生活110番ニュース 各種電気工事

このエントリーをはてなブックマークに追加

キッチンは油汚れがたくさん!換気扇のファンまで徹底的に掃除しよう

投稿日:2020-01-23 更新日:2020-01-28

キッチンは油汚れがたくさん!換気扇のファンまで徹底的に掃除しよう

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。


毎日使うキッチンを長く清潔に使うためには、定期的な掃除をおこなうことが大切です。コンロやシンクなどはもちろん、換気扇のファンまでしっかりと掃除をおこないましょう。

キッチンではさまざまな料理を作ります。そのため、キッチンの換気扇には油汚れがついてしまうのです。油汚れは放置するとべたついてしまうため、換気扇のファンにホコリなどが付着しやすくなってしまいます。

汚れが溜まるとうまく換気できなくなるおそれがあるので、掃除に必要な道具や掃除方法などを知って徹底的な掃除をおこないましょう。

本記事では、2種類のファンそれぞれの掃除方法と業者に掃除を依頼する際に知っておきたいことをご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

シロッコファンの掃除方法|必要なものと掃除の手順

最近のキッチンには、レンジフードがついているタイプが多いですが、その中にはシロッコファンというファンがついています。たくさんの細長い羽根がついたシロッコファンは、筒状のスタイリッシュな見た目をしていますが、部品が細かいため汚れがつきやすく掃除が大変です。

しかし、正しい掃除方法を知っていればきれいにすることはできます。これからご紹介する道具や洗剤を用意して、細部まで掃除をおこないましょう。

油汚れには重曹などのアルカリ性の洗剤が最適

油汚れには重曹などのアルカリ性の洗剤が最適

シロッコファンの掃除には、以下のものを使うのがおすすめです。ホームセンターや通販で購入することができるので、持っていないものは購入してそろえましょう。

・ゴム手袋
・新聞紙
・バケツ
・スポンジ
・雑巾もしくはタオル(2~3枚ほど)
・使わなくなった歯ブラシ
・重曹

この中で洗剤の役割をするのが重曹なのですが、アルカリ性の洗剤を持っている場合はそれを使用してもかまいません。というのも、油汚れが酸性なので、それを落とすためにはアルカリ性の洗剤が必要になるという理由から重曹をご紹介しているのです。重曹でなくてはならないというわけではないので、覚えておくとよいでしょう。

ただし、普段使っている食器用洗剤では洗浄力が弱くこびりついた油汚れが落ちないおそれがあるので、強いアルカリ性のものを用意しておくことをおすすめします。

シロッコファンを掃除する際の手順

必要なものがそろったら、ゴム手袋を着用して掃除をはじめましょう。

1.コンロをカバーする

まずはコンロに新聞紙をかぶせます。換気扇の中を掃除しているときやファンの取り外しの際に汚れが落ちるおそれがあるので、コンロが汚れたり傷ついたりしないようにカバーするのです。

2.ファンを取り外す

フィルターを外してその奥にあるファンを取り出しましょう。ファンは真ん中についているネジを回して取り外します。ネジを回す方向はものによって異なるので、取扱説明書などで確認して外しましょう。

3.浸け置き

バケツに50度くらいのお湯を溜めてシロッコファンを浸け、100g程度の重曹を入れたらそのまま30分ほど放置しましょう。このとき、重曹を入れすぎると表面が剥げてしまうおそれがあるので、重曹の量に注意してください。

4.換気扇本体の掃除

放置している間に換気扇本体の掃除をおこないます。100mlのお湯に小さじ1杯の重曹を混ぜて作ったものをスポンジにつけて換気扇を擦り洗いするのです。細いくぼみなどの細かい部分は歯ブラシを使うなどして汚れを落としましょう。

洗剤で一通り洗ったら、お湯で濡らした雑巾もしくはタオルで汚れと洗剤を拭き取ってから乾拭きをして仕上げます。

5.ファンの掃除

本体の掃除を終えたらファンの細部の掃除です。浸け置きで多くの汚れは浮き上がって落ちるはずなので、浸け置きだけでは取り切れない細かい部分を歯ブラシで掃除しましょう。

6.ファンを元に戻す

最後にお湯で汚れを洗い流して、乾いた雑巾かタオルで水気を取ったら換気扇本体にファンを取り付けて完了です。

プロペラファンは簡単に掃除できる

プロペラファンをお使いの方は、シロッコファンよりも簡単に掃除をおこなうことができます。プロペラファンでも当然汚れは溜まるのですが、プロペラファンは構造が単純で細かい部品もほとんどありません。ファン自体も大きめの羽根がついているので、掃除がしやすいのです。

プロペラファンの掃除に必要なもの

プロペラファンの掃除に必要なもの

プロペラファンの掃除も必要な道具はシロッコファンと同じです。以下の7つのものを用意して掃除をはじめましょう。

・ゴム手袋
・新聞紙
・バケツ
・スポンジ
・雑巾もしくはタオル(2~3枚ほど)
・使わなくなった歯ブラシ
・重曹

プロペラファンを掃除する際の手順

必要なものがそろったら、ゴム手袋を着用して掃除をはじめましょう。

1.コンロのカバーとファンの取り外し

コンロに新聞紙をかぶせます。プロペラファンのおもな部品はフィルターとファン、ファンを囲っているパネルのみっつです。まずはフィルターを手前に軽く引いて外してファンを取り外しましょう。ファンは真ん中を持って手前に引っ張ると外れます。

