生活110番ニュース 各種電気工事

このエントリーをはてなブックマークに追加

スイッチカバーを交換するだけでお部屋の印象はガラリと変わる!

投稿日:2018-09-15 更新日:2018-11-27

スイッチカバーを交換するだけでお部屋の印象はガラリと変わる!

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

シンプルなイメージも多い照明用のスイッチカバーです。しかし、照明用のスイッチカバーは、デザイン性の高いものが豊富に出回っているのをご存じでしょうか。

スイッチカバーは、一般的な白だけでなく木目、アンティーク調などのデザインの種類も豊富です。

この記事をお読みいただいてる方の中には、「そろそろ季節の変わり目だから模様替えしてみたい」と思っていらっしゃる方もおられるかもしれません。

スイッチカバーの交換も、特別な資格も必要なくドライバーだけで簡単にできます。本コラムでは、そんなスイッチカバーの種類や交換方法などを解説しています。
スイッチカバーを変えて模様替えしてみることで、気分転換できるかもしれません。

自宅のスイッチはどれ?スイッチカバーの種類

スイッチカバーは、スイッチプレートともいわれているスイッチの化粧カバーです。スイッチの配線の上にかぶせて使い、スイッチを保護して、配線に直接触って感電しないように安全性を高めるものといわれています。

また、スイッチカバーの種類、デザイン共にたくさんあります。自分が交換したいスイッチに対応した、スイッチカバーを交換しましょう。では、スイッチカバーにはどのような種類があるのでしょうか。

・モダンプレート
主にプラスチックを素材としているスイッチカバーです。白のデザインのものが多く、普及しています。

・新金属プレート
耐食アルミニウム合金や、チタンなどの「新金属」とよばれる素材を使ったスイッチカバーです。シルバーカラーのものが多いです。

・ステンレスプレート
ステンレス製のスイッチカバーです。新金属プレートよりも耐久性が高いといわれています。新金属よりも指紋と汚れが目立ちやすいといわれているので、定期的にスイッチカバーを清掃しておくとよいでしょう。

・ワイドプレート
スイッチの表面積が大きい、四角のデザインのスイッチカバーです。子供から高齢者まで、誰にでも使いやすいユニバーサルデザインとして普及しています。

自宅のスイッチはどれ?スイッチカバーの種類

自宅のスイッチはどれ?スイッチカバーの種類

スイッチカバーの種類やデザインは多いことがわかりました。しかし、交換するならどんなタイプがよいのでしょうか。

スイッチカバーを交換したいときは、ワイドプレートのタイプがおすすめです。ワイドプレートに対応するスイッチのワイドタイプは、従来の1か所の電気を切り替える片切りスイッチよりも大きいです。スイッチ全体が大きくフラットです。

また、軽い力で押しやすくなるように工夫してつくられています。そのため、手がふさがった状態でも押すことが可能になっているのです。

ワイドタイプのスイッチカバーはカラーバリエーションが豊富なものや、木目調、モノトーンデザインのものもあります。ワイドプレートのスタイリッシュなデザインに合わせやすい部屋も多いです。

ワイドスイッチのなかには、スイッチカバーからスイッチ本体を外して、リモコンとして使用可能なものもあります。

スイッチカバーの交換方法と注意点

スイッチカバーは、プラスドライバーとマイナスドライバーがあれば、自分で交換することができます。

(1)ブレーカーを落とす
スイッチカバー交換の際、交換するスイッチがある部屋のブレーカーを落としておくと感電のリスクを避けることができます。

(2)カバープレートを外す。
カバープレートとは、2枚くっついたスイッチカバーの一番手前にあるプレーㇳです。マイナスドライバーで外れます。簡単に外れるので、無理に引っ張りすぎないようにしましょう。

(3)受け側のプレートを外す
受け側のプレートは、スイッチの枠に2か所プラスのネジで止まっています。プラスのドライバーで外しましょう。

(4)新しいスイッチカバーに交換する
新しいスイッチカバーに交換して、元通りに受け側のプレートのネジをしめておきましょう。最後に、カバープレートを戻せば完了です。

・注意点
スイッチの固定プレートは外してはいけないです。受け側のプレートを外して残るグレーのステンレスのプレートは、スイッチ本体の基盤を固定しているものです。
これを外すと、スイッチの中身の配線に影響がでるおそれがあります。そのため、スイッチの固定プレートは外さないようにしましょう。

スイッチカバーと交換方法と注意点

注意!スイッチの配線工事には資格が必要です

スイッチの外側であるスイッチカバーの交換には資格は必要なく、プラスとマイナスのドライバーがあれば誰でも交換することができます。

しかし、スイッチの中身である配線を工事するためには、「電気工事士」の資格が必要となります。

素人が無資格で工事すると感電や火災のおそれあるためです。そのため、「電気工事士法」という法律で無資格での作業を禁じているのです。

電気工事士の資格も、資格試験に通らなければ得ることができません。そのため、スイッチの配線工事がすぐに必要になる場合には、電気工事士の資格を持っている業者へ相談してみることをおすすめします。

まとめ

スイッチカバーはデザイン性の高いものや、強度も高く腐食に強いものどたくさんの種類のものがあります。

おしゃれなものも多いので、スイッチカバーを交換したら部屋の印象も変えることができるかもしれません。スイッチカバーを交換するだけならプラスとマイナスのドライバーで可能なので手軽に交換でき、資格も必要ありません。

また、スイッチの中の配線を工事するためには電気工事士の資格を持っていなければ、作業することはできません。そのため、スイッチの中の工事が必要なら、業者へ相談してみることをおすすめします。

スイッチ工事を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「スイッチ工事」をご覧ください。

トラブルに迅速に対応!
お電話1本ですぐに対応いたします。
※対応エリアや加盟店によって変わります
スイッチの位置を変えたい、明るさ調整ができない、古く黄ばんだスイッチを交換したいなど、さまざまなスイッチ修理や工事に対応しています。まずはご相談ください!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
デザインスイッチや陶器制のスイッチへの交換も承っております。
スイッチ工事 8,400円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:かなで
専門用語を使わず、分かりやすく解説することをモットーとしている。日々SNSなどを駆使して情報を収集し、旬な情報を集めるのを得意としている。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
0投票,  平均評価値:0

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-11-27 16:42:01
https://www.seikatsu110.jp/electrical/et_switch/111530/
各種電気工事
シンプルなイメージも多い照明用のスイッチカバーです。しかし、照明用のスイッチカバーは、デザイン性の高いものが豊富に出回っているのをご存じでしょうか。スイッチカバーは、一般的な白だけでなく木目、アンティーク調などのデザインの種類も豊富です。この記事をお読みいただいてる方の中には、「そろそろ季節の変わり目だから模様替えしてみたい」と思っていらっしゃる方もおられるかもしれません。スイッチカバーの交換も、...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

各種電気工事 スイッチ工事

スイッチ工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

スイッチ工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!