生活110番ニュース 各種電気工事

このエントリーをはてなブックマークに追加

アースは電源機器を安全に使うためにある!必ずアースを取りましょう

投稿日:2017-11-28 更新日:2018-10-04

アースは電源機器を安全に使うためにある!必ずアースを取りましょう

この記事は1216人に読まれています。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

アースは電源が入る電化線品に取りつけるということは知っていても、どのような理由で取りつける必要があるのか知らないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。アースは漏電の危険性があるものに取りつけるほか、ほかにも役割があります。

今回はアースの必要性について、取りつけ方もあわせてご紹介します。

アースとは

アースは電化製品に使われます。アースをそのまま訳すと「地球」という意味になります。しかし電化製品におけるアースはそのような意味ではなく「接地(せっち)」という意味になります。アースは電源と関係がありますが、具体的には電化製品の電源が入っているときに電化製品の漏電を地面に電流を逃がす役割があります。

漏電は家庭内で起こった場合、漏電ブレーカーが作動することで気づきます。しかし漏電が起こってしまった場合には原因を探るまでに時間がかかることもあり、業者に調査を依頼した場合には料金もかかります。そのためアースを取りつけることで、漏電による事故を未然に防ぐことが必要となります。
        アースとは

家電製品にアースが付いている理由

アースは電源がついているものにつけられているイメージがありますが、電化製品にアースがついている理由として漏電を防ぐためということが挙げられます。
とくに水気が多いところで使用する電化製品は漏電の危険性が高く、法令でアースの設置が義務づけられています。対象となるのは洗濯機や冷蔵庫、電子レンジ、エアコン、また温水洗浄便器などです。

日本ではコンセントの電圧が安定しているため、アースの大切さを肌で感じることはありませんが、海外ではコンセントの電圧が安定しないことも多いようです。そのため海外向けの電化製品には必ずアースが取りつけられています。

また、落雷によって雷サージ(雷の影響で過度の電流が流れてしまうこと)が発生してしまったときには電化製品が故障する危険性が高まるので、アースの役割が大切になります。

アースの取り方

アースのある電化製品でも、取りつけ方が分からないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。ここではアースの取り方についてご紹介します。

アースの取りつけ口には電気は流れていないので安全です。またブレーカーを切る必要もありません。アースにはネジで固定するタイプのものとワンタッチで固定できるものの2種類あります。
        アースの取り方

ネジで固定するタイプ

1.カバーをはずします。アースはコンセントの近くに設置されています。ふたが開いていない場合はマイナスドライバーを使って上に押し開けます。

2.アースの取りつけ口の中のネジをゆるめて、金属部分とネジを接触させます。ビニール部分と接触させても効果はないので注意しましょう。

3.接触させたらネジを締めます。電線が切れないように注意しながら、ネジが緩まないようにしっかり締めます。

4.カバーを閉めます。

ワンタッチで固定するタイプ

1.カバーを90度以上持ちあげながら、挿入口にアースを挿しこみます。カバーが開きづらい場合はマイナスドライバーを使って上に開けます。

2.カバーを元の位置に戻すだけで固定されます。

アースをする必要性

アースは電源機器の漏電を防ぐために必要なものというのは先述の通りですが、現代においてアースの重要性は高まっています。アースの役割のひとつに電場(電磁場のひとつ)をカットするという役割や、電位の均等化をする役割がありますが、これが現代において重要なものとされています。

昔にくらべて日本の一般家庭の配線量は約5倍~6倍に膨れ上がっているといわれています。電気の普及によって必要な電力も増加しており、家のなかは配線に囲まれているといっても過言ではありません。配線の長さの合計は、以前は150mほどでしたが、現在は600m以上使用されているといわれています。

配線が多く重なった場合、電場が強く発生しまうためそれを緩和する必要があります。電場は基本的に人体への影響はないとされていますが、強くなりすぎると危険な場合もあるためアースの役割が必要となります。

電位(電荷が移動するときに必要となる仕事のこと)の均等化などの役割もあるアースは配線を多く使用する現代にとって、その必要性は重要なものとなっているといってよいでしょう。

まとめ

アースは電源を使用する多くの電化製品を使用する現代において大切な役割をもっており、また漏電を防ぐためにも必要なものとなっています。多くの電化製品を使うほど、思わぬ漏電の事故や電気事故があるかもしれません。

そのようなことを防ぐためにもアースを取りつけて、安全に電化製品を使用することが大切です。近年は電化製品を購入したときにアースの取りつけもおこなってくれる場合が多くなっていますが、引越しなどのときに自分で家電を設置するという際は、アースの設置も忘れないようにしましょう。

漏電改修を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「漏電改修」をご覧ください。

漏電は火災の原因に!
電話対応は24時間受付
※対応エリアや加盟店によって変わります
漏電すると放電によって火花が発生します。火花がほこりなどに引火すると火災につながることも。漏電を疑ったら、すぐにプロに相談しましょう!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
コンセント、電化製品、漏電遮断器の修理もおこなっています
漏電修理 6,000円(税抜)~


相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:かなで
専門用語を使わず、分かりやすく解説することをモットーとしている。日々SNSなどを駆使して情報を収集し、旬な情報を集めるのを得意としている。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-10-04 11:54:04
https://www.seikatsu110.jp/electrical/et_short_circuit/22630/
各種電気工事
アースは電源が入る電化線品に取りつけるということは知っていても、どのような理由で取りつける必要があるのか知らないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。アースは漏電の危険性があるものに取りつけるほか、ほかにも役割があります。今回はアースの必要性について、取りつけ方もあわせてご紹介します。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

各種電気工事 漏電修理

漏電修理のお問い合わせ・ご相談はこちら

漏電修理についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!