生活110番ニュース 各種電気工事

このエントリーをはてなブックマークに追加

住宅の換気を考える。ポイントを押さえて効率いい換気にしよう!

投稿日:2018-06-25 更新日:2020-03-26

住宅の換気を考える。ポイントを押さえて効率いい換気にしよう!

この記事は2201人に読まれています。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

最近の住宅のCMをよく見ると「高気密・高断熱」とうたうものが多くなってきました。
そのため、近年の住宅は冬は暖かく、夏は涼しくと年中快適に過ごすことができるように気密性が高くなってきています。
家の機密性が高くなる分、室内の空気は流れづらく十分な換気がしにくくなっています。

今回は住宅換気の必要性についてとさまざまな換気の種類についてご紹介していきます。

なぜ住宅の換気が重要になってきたのか

新しい住宅は気密性が高くなっているため、窓を開けるなどの自然換気のみでは十分な換気ができなくなってきています。

そのため、住宅の換気がうまくできず空気が滞ってしまい、家の中にいても健康被害が起こるおそれがありました。
しかし、2003年に「改正建築基準法」が施行され24時間換気が義務付けられました。

この24時間換気は、部屋全体の空気の半分以上が新しい空気と入れ替わっている必要があります。24時間換気にはさまざまな方法がありますが、しっかりと自分の家にあったものを選ぶことが重要なのです。

なぜ住宅の換気が重要になってきたのか

住宅の換気方法は4種類!

換気するためには、室内の空気を動かすために空気の入り口にあたる「給気口」と、その空気を出す出口である「排気口」が必要となります。
また、換気扇は必ず必要というわけでありません。では、住宅を換気するためにはどのような方法や種類があるのでしょうか。

換気扇を使わない換気

自然換気による換気方法で、自然換気(パッシブ型)ともいわれています。給気口から入ってきた空気が排気口へ出ていきます。換気扇を使用しないためメンテナンス不要で、電気代がかかりません。しかし、温度差があまりない時期は十分に換気できない可能性があります。

換気扇で空気を取り込む換気

自然換気とは違い、機械換気による換気方法です。給気型(デマンドコントロール型)ともよばれており、主に病院や工場に設置されていることが多いタイプです。

給気口から換気扇を使用して外の空気を取り入れ、排気口へ流れるようになっています。

換気扇で空気を排出する換気

機械換気による換気方法で、もっとも一般的なタイプです。
給気口から入ってきた空気を排気口にある換気扇で出すというところです。

換気扇で空気を取り込み・排出する換気

給気口と排気口どちらにも換気扇がついている、吸排気型といわれているタイプです。
主にビルなどで使用されています。この換気扇を設置するにはダクトが必要になるケースが多く、ダクトの設置と運用に費用がかかります。

飲食店の厨房などでは煙やガスなどを多く使用することから、さらに換気が必要となるため「給排気一体型」が多く使用されています。給気と排気が一体化していることによって、厨房の中の温度を一定にしやすくなっています。素材はステンレス製が多く、厨房で使うため耐久性が高いようです。

現在お住まいの住宅のつくりや構造によって、どの換気タイプがあうのか、また現在はどのタイプの換気が適用されているのかを一度業者に相談してみるのもおすすめです。

住宅の換気方法は4種類!

換気のポイントは空気のルート!

空気を入れ替えるために、ただ住宅の換気をしていればいいというわけでありません。住宅の換気は、空気の流れが正しくないと、有害な物質が室内に滞ってしまうおそれがあります。

空気のルートを遮っていないか確認!

正しく換気をするためには、空気の流れが適切な経路が必要です。換気は給気口から入り、直線的に空気が排気口へと流れるのが最適だといわれています。

しかし、この換気経路を大きな家具などで遮断しまうと、うまく換気できなくなることがありますので注意しましょう。

設備は定期的に点検しよう

今ついている換気扇も、知らないうちに故障していたり、不具合が出てくるかもしれません。定期的に点検して常に換気ができる環境にしましょう。

また、換気扇を設置していない自然換気の場合でも、給気口や排気口のフィルターが目詰まりやトラブルが起きていないか定期的に確認しましょう。

換気のポイントは空気のルート!

機械を使わない換気・自然換気について

戸建てにお住いのかたは、電気代のかからない住宅換気の方法があるのをご存知でしょうか。
条件はいくつかあるようですが、機械を使わず自然な空気の流れで室内を換気する「パッシブ換気システム」という換気方法があります。

・家に吹き付ける風を取り入れた換気
24時間ずっと、給気口から取り込まれた空気が各部屋中を巡り、排気口へと流し続けます。

・温度差を利用した換気
外気との気圧の差や温度の差をうまく利用し、換気してくれています。
取りこまれた空気を床下で温め、温かくなった空気が上へ上へと上昇する力を利用して空気を循環させています。

まとめ

換気といっても、換気扇を使用するものや換気扇を使用せず自然の力を利用したものなどさまざまな種類があります。
高気密や高断熱になった現代の住宅の換気は、法律の改正によりますます重要なことだといえます。

また、戸建てにお住いのかたは「パッシブ換気システム」の設置が可能であれば、常に換気してくれるので、電気代もかからず快適に過ごすことができるかもしれません。

お住まいの住宅にあらかじめ換気扇が設置されている場合でも、換気扇が故障していないか、フィルターが目詰まりしていないかなど定期的に確認することが大切です。
換気扇に違和感や不具合がみられるようなら、一度業者に相談してみてはいかがでしょうか。

換気扇を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「換気扇・レンジフード」をご覧ください。

換気扇・レンジフード工事はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
換気扇・レンジフード工事はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:たくぞう
家電の新製品と旧式の違いを発見することが特技。特技が高じて人に伝えたいという思いにいたり、ライターの道を目指すきっかけとなった。家電や電気工事関連の記事を担当。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
4投票,  平均評価値:4.8

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-03-26 10:51:29
https://www.seikatsu110.jp/electrical/et_ventilation/87669/
各種電気工事
最近の住宅のCMをよく見ると「高気密・高断熱」とうたうものが多くなってきました。そのため、近年の住宅は冬は暖かく、夏は涼しくと年中快適に過ごすことができるように気密性が高くなってきています。家の機密性が高くなる分、室内の空気は流れづらく十分な換気がしにくくなっています。今回は住宅換気の必要性についてとさまざまな換気の種類についてご紹介していきます。
シェアリングテクノロジー株式会社

換気扇・レンジフード工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

換気扇・レンジフード工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!