生活110番ニュース 各種電気工事

このエントリーをはてなブックマークに追加

使いすぎのコンセントがブレーカーを落とす!?原因と対処法を解説!

投稿日:2018-12-27 更新日:2018-12-27

使いすぎのコンセントがブレーカーを落とす!?原因と対処法を解説!

この記事は1501人に読まれています。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

ブレーカーが突然落ちると、部屋が真っ暗になって怖い思いをするでしょう。ブレーカーが落ちてしまう原因の1つにコンセントの使いすぎがあるのです。停電によってダメージを受けてしまう家電もあるので、コンセントの使い方には十分に気をつけなくてはいけません。

今回は使いすぎたコンセントによるブレーカーを落ちる理由を解説していきます。コンセントの使いすぎと家電の使用法を見直すための参考にしてみてください。

使いすぎのコンセントはブレーカーが落ちる原因

ご家庭にあるコンセントは、一度に使用できる電力が決まっています。決められた電気使用量よりも多くの電力を使ったために、ブレーカーが落ちてしまうのです。まずは、お住まいの住居がどのくらい電力を使用できるのか確認しておきましょう。

一度に使える電力量は住居にある配電盤に記載されています。配電盤は洗面所や玄関などの天井近くに設置されており、配電盤のふたを開けるとブレーカーが並んでいます。

一番大きな「アンペアブレーカー」と複数並んでいる「安全ブレーカー」に記載されている電力量が重要です。アンペアブレーカーには住居全体で使用できる電力量、安全ブレーカーには各部屋で使用できる電力量がブレーカーのつまみ部分に記載されています。

記載された量を超えて電力を使用すると、電気供給を止めるためにブレーカーが落ちます。そのため、電力を使いすぎているコンセントはブレーカーが落ちやすくなる原因なのです。電源タップを使用したタコ足配線など、1つのコンセントにいくつも電源プラグがつなげないよう注意してください。

使いすぎのコンセントはブレーカーが落ちる原因

なぜブレーカーはコンセントより少ないのか

一般的な住居では1つのブレーカーにいくつかのコンセントが対応しています。なぜ少ないブレーカーで、住居全体のコンセントを管理しているのでしょうか。

各部屋で配線をまとめると工事や管理が効率的にできます。1つのコンセントに1つの安全ブレーカーを用意すると、配線の手間や費用が多くなってしまうのです。そのため、コンセントとブレーカーをつなげる配線工事にかかるコストを削減することができるのです。

安全ブレーカーは対応するコンセントを分けて設置しています。一般的な住居では、各部屋のコンセントや天井の照明器具などでまとめられています。また、消費電力の多い家電を使用するコンセントには専用の安全ブレーカーが対応しているのです。

家電を新しく購入するときは、設置する場所やコンセントの位置などを確認しておく方もいるでしょう。それに加えて、ブレーカーに記載された電力量にも注意しておくと、コンセントの使いすぎを予防できます。

ブレーカーが頻繁に落ちるときは?

エアコンやテレビなど生活家電が原因で、ブレーカーがよく落ちるようになったら問題はコンセントでなくブレーカーかもしれません。ここでは、ブレーカーが頻繁に落ちるときの原因と対処法をご紹介します。

原因1:日常生活に必要な電力が足りていない

アンペアブレーカーが落ちることが多い場合、住居全体の電力が足りていないことが考えられます。まずは、電力会社との契約を見直してみてください。使用する家電に必要な電力を供給できるよう契約すれば、問題なく家電を使用できます。

家族が増えるなど同居する人が増えた場合、必要な電力も増えるので契約内容を変えてみるといいかもしれません。また、使用電気量が多い家電は家族間で使う時間をずらしてみるのもひとつの手です。

原因2:1つの部屋で家電を使いすぎている

同じ安全ブレーカーがよく落ちるという場合は、安全ブレーカーに対応した部屋で電力を使いすぎることが一番の原因です。安全ブレーカーに記載された電力量と家電の使用電気量を見比べてみてください。

あまり使っていない家電の電源プラグが挿しっぱなしになっていることも考えられます。使える電力には限りがあるので、本当に必要な家電かどうかを一度見直すことをおすすめします。

ブレーカーが頻繁に落ちるときは?

ブレーカーが落ちたときの対象方法

ブレーカーが落ちると今まで点いていた電気やテレビなどがいっせいに消えるので、怖い思いをする人もいます。電気がつかないという不安から、暗い部屋のなかで焦って行動すると怪我をするおそれがあるのです。万が一のときのため対処方法を覚えておきましょう。

アンペアブレーカーが落ちたときは、住居全体の電気が止まっています。契約した電力量より多い電力を使ったためにブレーカーが落ちたのです。そのため、電力の使用を抑えることが大事になります。

まずは、家電の電源を切りましょう。電源を入れたままブレーカーのレバーを上げてしまうと、すぐに契約した電力以上の電気が流れるので再度ブレーカーが落ちてしまうのです。

使用している家電の電源を切るか、コンセントに差してある電源プラグを抜いてからブレーカーのレバーを上げてください。契約した電力量を超えている分の家電は電源を切っておく必要があります。

安全ブレーカーが落ちたときは、安全ブレーカーが対応している部屋の家電を確認しましょう。電源をオフにするか、コンセントから電源プラグを抜いてから安全ブレーカーのレバーを上げてください。

上記の対処方法でブレーカーが上がらなかった場合、コンセントやブレーカーそのものが故障しているおそれがあります。配電盤やコンセントの修理には「電気工事士」の資格が必要なので、業者に依頼して直してもらいましょう。

まとめ

停電したときは、電力を使いすぎたコンセントがブレーカーを落とした原因になっているかもしれません。普段使わない家電は電源をオフにするか、コンセントから電源プラグを抜いておきましょう。もし、日常で必要な家電を使ってブレーカーが落ちることがあれば、電力会社との契約を見直すことで解決する可能性があります。

ブレーカーが頻繁に落ちるようになったら、無理に直さないように注意してください。配電盤やコンセントが故障しているおそれがあります。むりやりブレーカーのレバーを上げようとすると、破損や怪我をするかもしれません。電気を安心・安全に使うためにも電気の業者に相談してはいかがでしょうか。

漏電改修を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「漏電改修」をご覧ください。

漏電は火災の原因に!
電話対応は24時間受付
※対応エリアや加盟店によって変わります
漏電すると放電によって火花が発生します。火花がほこりなどに引火すると火災につながることも。漏電を疑ったら、すぐにプロに相談しましょう!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
コンセント、電化製品、漏電遮断器の修理もおこなっています
漏電修理 6,000円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:かなで
専門用語を使わず、分かりやすく解説することをモットーとしている。日々SNSなどを駆使して情報を収集し、旬な情報を集めるのを得意としている。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
2投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-12-27 18:16:39
https://www.seikatsu110.jp/electrical/et_short_circuit/127291/
各種電気工事
ブレーカーが突然落ちると、部屋が真っ暗になって怖い思いをするでしょう。ブレーカーが落ちてしまう原因の1つにコンセントの使いすぎがあるのです。停電によってダメージを受けてしまう家電もあるので、コンセントの使い方には十分に気をつけなくてはいけません。今回は使いすぎたコンセントによるブレーカーを落ちる理由を解説していきます。コンセントの使いすぎと家電の使用法を見直すための参考にしてみてください。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

各種電気工事 漏電修理

漏電修理のお問い合わせ・ご相談はこちら

漏電修理についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!