生活110番ニュース 各種電気工事

このエントリーをはてなブックマークに追加

「換気扇が壊れた」そんなときは必見!修理と交換でトラブルを解決!

投稿日:2018-01-05 更新日:2018-10-04

「換気扇が壊れた」そんなときは必見!修理と交換でトラブルを解決!

この記事は8710人に読まれています。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

換気扇が壊れたとき、どうしたらいいのかわからなくて慌ててしまいますよね。まずは落ち着いて、壊れている換気扇を確認してみてください。壊れた状態によって、対処方法が変わってくるからです。

今回は、換気扇が壊れた状況にはどんなものがあるのか、その状況にあわせてどんな対処方法があるのかを調べてみたいと思います。

換気扇の役割とは?

換気扇が壊れた場合の対処法の説明をする前に、まずは換気扇が行う換気とは何かを覚えておくとよいでしょう。

『換気』とは、外気を取り入れて内部の空気を排出し空気を入れ替えることを言います。
建物の中というのは、いわゆる密閉空間あたります。密閉された空間の中では自然発生的に換気が行われることはありません。換気の方法にはいろいろあるのですが、換気扇の場合は機械のモーターを使用して換気を行っているのです。
       換気扇の役割とは?

換気扇が壊れた?トラブル事例

換気を行ってくれる換気扇ですが、機械ですからもちろん壊れてしまうことがあるでしょう。では換気扇が壊れたときのトラブルにはどんなものがあるのでしょうか?

換気扇から変な音や振動がする

これは長く換気扇を使用して劣化したことにより、換気扇のモーターの中心がずれて、軸ブレすることによって起こります。また、ファンに偏ってゴミがついたために、作動させたときにかかる遠心力で回転がブレることによっても起こります。

換気扇が動かない

原因として考えられるのは、本体に寿命がきて壊れる場合です。換気扇の寿命は8~10年程度が多いので、使う頻度にもよりますが8年以上使っている換気扇で動かない場合は換気扇に寿命がきていることが多いです。

また、換気扇本体ではなくスイッチ部分が壊れていることがあります。換気扇のスイッチは劣化、摩擦するためいつか故障します。換気扇が動かなくなったときはまずスイッチ部分を確認してみてください。

換気扇の回転する音が異常に大きい

回転音が異常に大きいと感じるときは、モーターが劣化して摩擦を起こしている場合があります。長く使っているとモーターが劣化して摩擦する部分が大きくなっているおそれがあるのです。
また、変な音がするときと同じように、ファンにゴミが付いて回転がブレて起こることもあります。

羽は回っているけれど換気能力が弱い、もしくは換気していない

この場合も、換気扇の寿命が考えられます。また、ダクトを使っている換気扇の場合はダクトが詰まっていたり、本体風圧ダンパーが動作不良を起こしたりしているおそれもあり得ます。
      換気扇が壊れた?トラブル事例

換気扇が壊れた場合の修理方法と費用相場

換気扇が壊れたときのトラブルにはいろいろなものがあることがわかりました。では、換気扇が壊れたときにはどんな修理方法があるのでしょうか。

換気扇から変な音や振動がする場合

モーターが劣化して軸がブレている場合はモーターの交換で対応することができます。ただし、換気扇本体が古い機種だったときはモーターのみ交換するよりも本体ごと交換してしまったほうが費用を抑えることができます。

ゴミの付着によるブレの場合は、ゴミをきれいに取り除いて解決する場合もありますので、まずは掃除をしてみることをおすすめします。

換気扇が動かない場合

本体の寿命によって故障したときは、本体を交換してください。
スイッチが故障している場合にはスイッチ部分を交換してみてください。ただし、スイッチを交換したあとには必ず換気扇が動くか確認が必要です。スイッチを交換しても動かない場合には本体自体の故障も考えられます。そのときは本体も同時に交換してください。

換気扇の回転する音が異常に大きい場合

モーターの摩擦によって音が大きくなっているときは、ゴミやホコリを取り除いた後に回転の軸の部分に潤滑油を少し吹き付けてやると滑りが良くなって音が小さくなります。
また、ゴミを取り除くだけでも音が小さくなるので、こまめに清掃を行ってください。

いろいろな方法を説明してきましたが、掃除をすることで改善されることもあれば、部品や本体の交換が必要になる場合とさまざまです。
部品の交換は個人でおこなうと動かなくなってしまうおそれがありますので、部品のみを交換するときはプロにおまかせすることをおすすめします。本体そのものを交換する場合は個人で行うことも難しくはありません。

換気扇の修理の費用はプロに依頼する場合は、取り付ける場所にもよりますが、工事費込みで10,000円~20,000円くらいが相場です。個人で行う場合は本体価格のみで行うことができます。
            換気扇が壊れた場合の修理方法と費用相場

換気扇を自分で取り替える-準備するものと流れ

換気扇が壊れたときに自分で新しい換気扇に交換する場合の方法をご紹介したいと思います。

準備するものは新しい換気扇と、古い換気扇を取り外すときに必要なドライバーです。
まずドライバーで古い換気扇のカバーを外して、本体につながっている電線をはずします。
外した電線に新しい本体をつないで、もとにあった換気扇の場所にはめ込みカバーを取り付けたら完成です。

換気扇を自分で取り替える-注意点

換気扇が壊れたから自分で交換する、そんなときに注意しておかなければならない点があります。
新しい換気扇と古い換気扇のサイズが違っていると、換気扇があった場所に新しい換気扇が入らなくなってしまいます。換気扇を購入するときには、必ず古い換気扇のサイズを測ってからにしてください。

また、換気扇を取り付けるときに配線工事が必要になる場合があります。配線工事は電気工事士の資格を持っていないと行うことができません。電気工事士の資格を持っていない人はプロに交換を依頼してください。
        換気扇を自分で取り替える-注意点

まとめ

今回は、換気扇が壊れたときの交換について調べてみました。
換気扇があるのとないのとでは、生活の快適さが違います。換気扇が壊れてしまった時には、どんな状態なのかを見極め、どんな対応が必要なのかを考えてみてください。

換気扇を掃除することで対応できることもありますので、まずは掃除を試してください。
交換するときは自分で行うと費用をおさえることができます。配線を必要とするときもありますので、資格を持っている方は試してみてもよいでしょう。プロに依頼したら、交換した後に動かないかもしれないという心配もありません。
費用や状況にあわせて、どうしたらいいかを考えてみてください。

換気扇・レンジフード工事を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「換気扇・レンジフード工事」をご覧ください。

換気扇・レンジフード工事はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
換気扇・レンジフード工事はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:たくぞう
家電の新製品と旧式の違いを発見することが特技。特技が高じて人に伝えたいという思いにいたり、ライターの道を目指すきっかけとなった。家電や電気工事関連の記事を担当。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
8投票,  平均評価値:4.5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-10-04 10:55:47
https://www.seikatsu110.jp/electrical/et_ventilation/30018/
各種電気工事
換気扇が壊れたとき、どうしたらいいのかわからなくて慌ててしまいますよね。まずは落ち着いて、壊れている換気扇を確認してみてください。壊れた状態によって、対処方法が変わってくるからです。今回は、換気扇が壊れた状況にはどんなものがあるのか、その状況にあわせてどんな対処方法があるのかを調べてみたいと思います。
シェアリングテクノロジー株式会社

換気扇・レンジフード工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

換気扇・レンジフード工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!