生活110番ニュース 各種電気工事

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブレーカーが落ちたら要チェック。電気代を損しないためにも安全復旧を

投稿日:2017-11-20 更新日:2018-10-04

ブレーカーが落ちたら要チェック。電気代を損しないためにも安全復旧を

この記事は1524人に読まれています。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

住宅の電流を管理する役割をもつブレーカー。
しかしある日突然落ちてしまうと、全ての家電が使用できなくなりお困りの方も多いと思います。
そのような事態に遭遇したときは、なるべく早めに復旧作業が必要です。

また、再び落ちてしまわないようにしっかり原因を突き止め、再発しないように対策し、必要であるなら修理をすることが重要になります。
今回は、ブレーカーが落ちたときの原因の探し方、復旧方法についてご紹介していきます。

こんな「ブレーカーが落ちた!」状態はもったいないかも

電気量の過多や、漏電など様々なことが原因となって落ちることが多いです。ときには不測の事態で落ちてしまうこともあるのです。
落雷などの自然災害で落ちてしまうこともありますが、エアコンや電子レンジ等の電化製品が原因の場合もあります。

そのときは、電力を消費しすぎていることが考えられるため、電気代が上昇してしまうことにつながりかねません。

すぐにブレーカーが落ちたという事態が頻繁に発生したら、一度ご自宅の家電環境を見直すことが大切です。なにが原因なのかをしっかり把握しなければ、電気代を損してしまうおそれがあります。

      こんな「ブレーカーが落ちた!」状態はもったいないかも

ブレーカーはなぜ落ちたのか?原因の探し方

ブレーカーが落ちてしまったら、原因となる箇所を探して適切に修理することが必要になります。
ここでは、原因を突き止める有効な方法をご紹介していきますので、トラブル発生時の際にお役立てください。

基本的には、スイッチを順番に入れていくことで原因を割り出すことが可能です。ただし、ブレーカーの種類によって対処法に違いがあるため注意が必要です。

該当箇所でブレーカーが落ちたというときは、使用している電化製品を調べるのが有効です。破損や劣化がみられる場合には、新しいものに交換したり修理を依頼しましょう。
消費電力が高い電化製品が原因となっている場合は、お部屋のアンペア容量に問題があるかもしれません。

電力会社に連絡して、適切な対応をしてもらうことが重要です。
また、タコ足配線を使用する、配線工事に不備がある場合もブレーカーが落ちる原因になり得ます。

アンペアブレーカーが落ちた場合の直し方

アンペアブレーカーは、住宅全体の電流を管理する機能があります。基本的に電力会社と契約しているアンペア数に対応しており、既定の数値を越えると落ちてしまうおそれがあります。

住宅全体の電気が遮断されてしまうため、電化製品全般が使用できなくなってしまいます。
そのため早急に復旧させる必要があります。アンペアブレーカーは、スイッチを切り替えるだけで比較的簡単に復旧することが可能です。

しかしながら、既定のアンペアを越えている場合は、復旧後再び落ちてしまうでしょう。
その場合は、一度住宅で使用している電気の量を減らしてからスイッチを切り替えることが大切です。

比較的電力の消費が高いエアコンや電子レンジなどの製品を同時に使用している場合は、一度見直すことも必要ではないでしょうか。
突然ブレーカーが落ちたという事態に遭遇しないためにも、ご自宅の使用状況をきちんと把握しておきましょう。

      アンペアブレーカーが落ちた場合の直し方

漏電ブレーカーが落ちていたときの対処法

漏電ブレーカーの役割は、主に漏電を検出した際の事故防止が考えられます。
そのため漏電ブレーカーが落ちたときは、いずれかの箇所で漏電しているおそれがあります。

家電や機器の故障、電源コード漏電などの懸念もあるため早急な対処が求められます。
漏電ブレーカーを復旧させるときも、基本的にはスイッチの切り替えだけで完了します。

しかしながら、漏電個所をしっかり突き止める必要があるため一度電源を全て落としましょう。漏電ブレーカーの電源が落ちたまま、安全ブレーカーのスイッチも全て切り、そこから順番に一つずつスイッチを入れていきます。

スイッチを入れたときに、漏電ブレーカーが落ちてしまう場所が見つかるはずです。
その箇所は漏電の原因となっているおそれがあるので、早急に修理を依頼することが重要です。復旧させるときは、漏電個所のスイッチ以外を全て切り替えるがいいでしょう。

しかし、あくまで応急処置程度の対処になるため、なるべく早く原因を根絶する必要があります。漏電を放置していると、火災や感電などの大きなトラブルに発展してしまうこともあります。

また、自分だけで作業するのは危険であり、むやみに触るのもおすすめできません。そのため適切な修理をすることが可能なプロに連絡し、正しく安全に作業してもらう必要があります。

まとめ

ブレーカーが落ちる原因には、様々なことが考えられます。自分が使用している電化製品であるなら、消費電力を抑えることが大切です。

また、災害など不測の事態が原因であるなら、ブレーカー自体が故障しているおそれもあるため、早急に修理が必要となります。
復旧作業で応急処置をすることはできますが、適切に処置するのは困難でしょう。

そのため、迅速に対応してくれる業者に依頼するのが効果的と言えます。

ブレーカーが落ちたときの解決には

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」「漏電改修」をご覧ください。

漏電は火災の原因に!
電話対応は24時間受付
※対応エリアや加盟店によって変わります
漏電すると放電によって火花が発生します。火花がほこりなどに引火すると火災につながることも。漏電を疑ったら、すぐにプロに相談しましょう!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
コンセント、電化製品、漏電遮断器の修理もおこなっています
漏電修理 6,000円(税抜)~


相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:たくぞう
家電の新製品と旧式の違いを発見することが特技。特技が高じて人に伝えたいという思いにいたり、ライターの道を目指すきっかけとなった。家電や電気工事関連の記事を担当。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
2投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-10-04 12:05:09
https://www.seikatsu110.jp/electrical/et_short_circuit/19528/
各種電気工事
住宅の電流を管理する役割をもつブレーカー。しかしある日突然落ちてしまうと、全ての家電が使用できなくなりお困りの方も多いと思います。そのような事態に遭遇したときは、なるべく早めに復旧作業が必要です。また、再び落ちてしまわないようにしっかり原因を突き止め、再発しないように対策し、必要であるなら修理をすることが重要になります。今回は、ブレーカーが落ちたときの原因の探し方、復旧方法についてご紹介していきま...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

各種電気工事 漏電修理

漏電修理のお問い合わせ・ご相談はこちら

漏電修理についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!