生活110番ニュース 各種電気工事

このエントリーをはてなブックマークに追加

壁コンセントの修理方法!絶対に守らなければいけない注意点とは

更新日:2021-04-30

壁コンセントの修理方法!絶対に守らなければいけない注意点とは

この記事は52622人に読まれています。

壁コンセントの本体が焼け焦げたり、差し込み口が割れて壊れたり、電気が来なかったり……。そんな壁コンセントのトラブルに遭遇していませんか?

電気が来ないと、ほんとうに私たちの生活は家電で支えられているのだなと痛感させられます。お風呂も、トイレも、最近では電気による管理が進んでいますから、日常的に困りますね。

さて、自分で壁のコンセントは修理ができるものなのでしょうか?この記事では壁コンセントの修理に関することをご紹介していきます。

コンセント修理の注意点

  • 電気が通らない
  • 壁コンセントの差し込み口に不調がある

他にもコンセントにプラグを差しておいたのに充電されていないというようなことが続くなら、壁のコンセント修理が必要であることが多いです。

これから壁コンセントの修理方法をご紹介する前に、コンセント修理の注意点をご紹介します。

壁コンセント

コンセントが壊れていると知っているのに放置をしないこと

  • コンセントがグラグラする
  • 金具を押さえる壁が落ちてしまった

このように明らかな壁コンセントの不調は、コンセントの故障ですから放置しないようにしましょう。「見た目が悪いだけじゃん」というのはいただけません。

なぜなら、壊れたコンセントは漏電火災の原因になってしまうおそれがあるからです。壁コンセントの破損は十分に注意しましょう。

コンセントの壊れ方によって修理方法は違います

  • 電気が通らない
  • 差し込み口がグラグラする

この2つのコンセントの不調は、修理の仕方が異なるので注意が必要です。「コンセントの壊れ方によって直すべき箇所」が違うため、同じアプローチでは直せないと知っておきましょう。故障箇所と故障原因を把握して適切な修理措置をとることが大切です。

コンセントの配線を弄る修理は資格が必要

壁コンセントの電気修理をする場合は「電気工事士」という特別な資格が必要です。家などの電気配線を弄る修理は資格を持つ人以外はおこなわないように気を付けましょう。販売目的以外で電源タップのコードを短くしたり作ったりするのは無資格でも可能です。

コンセント修理前の準備

壁コンセントの修理を始める前は念のため「ブレーカー」を落として電気が通らない環境を作ることが必要です。プロは必ずそうしています。ブレーカーを上げたまま壁コンセントの修理を始めてしまうと感電してしまう危険性があるためです。

部屋ごとにブレーカーを落とすこともできますが、万が一を考えて家のブレーカーそのものを落とすようにしてください。

修理中にブレーカーを家人が上げることがないように説明しておくことも重要です。万が一の事故を防ぎます。

壁コンセントの故障原因を調べるには

壁コンセントの故障原因は、目で見えるものはおおよそ判断が可能です。しかし、電気が切れてしまった原因となると配線に異常がないか原因を探らないと発見できません。

目で見えない故障はこのように原因を究明しましょう。

壁コンセントの故障原因を調べる

故障原因の調べ方

まずは分電盤をみてブレーカーを確認しましょう。ブレーカーが上がっているか下がっているかで故障原因が違ってきます。

上がっている場合は壁コンセントのみの故障である可能性が高いのでコンセント本体を交換しましょう。下がっている場合は電気の使い過ぎでブレーカーが落ちてしまっただけかもしれません。使用している家電製品の電気を切ってからブレーカーをもう一度上げてみてください。

