生活110番ニュース 各種電気工事

このエントリーをはてなブックマークに追加

ドラム式洗濯機の購入前は必ず水回りチェックを!容量別おすすめ商品

投稿日:2019-01-15 更新日:2019-07-30

ドラム式洗濯機の購入前は必ず水回りチェックを!容量別おすすめ商品

この記事を読むのに必要な時間は約 16 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

普段から自宅で使っていく家電製品の中で、使用頻度が高く、生活に欠かせない家電製品と言われると何を思い浮かべますか。炊飯器や電子レンジなどは当然ですが、これらの調理家電は、単身のかたであるような場合には、最悪外食で済ませるようなケースや、コンビニエンスストアにお世話になるケースも多いのではないのでしょうか?

そもそも普段の生活が忙しくて、自炊が週末しかできないようなかたにとっては、調理家電よりもむしろ、洗濯機などの普段から必ずおこなっていかなければならない、家事にかかる家電製品に重きを置いたほうが、時間の節約にはよいかもしれません。

コインランドリーに足を運ぶのも一つの方法ですが、夜遅い時間ですと閉店している可能性もあります。また不特定多数のかたと共用で使っていくという点に関しては、衛生面からしても抵抗感のあるかたも多いのではないでしょうか。

洗濯の出来栄えは洗剤の能力と、洗濯機の能力の双方が大変大きく関係してきます。最近ではドラム式洗濯機が市場では大変な人気があります。普段の生活の中でビジネスマンならば清潔感を、育ち盛りの子供をお持ちのかたならば頑固な泥汚れ対策などは大変重要なポイントとなります。

本コラムでは、巷で噂のドラム式洗濯機をそのメリットから、設置に関する豆知識、水栓交換の面から紹介していきます。また色々あるドラム式洗濯機の中から容量やその他のお役立ち機能の観点から紹介していきます。

生活に欠かせない家電ではありますが、水道代や電気代など、気になる出費もかさみがちな家電製品が洗濯機です。このような洗濯機をいかに上手く選べるかどうかが時間とお金の節約には欠かせないポイントとなります。しっかりと理解して賢く清潔感を手に入れてみませんか?

ドラム式洗濯機にメリットは節水!

家電製品の中でも洗濯機は比較的高額な製品ですし、設置に関しても場所を取ることは容易に理解できるのではないでしょうか。

普段、自宅で家族に家事全般をしてもらっているかたには、なじみが薄いかも知れませんが、単身生活をはじめたようなかたにとっては、洗濯機は欠かせない存在となるはずです。
学生や単身のサラリーマンならば、家電量販店や、ホームセンターで、コンパクトで安価な洗濯機を選んでいけば事足ります。ですが、家庭を持って、複数人分の家事をしていかなければならなくなるとその趣は大きく変わってきます。

毎日の生活の中で家族全員分の一連の洗濯作業を効率よく終わらせるには、洗濯機の性能は大変重要なポイントです。乾燥機能の有無などで、かかる時間や製品コストは変わってきます。

また普段から生活の中で洗濯にかかるランニングコストも馬鹿にはできません。賃貸などで水道代金が共益費に含まれている場合は別ですが、そうでなければ、毎日の生活の中でかかる電気代や水道代金は塵も積もれば山となります。年間を通じて考えると大変高額な金額となるのではないのでしょうか。

今後は消費税の増税など生活を直撃しそうなニュースもテレビや紙面を賑わせています。そのような社会情勢全般を考えても、高性能なドラム式洗濯機を導入することで、少しでも頭の痛い問題を解決できるのではないでしょうか。

ここからはドラム式洗濯機のメリットを紹介していきます。ピンとくる箇所があれば、家にドラム式洗濯機の導入を真剣に検討するタイミングかも知れませんね。

水道代削減

まずは水道代金の大幅な削減です。週に1,2回程度の洗濯ならまだしも、大家族で洗濯物の量が大変多いような家庭では、普段の生活で洗濯機を使うためにかかるコストは悩ましい問題かも知れません。

ドラム式洗濯機を使っていくことで、このようなランニングコストの問題の解決をはかっていくこともできます。これはドラム式洗濯機が、他の洗濯機とは異なる洗浄方法から生まれてくる発想なのです。

