生活110番ニュース 各種電気工事

このエントリーをはてなブックマークに追加

延長コードの寿命は5年!サインが出たらすぐに取り換えよう!

投稿日:2017-12-25 更新日:2018-10-04

延長コードの寿命は5年!サインが出たらすぐに取り換えよう!

この記事は15772人に読まれています。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

多くの家はテレビ、掃除器、洗濯機、エアコンなど、なにかしらの電気機器を使う生活をしていると思います。使う電気機器が多いと、家に元々ついている壁コンセントの二つの差し口だけでは全然足りないと思われます。

そんなときに差し口を増やす、届かないコンセント口を伸ばす役割を持つ延長コードがありますが、延長コードにも寿命があるのはご存知でしたか?この記事ではそんな延長コードの寿命に関連することをご紹介していきます。

延長コードの寿命に伴うトラブルとは

延長コードは寿命を超えて使ってしまうとトラブルが起こってしまうので、トラブルが起こる前に延長コードは買い換えましょう。

延長コードが劣化してしまう原因

延長コードは、コードを引っ張ったり踏みつけたりするなど、コードに負荷がかかる使い方をすると早く寿命が来てしまいます。また、差込口が多い延長コードの場合は使用容量を超えた電気を使うと加熱、発火によって壁コンセントの差込口が焼け焦げてしまう火事が起きる原因のひとつになります。

負荷がかかったままや、取り換えサインがでているのにそのまま使ってしまうと、内部で電線が断線してしまう原因になりますので注意して使用しましょう。

      延長コードの寿命に伴うトラブルとは

延長コードの寿命を縮めるのはこんな使い方!

コードを引っ張る

例えば掃除器などで延長コードを使用するときなど、無理にコードを引っ張るシチュエーションには十分に注意しましょう。断線の原因や延長コードの寿命を縮めてしまう原因のひとつです。
また、電気機器を動かす時などに電源タップが付いたまま動かしたりしないように注意しましょう。

水や水蒸気が多い所で置かない・使わない

延長コードやコンセントは水に弱く、水分が付いたままコンセントに差してしまうと感電してしまうおそれがあるので十分注意しましょう。濡れた手などで触ることも避けましょう。

物などで踏みつける

重たい物などで延長コードを踏みつけるのは、コードに負荷がかかるだけではなく断線する原因のひとつになります。絶対に避けましょう。

コードを束ねて使用する

コードを束ねて使用する、絡まったまま使用するのは避けましょう。電源コードの放熱性が悪くなり、電源コードの被膜が溶けてしまったりします。ショートして火花が出てしまい火災につながる危険性もあるので、特に電力が高い電気機器を使用する時は注意しましょう。

   

延長コードの寿命って言われても…取り換えのサインに気付こう!

延長コードの寿命の目安は5年ですが、使い方によってはすぐに劣化してしまうおそれがあります。取り換えサインは見逃さないようにしましょう。

・コードが固くなります。中の導線が加工硬化で固まってしまっている場合があるので取り換えましょう。

・コードが熱くなったり、通電が途切れたりします。中の配線が長年使用し続けているせいで劣化、または断線している可能性があります。

・コードの根本などが波打っている、汚れている場合は取り換えましょう。中の配線がねじれ、断線している可能性があるので取り換え時です。

      延長コードの寿命を縮めるのはこんな使い方!

延長コードを見直そう!コンセントが足りないならこんな増設ならお手軽です

延長コードは寿命が来たら取り換えなければなりませんが「延長コードを取り換えるのがもったいないし、面倒くさい」と思われる方も少なからずいるかと思います。

そんな時は、少し時間とお金がかかりますが、家の壁コンセントの増設を考えてみてはいかがでしょうか?壁コンセントにすれば延長コードの寿命を考えることがなく、余計な電源コードがなくなるので多く電源コードを差しても見た目がきれいに見えます。

コンセントの口数を増やすだけの工事とは

1か所、1部屋で多く電気機器を使う、コンセントの口数だけ増やしたい方はコンセントの口数を増やす工事がおすすめです。
たとえば、コンセントの口数がある2口から4口にするなどの増設を行います。壁コンセントの位置を変えず、パーツを替えたりする工事なので、新しく壁コンセントを付ける工事よりは難しくありません。

ただし、コンセント本体をいじる行為なので資格がないと工事ができません。コンセントの口数を増やしたいと考える方は必ず業者に依頼しましょう。

コンセントがある裏側の壁なら増設が楽!

壁コンセントを新しく増設したいと思う方は、コンセントを付ける部屋の壁裏にコンセントがある場所に増設することをおすすめします。
別の場所に配線すると、露出配線や隠ぺい配線などの手間がかかってしまいます。しかし、壁の裏側にコンセントがあれば、そのコンセントの配線を使って工事するので比較的楽に増設することができます。ご検討されてはいかがでしょうか。

まとめ

延長コードの寿命に関することをご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。
どんな物でも頻繁に使いすぎてしまうと劣化してしまいます。それは延長コードにも同じことがいえるでしょう。特に、延長コードは日常的に毎日使っているといっても過言ではありません。
心配しすぎもいけませんが、電気を通しているのでその分トラブルが起きる可能性も視野に入れて安心、安全に、使用方法を守って使いましょう。

コンセント工事・取替・増設を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「コンセント工事・取替・増設」をご覧ください。

便利な位置にコンセント!
最適な位置への設置をご提案
※対応エリアや加盟店によって変わります
コンセント工事には専門の知識が必要です。安全のためにも電気工事の経験が豊富なプロにお任せください。ご相談・ご依頼に対し、迅速・丁寧に対応。最適な位置への設置をご提案いたします。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
移動・増設・交換など、コンセント工事はお任せください。
コンセント 8,000円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:たくぞう
家電の新製品と旧式の違いを発見することが特技。特技が高じて人に伝えたいという思いにいたり、ライターの道を目指すきっかけとなった。家電や電気工事関連の記事を担当。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
34投票,  平均評価値:4.8

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-10-04 09:58:35
https://www.seikatsu110.jp/electrical/et_outlet/27786/
各種電気工事
多くの家はテレビ、掃除器、洗濯機、エアコンなど、なにかしらの電気機器を使う生活をしていると思います。使う電気機器が多いと、家に元々ついている壁コンセントの二つの差し口だけでは全然足りないと思われます。そんなときに差し口を増やす、届かないコンセント口を伸ばす役割を持つ延長コードがありますが、延長コードにも寿命があるのはご存知でしたか?この記事ではそんな延長コードの寿命に関連することをご紹介していきま...
シェアリングテクノロジー株式会社

コンセント工事・取替・増設のお問い合わせ・ご相談はこちら

コンセント工事・取替・増設についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!