生活110番辞典 家電の修理

このエントリーをはてなブックマークに追加

エアコンの化粧カバーの役割とは?設置の注意点や費用についてご紹介

2017-12-07

ゴキブリ駆除を業者に依頼した場合の相場と時間の目安

お部屋で快適に過ごすためには、エアコンが必要不可欠だとお考えの方も多いでしょう。エアコンの本体や室外機は、十分機能するために重要な役割をはたすものと言えます。しかし、エアコンの配管部分も見逃せません。

配管部分が露出し、直射日光や雨風にさらされることで劣化が早まってしまうおそれがあるのです。

そのための有効な対策としては、エアコンの化粧カバーを取り付けるのがおすすめです。配管を保護してくれることはもちろん、見た目がおしゃれなものは外観がよくなり魅力的なお部屋を演出してくれる効果が期待できます。

また、取り付けを業者に依頼する際に、いったいどの業者を選べばいいのかお悩みの方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、エアコンの化粧カバーの役割について詳しく説明し、業者に依頼する際の費用、選び方も解説していきます。

エアコンの化粧カバーとは

エアコンの化粧カバーは、配管部分に取り付けられているカバーのことを指し、樹脂素材でできているものが多いです。室内機と室外機それぞれ適したものを取り付けることで、保護する効果が期待できます。

配管は、室内機と室外機をつなぐ役割をはたし、最大限に効果を発揮するために欠かせないものといえます。しかし配管に異常がみられると、エアコンがしっかり機能しなくなることもあるのです。

化粧カバーが取り付けられていないことで、配管が外部に露出し景観が悪くなってしまうことが考えられます。スリムダクトと呼ばれることもあり、配管をすっきり収納させるために大事な役割を担うのです。基本的には家電量販店などで販売され、価格も種類によって変動します。

とくに室外機の配管が保護されていないことで、ダメージを受けやすくなってしまうおそれがあります。少しでもエアコンを長く使用したいとお考えであるなら、取り付けをおすすめします。

エアコン本体を購入したときに付属していないときは、自分や業者に依頼して取り付けが必要です。室内の化粧カバーは、設置状況により使用する部材が異なるとされています。そのためご自分で購入する前に、部屋に最適なものはどんなものかをしっかり把握してから購入することが大切です。
            エアコンの化粧カバーとは

室内機側の化粧カバーの役割

エアコンの室内機側の化粧カバーを取り付けることにより、配管を保護するだけではなく、見た目を充実させることも可能です。エアコンの化粧カバーのなかには、おしゃれなものもあり、ご自分の好みのものを選択することもできます。

機能的な観点からみると、必ずしも必要なものではないかもしれません。しかしながら、お部屋の見た目を改善するだけで生活空間が明るくなり、快適にすごすことにつながるはずです。

またデザイン性の高いものは、比較的価格も高くなり取り付け費用も割高になることが考えられます。機能性よりも見た目を重視したものと言えますが、設置場所によっては重要な役割をはたします。

エアコンの設置場所が直射日光の当たる場所の場合、配管の劣化を早めてしまう原因にもなりかねません。その際は、化粧カバーを取り付けることで太陽光を過度に浴びることを防ぐ効果が期待できます。
      室内機側の化粧カバーの役割

室外機側の化粧カバーの役割

室外機側のエアコンの化粧カバーは、室内に比べて機能的な役割が目立ちます。化粧カバーを取り付けることで、紫外線や雨風から守ることができ、劣化を防ぐ効果が期待できます。

また、室外機のエアコンの化粧カバーは、劣化だけではなくエアコンの熱伝導率にも影響すると言われています。エアコンの熱伝導率が高まることで、エアコンの稼働効率が上昇し、消費電力を下げられる可能性があります。

意識的に使用していけば月々の電気代を安くなり、生活を豊かにすることにつながるはずです。

配管自体は比較的長持ちするとされていますが、配管をまとめているテープの劣化が早まるおそれがあるのです。雨風にさらされると、テープの素材に悪影響を及ぼすことが考えられます。