ドラム式洗濯機の洗い方は通常の縦型の洗濯機とは異なり、内部の洗濯物が上下に頻繁に動くという性質があります。これによって、頻繁に洗濯槽に叩きつけられる現象が発生します。その結果、従来型の縦型洗濯機よりも汚れ落ちがよくなります。

汚れを落とす原理がこのような方法ですから、洗濯をする時に余分な水が必要なくなります。洋服を余分な水に浸ける必要がないという点から、この点は想像できるのではないでしょうか。そのために年間を通じて使用することで、水道代金の大幅な節約につながっていくのです。

衣類が痛みにくい

次に考えられるメリットは洗濯をする時に衣類が痛みにくいという点です。通常の縦型洗濯機ですと、洗濯槽に水を貯めて、衣類同士の摩擦を利用して汚れを落とすという方法で洗濯をします。

そのため、大切な衣類などを縦型洗濯機で頻繁に洗濯をすると、衣類の繊維の痛みが発生しやすくなってしまうのです。その点ドラム式洗濯機は上下の動きで衣類を叩く感覚で汚れを落とします。その結果、大切な衣類を長く着ていくことが可能となるのです。

せっかく購入した大切な衣類ですから、やはりきちんとした方法で、メンテナンスをしてあげたいものですね。また衣類の痛みが少ないということは、痛みなどに伴う衣類の買換えを頻繁にしなくてもいいというメリットがあります。結果的に家計の被服費の削減にも寄与してくれるのです。

乾燥時間の削減効果も!

ドラム式洗濯機には乾燥機能にも優れているというメリットもあります。先ほどまで解説したように、ドラム式洗濯機は洗濯時に使用する水の量が、縦型洗濯機に比べて大変少ないというメリットがある点を述べました。

これは、乾燥機付きの洗濯機を使用するさいにも大きなメリットとなってくるのです。衣類がそもそも多くの水分を給水していないような場合、乾燥機で乾かす時間の大幅な節約にもつながってきます。最近では、防犯などのさまざまな事情で、乾燥機付きの洗濯機を使っていくかたも多くなっています。

縦型の洗濯機を使うよりも乾燥時間が短くなるということは、電気代金の大幅な節約につながっていくという解釈になります。洗濯物が多くなればなるほど、この点は洗濯機選びには欠かせないポイントとなりませんか?

またこの効果によって衣類が摩擦や熱で痛むことも少なく②で述べた点との相乗効果も期待できます。本体価格は割高な印象を受けるかも知れませんが、やはりドラム式洗濯機を選ぶには長期的な視点で大変多くのメリットがあるのです。

結婚や出産を機にこのようなドラム式洗濯機の購入を真剣に検討してみてはいかがでしょうか。

皮脂汚れに強い

普段の生活の中で洗濯物の汚れ対策は大切なポイントとなります。汚れの中でも普段、衣類が肌につくことで付着する皮脂汚れ対策にもドラム式洗濯機は大変重要な役割を果たしてくれます。

従来までの縦型の洗濯機よりも高い洗浄能力を誇っているのがドラム式洗濯機です。普段の使用の中で、洗浄効果の高い洗剤を使っていくことで、頑固な皮脂汚れを落とすこともできますし、ドラム式洗濯機のオプション的な機能として、洗濯液を温めて皮脂汚れをしっかりとおこなっていける洗濯機もあるのです。

育ち盛りの子供がいるような家庭ではこのような洗濯機を使っていけば、より高度な汚れ対策をすることができます。泥や汗などで汚れた衣類を綺麗にしてあげることは、子供にとっても嬉しいことでしょう。

また普段、仕事で忙しいお父さんのいるような会社でも、ワイシャツの襟汚れなどをしっかりと落としてあげれば、いつまでも素敵なお父さんやご主人でいてくれるのではないでしょうか。

このようにドラム式洗濯機を使っていくメリットは、さまざまなところで確認できます。普段の生活の中で、電気代や水道代を過剰に意識して、肝心の洗濯のクオリティーが落ちてしまっては元も子もないのです。

ドラム式洗濯機は省エネ効果が高い製品です。本体価格は高くても長く大切に使っていくことを考えるとやはり従来までの縦型式の洗濯機よりも多くのメリットがあります。現在使っている洗濯機に不具合が確認され、買換えを検討するような家庭や、結婚や出産などの人生の転機でこのような製品を購入すれば、家計の大きな味方となることは間違いありません。

ドラム式洗濯機にメリットは節水!

