生活110番ニュース 各種電気工事

このエントリーをはてなブックマークに追加

正しいコンセントの高さとは。どんなことを考えて設置すればいいのか

投稿日:2019-02-14 更新日:2019-02-15

正しいコンセントの高さとは。どんなことを考えて設置すればいいのか

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

コンセントは便利な家電を使ったり、スマートフォンを充電したりと、生活になくてはならないものですね。しかし、自分の家のコンセントがどこにどれくらいあるか把握している方は少ないのではないでしょうか。

そこで今回は、家の各所にどれくらいのコンセントが必要なのか、また使いやすいコンセントの高さについても解説していきます。家に不要なコンセントがある場合は、火事などの思わぬ危険にさらされることもあります。本来便利なはずのコンセントを安全に活用するためにも、コンセントの高さや場所を確認してみましょう。

忘れがちな外のコンセントの必要性

掃除機や洗濯機といった家事にはもちろん、エアコンや空気清浄機といった室内の環境を調整するときなどにも、家の中でコンセントは大活躍しています。普段はあまり気にして利用することはないかもしれませんが、コンセントはなくてはならないものですね。また、家の中ではよく使うコンセントですが、家の庭や外回りなどの意外な場所でも使う機会は多いものなのです。

家の外回りでは洗車をしたり、芝刈りや掃除をしたりすることがあるかと思います。外で使用する場合、作業範囲は広くなりやすいので、家の中のコンセントを使うとなると届かない場合もあるでしょう。

外回りのコンセントが活躍するシーンはいろいろあります。クリスマスシーズンにはイルミネーションやツリーを点灯しているお家もありますね。他にも、庭でバーベキューをするときに電源があれば便利です。その他にも、普及が広がっている電気自動車やバイクを充電するスポットとしても活躍するのではないでしょうか。

また、コンセントの高さも重要です。コンセントの高さが適していないと、せっかくたくさんのコンセントをつけても便利に使えないかもしれません。使用目的や道具にあわせて取り付ける位置を考えましょう。

忘れがちな外のコンセントの必要性

コンセントを使う人の身長にも注意を

コンセントの高さを考えるときには、実際にコンセントを使う人の身長に配慮することも必要です。特に体に負担がかかりやすい高齢者と同居している場合や、長く住む予定のマイホームでは使いやすいコンセントの高さを考えておいた方がよいでしょう。

一般的なコンセントの高さは床から25cmが多いようですが、高齢者になるとコンセントの抜き差しのためにかがむだけでも足腰に負担がかかりやすくなってきます。かがむときに体への負担の少ない高さは床上から40cmくらいといわれているので、これくらいの高さにコンセントを作ると掃除機をかけるときにも使いやすいのではないでしょうか。

なお、スイッチの場合は床上110cmから120cmくらいの高さにつけるのが平均的なようですが、高齢者の方にはやや高すぎるようです。90cmから100cmの位置にスイッチを作ると、高齢者や子供にも使いやすくなるでしょう。

冷蔵庫はあまりコンセントを抜き差しすることがないですが、ほこりがたまりやすいのでこまめに掃除をしたいという人もいるかもしれません。しかし、あまり高い位置にコンセントを作ってしまうと、手が届かず不便な思いをします。

コンセントをつけるときは、家族の身長や、老後の使いやすさを考えて高さを決めるとよいかと思います。次からは家電ごとのコンセントの高さを紹介していきます。

コンセントの高さは家電しだい

一般的なコンセントの高さは床から25cmといわれていますが、使う家電や家具によってはコンセントの高さを変えた方が便利になることも考えられます。

日常的にコンセントを使う家電のひとつに掃除機がありますよね。コードのある掃除機を使っていると、途中で家具に引っかかって掃除がしづらいということもあるかと思います。掃除機のコンセントは30cmくらいから40cmくらいが一般的なようです。あまり低すぎない位置の方がコンセントの抜き差しがしやすいですね。

机のそばでコンセントが必要な場合、机の高さにあわせると便利に使えるようです。机の高さは70cmくらいが多いようなので、コンセントの高さは80cm前後が使いやすそうです。

洗濯機の場合は、コンセントが水に濡れると漏電のリスクしてしまうおそれがあるためコンセントの位置を本体よりも高くしておくとよいでしょう。また、日ごろ動かすことのない冷蔵庫のコンセントの高さは180cm前後の位置にしておくと、ホコリがたまりにくいうえに掃除もしやすくなります。

使ってないコンセントは寿命を迎えてるかも

ここまで、コンセントの高さや場所について紹介しましたが、家の中には家具の裏にコンセントが隠れてしまうなどの理由で使っていないコンセントがあるかもしれません。使っていないコンセントにはホコリがたまりやすく、久しぶりに使おうとプラグを差したら、トラッキング現象と呼ばれる火災のおそれもあるため注意が必要です。

トラッキング現象を防ぐためには、普段使っていないコンセントでもこまめな掃除をすることが大切です。また、長いあいだ差し込んだままになっているコンセントも定期的にチェックしましょう。トラッキング現象を防止するために、ホコリからプラグ守ることができるカバーなども販売されているので、使用してみるのもよいかもしれません。

家にあるコンセントが熱をもっている場合や、破損や変形が見つかった場合は寿命を迎えている可能性が高いので、使用せずに交換しましょう。コンセントの修理は自分で行わず、業者に依頼した方が安全です。

使ってないコンセントは寿命を迎えてるかも

まとめ

コンセントの高さや数は意外と見落とされがちですが、日々の生活のうえで便利に使うために見直した方がよさそうですね。家電をたくさん使うキッチンや、忘れがちな家の外回りの数は足りそうでしょうか。また、老後の体の負担を考えて、コンセントの高さを考慮するなど、今すぐに必要ではないことも念頭に入れておくとよいでしょう。

これから家を新築する方や、リフォームを考えている方は業者と相談して検討してみてはいかがでしょうか。

また、日ごろからコンセントの掃除やチェックを心がけることで、コンセントを長持ちさせることにもつながります。便利なコンセントを安全に使いつづけるためにも、こまめに確認しましょう。コンセントの増設や取り換えを検討の際は、業者に依頼してみてはいかがでしょうか。

コンセント工事を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「コンセント工事」をご覧ください。

便利な位置にコンセント!
最適な位置への設置をご提案
※対応エリアや加盟店によって変わります
コンセント工事には専門の知識が必要です。安全のためにも電気工事の経験が豊富なプロにお任せください。ご相談・ご依頼に対し、迅速・丁寧に対応。最適な位置への設置をご提案いたします。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
移動・増設・交換など、コンセント工事はお任せください。
コンセント 8,000円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:たくぞう
家電の新製品と旧式の違いを発見することが特技。特技が高じて人に伝えたいという思いにいたり、ライターの道を目指すきっかけとなった。家電や電気工事関連の記事を担当。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
3投票,  平均評価値:4.7

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-02-15 10:36:05
https://www.seikatsu110.jp/electrical/et_outlet/132236/
各種電気工事
コンセントは便利な家電を使ったり、スマートフォンを充電したりと、生活になくてはならないものですね。しかし、自分の家のコンセントがどこにどれくらいあるか把握している方は少ないのではないでしょうか。そこで今回は、家の各所にどれくらいのコンセントが必要なのか、また使いやすいコンセントの高さについても解説していきます。家に不要なコンセントがある場合は、火事などの思わぬ危険にさらされることもあります。本来便...
シェアリングテクノロジー株式会社

コンセント工事・取替・増設のお問い合わせ・ご相談はこちら

コンセント工事・取替・増設についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!