生活110番ニュース 家電の修理

このエントリーをはてなブックマークに追加

エアコンの性能を確保する作業、『エアパージ』って何をするの?

投稿日:2017-11-29 更新日:2018-10-04

エアコンの性能を確保する作業、『エアパージ』って何をするの?

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

エアコンの取り付けにあたり、欠かせない作業の一つに『エアパージ』と呼ばれるものがあります。エアパージとはエア(空気)をパージ(追放)する、すなわち特定の場所から空気を追い出し真空状態にすることを言い、エアコンにおいては主に冷媒パイプに施工されます。エアパージをしないと冷房の効きが悪くなったり、場合によっては配管の破裂に繋がったりとトラブルの種になることもあるため、非常に重要な作業です。本コラムでは、エアパージに関する基礎知識について簡単に解説していきます。

エアコンにエアパージが必要な理由

エアパージは配管の中から空気を追い出す作業です。エアパージの行われる場所は、エアコンの室内機と室外機を繋ぐ配管のうち、冷媒と呼ばれるガスの行き来する『冷媒管』になります。冷媒管の内部には冷媒ガスだけが存在する状態が望ましく、不純物や水分が混じっていると冷房の効率が下がり、ひどい場合は配管自体に損傷が発生する可能性があるため、清潔で乾燥した状態を保つ必要があります。そのために、空気と一緒に不純物や水分を追い出す作業が、エアパージです。

真空引きについて

エアパージの方法には二種類あります。一つは施工時に冷媒管に冷媒ガスを通し、その圧力でパイプの中から空気と水分、塵などを一気に追い出す方式です。この方法は特別な装置を使わずにエアコンの内部にあるガスだけでエアパージを行えるというメリットがありますが、本来冷房に使われるはずの冷媒ガスの一部を外に吐き出すことになるため、何度もエアパージを行うと冷媒が目減りしていってしまうという難点がありました。また冷媒ガスの中にはオゾン層を破壊するなど環境に負荷を与える物質もあり、意図的に冷媒を漏れ出させるこの方式は現在ではあまり使われていません。

もう一つの方式が、真空ポンプを使って空気をパイプの中から吸い出す『真空引き』と呼ばれる施工方法です。外からポンプを繋げて真空状態にするため機材が必要になりますが、冷媒ガスが目減りせず環境に負荷もかからないので現在はエアコンのメーカー各社も推奨しているやり方です。真空引きは配管内の水分を残さず追い出すことが可能なため、より安全性の高いエアパージ方式であると言われています。
エアコンにエアパージが必要な理由

真空乾燥について

真空引きが推奨される理由の一つに、真空乾燥によって配管内に残った水分をしっかり除去することができるというものがあります。配管の継ぎ目などに溜まった水はなかなか除去しづらいものですが、配管内部を真空に保つことで蒸発させ、ポンプで吸い出すことが可能です。

通常、常温化での水は液体の状態です。しかし、山の頂上では低い温度でお湯が沸騰するように、水の沸点は気圧が低ければ低いほど下がります。気圧の極端に低い状態、つまり真空の中にある水は、常温でも沸騰して水蒸気に変わります。そのため、真空引きを行うと配管内の水を残さず水蒸気に変えて吸い出せるのです。

エアパージをしないとどうなるの

エアパージを行わなかったり、不完全で不純物や水分が混じっていると、冷媒ガスが配管を通る妨げになります。エアコンは室内機がお部屋の空気から奪った熱を室外機へと送って排熱する熱交換によって空調を行いますが、室内機と室外機とをつなぐパイプをスムーズに冷媒ガスが行き来できないと、冷房効率が大きく下がってしまいます。

また冷媒管の内部に水分が残っていると、水分が凍結して配管を詰まらせたり、氷の破片が配管内を暴れて破損の原因になることがあります。とくに水分はしっかりと除去する必要があるため、真空引きを行う際は配管を真空にしたあと、水分の蒸発を待って二度目の真空引きを行って完全に吸い出すようにしている業者も少なくありません。
エアパージをしないとどうなるの

家庭用なら真空ポンプがなくても大丈夫なのか?

家庭用のエアコンの場合、冷媒管がそこまで長くないため、冷媒ガスの放出によるエアパージを行っても漏れ出すガスは少量です。ごく少量のガスが漏れる程度であれば環境負荷にはただちに影響がないとは言われていますが、環境によくないことは確かです。

また冷媒ガスを放出する方式は冷媒の目減りを招くため、お引越しなどで古いエアコンを別の場所に取り付けなおす用途には向きませんし、真空引きと違って水分を完全に除去することは難しいとされています。そのため、真空ポンプを利用したエアパージを施工するのが無難でしょう。
家庭用なら真空ポンプがなくても大丈夫なのか?

まとめ

本ページではエアパージの基礎知識をかんたんにご紹介してきました。要点を下記にまとめておきます。

・エアパージとはエアコンの室内機と室外機を結ぶ配管の中から空気や水分、不純物を除去する施工のこと。

・エアパージの方法には二種類あり、冷媒ガスを一部放出して中から空気を追い出す方式と、真空ポンプで外から空気を吸い出す方式。

・真空ポンプを使う方式は真空引きと呼ばれ、環境負荷が少なく真空乾燥によって水分の完全な除去ができることが特徴。

・エアパージをしないと冷房効率が下がったり、水分や不純物がパイプ内で詰まって破損の原因となることもある。

・家庭用のエアコンであれば冷媒ガス放出方式でも使用に問題はないが、環境負荷や水分の除去を考えるなら真空引きの方が無難。

エアコン取り付けのエアパージ作業は、真空ポンプなどの機材や計測器具、なにより専門知識が必要になる重要な作業です。自分での対応が困難だと感じたら、ぜひエアコン取り付けの専門業者にご相談ください。経験豊富なプロに任せて、快適なお部屋を実現しましょう。

エアコン修理を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「エアコン修理」をご覧ください。

エアコン修理はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
エアコン修理 7,980円(税抜)~
エアコン修理のおすすめ業者を見る >
エアコン修理はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。
エアコン修理
7,980円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:かなで
専門用語を使わず、分かりやすく解説することをモットーとしている。日々SNSなどを駆使して情報を収集し、旬な情報を集めるのを得意としている。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
2投票,  平均評価値:4.5

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-10-04 12:55:44
https://www.seikatsu110.jp/electronics/es_air_conditioner/22900/
家電の修理
エアコンの取り付けにあたり、欠かせない作業の一つに『エアパージ』と呼ばれるものがあります。エアパージとはエア(空気)をパージ(追放)する、すなわち特定の場所から空気を追い出し真空状態にすることを言い、エアコンにおいては主に冷媒パイプに施工されます。エアパージをしないと冷房の効きが悪くなったり、場合によっては配管の破裂に繋がったりとトラブルの種になることもあるため、非常に重要な作業です。本コラムでは、エ...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

家電の修理 エアコン修理

エアコン修理のお問い合わせ・ご相談はこちら

エアコン修理についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!