あらかじめサイズを決めておこう

ここまでで、ドラム式洗濯機のメリットに関して解説してきました。最近売れ行き好調なドラム式洗濯は性能やコストパフォーマンスの面に限らず、デザインの面においても大変優れています。家庭にある他の家電とのバランスなどを考えて最適な商品を購入していけば、機能とデザイン美の双方で、満足のいくライフスタイルを自分で作っていけます。

しかし、他の家電製品に比べて高価な値段且つ、大きなサイズとなるのが、洗濯機です。この点からしても、部屋の置き場所や間取りをきちんと理解して、適切なサイズの商品選びや設置箇所を考えないと、無駄なスペースで普段の生活に大きなストレスともなりかねません。

ここからはドラム式洗濯を選んでいくさいに押さえておきたいポイントに関して①高さや幅などの寸法②付帯されている機能③適切な容量の目安④水栓の確認の必要性⑤予算の目安などに関して説明していきます。

高さや幅などの寸法

まずは、高さや幅などの寸法の問題です。家電製品の中でも大型の部類に入る洗濯機ですから、適切な置き場所に置かないと、部屋や空間全体のレイアウトに不自然な点が見られ、なんだか落ち着けない空間となってしまいます。

家の中であらかじめ洗濯機置き場が決められているような場合には、購入前にきちんとした寸法をはかっておく必要があります。特に賃貸物件の場合には注意が必要です。洗濯機置き場があらかじめ決められており、また置き場に関しては四方が囲まれているような場合が多いのです。

ドラム式洗濯機は、従来までの縦型の洗濯機と比較してサイズも大変大きいですし、前方に張り出したデザインとなっている商品が多いのです。そのため、事前にきちんとした寸法を確認しておかないと、いざ購入してみたものの、設置が上手くおこなえないといったトラブルに遭遇する場合もあります。

普段から頻繁に使っていく商品ですので、高さにも目配りをしていきましょう。洗濯物の出し入れなどは普段からきちんとおこなっていくことは何かと体にも負担のかかる作業です。また扉の開閉も意識して左開きか右開きかをきちんと考えた商品選びをしていきましょう。

付帯されている機能

ドラム式洗濯機をはじめ、最近の家電製品は大変多くの機能が付帯されている商品が多いのです。本来は洗濯や乾燥がメインとなるのが洗濯機ですが、その機能を更に高度にさせたような商品や、またその機械のみに特化した機能に着目することでより楽しんで商品選びやデイリーユースをすることができます。ここからはドラム式洗濯機のユニークな機能をいくつか紹介していきます。

超音波機能

ドラム式洗濯機は音波や振動を使って洗濯をするのが特徴です。メーカーによってはこの機能を更に進化させたモデルを発売しています。価格は通常のモデルよりも高くなりますが、より高い洗浄能力を求めるようなかたには最適な機能となります。

乾燥機能

ドラム式洗濯機でも乾燥機能がセットでついている商品も多く発売されています。普段から洗濯機を使っていく中で、このような乾燥機能もとても重要です。中には時速数百キロレベルでの風を当てることで高速な乾燥を実現したモデルも多く発売されています。

この機能を使うことで普段のアイロンがけなどの無駄も省いていけますので、トータルに考えると大幅な時間の節約にもつながっていくのです。

適切な容量の目安

洗濯をする上でも重要なポイントとなるのは、普段どの程度の衣類を洗濯するかではないのでしょうか。ドラム式洗濯機でもそうですが、容量も大切なチェックポイントとなります。容量が大きなドラム式洗濯を購入することで、金額も比例的に高くなっていきます。

そのような場合には以前使っていた洗濯機の容量を参考にしていきながら、自分の家庭にあった容量の洗濯機を選んでいきましょう。しかし、常にギリギリの容量を洗っていくような使い方はおすすめではありません。

小さな子供がいるような家庭では、今後の子供の成長に合わせて、衣服がかさばってくる可能性も高くなります。1日に何度も洗濯をすることや、また週間を通じて洗濯の回数が増えるようであるならば、あらかじめ、少し大きめの容量のドラム式洗濯機を購入しておくほうが無難化も知れません。

