆の発生やヒビ、割れなどがないことなどを確認していきます。

・冷媒系統一部品
目視点検をはじめ、触感点検、聴感点検、500Vメガ、圧力計などで点検していきます。
圧縮機:異常な音や振動がないことや緩みや接触がないことなどを確認していきます。
容器関係:異常な腐食がないことなどを確認していきます。
電子式膨張弁:冷媒循環を感じることができ、駆動音と温度変化があることを確認していきます。

他にもさまざまな点検場所があり、しっかりと定期的に点検することで長く使用することができるでしょう。

      点検のチェックリスト例

まとめ

家でも街中でもエアコンなどの空調機は欠かせないものです。この空調機は耐用年数をしっかりと理解しておく必要があります。また、使用頻度の高い空調機は不具合や故障といったことも起きやすくなっています。

しかし、そのまま放置して使っている方も少なくありません。そのまま使っていても問題ないと思っていても、いずれ取り返しがつかなくなる事態になるおそれがあります。
そうならないためにも、エアコンなどの空調機は不具合を感じたら早めに業者に相談することをおすすめします。相談することで、より長く、快適に使えるかもしれません。

エアコン修理を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「エアコン修理」をご覧ください。

エアコン修理はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
エアコン修理 7,980円(税抜)~
エアコン修理のおすすめ業者を見る >
エアコン修理はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。
エアコン修理
7,980円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:こうた
家電やガジェットにこだわりがある。パソコンの使用歴が長く、インターネットや周辺機器のアドバイスやトラブル対応もお手のもの。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
2投票,  平均評価値:4.5

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-10-04 12:37:03
https://www.seikatsu110.jp/electronics/es_air_conditioner/24773/
家電の修理
空調機は家に中だけでなく、街中でも見かけることが多い電化製品の一つです。また使用頻度が高いものになるので、どうしても耐用年数が気になる方も多いかと思います。その中でも、業務用の空調機は使用頻度がかなり高くなっています。そこで今回は、空調機の耐用年数について詳しくご紹介していきます。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

家電の修理 エアコン修理

エアコン修理のお問い合わせ・ご相談はこちら

エアコン修理についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!