粘着力が弱まり、剥がれてきてしまうことはもちろん、破れてまとまっていた配管がバラバラになってしまうこともあるのです。一見エアコンの性能に影響はあまりないようにも感じますが、配管が劣化してしまうとエアコンの性能を阻害してしまうこともあり、十分な効果を発揮しなくなるおそれもあります。

次第にエアコンの劣化につながり、電力を余分に消費して電気代がかさむなどの事態に発展することも想定できます。室外機の化粧カバーは、エアコンの性能を守るためにも重要な役割をはたすものといえるのです。

また配管テープに比べて耐久性が高く、数年以上は性能が維持できるといわれています。エアコンを長期的に安心して使用できる可能性もあるのです。
          室外機側の化粧カバーの役割

エアコンに化粧カバーは必要なのか?

新築住宅やマンションの場合、配管は目立ちがちになります。化粧カバーを取り付けないことで、配管部分が目立ち景観を損ねやすくなるおそれがあります。

取り付けに作業にかかる費用を節約したいと、エアコンの化粧カバーを取り付けない選択をする方も多いと思います。その際は、テープで簡易的に巻くだけで済ますことも多いです。

また、白を基調とした住宅などは、汚れが目立ちがちです。その場合、配管が垂れ下がっていると見た目にはっきり表れることがあります。ビニールテープなどでとめている部分が目立つことで、住宅の景観で悪い印象を与えてしまうおそれがあるのです。

マンションなどにお住まいの方はもちろんですが、店舗を経営されている方は、配管に化粧カバーを取り付ける重要性も高まるのではないでしょうか。

お店の店舗は、景観が悪いと売り上げに大きく影響すると考えることもできます。化粧カバーにこだわり、しっかり取り付けて配管を隠すことで、見た目をすっきりさせる効果が期待できます。

店舗の見た目が良いと通行人が足を止めやすくなり、魅力的なお店を演出することも可能です。目立たない部分と思われがちな部分ですが、細かいところまで十分配慮することで、様々な恩恵を受けることができるはずです。

エアコンに化粧カバーを取り付けたほうがいい人

エアコンの化粧カバーは、住宅の景観を重要視している方は取り付ける意義が大きいといえます。室外機の配管が飛び出ている、室内機の配管の隙間が気になるなど、住宅の見た目にこだわりがあるときには効果的な改善策となるはずです。

室外機への取り付けを行うことで、エアコンを長持ちさせることにもつながります。劣化を防ぐために効果を発揮し、余分な費用を削減できる可能性もあります。

現在お住まいの住宅に長期的に住む予定がある方は、とくに大きなメリットが得られるのではないでしょうか。配管テープだけだと、数年単位で交換、修理が必要になるケースもあります。

しかし化粧カバーを取り付けていることで、長年耐久できエアコンの機能を損なわずにすごせるはずです。
          エアコンに化粧カバーを取り付けたほうがいい人

エアコンに化粧カバーが必要ない人

住宅の見た目にこだわりがない方、数年先にエアコンを購入し直す、または住居の移転の予定がある方などは、化粧カバーを取り付ける必要性が低いと言えます。

化粧カバーを取り付けた後に移転し、再び取り付けを行った場合余分な費用がかかってしまうおそれがあります。そのため化粧カバーが無駄になってしまうこともあるのです。

化粧カバーは、エアコンや住宅の設置状況が影響し、どんなものでも取り付け可能とはかぎりません。ご自分で化粧カバーを所持している方も、使用不可であった場合処分するしかなくなってしまうことも考えられます。

そういった方は、移転先の住宅状況を確認し、改めて最適な選択をする必要があります。

また、エアコンの壁の穴が隠れている場合は、基本的に化粧カバーを取り付ける必要がありません。

さらに、部屋の中と外で壁穴の位置が異なっている場合も、化粧カバーの取り付けが不要になります。隠ぺい配管と呼ばれる工法であり、エアコンの配管を壁の中に隠す目的で行われることが多いです。

