生活110番ニュース 各種電気工事

このエントリーをはてなブックマークに追加

空気を入れ替えても部屋の温度が変わりにくい?熱交換形換気扇の特徴

投稿日:2018-06-15 更新日:2018-10-04

空気を入れ替えても部屋の温度が変わりにくい?熱交換形換気扇の特徴

この記事は3900人に読まれています。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

私たちは毎日呼吸をして生きています。普段室内にいるときには意識をしていないかもしれませんが、室内はどんなに掃除していてもホコリが舞ってしまいます。また、外から帰宅した際に、花粉やPM2.5などの人体に悪影響を及ぼす粒子を持ち込んでしまうこともあります。

そんな室内の空気をキレイにしてくれるのが換気扇です。換気扇にはさまざまな種類がありますが、今回は熱交換型換気扇の機能や月々の電気代などについて紹介します。換気扇の交換を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

熱交換形換気扇ってどんな仕組み?

熱交換型換気扇とは、どんな換気扇なのでしょうか。まずは、熱交換型換気扇の仕組みや一般的な換気扇との違いを見ていきましょう。

取り入れた空気と排出する空気で熱を入れ替える!

一般的な換気扇は、室内の空気を外気やダクトに排出して外気からの新鮮な空気と入れ替えます。たとえば外の空気が冷たい場合は、換気をすることで室内の暖かさが逃げてしまいます。しかし、熱交換型換気扇は、室内の暖かさを逃がすことなく換気することができるのです。

熱交換型換気扇なら、換気扇の中に熱交換機を内蔵して室内へ排出する熱を蓄えて、外から取り入れた空気に蓄えた熱を使って室内温度に近い気温で空気を取り入れることができます。

熱交換型換気扇には大きく分けて全熱交換と顕熱交換の2種類のタイプがあります。季節によって使い分けることで効率よく空気の入れ替えができます。

夏の場合

夏は外気が暑いため、全熱交換式の換気扇をおすすめします。外気の暑さに対して、室内は冷房を効かせていることが多いでしょう。外の空気をそのまま室内にもってきてしまっては、室内がなかなか涼しくなりません。

全熱交換式の換気扇なら、夏の高温多湿な部屋の温度と湿度を外気に排出して除湿をしたうえでふたたび空気を取り入れることができます。

冬の場合

冬や寒冷地域にお住まいのかたには顕熱交換式の換気扇がよいでしょう。全熱交換式と違い、熱のみ室内に戻すことができます。また、湿気も排出のみおこなうため全体的に乾いた空気になりやすいです。

エアコンとの違い

熱交換型換気扇のほかにエアコンにも空調効果があるため、必要ないと思われるかもしれません。たしかにエアコンには熱交換システムが採用されていますが、仕組みは少し異なっています。

エアコンは熱交換機と違って室内の空気を取り入れて室外機に排出されますが、室外からのキレイな空気を室内に取り入れることはできません。室外機は熱を冷ますために室外の空気を取り入れてふたたび外に排出します。

.熱交換形換気扇ってどんな仕組み?

熱交換形換気扇にすると電気代はどれだけ増える?

一般的な換気扇に比べて熱交換型換気扇は機能性に優れていることがわかりました。これから熱交換型換気扇に交換してみようかなと思ったときに、一番気になるのが毎日の電気代なのではないでしょうか。

一般的な換気扇を例に挙げますと、24時間つけっぱなしにしていた場合、設置場所によりますが1か月で約600円かかります。いっぽうの熱交換型換気扇は、24時間1か月使用していた場合、約900円となります。

熱交換型換気扇はさらに冷暖房を使用していた場合、室内と室外に気温差が出るためエネルギー消費量が増えることになるので月々の使用料金はもう少し上乗せされる場合があります。1か月単位で見るとそこまで差はありませんが、長く利用することで料金の差が出てきます。ランニングコストを気にされるなら参考にしてみてはいかがでしょうか。

熱交換形換気扇へ交換する費用はどのくらい?

通常の換気扇から熱交換型換気扇へ交換した際の費用はどれぐらいになるのでしょうか。まず、通常の換気扇と比較して交換費用をから見ていきましょう。

通常の換気扇は大きく分けてプロペラファンとシロッコファンに分かれています。プロペラファンへの交換費用は約8万円、シロッコファンの交換費用は10万となります。

通常換気扇から熱交換形換気扇へ交換する場合は、古い換気扇の撤去費用がかかります。さらに熱交換型換気扇の本体価格、人件費や作業費が加わります。

また、設置場所が狭い場合は設置するために必要な工事費用がかかってきます。費用相場としては、上記の通常換気扇の交換費用からさらに約30万円の費用が上乗せされるでしょう。
熱交換形換気扇へ交換する費用はどのくらい?

掃除をして、熱交換形換気扇の効果を最大に!

熱交換型換気扇には使用しているうちに、給気口のフィルターにどんどんホコリやゴミが溜まってしまいます。フィルターにホコリが溜まることでフィルターが目詰まりしてしまい性能が低下してしまうだけではなく、ホコリを通して汚染された空気を循環することになります。

フィルターは月に一度ぐらいの頻度で、掃除機でホコリやゴミを吸い取りましょう。
またフィルターにはホコリだけではなく、虫の死骸などが付着している場合があるため、苦手なかたは気をつけて掃除をおこないましょう。

しかし、精密機器のため水洗いはひかえましょう。また、ご自身で掃除できる範囲はフィルター周りだけですので、定期的に業者にメンテナンスをしてもらいましょう。

まとめ

熱交換型換気扇は、室内と室外の気温の差をうめて効率よく空気の入れ替えをおこなうことができます。そのため冷暖房の効果を損なわず、キレイな空気を取り入れることができます。通常の換気扇と比べると月々の電気代はそこまで差はないため、24時間換気をすることも可能です。

しかし、熱交換型換気扇へ交換する際の初期費用は決して安くはないため、しっかり検討したうえで交換してみてはいかがでしょうか。

また、熱交換機能の効果を高めるために、こまめにお掃除をしましょう。大がかりなお手入れは業者に相談・依頼することをおすすめします。

換気扇・レンジフード工事を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「換気扇・レンジフード工事」をご覧ください。

換気扇・レンジフード工事はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
換気扇・レンジフード工事はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:たくぞう
家電の新製品と旧式の違いを発見することが特技。特技が高じて人に伝えたいという思いにいたり、ライターの道を目指すきっかけとなった。家電や電気工事関連の記事を担当。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:4

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-10-04 10:36:55
https://www.seikatsu110.jp/electrical/et_ventilation/85508/
各種電気工事
私たちは毎日呼吸をして生きています。普段室内にいるときには意識をしていないかもしれませんが、室内はどんなに掃除していてもホコリが舞ってしまいます。また、外から帰宅した際に、花粉やPM2.5などの人体に悪影響を及ぼす粒子を持ち込んでしまうこともあります。そんな室内の空気をキレイにしてくれるのが換気扇です。換気扇にはさまざまな種類がありますが、今回は熱交換型換気扇の機能や月々の電気代などについて紹介します...
シェアリングテクノロジー株式会社

換気扇・レンジフード工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

換気扇・レンジフード工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!