水栓の確認

水栓という言葉はご存知でしょうか?これは洗濯機に水を取り込む時に必要な装置です。この場所をきちんと確認しておかないと、時にせっかく購入したのに、使えないという問題も往々にして発生するのです。

場合によっては追加でホースや継手などの購入をしていかなければならない場合もありますので、サイズや寸法などと同様に必ず購入前に事前に確認をするようにしておきましょう。

予算目安の設定

ドラム式洗濯機は、家電製品の中でも比較的高額な製品となります。より素敵な毎日を最新の家電などで送っていくにはやはりきちんとした家電製品を自分で選んでいくことが重要な意味を持つのです。

しかし、限られた予算の中では、洗濯機ばかりに多くの予算を配分することは難しいはずです。容量や、自分がこだわっていきたい付帯機能をチェックしていきながら、メーカー別に機能と価格の比較をしてみてはいかがでしょうか。

家電製品はシーズンによって値段が大きく変わるという特徴もあります。最新の家電ではなくても、少し前のモデルでも必要十分な役割を果たすような場合も十分に考えられるのです。新製品発売前の在庫処分のタイミングを狙って、お気に入りの商品の購入をしてみてはいかがでしょうか。

最近の家電市場では、多機能化、高機能化がどんどん進んでいます。そのような中で、本当に自分にとって必要な機能に絞って商品を選んでいくことが、無駄な出費を伴わずに、納得のいくお買物となります。

容量や付帯機能の中でも、きちんとした優先順位をつけて商品を選んでいけば、必ずや家族のみんなのためになる商品選びが可能となるのでしょう。

あらかじめサイズを決めておこう

洗濯機の水栓は交換可能

さきほどまでに紹介した内容を参考にして頂いて、いざ念願のドラム式洗濯機を我が家に導入したとしても、まだ注意しなければならないポイントはあるのです。当たり前の話ですが、洗濯機の使用には水が伴います。自宅の水道から洗濯機へは蛇口を通じて給水します。

その時に使用するのが水栓です。ドラム式洗濯機を自宅に導入するさいにはこの水栓に関しても注意しましょう。新たにドラム式洗濯機を購入したような場合は、商品配送のさいに、配送員のかたが同時に水栓の取り付けもしてくれる場合もあります。

しかし、ネットなどで購入した商品や、以前まで縦型タイプの洗濯機を使っていたようなかたは、注意が必要です。以前までの洗濯機で使えていた水栓が、新しい洗濯機では使えず、また水栓の箇所が異なるので、配線が届かずに追加でホースを購入する必要があるかも知れません。

ドラム式洗濯機は、デザイン面でも、従来までの縦型の洗濯機とは異なります。前方に張りだしたタイプのデザインとなりますので、今までの室内洗濯機置き場には置けないような場合もあります。

そうなると追加で新たな工事や工程が発生する場合もあります。自分で水栓を交換するにはホームセンターや家電量販店で、購入をして家にある工具で取り付けをおこないます。経験のあるかたならまだしも、水圧に耐えられるような力仕事の経験がないようなかたが中途半端な工事をすることは避けたほうが賢明です。

ドラム式洗濯機も電気製品です。内部では水を使う製品ですが、外部に大量の水がかかることで製品自体の故障にも繋がりかねません。高い金額を払って購入した商品ですから、不要なトラブルには巻き込まれたくはないものですね。

新たに製品を購入したさいには、多少の費用は発生するかも知れませんが、きちんとした業者に相談をして、設置などをしてもらって方が、安全で確実な使用をすることができます。

電気と水のトラブルは感電などの大変重大な問題も引き起こす可能性ですから、きちんとした考えのもと、適切な業者に依頼することをおすすめします。

町の便利屋さんをはじめ、多くの業者でもこのような設置工事は手掛けてくれます。見積もりを上手く取ってもらいながら、自分にとって一番信頼できる業者を選んでみてはいかがでしょうか。

【置き場所に困らない】ドラム式洗濯機のおすすめ2つ(容量5~7kg)

日立 ドラム式洗濯乾燥機 ビッグドラム 12kg シャンパン BD-NX120BL N

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

日本を代表する家電メーカーである日立製作所の1台です。コンパクトな1台ですが、少容量から場合によっては、少し大きめの容量までフレキシブルに対応してくれます。

また省エネ効果にも大変優れた1台です。同スペックの商品に比べて若干値段の面では高額感は伴いますが、それでも省エネ効果で長い期間使っていけるというのは大変魅力的な1台であることは間違いありません。


