生活110番ニュース 各種電気工事

このエントリーをはてなブックマークに追加

電源タップを自作してみよう!準備物や手順を分かりやすく解説します

投稿日:2017-12-22 更新日:2019-08-16

電源タップを自作してみよう!準備物や手順を分かりやすく解説します

この記事は4908人に読まれています。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

テレビ・ゲーム・パソコン・携帯電話など、私たちの暮らしは電化製品と共にあるといっても過言ではありません。しかし生活に欠かせない電化製品が増えたのに伴い、室内のコンセント差込口が足りなくなって不便な思いをしているという方は多いのではないでしょうか?

そこで今回は電源タップを自作する手順やコンセントの増設について、ご紹介していきます。「コンセントを増やしたい」と考えておられる方は、ぜひ参考にしてみてください。

電源タップ製作に資格は必要ない

はじめに「電源タップ」とはどのようなものか確認しておきましょう。

電源タップとは

一般的に「タップ」とは、延長コードの先端についている「コンセント差込口がたくさん並んで付いている部分」のことをいいます。また、コードがなくても壁などのコンセント差込口に、直接差すことで差込口の数を増やすことができる器具のことも「タップ」と呼びます。

電源タップを自作するのに資格は必要ない

実は一般の人でも、この電源タップを自作することができます。電源タップを自作する工程には、ケーブルを壁面に固定したり、壁内部に配線するといった電気工事は含まれないため、特別な資格は必要ありません。

しかし電源タップを自作した場合は、安全基準に適合しているかどうかの審査を受けていません。そのため正式な製品として「他人に販売する」ことは行なわないほうがよいといわれています。電源タップを自作する場合には、その点を注意しておきましょう。


エレコム 電源タップ ほこり防止シャッター付き 配線しやすい180°スイングプラグ 4個口 3m ホワイト T-ST02-22430WH

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

電源タップを自作するのに必要なもの

つぎに電源タップを自作するにあたって、どのような部品が必要になるのでしょうか?ここでは、「8個口の電源タップ」を自作する場合に必要な部品を紹介していきます。

電源タップを自作するのに必要な部品と道具

1:タップ本体(8個口)
2:プラグ
3:コード(10m)
4:圧着端子(R2-3.5サイズ)
5:カッター
6:ワイヤーストリッパー
7:ペンチ
8:プラスドライバー
      電源タップを自作するのに必要なもの

電源タップを自作する手順

つづいて電源タップを自作する手順についてみていきましょう。

電源タップを自作する手順

1:コード先端の「やわらかい外側の被膜」を約10㎝カッターで切り取って剥く
2:外側の被膜をカッターで剥くと、中から色が異なる2本のコードが出てくる
3:色が異なる2本のコードに付いている「かたい内側の被膜」を、約1㎝ずつワイヤーストリッパーで剥く
4:被膜を剥いたコードの先端は、それぞれ銅線が約1㎝ずつむき出しの状態になる
5:むき出しになった銅線部分に、ペンチを使って圧着端子を固定する
6:タップ本体を開いて、色が異なる2本のコードをそれぞれはめ込む
7:コードの先端にそれぞれ付いている圧着端子を、プラスドライバーを使ってタップ本体にネジで固定する。
8:タップ本体の蓋を閉めれば完成です

コンセントを増設してさらに便利な暮らしを

このように電源タップを自作することでもコンセント差込口を増やすことはできますが、自宅の壁面にコンセントを増設することも可能です。

コンセントを増設するメリットとは?

近年の私たちの暮らしには、便利な電化製品が欠かせません。日常的に、部屋の照明をつけエアコンを動かし、テレビを見ながらスマートフォンを充電し、パソコンを開いているという方も少なくないと思います。

そのように一度に複数の電化製品を使う場合、コンセントが足りなくて不便な思いをしたり、コンセントの場所に合わせて家具を配置したりしなければならないということが起こります。

そんな時、壁面にコンセントを増設すれば、いちいち電化製品のプラグを抜き差しする必要がなくなり、家具を思い通りの場所に設置することができるなど、ストレスから解放されるというメリットが得られます。

コンセントを増設する方法は主に2つ

その1【専用の回路を引く】

例えば今流行のIHクッキングヒーターや、新しいエアコンなど1,000ワット以上の大きな電力が必要な家電を新規で取り付けるような場合には、既設のコンセントでは対応できません。そのため、新たに専用の回路を引いてコンセントを新規に設置しなければなりません。

この場合、屋内のブレーカーを調整する必要が出てくる可能性があります。そういった必要な工事を行なえば、希望の場所に新規のコンセントを増設することができ、家全体でみると使用可能な電力量も増えます。
 

その2【差込口の数を増やす】

家全体で使用可能な電力量はそのまままで、単純に既設のコンセントの差込口の数を増設するという方法もあります。この場合は既設のコンセントを分岐させる簡単な工事で済みますが、使用可能な電力量は増えません。またコンセントの差込口の数だけを増やす工事なので、既設のコンセントの場所は変えることができないというメリットがあります。

コンセント増設工事の費用相場

コンセント増設工事の費用は、工事を行う場所や配線の状況によって変動しますので、一概には言えません。しかしコンセントを新規に増設する工事の場合、一般的な価格相場は3万円程度だといわれています。一方で差込口の数だけを増やす工事の場合は1~2万円程度が相場のようです。いずれにしても、施工前にきちんと見積りをとることが大切です。

さらにマンション・アパートなどの集合住宅で賃貸物件にお住まいの場合は、基本的に増設工事を行なうことができない仕組みになっていたり、退去時に原状回復義務がかせられている可能性があります。そのため増設工事を依頼する前に、必ず大家や管理会社に確認をとるようにしましょう。
      コンセントを増設してさらに便利な暮らしを

まとめ

ここまで電源タップの自作方法やコンセント増設についてご紹介してきました。「道具や部品さえ揃えられれば、電源タップの自作は意外と簡単そうだな」と思われた方も多いと思います。

一方で電源タップを用いるのではなく、コンセント自体を増設したり、差込口の数を増やしたいという場合は、プロの業者にお任せしましょう。「増設工事を依頼するのは初めて」ということであれば、まずは信頼できる業者に見積りをとってみてはいかがでしょうか?

便利な位置にコンセント!
最適な位置への設置をご提案
※対応エリアや加盟店によって変わります
コンセント工事には専門の知識が必要です。安全のためにも電気工事の経験が豊富なプロにお任せください。ご相談・ご依頼に対し、迅速・丁寧に対応。最適な位置への設置をご提案いたします。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
移動・増設・交換など、コンセント工事はお任せください。
コンセント 8,000円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:かなで
専門用語を使わず、分かりやすく解説することをモットーとしている。日々SNSなどを駆使して情報を収集し、旬な情報を集めるのを得意としている。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
9投票,  平均評価値:3.1

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-08-16 11:08:49
https://www.seikatsu110.jp/electrical/et_outlet/27330/
各種電気工事
テレビ・ゲーム・パソコン・携帯電話など、私たちの暮らしは電化製品と共にあるといっても過言ではありません。しかし生活に欠かせない電化製品が増えたのに伴い、室内のコンセント差込口が足りなくなって不便な思いをしているという方は多いのではないでしょうか?そこで今回は電源タップを自作する手順やコンセントの増設について、ご紹介していきます。「コンセントを増やしたい」と考えておられる方は、ぜひ参考にしてみてくだ...
シェアリングテクノロジー株式会社

コンセント工事・取替・増設のお問い合わせ・ご相談はこちら

コンセント工事・取替・増設についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!