生活110番ニュース 各種電気工事

このエントリーをはてなブックマークに追加

メリットを知って使い分けよう!片切スイッチと両切りスイッチを解説

投稿日:2018-09-27 更新日:2018-11-27

メリットを知って使い分けよう!片切スイッチと両切りスイッチを解説

この記事は10741人に読まれています。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

私たちが普段何気なく使っているスイッチにもいくつか種類があるのをご存知でしょうか?それぞれのスイッチに特徴があり、一般家庭や公共施設で、用途ごとにいろいろな使われ方をしています。

今回はその中から片切スイッチと両切りスイッチにスポットを当てて解説します。2種類の違いと仕組み、それぞれどんな場所で使われているのかをご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

片切スイッチと両切りスイッチって?

まずは2種類のスイッチの仕組みと使われ方について説明します。

■片切スイッチ

照明器具や換気扇などに使われているスイッチです。内部に2本の電線があり、一方の電流のみを遮断することから、片切スイッチと呼ばれています。

片切スイッチの部品は小さく安価で、配線の構造も簡単です。そのため電気工事士の資格があれば自分で交換することもできます。

■両切りスイッチ

片方の線に働く片切スイッチに対して、両切りスイッチは両方の電線を遮断します。おもに大きな電圧を扱う回路に使われ、部品が大きく高価で、配線も複雑です。

その分、安全面では片切スイッチより優れています。スイッチを切ると完全に電気が遮断されるので、感電の心配がありません。また、より強い電圧にも耐えることができるので、片切スイッチでは対応しきれない電圧でも、両切りスイッチなら使えるというケースも多くあります。

片切スイッチと両切りスイッチって?

両切りスイッチはどんな場所に使われる?

両切りスイッチは身近なところだと、お風呂場や台所などで使われることが多いです。水を扱う場所では常に漏電の危険が伴うので、完全に電気を遮断できる両切りスイッチが選ばれます。

他にも、最近のエアコンやIH調理器具、エコキュートなどの大きな電圧の回路を扱う場合にも使われます。大型の機器はより強い電圧がかかるため、片切スイッチではショートしてしまう恐れがありますが、両切りスイッチであれば対応することができます。

電気スイッチの交換方法と注意点

電気工事士の資格を持っていれば、片切スイッチや両切りスイッチの交換を自分で行うこともできます。用意するものは以下の通りです。

・新しいスイッチ
・プラスドライバー
・マイナスドライバー
・はさみ

スイッチ交換の作業工程は以下の通りです。

①ブレーカーを落とす
ブレーカーをあげたままでの作業は感電の危険が伴い、非常に危険です。作業をする際は必ずブレーカーを落としましょう。

②交換するスイッチの化粧カバーを外す
ドライバーを使ってスイッチの化粧カバーを外してください。化粧カバーのネジを緩めれば外せます。ネジを取っても外せない場合、マイナスドライバーをカバーのすき間に差し込んで開けてください。

③古いスイッチを取り外す
カバーを開いて、中にある金属の枠のネジを取ります。次に枠と一緒にスイッチを外してください。

④電線を外す
スイッチの裏に2本の配線があり、配線の隣に穴が開いているのを確認します。マイナスドライバーを差し込んで配線を外してください。無理に力を加えたり、斜めに差し込んだりすると破損する恐れがあるので注意してください。ここまでで取り外しの作業は完了です。

⑤新しいスイッチを取り付ける
新しいスイッチの化粧カバーを外して、金属の枠とスイッチを取り出します。先ほどの2本の電線をストリップゲージ(差し込み口の近くに表示してある長さの目安)に当てて、それを目安に絶縁被膜(電線を覆うコーティング材)を切り外します。(ゲージより余分に長い場合は電線をカットして長さを調節します)

⑥スイッチを固定する
両方の電線の長さがストリップゲージに合ったら、差し込み穴に差し込んで固定します。
両方の電線がつながったら、電線を壁の中に納め、スイッチのついた金属の枠を壁に取り付けてネジで固定します。

⑦化粧カバーを取り付ける
上から化粧カバーを取り付けたら、スイッチの交換作業は完了です。

片切スイッチは構造がシンプルなので、取り付けも簡単に行うことができます。しかし、スイッチ交換の作業は電気工事士の資格が必要になるので注意してください。

施工が簡単でも正しい知識のもとで行わなければ、作業時に部品に傷がついたり、絶縁被膜が裂けたりすることもあります。ブレーカーを戻したときに、漏電や発火などの被害にあう恐れもあり危険です、自己判断での施工は避けましょう。

電気スイッチの交換方法と注意点

まとめ

スイッチにはシンプルで安価な片切スイッチや、より強い電圧の機器まで扱える上、安全性の高い両切りスイッチのように、それぞれの役割があります。適切な場面で使い分けていきましょう。

片切スイッチはシンプルゆえに交換も簡単に行えます。しかしスイッチの交換には電気工事士の資格が必要です。自己判断で交換してしまうと、予想外のトラブルが起こることもあり、非常に危険です。くれぐれも注意してください。

万が一に備えて、専門の業者に依頼することも検討してみてください。

スイッチ工事を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「スイッチ工事」をご覧ください。

トラブルに迅速に対応!
お電話1本ですぐに対応いたします。
※対応エリアや加盟店によって変わります
スイッチの位置を変えたい、明るさ調整ができない、古く黄ばんだスイッチを交換したいなど、さまざまなスイッチ修理や工事に対応しています。まずはご相談ください!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
デザインスイッチや陶器制のスイッチへの交換も承っております。
スイッチ工事 8,400円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:こうた
家電やガジェットにこだわりがある。パソコンの使用歴が長く、インターネットや周辺機器のアドバイスやトラブル対応もお手のもの。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
5投票,  平均評価値:4.8

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-11-27 16:41:03
https://www.seikatsu110.jp/electrical/et_switch/114354/
各種電気工事
私たちが普段何気なく使っているスイッチにもいくつか種類があるのをご存知でしょうか?それぞれのスイッチに特徴があり、一般家庭や公共施設で、用途ごとにいろいろな使われ方をしています。今回はその中から片切スイッチと両切りスイッチにスポットを当てて解説します。2種類の違いと仕組み、それぞれどんな場所で使われているのかをご紹介するので、ぜひ参考にしてください。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

各種電気工事 スイッチ工事

スイッチ工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

スイッチ工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!