配管を壁の中に収納することで、壁の外に出ることがなくなり、雨風や直射日光などを避けることが可能になります。この場合は、室内機と室外機両方とも取り付けが不要になるため、事前にしっかり確認しておきましょう。

確認前にエアコンの化粧カバーを個人で購入してしまうと、無駄になってしまうおそれがあります。もしご自宅のエアコンの配管の状況が分からない場合は、エアコンに関するプロに相談して判断してもらうのも効果的ではないでしょうか。
      エアコンに化粧カバーが必要ない人

エアコンの化粧カバー設置の注意点

化粧カバーは、基本工事に含まれないことが多く、オプション扱いとなる傾向があります。施工を依頼する場合は、基本工事料金に、追加で加算されることが想定できます。そのため事前にしっかり明確な料金を把握して、トラブルを回避することが大切です。

また、自分で購入する際も、室外機のものなのか、室内機の化粧カバーなのかを店員にはっきり伝えて購入するようにしましょう。最適なものを選ぶ際に、お互いの認識にずれが生じることで、間違った商品を選択してしまうおそれがあります。

そういった事態を回避するためにも、希望をはっきり伝えられるようにまとめておくことが重要です。

業者に取り付けを依頼する場合も同様に、室外機と室内機、どちらの取り付けを希望しているのかを明確にしてから作業に取り掛かってもらうようにしましょう。

施工が終わった後で、片方だけしか取り付けられていなかった、室内機の化粧カバーが納得できないものであったなど、後々トラブルになる事例もみられます。

白で統一してほしいと希望していても、仕上がりを見たら色が違っていたということも想定できます。また、隙間が空いていた、テープがすぐに剥がれてしまったというケースもみられます。

エアコンの化粧カバーの設置が不十分でも、基本的にエアコンの機能に影響はありません。しかし、見た目を改善したいというニーズとは大きく外れてしまうおそれがあります。

とくに住宅の見た目を重視したいとお考えの方は、希望をはっきり伝える重要性が高まるのではないでしょうか。おしゃれなものを選択するときは、仕上がりを想定して業者とよく相談することが大事です。

そうすれば、住宅のお部屋の見た目が良くなり、太陽光、紫外線などから守ってくれる効果的な対策となるはずです。
      エアコンの化粧カバー設置の注意点

エアコンの化粧カバーの追加工事の費用について

化粧カバーの取り付けは、先述でも触れてきましたが、追加工事扱いとなる場合が多いです。その際の費用がどれくらいかかるのか、気になる方も多いと思います。

明確な料金を知らないまま取り付けを行ってしまうと、損をしてしまうおそれがあります。また、適切に取り付けが完了したと思っても自分のなかで納得できないことにつながりかねません。

費用を知ることで、最適な業者選びのためにおおいに役立つはずです。エアコンの化粧カバーの取り付け費用は、新設か既設かで異なることが想定できます。

新設したエアコンに化粧カバーを取り付ける場合

室内の工事相場が7,000円~となっている業者が多く、屋外は比較して5,000円~と安価で済む場合もあります。

ただし、業者や量販店ごとに異なるため、あくまで目安として認識しておくのがいいでしょう。加えて、長さがどれくらいなのか、端末カバーが付いているのかどうかなどにも左右されるといわれています。

また、新設するエアコンの設置費用、購入費用に追加という形になることが想定できます。設置を検討する際は、ご自分の予算と照らし合わせて熟考しましょう。

既設のエアコンに化粧カバーを取り付ける場合

エアコンの本体費用はかかりませんが、既設のエアコンに化粧カバーを取り付けするための工事費は新設より高額になるようです。実際に相場を確かめてみると、室内、屋外ともに15,000円を超えるケースが多いです。

