生活110番ニュース 家電の修理

このエントリーをはてなブックマークに追加

エアコンの粘土パテがとれて寒い!その隙間風放っておくと危険かも?

投稿日:2017-11-29 更新日:2018-10-04

エアコンの異臭を解決する方法

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

住宅の空調完備のために必要不可欠とも言えるエアコン。多くの家庭で使用されており、人々が快適に過ごすために重要な役割をはたすものだと認知されています。

エアコンは常に正常に稼働してほしいとお考えの方も多いのではないでしょうか、

しかし、エアコン本体だけではなく、配管部分の粘土パテにも注意が必要です。粘土パテが劣化、またはとれてしまうと住宅の環境に影響を与えることもあるのです。

今回は、エアコンの粘土パテがどのような役割を担っているのかを説明していきます。また、交換する際の注意点やポイントに関してもみていきましょう。

エアコンの粘土パテは経年劣化で隙間ができる?

エアコンの粘土パテは、室外にさらされている状態の場合が多く、雨風の影響を受けやすいと言えます。徐々にダメージが蓄積し、隙が空いてしまうおそれがあるのです。

基本的に粘土素材は、経年劣化が避けられない素材と言われています。雨風にさらされることにより、劣化を早める原因にもなりかねません。

どれだけしっかり保護しても、長期間つけていることで粘着力を失いなにかのはずみでとれてしまうことが考えられます。
エアコンの粘土パテは経年劣化で隙間ができる?

エアコンの粘土パテがとれるとどうなるの?

エアコンの配管を通すためには、壁に穴を開けて貫通させる必要があります。エアコンの粘土パテは、配管の隙間を埋めるために使用し、住宅に雨風や害虫などの侵入を防ぐ役割をはたします。

主に粘土素材のものを活用し、しっかり壁と密着するように付けられます。しかし、経年劣化などが原因となり、エアコンの粘土パテがとれてしまうこともあるのです。

粘土パテがとれてしまうと、室内に雨風、虫などが侵入し、住宅環境を悪化させることが考えられます。また、常に隙間が空いた状態となるため、暖房や冷房の効きが悪くなる原因にもなりかねません。

そのため夏はなかなか涼しくなりにくくなり、冬は暖房をつけていても寒いと感じるようになるおそれがあります。

エアコン用の粘土パテはどこで買える?

エアコンの粘土パテは、様々な場所で購入することが可能です。基本的には大手のホームセンターで販売されており、インターネットで手に入れることもできます。

色や重さなど種類にバリエーションがあるため、ご自宅に一番合うものを選ぶことが大切です。とくにサイズを間違えるとしっかり隙間を塞ぐことが困難になる場合があります。そのため事前に配管の周囲の長さを確認しておくことが重要です。

比較的安価であり、価格は1,000円程度から販売されています。

エアコンに粘土パテをつける方法

エアコン粘土パテは、個人でつけ直すことも可能です。しかし正しくつけないと、しかり隙間を埋められず状況が改善できないかもしれません。

ここでは、エアコンの粘土パテをつける方法を見ていきます。

粘土素材のものが多く、購入時は袋のなかに入って硬い状態であることが考えられます。そのままつけてもしっかり密着しにくいため、まずはしっかり粘土をこねていきます。

粘土をある程度こねたら、配管につけるために適切な形に形成していきます。周囲の長さに応じて形は微妙に変化することもあります。

ご自宅の配管やダクト周りの形を把握してから行うことが大切です。粘土パテをつけるときは、手のひらで押し当てて、十分配管と密着するように行いましょう。

また、つける前にはダクトの周囲を掃除しておくことも重要です。汚れが蓄積している状態では、パテの吸着が悪くなってしまうおそれがあります。
エアコンに粘土パテをつける方法

エアコンに粘土パテをつける際の注意点

エアコンの粘土パテをつける方法としては、比較的簡単ではあります。しかし、注意しなければならない点もあるため、よく確認することが重要です。

粘土が壁材の部分につくと、油分で変色してしまうとされています。ときには劣化を早める原因となるおそれがあるため注意が必要です。

また、ダクトがプラスチック素材であった場合、ダクト部分から粘土がはみ出さないようにつけることが大切になります。あまり薄く広げてしまうと、耐久性が下がり隙間が開きやすくなってしまうことも考えられます。

もし粘土剤が足りないときは、追加で購入するなどの対処をしましょう。どうしてもうまくつけられなくてお困りのようであるなら、適切な修理業者に相談するのも一つの手段ではないでしょうか。

まとめ

エアコンの粘土パテは、住宅に外気や虫が入らないために重要な役割をはたすものです。粘土素材は、経年劣化を避けられず一定の期間ごとに交換が必要となります。

つける作業は比較的簡単ですが、正しく隙間を埋めるためには若干コツが必要です。また、適切に作業しなければ隙間ができやすくなることもあるため注意しましょう。

もしご自分での取り付けに不安がある場合は、エアコン修理のプロにまかせるのもいいでしょう。

エアコン修理を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「エアコン修理」をご覧ください。

エアコン修理はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
エアコン修理 7,980円(税抜)~
エアコン修理のおすすめ業者を見る >
エアコン修理はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。
エアコン修理
7,980円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:かなで
専門用語を使わず、分かりやすく解説することをモットーとしている。日々SNSなどを駆使して情報を収集し、旬な情報を集めるのを得意としている。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
89投票,  平均評価値:3

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-10-04 12:55:12
https://www.seikatsu110.jp/electronics/es_air_conditioner/22972/
家電の修理
住宅の空調完備のために必要不可欠とも言えるエアコン。多くの家庭で使用されており、人々が快適に過ごすために重要な役割をはたすものだと認知されています。エアコンは常に正常に稼働してほしいとお考えの方も多いのではないでしょうか、しかし、エアコン本体だけではなく、配管部分の粘土パテにも注意が必要です。粘土パテが劣化、またはとれてしまうと住宅の環境に影響を与えることもあるのです。今回は、エアコンの粘土パテが...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

家電の修理 エアコン修理

エアコン修理のお問い合わせ・ご相談はこちら

エアコン修理についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!