シャープ SHARP コンパクトドラム 左開き ES-S7C-WL 洗濯・脱水容量7㎏/乾燥容量3.5kg ES-S7C-WL

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

同じタイプの商品の中では比較的、値段の面でお買い得感が高い商品です。また人気の家電メーカーのSHARP製の製品ですから、品質も安定しています。省エネにも高い効果がある製品ですので、その点からしてもコストをあまりかけたくないかたにはうってつけの商品です。エントリーモデルとしては必ずや押さえておきたい1台ですね。

【大容量は大家族や施設でも】ドラム式洗濯機のおすすめ2つ(容量10kgかそれ以上)

ドラム式洗濯機は洗浄力や、乾燥機能など、大変便利に使っていくには最適な機械です。普段の使用を考える中で、容量を考えていきながら、自分らしい商品を選んでいくことも大切です。

単身生活ならばそれほど理由頻度が高くないので、縦型の洗濯機でも十分に使っていけるのですが、家族が増えていくことで、普段からの洗濯の回数も増えていきます。

ドラム式洗濯機の容量は値段とも密接な関連がありますので、まずは日頃どの程度の容量の洗濯をするかをきちんと把握してからドラム式洗濯機の購入をしていきましょう。

ここからは大容量に着目をして、ドラム式洗濯機をいくつか紹介していきます。

シャープ SHARP ドラム式洗濯乾燥機(ヒートポンプ乾燥) ゴールド系 左開き(ヒンジ左) 幅640mm 奥行728mm DDインバーター搭載 洗濯11kg/乾燥6kg ES-G111-NL

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

この商品はやはりデザインと機能の両立を果たしている大変優れた商品です。色合いも洗練された1台ですので、あらゆる部屋のインテリアとマッチする商品です。またシャープのお家芸であるプラズマクラスターを活用していますので、洗濯槽内の余分なカビの繁殖を抑えるなどの清潔感にも配慮した使い方ができるのです。


日立 ドラム式洗濯乾燥機 ビッグドラム 左開き 10kg ホワイト BD-SG100BL W

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

日立製品は大変多くのかたから高い支持を得ています。高い洗浄力で多くのサイトの口コミで高い評価を得ているのがこの商品の大きな特徴です。この製品も価格と値段のバランスに優れた商品です。大容量タイプですので、長く大切な家族の衣類を扱っていきたいと考えるかたには最適な1台となるのではないのでしょうか。

【便利な自動機能付き】ドラム式洗濯機のおすすめ2つ

家電製品は発売されるたびに進化を遂げています。大幅な進化が伴って大々的な新製品として発売されるケースもあればマイナーチェンジで便利な付随機能の追加で発売されるケースもあります。

また家電製品は国内外の多くの会社がこぞって新製品に独自機能を搭載して販売をしています。消費者のニーズに合わせて便利な面白機能がどんどん搭載されていますので、その中で普段からの利用をもっと楽しんでいくための独自機能にフォーカスした商品を選んでいくことも重要なこととなります。

ここからは、普段の生活の中で使っていくと大変便利な機能が満載のドラム式洗濯機を紹介していきます。


日立 ドラム式洗濯乾燥機 ビッグドラム 左開き11kg シャンパン BD-V9800L N

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

こちらも人気の日立製品です。日立製品にはビートウォッシュという機能が搭載されていますので、製品の洗浄能力が高いのは当然ですが、それに加えて、自動お掃除機能という見逃せない機能も搭載されています。これを使っていけば、面倒な洗濯槽内部の掃除も大変簡単におこなっていけます。普段からのお掃除の手間が省けることは、時間の節約にもある嬉しいポイントです。是非、このようなポイントにも着目して商品選びをしてみてはいかがでしょうか。


パナソニック 【左開き】11kgドラム式洗濯乾燥機 クリスタルホワイトPanasonic エコナビ ナノイー 即効泡洗浄 温水泡洗浄 NA-VX9700L-W

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

こちらの製品は人気のパナソニック製品のハイエンドモデルです。最近の洗濯機は大変優れた機能が大変多く搭載されています。自動で洗剤を投入してくれる機能が搭載されているこのような製品を選んでいけば、適切な洗剤量で洗い残しなどなく、快適な普段からの洗剤や柔軟剤の節約も可能となります。