もし、もう一度上げてもまた下がってしまう場合は漏電を起こしているか、配線に問題があるかもしれませんので業者に点検・修理を依頼しましょう。

弊社では、コンセントの修理や交換だけでなく、原因調査についてもご相談いただけます。「まずは何が原因なのか見てほしい」といった場合もぜひお電話にてご依頼ください。

壁コンセントの取り付け・取り外し・交換方法

壁コンセントの修理の準備、原因を調べたら、壁コンセントの修理をおこなっていきましょう。

壁コンセントの修理で重要なのは主に2つ。壁コンセントのカバーの交換壁コンセント本体の交換です。

壁コンセントカバーの取り外しと取り付け方

カバーの交換であれば、資格を持っていなくても交換することができます。故障はしていないけどカバーが汚れていて気になるという方は、カバーだけ交換してみてはいかがでしょうか。

コンセントカバーの取り外し方は結構単純です。

まずはマイナスドライバーをカバーの下に差し込み、カバーを取り外します。カバーを外したらカバーの土台プレートのネジを外します。カバーを取り付けるときはカバーを外したときの逆の手順でネジ、土台プレートをつけてからカバーを取り付ければ交換完了です。

壁コンセント本体の修理は業者に頼もう

壁コンセント本体自体に問題がある場合は資格がないと修理ができません。無資格なのに無理をして交換してしまうと原因が悪化するだけではなく、感電してしまう危険性も高まりますので絶対にやめましょう。

コンセントの修理や交換は、電気工事業者に依頼をしてください。弊社の加盟店には資格を持った電気工事業者が多数存在します。どの業者に依頼をしたらよいのかわからないという方は、ぜひお電話ください。最適な業者をお探しします。

壁コンセントの点検方法

壁コンセントの修理は壊れてから修理する事態を極力避けるために日常的に点検をおこなうことが大事です。

使い方に気をつけ定期的に点検をおこなえば壁コンセントが壊れる可能性を最小限に抑えるだけでなく安全に使用することができるので試してみましょう。

コンセント、電源コードは正しく使用しよう

まず、電源コードは、角度をコンセント穴に向かって垂直にし、奥まで差し込むようにしなくてはいけません。

もしも、電源プラグが曲がっていたりすると加熱の原因だけではなく、断線の原因にもなってしまいます。電源コードを抜くときは、コードを引っ張るのではなく、プラグの根元を持って抜くことが大切です。

また、電源コードを壁コンセントに差すときに不必要な負荷が掛かるのも、コンセントによくありません。変形につながってしまうのです。

コンセントの変形は、重たい物を電源コードの上に置くことでも起こります。プラグの差し具合がゆるくグラグラしてしまうのは、コンセントが変形してしまった状態です。このようなコンセントは使い続けてはいけません。

壁コンセントで事故を起こさないためには、コンセントに水分が付着しないように気を付け、ホコリが差し込み口の穴などに溜まっていないかをチェックするようにするべきです。

このようなことに気を付ければコンセントは長持ちしますし、感電、火災の原因を作らず、安全に使用することができます使うことができます。

コンセント、電源コードは正しく使用しよう

まとめ

壁コンセントの修理についてご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。壁コンセントが故障しているかも?と思ったら、ブレーカーを調べてどの箇所に原因があるのか調べてみましょう。

コンセントの修理や交換には「電気工事士」の資格が必要になります。コンセントが故障していたら電気工事業者に依頼をしましょう。弊社では電気工事に関するご相談を24時間受け付けております。「原因を調べて欲しい」「すぐに対応してほしい」という方はぜひお気軽にお電話ください。

便利な位置にコンセント!
最適な位置への設置をご提案
※対応エリアや加盟店によって変わります
コンセント工事には専門の知識が必要です。安全のためにも電気工事の経験が豊富なプロにお任せください。ご相談・ご依頼に対し、迅速・丁寧に対応。最適な位置への設置をご提案いたします。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
移動・増設・交換など、コンセント工事はお任せください。
コンセント 5,500円~
この記事を書いた人
編集者:たくぞう
家電の新製品と旧式の違いを発見することが特技。特技が高じて人に伝えたいという思いにいたり、ライターの道を目指すきっかけとなった。家電や電気工事関連の記事を担当。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
27投票,  平均評価値:4.3

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、150ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!