既設の場合は、化粧カバーを取り付ける前に一度エアコンの取り外し、取り付けが必要になることが多いのがその理由とされています。配管を動かさなければ化粧カバーを取り付けることが困難なのです。

加えてエアコンの配管は比較的破損しやすく、むやみに持ち上げることも曲げることはリスクを生じることがあります。場合によっては冷媒ガスが漏れてしまい、エアコンが冷えない、暖まらないなどの原因にもつながりかねません。

その場合はエアコンを新しく購入しなければならないかもしれません。取り付け費用が高くなる背景には、こういったリスクを回避するための手間賃が加算されることが考えられます。

既設のエアコンに化粧カバーを取り付ける費用を、以下でまとめました。

【エアコンの取り外し費用+エアコンの取り付け費+化粧カバーの取り付け追加費用】

現在お住まいのご自宅のエアコンに化粧カバーを取り付けたいとお考えの方は、費用に対する理解を深めてから検討しましょう。
          エアコンの化粧カバーの追加工事の費用について

既設のエアコンに化粧カバーを設置するのは大変?

既設のエアコンに化粧カバーを設置したいとお考えの方もいると思います。後から外観を良くしたいと検討し、個人で購入して取り付けるケースも多く見られます。

既設のエアコンに化粧カバーを取り付けは、先述の通りリスクが生じる場合もあるのです。配管の形は、住宅によって様々でありケースに応じた方法が求められます。

作業が困難な場所に固定されている場合は、取り外しにも細心の注意が必要になります。室内室外問わず状況は様々であり、柱による出っ張りやくぼみなどで複雑な場所に設置されていることもあるのです。

業者が既設のエアコンに化粧カバーを取り付ける際には、エアコンを取り外したうえで化粧カバーを取り付け、配管も新しいものに交換して行うという場合が多いです。

その後でエアコンを再度取り付け直す手間がかかるため、個人だけで行うのは難しいかもしれません。

既設専用の化粧カバーは、比較的充実しており気軽に購入することは可能です。しかしながら設置の難易度を考えると、あまり積極的に挑戦できる作業とはいえないのではないでしょうか。

エアコンに化粧カバーを後付けする方法

取り付けにかかる費用を抑えたいと、自分で化粧カバーを後付で取り付けたいとお考えの方も多いと思います。ここでは、エアコンの化粧カバーを後付する方法について触れていきます。

後付用の化粧カバーを購入する

化粧カバーは、新設エアコン用と後付用に分類され、それぞれで特徴が違います。後付を検討の場合は、しっかり後付専用のものを購入しましょう。

後付専用の化粧カバーは、配管をあまり動かさずに取り付けられる設計になっているものが多いです。配管はデリケートな造りになっており、トラブルを回避する配慮が施されています。

エアコンの配管に化粧カバーをかぶせる

適切な商品を購入した後で、エアコンの配管に化粧カバーをかぶせていきます。冷媒ガスが漏れないように、あまり配管に触らないように注意が必要です。

住宅環境により、作業難易度が大きく変わることもあるため、不安な場合は無理をせず安全に作業できるプロにまかせるのが最善ではないでしょうか。

化粧カバーをネジなどで壁に固定する

配管を傷つけないよう気を付けながら、化粧カバーをネジなどで壁に固定していきます。ネジが配管を傷つけてしまうおそれがあるため、十分注意しなければなりません。

電動ドライバーなどは、作業効率が上がり効果的な道具と言えます。しかし、周囲への注意が散漫になるおそれがあるため、なるべく位置を確認しながら作業にとりかかるのが大事です。
      エアコンに化粧カバーを後付けする方法

エアコンの業者はどう選べばいいのか?