ハイエンドモデルですので、価格は大変高額となりますが、大変重宝することは間違いありません。

まとめ

ここまでで、最近大変人気のあるドラム式洗濯機を紹介してきました。ドラム式洗濯機は旧来までの縦型の洗濯機と比べても、大変メリットが大きい商品であることは、理解いただけたのではないのでしょうか。

清潔感のある素晴らしい衣服で素敵な毎日を楽しんでいくことは、素敵な人生を送っていくためにも大切な考え方です。しかし、普段から頻繁に洗濯をする家庭にとって電気代や水道代金などは、時に家計をひっぱくさせる大変大きな問題にもなりかねません。

しかし、ドラム式洗濯機を導入することで、洗濯のクオリティーを上げるばかりでなく、同時に大変優れた省エネ効果を合わせて実現することが可能となるのです。水道代金の節約から、電気代の節約、使い方によってはアイロンなどの手間も省けるのです。

しかし、お住まいの物件によっては、間取りなどの問題からドラム式洗濯機を使っていけないようなケースもありますので、事前に適切なサイズや水栓の位置などを理解しておくことが大切な考え方となります。

また容量でも予算は大きく変わってきますので、自分なりの目安を持って最適なコストパフォーマンスを実現するドラム式洗濯機を選んでいきましょう。長く使うことを前提に商品の購入をするのであれば、一時的な出費は高額となります。ですが、長期的な視点で考えると大変素晴らしい、普段の生活のパートナーとなってくれるのがドラム式洗濯機です。

洗濯機を使っていく上では水栓という用語も理解しておかねばなりません。洗濯機は水道からの水を利用して洗浄をおこなっていきますので、そのような水栓の設置や、ドラム式洗濯機の水栓の箇所に関しては、きちんとした理解をしなければなりません。

水栓は自分で設置することもできますが、慣れないかたがこのような工事をすることで、思わぬトラブルに発展する可能性も考えられるのです。外出中にドラム式洗濯機の水栓がしっかりと取り付けていなかったことにより、部屋中が水浸しになってしまっては後からかかる手間やコストが大変大きくなってしまいます。

やはり何事も最初が肝心です。自分でできるかどうか不安であるならば、きちんと業者に相談をすることで、安全に使っていくことを考えてはいかがでしょうか?

本コラムでは合わせていくつかの商品の紹介させて頂きました。きちんとした商品を選んでいけば、安心して長期間、ドラム式洗濯機のメリットを受けることができます。

普段使う家電製品の中でも大変、高額な製品であるのが、ドラム式洗濯機です。性能からデザインまで、幅広い商品の中から自分のニーズを満たす商品を選んでみてはいかがでしょうか。

本コラムが皆様の快適なドラム式洗濯機選びの一助となれば幸いです。

コンセント工事・取替・増設を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「コンセント工事・取替・増設」をご覧ください。

便利な位置にコンセント!
最適な位置への設置をご提案
※対応エリアや加盟店によって変わります
コンセント工事には専門の知識が必要です。安全のためにも電気工事の経験が豊富なプロにお任せください。ご相談・ご依頼に対し、迅速・丁寧に対応。最適な位置への設置をご提案いたします。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
移動・増設・交換など、コンセント工事はお任せください。
コンセント 8,000円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

この記事を書いた人
編集者:かなで
専門用語を使わず、分かりやすく解説することをモットーとしている。日々SNSなどを駆使して情報を収集し、旬な情報を集めるのを得意としている。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-07-30 14:41:53
https://www.seikatsu110.jp/electrical/et_outlet/128450/
各種電気工事
普段から自宅で使っていく家電製品の中で、使用頻度が高く、生活に欠かせない家電製品と言われると何を思い浮かべますか。炊飯器や電子レンジなどは当然ですが、これらの調理家電は、単身のかたであるような場合には、最悪外食で済ませるようなケースや、コンビニエンスストアにお世話になるケースも多いのではないのでしょうか?そもそも普段の生活が忙しくて、自炊が週末しかできないようなかたにとっては、調理家電よりもむしろ...
シェアリングテクノロジー株式会社

コンセント工事・取替・増設のお問い合わせ・ご相談はこちら

コンセント工事・取替・増設についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!