生活110番ニュース 各種電気工事

このエントリーをはてなブックマークに追加

vvfケーブルとはどんなケーブルなのか?実は身近にあるvvfケーブルについて

投稿日:2017-10-13 更新日:2018-10-04

vvfケーブルとはどんなケーブルなのか?実は身近にあるvvfケーブルについて

この記事は10941人に読まれています。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

私たちの生活に欠かせないものというと、水道やガスなどさまざまなものがありますが、やはり一番に思いつくのは電気です。電気があるからこそ、わたしたちの生活は豊かだといえると思います。

この電気を使うときに使用するコンセントの回路に使われているケーブルの名称をご存知ですか。
vvfケーブルといいます。これは住宅だけでなく、デパートなどの商業施設でも使われているものです。
耳なじみがなくてもいつも何気なく使用されている一番身近なケーブルなのです。

vvfケーブル、とっつきにくい名前ですね。どうしてこのような名前が付けられたのでしょうか。
今回はvvfケーブルについて紹介します。

vvfケーブルとは

vvfケーブルとは「Vinyl insulated Vinyl sheathed Flat-type cable」(バイニル・インシュレーティッド・バイニル・シーズド・フラット・タイプ・ケーブル)の頭文字を取ってvvfケーブルと名付けられています。

ビニル被膜の外側をビニルシースで覆ったというだけの単純な構造のケーブルで、低圧屋内配線(300ボルト以下の配線・コンセントの回路に使われる)で非常に多く使用されます。

2心・3心・4心の3種類が生産されていて、主に2心と3心を使い分けて配線がされます。
色は、グレー・赤・青・黄色などの各種カラーがあります。
          vvfケーブルとは

vvfケーブルが色分けされる理由

先述したようにvvfケーブルにはグレー・赤・青・黄色などの色があります。
そのように色分けされる理由とは何なのか解説していきます。

一般的にはグレーが用いられるvvfケーブルですが、保安電源を持つ施設の場合一般電源はグレーで、保安・非常回路は黄色や赤のケーブルが用いられます。
そうすることで電源の種別がすぐわかるためです。

他にもデパートなどの商業施設では、本工事のvvfケーブルをグレーにし、テナントのケーブルを青にすることがあります。このようにカラーケーブルを使い分けることで工事でのミスを防いでいるのです。
場所ごとでケーブルの色を変えておくことで、誤って本工事側のケーブルを切ってしまったり、ケーブルをつなぎ間違えるというリスクを減らすことに役立っています。

vvfケーブルの接続方法

従来からvvfケーブルの接続は「リングスリーブ」という電線同士を接続する際に使う鉛製・筒状の接続用部材を使った「圧着接続」が行われています。
圧着接続とは、圧着工具によって配線の接続を行うことです。

最近では施工を向上するのを目的に「差し込みコネクタ」という屋内配線用の差し込み型電線コネクタを使用することもあります。

しかし、差し込みコネクタを使用したことにより差し込んだvvfケーブルに張力が加わってしまうことや、差し込み不良による絶縁抵抗が大きくなるなどのデメリットがあります。
それは火災事故の原因にもなるため、リングスリーブを使用することが多いです。

一部の不動産会社では差し込みコネクタによる火災を危惧して差し込みコネクタの使用を禁止している事例もあるとのことです。

束ねると発火する危険性が

vvfケーブルは天井のある空間であれば、電線管に収容せずに敷設する「天井転がし」と呼ばれるものも多いです。

その敷設には何十本ものvvfケーブルが使用されるため、多くのケーブルを束ねることになります。
このようにしてあまりに多くのケーブルを束ねると放熱性が悪くなり、許容電流の低下を引き起こす恐れがあります。

その結果、発火する可能性があり危険です。
vvfケーブルを束ねる際は、5本から7本程度のなるべく少ない本数で束ねるのが望ましいです。
      vvfケーブルの接続方法

vvfケーブルの寿命

vvfケーブルは屋内で使用をしていれば20年から30年と長い寿命で使用することができます。
しかし、寿命が減ってしまうことがあります。
それは屋外などの適していない使用場所に施工したり、許容電流を超える電流を流してしまうなどの場合です。

ケーブルがもし寿命に至ると、突然燃えるわけではありません。
ケーブルの絶縁抵抗測定を実地し、絶縁性能が失われたことが確認できればケーブルの寿命と判断されます。

絶縁抵抗測定とは、絶縁抵抗計という機械を使用してケーブルの寿命が尽きたことによる感電・漏電を防止するために行われる測定です。

寿命がきたケーブルを長い間放置し、絶縁抵抗測定を行わないままでいると漏電の原因となり、火災にもつながる恐れがあるため業者に定期点検を依頼しましょう。
      vvfケーブルの寿命

vvfケーブル使用場所の規制

原則としてvvfケーブルとは屋内専用ケーブルとして使用されます。
vvfケーブルは屋内では丈夫ですが、直射日光に弱いため屋外では数年で被膜が割れ内部へ水が浸透し絶縁の劣化を引き起こします。

絶縁の劣化を引き起こしたケーブルは、すぐに寿命がきて発火してしまう恐れもあります。
屋外で使用する場合は、電線管などに収容するなどケーブルを保護するようにして直射日光を避けるようにしましょう。

まとめ

vvfケーブルとは非常に身近な電力供給をしてくれるケーブルでもありますが、永年劣化には注意が必要です。

20年・30年と寿命があるからといって安心していると、ケーブルを束ねている本数などによってはそれよりも早く寿命がくる可能性があります。

また、築年数が経過している戸建て・アパート・マンションなどは、すでにケーブルの寿命がきている恐れもあるため、業者に頼んで早めに絶縁抵抗測定を行ってもらうことをおすすめします。

コンセント工事・取替・増設を依頼できる業者

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「コンセント工事・取替・増設」をご覧ください。

便利な位置にコンセント!
最適な位置への設置をご提案
※対応エリアや加盟店によって変わります
コンセント工事には専門の知識が必要です。安全のためにも電気工事の経験が豊富なプロにお任せください。ご相談・ご依頼に対し、迅速・丁寧に対応。最適な位置への設置をご提案いたします。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
移動・増設・交換など、コンセント工事はお任せください。
コンセント 8,000円(税抜)~


相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:かなで
専門用語を使わず、分かりやすく解説することをモットーとしている。日々SNSなどを駆使して情報を収集し、旬な情報を集めるのを得意としている。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
5投票,  平均評価値:4.6

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-10-04 10:17:22
https://www.seikatsu110.jp/electrical/et_outlet/12751/
各種電気工事
私たちの生活に欠かせないものというと、水道やガスなどさまざまなものがありますが、やはり一番に思いつくのは電気です。電気があるからこそ、わたしたちの生活は豊かだといえると思います。この電気を使うときに使用するコンセントの回路に使われているケーブルの名称をご存知ですか。vvfケーブルといいます。これは住宅だけでなく、デパートなどの商業施設でも使われているものです。耳なじみがなくてもいつも何気なく使用され...
シェアリングテクノロジー株式会社

コンセント工事・取替・増設のお問い合わせ・ご相談はこちら

コンセント工事・取替・増設についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!