エアコンの化粧カバーの取り付けは、配管への配慮が重要となるため、業者に依頼する方もいると思います。その際の業者選びは、どうすればいいのかお困りの方も多いのではないでしょうか。

身近に信頼できる業者がいるのであれば、すぐに決めることも可能です。しかし、近くに最適な業者が存在しないという場合は、自分で見つける必要があります。

家電量販店に依頼する場合、基本的に依頼側で業者を選択することができません。店舗ごとに提携している業者に自動的に依頼する形になり、詳細が不明なまま取り付けるケースもみられます。

一見化粧カバーがしっかり取り付けられていても、中の配管の処理が適切ではない場合もあります。そのため費用が安い業者が必ずしも最適とはいえないのではないでしょうか。自分でエアコンの取り付けを専門的に行っている業者を見つけるには、複数の業者を比較することが重要です。

各見積もりを比べ、内容も明確に提示してもらったうえで決めることができれば、しっかり納得できるはずです。

しかしながら、豊富な業者のなかから最適な業者を選ぶためには、労力がかかりがちになります。そういった場合は、複数の業者を一括で比較できるサイトなどを利用するのが有効です。

サイトによっては、手軽に豊富な業者を見つけることができ、納得のいく業者を見つけることにつながるはずです。業者のなかには、工事だけではなくアフターサポートが充実している業者も存在します。保証が付いている業者を選択できれば、途中で不具合が発生した後でも安心でき、損をしにくくなるのではないでしょうか。

業者になかには、作業内容を明確にしない業者が存在することもあります。その場合、大きく損をしてしまうおそれがあります。ご自分である程度工事の知識や相場を知っておくことも大切です。

相談の際に細かく質問することができ、不明な点に対して意見を述べやすくなります。
      エアコンの業者はどう選べばいいのか?

まとめ

エアコンの配管を保護する化粧カバーは、取り付けるだけで見た目を改善でき、目立つ配管を隠すことができます。また、機能的なメリットも多くあります。

雨風を防ぎ、直射日光を遮ることで、室外機の配管の劣化を防ぐ効果も期待できます。結果的にエアコンを長持ちさせることにもつながり、長期的にエアコンを使用できるようになるはずです。

すぐに引っ越してしまう、数年のうちに買い替える予定がある方は、あまり必要性がないかもしれません。

その場合は、転居先で改めて検討するのがおすすめです。また、住宅の環境、壁穴の位置によっては、取り付ける必要がないこともあります。

個人で化粧カバーを購入する場合は、住宅の状況を確認して失敗しない選択をしましょう。

業者に取り付けを依頼する際は、見積りを提示してもらい、なるべく複数の業者を比較することが重要です。安い業者だけが最適とはかぎりません。

希望をしっかりくみ取り、信頼できる業者を選択することが大切です。

もしも依頼にお困りであるなら、エアコン修理のプロに相談してみてはいかがでしょうか。

エアコン修理を業者に依頼する際には

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「エアコン修理」をご覧ください。

記事の内容はいかがでしたでしょうか。この記事がお役に立てましたら、下の投稿ボタンからご評価ください!
1投票,  平均評価値:5
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017-12-07 17:49:10
https://www.seikatsu110.jp/electronics/es_air_conditioner/24337/
家電の修理
お部屋で快適に過ごすためには、エアコンが必要不可欠だとお考えの方も多いでしょう。エアコンの本体や室外機は、十分機能するために重要な役割をはたすものと言えます。しかし、エアコンの配管部分も見逃せません。 配管部分が露出し、直射日光や雨風にさらされることで劣化が早まってしまうおそれがあるのです。 そのための有効な対策としては、エアコンの化粧カバーを取り付けるのがおすすめです。配管を保護してくれることはもちろん、見た目がおしゃれなものは外観がよくなり魅力的なお部屋を演出してくれる効果が期待できます。 また、取り付けを業者に依頼する際に、いったいどの業者を選べばいいのかお悩みの方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、エアコンの化粧カバーの役割について詳しく説明し、業者に依頼する際の費用、選び方も解説していきます。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

家電の修理

最新記事

おすすめ記事

0120-949-986