2.パネルの取り外し

パネルは下部を軽く手前に引いて浮かせたら、上部の壁に引っかかっている部分を外します。単純なものはこの方法で取り外せますが、すべてのプロペラファンが同じ構造になっているわけではありません。細かい外し方は取扱説明書を見て確認しましょう。

3.浸け置き

外したらシロッコファンと同様浸け置きします。バケツに50度くらいのお湯を溜めて、100g程度の重曹を溶かしたらファンを浸けて1時間ほど放置しましょう。

4.パネルとフィルターの掃除

その間にパネルやフィルターの掃除をおこないます。100mlのお湯に小さじ1杯の重曹を溶かしたものをスポンジにつけて擦り洗いをするのですが、フィルターは素材が柔らかいので、少し優しめに洗うようにしましょう。

5.ファンの掃除

パネルとフィルターを乾かしている間に浸け置きしたファンの掃除をおこないます。面積の広い部分はスポンジ、細かい部分は歯ブラシを使って掃除しましょう。

6.部品を元に戻す

最後にお湯で汚れと洗剤を洗い流したら、雑巾かタオルで水気を拭き取ります。パネルとフィルターの状態も確認して、すべての部品がしっかりと乾いていたら元に戻して完了です。

頑固な汚れが残る場合は工具を使う手も……それでもダメなら業者の力を借りよう

ここまでにご紹介した方法で、たいていの汚れは落とせるでしょう。しかし、中には頑固な汚れが残ってしまう場合もあります。そのときは、工具を使って汚れを取るという方法があります。

マイナスドライバーなどの平らで硬さのある細い道具を使って固くなってしまった汚れを剥がすのです。これで頑固な汚れでも落とすことができるでしょう。ただし、力任せに削ってしまうとファンを傷つけるおそれがあるので、あまりおすすめはできません。

どうしても落とせない汚れが残ってしまった場合は、掃除のプロに依頼して徹底的にきれいにしてもらいましょう。

換気扇のファンの掃除を依頼できる業者

換気扇のファンの掃除を依頼できる業者

換気扇のファンを掃除してくれる業者はいくつかあります。どのような業者に相談することができるのかご紹介しますので、参考にしてください。

便利屋

便利屋は換気扇の掃除だけでなく、生活に関わるさまざまなトラブルを解決してくれる業者です。店舗の多いお店を選べば素早い対応も期待できるでしょう。

ハウスクリーニング

家の中のあらゆるものの掃除を請け負っているハウスクリーニングを利用することもできます。掃除のプロなので、強力な洗剤や特別な道具などを駆使して細部まできれいにできるでしょう。

設備メンテナンス業者

換気扇やエアコンなど設備関係のメンテナンスをおこなっている業者の中にも換気扇の掃除をおこなっているところがあります。設備の仕組みがよくわかっているので、掃除中や掃除後のトラブルなどは心配ないでしょう。

換気扇のファンの掃除を業者に依頼した場合の費用相場

上記のような業者に換気扇のクリーニングを依頼した場合にかかる費用は、8,000~20,000円が相場です。換気扇のサイズや構造の違い、素材の違いや仕上げ方の違いなどで料金が変わるので、細かい料金が知りたい場合は見積りを取るのが賢明でしょう。

見積りは、内容や金額の比較検討のため複数の業者に依頼するのがおすすめです。少しでもお得にクリーニングしたい場合は、相見積りを取りましょう。

弊社にご相談いただければ、お電話一本で業者の手配をいたしますので、自分で一から業者を探す時間や手間を省くことができます。ぜひご利用ください。

まとめ

キッチンの換気扇のファンは、シロッコファンもプロペラファンも同じように油汚れが付着します。その汚れは放置すればするほど蓄積して固まり、落ちにくくなるでしょう。

そして、落ちない汚れが溜まっていくと、次第に換気扇はうまく換気ができなくなり本来の役割を果たせなくなってしまいます。そうなる前に、重曹などのアルカリ性の洗剤を用意してご紹介した方法で掃除をおこないましょう。

ただし、長く放置してしまった汚れは、自力で掃除をしても落ちないことがあります。汚れるのが嫌だから自分で掃除をしたくないという方もいるかもしれません。そのときは業者の力を借りましょう。

換気扇のファンも本体もまとめて掃除してくれるという業者はたくさんあります。業者選びが大変であれば弊社にお電話ください。お住まいの地域や必要な作業内容などをお電話でうかがったうえで、迅速に対応できる業者をご紹介いたします。長く清潔に換気扇を使い続けるために、年に一度ほど細部まで徹底的に掃除をおこないましょう。

換気扇・レンジフード工事はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
換気扇・レンジフード工事はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。

この記事を書いた人
編集者:かなで
専門用語を使わず、分かりやすく解説することをモットーとしている。日々SNSなどを駆使して情報を収集し、旬な情報を集めるのを得意としている。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-01-28 10:58:35
https://www.seikatsu110.jp/electrical/et_ventilation/184772/
各種電気工事
毎日使うキッチンを長く清潔に使うためには、定期的な掃除をおこなうことが大切です。コンロやシンクなどはもちろん、換気扇のファンまでしっかりと掃除をおこないましょう。キッチンではさまざまな料理を作ります。そのため、キッチンの換気扇には油汚れがついてしまうのです。油汚れは放置するとべたついてしまうため、換気扇のファンにホコリなどが付着しやすくなってしまいます。汚れが溜まるとうまく換気できなくなるおそれが...
シェアリングテクノロジー株式会社

換気扇・レンジフード工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

換気扇・レンジフード工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!