生活110番ニュース 各種電気工事

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウォークインクローゼットは換気が大切!衣服の湿気対策方法を紹介

投稿日:2018-01-16 更新日:2018-10-04

ウォークインクローゼットは換気が大切!衣服の湿気対策方法を紹介

この記事は6040人に読まれています。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

ウォークインクローゼットは、家の設備として人気があります。広いスペースで沢山のものを収納でき、便利ですよね。しかし、ウォークインクローゼットは、他の場所に比べると人の出入りが少なくなりがちです。そのため空気がこもりがちになり、湿気が溜まりやすくなってしまいます。

そのせいで、収納していた衣類にカビが生えてしまうことがあったら悲しい気分になってしまいますよね。ウォークインクローゼットには、窓を付けた方がいいのか、それとも換気扇をつけた方がいいのか悩んでしまいがちです。

そこで今回は、ウォークインクローゼットの換気に関する事柄についてご紹介したいと思います。

ウォークインクローゼットには換気システムが必要

前述した通り、ウォークインクローゼットは空気がこもりがちになってしまうので、換気システムが必要になってきます。換気システムとしては、換気扇や窓を設置することになると考えられます。

では、ウォークインクローゼットの換気システムとして、窓と換気扇どちらを付けた方がいいのでしょうか?

それぞれメリットや、デメリットを挙げていきます。

      ウォークインクローゼットには換気システムが必要

ウォークインクローゼットに窓は付けるべきか?

ウォークインクローゼットの換気を窓に任せる場合は、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?
以下にまとめましたのでご覧ください。

メリット

採光による電気代の節約
日中は日の光を取り入れることができ、明かりをつける頻度が下がると予想されます。
そのため、電気代の節約をすることが可能でしょう。

外の状況確認
窓から外の状況を確認でき、晴れているのか雨なのかを見てからどのような服を着るのか選ぶことができます。

風通しをよくできる
ウォークインクローゼットの対角線上にもうひとつ窓がある場合は、風の通り道ができ風通しがよくなります。

他にも様々なメリットがありますが、デメリットも存在します。

デメリット

日焼けする
恐らく最大のデメリットがこちらになるでしょう。窓から日の光を取り入れることによって、日に焼けてしまいます。ただし、遮光カーテンを取り付ける事で、防ぐことが可能です。

花粉や排気ガスが入ってくる
窓を開けることで、外からの空気がウォークインクローゼットの中に入ってきます。
とうぜん、花粉や車の排気ガスなども一緒に入ってきますので衣服にそれらが付着するでしょう。
花粉症やアレルギー持ちの方にはとてもつらいデメリットになってしまいます。

結露の原因になる
換気をするために取り付けた窓周りで温度差が発生し、結露してしまう可能性があります。
その場合はカビ対策をしたつもりがカビを発生させてしまうことになります。木製の窓枠だった場合はこの結露を軽減することが可能です。

他にもメリット、デメリットは存在するかもしれません。

次に、換気扇を取り付けた場合を見てみましょう。

      ウォークインクローゼットに窓は付けるべきか?

ウォークインクローゼットには換気扇をつけよう

前述した通り、ウォークインクローゼットの窓には、メリットデメリットがありますので、設置するかどうかは個人の判断によります。

もし窓を付けない場合は、換気扇をつけておいた方がいいでしょう。電気代はかかってしまいますが、常にウォークインクローゼットを換気してくれるため、湿気対策はもちろんウォークインクローゼットの中へ臭いがこもるのを防いでくれるでしょう。

また、つけたり消したりするのが面倒だと感じる方は、湿度センサー式換気扇というものを設置することで湿度が高くなってしまった場合に、自動的に換気をしてくれるものもあります。

換気による湿気対策の他に、ウォークインクローゼット自体に湿気対策をさせることも可能です。

ウォークインクローゼットの材質に注目

ウォークインクローゼット内に、換気扇や窓を取り付ける事による湿気対策や、臭い対策についてご紹介してきましたが、ウォークインクローゼットの材質によってさらに湿気対策や臭い対策を強めることもできます。
例えば、桐材を使用した部屋にすることで、桐材の持つ高い調湿効果や、防虫効果を持った部屋にすることが可能です。

ヒノキ材を使用すれば、カビやダニの繁殖を抑えることができるでしょう。また、木材特有の良い臭いがすることも特徴になりますね。

まとめ

今回は、ウォークインクローゼットの換気の重要性や、その方法などについてご紹介させていただきました。
少しでも、ウォークインクローゼットを設置しようかどうか悩んでいる方々の参考になっていれば幸いです。
他にも扉を設置しない、除湿機や除湿剤を使用するなどまだまだ色々な方法があります。

ウォークインクローゼットに換気扇や窓を付けていなかったとしても、換気扇を後から取り付けることが可能かもしれません。取り付けたいと考えている方は、一度プロの方へご相談してみてはいかがでしょうか?

換気扇・レンジフード工事を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「換気扇・レンジフード工事」をご覧ください。

換気扇・レンジフード工事はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
換気扇・レンジフード工事はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:かなで
専門用語を使わず、分かりやすく解説することをモットーとしている。日々SNSなどを駆使して情報を収集し、旬な情報を集めるのを得意としている。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
3投票,  平均評価値:2

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-10-04 10:49:34
https://www.seikatsu110.jp/electrical/et_ventilation/32741/
各種電気工事
ウォークインクローゼットは、家の設備として人気があります。広いスペースで沢山のものを収納でき、便利ですよね。しかし、ウォークインクローゼットは、他の場所に比べると人の出入りが少なくなりがちです。そのため空気がこもりがちになり、湿気が溜まりやすくなってしまいます。そのせいで、収納していた衣類にカビが生えてしまうことがあったら悲しい気分になってしまいますよね。ウォークインクローゼットには、窓を付けた方...
シェアリングテクノロジー株式会社

換気扇・レンジフード工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

換気扇・レンジフード工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!