生活110番ニュース 各種電気工事

このエントリーをはてなブックマークに追加

トイレにコンセントを増設!工事費用や方法を詳しく解説します!

投稿日:2018-12-28 更新日:2020-06-05

トイレにコンセントに増設!工事費用や方法を詳しく解説します!

この記事は6605人に読まれています。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

「トイレにウォシュレットを設置したいけど、コンセントがない」とお困りの方は多いのではないでしょうか。近年では、つぎつぎと便利な電化製品が販売されており、部屋だけではなくトイレにもコンセントの増設が必要な機械が増えています。

しかしトイレにコンセントを増設したいと思っても、増設方法や自分で工事できるのか、業者に依頼したほうがいいのかなど、わからないことだらけですよね。本コラムではそういった方に向けて、トイレにコンセントを増設する際の方法や自分で工事するために必要なもの、工事にかかる費用などを紹介していきたいと思います。

トイレにウォシュレットを設置したいけどコンセントがない

ウォシュレットを接続するコンセントがない場合は、トイレのコンセント増設工事をおこなうことになります。一般的にトイレのコンセントを増設するときは、すでにほかの場所で使われているコンセントから、配線を延長して増設することが多いです。

その際、トイレのドアの角に穴をあけて配線を通すこともあります。しかし、ドアを使用するときに配線が圧迫されてしまうこともあるので、断線してしまうおそれもあるでしょう。

さらにトイレは水気がある場所なので、トイレに設置するコンセントにはアース設置が必要になります。アース設置とは電化製品から流れている電気を、地面へと逃がすために必要なもので、設置が義務付けられています。

トイレのコンセントにアースの取付け工事を施すには、電気工事士という一般家庭やビルなどの建物で、アース工事をおこなう際に取得が義務付けられている資格が必須です。

トイレにウォシュレットを設置したいけどコンセントがない

トイレにはどんなコンセントが必要?

トイレにコンセントの増設をしようと思っている方は、トイレにはどんなコンセントが必要なのかも知っておくとよいでしょう。とくにウォシュレットは商品によって消費電力が異なっているため、消費電力の大きいウォシュレットを接続する場合は、分電盤から専用の回路を増設することになります。

この場合にかかるトイレのコンセント増設工事の費用は、業者によっても異なりますが、約20,000円~50,000円です。また、リフォームという形でトイレのコンセント増設を考えている場合は、約25,000円~35,000円と少し工事費用が異なります。

専用の回路を増設する方法以外にも、コンセントの差込口だけを増設する方法やコンセントのボルト数を変える方法もあり、それぞれで工事費用が異なっています。もともとトイレにコンセントがあり、差込口を増やすだけの増設工事だと、費用は10000円程度です。

同じくもともとトイレにコンセントがあり、消費電力の大きいウォシュレットを接続するために、ボルト数だけ変えたいという増設工事だと費用は7000円程度となります。

トイレのコンセント増設費用はコンセントがない状態から新しく新設する方法と、もともとトイレにあるコンセントの、差込口やボルト数を変える方法で異なります。自分のコンセント増設の目的に合わせて、どんなコンセントが必要なのか確認しておきましょう。

天井から電源が確保できるかも

新しくトイレにコンセントの増設をおこなう場合、分電盤から専用の回路を増設します。しかし、家の配置などによっては、分電盤から電源を確保するのが困難な場合があります。

とくに古い団地やアパートは、コンセントが付いていないことも多く、工事も難しいため困ってしまう方も多いでしょう。そんなときは、天井に付いている照明から電源を確保できる可能性があるので、確認してみましょう。

天井の照明から電源を確保できれば、そこから新しくトイレにコンセントを増設することができるようになります。しかし、消費電力の大きい電化製品の場合は、この方法では電力が足りない場合が多いので注意してください。

いままで、トイレでコンセントを設置するための電源がどうしても確保できないと困っていた方は、天井の照明から電源が確保できるか試してみるのがおすすめです。しかし、作業中は電気に直接触れてしまう場合もあるため、感電などの被害を受けるおそれがあることにご注意ください。

天井から電源が確保できるかも

コンセントの増設は簡単!

トイレのコンセント増設工事自体は、電気工事士の資格を持っていることが条件となりますが、ご自身でも増設はおこなうことができます。もっとも簡単なのが、もともとコンセントが付いている場合におこなう、差込口の増設工事です。

準備するものは、プラスとマイナスのドライバー、新しく付け替えるコンセントとコンセントカバーのみです。これらすべてを合わせておおよそ1,000円前後の費用で揃えられます。

工事方法は以下の手順です

①コンセントを取り外す
工事するコンセントのカバーを手で外し、カバーの枠に付いているネジをドライバーで外して、コンセントを取り外してください。

②新しいコンセントに配線する
取り外したコンセントに接続されている白と黒の配線を、準備した新しいコンセントに接続しなおします。その際、白い配線を先に接続してから、黒いコンセントの取り外しと接続をおこなうようにしてください。接続が完了したら、コンセントを元にもどして工事終了です。

天井の照明からコンセントを新しく増設する場合は、延長コードと分岐ソケットといわれる、コンセントと電気ソケットをつなぐための道具を準備してください。こちらもこれらすべてを合わせて1,000円前後の費用で揃えられます。

工事方法は以下の手順です

①天井の照明を取り外す
トイレの天井に付いている照明を電気ソケットから取り外し、電気ソケットに分岐ソケットを接続してください。

②延長コードを接続する
分岐ソケットに延長コードの片方を接続すれば、あとはウォシュレットなど接続したい電化製品を延長コードのもう片方に接続することで使用できます。

このように、コンセントがない状態から増設する工事でも、ある状態から増設するでも比較的簡単な手順でおこなうことが可能です。しかし、電気工事士の資格を持っていることが条件になっていることや電源元に直接触れる機会も多いので、感電のおそれなども考えられます。

もし、工事に何か不備があれば、最悪の場合火災などの事故につながってしまうおそれもあるでしょう。そういったことにならないためにも、トイレのコンセント増設工事は業者に依頼するのがおすすめです。

業者であれば、接続したい電化製品の消費電力やどこから電源を持ってくるかなど、適切な判断で工事をおこなってもらえます。

コンセント設置で失敗しないための業者選び

コンセントを設置する際に必要なポイントをおさえたら、次はコンセント設置で失敗しないための業者選びが重要になってきます。

トイレのコンセント増設工事の業者を選ぶ際に、確認しておきたいのが工事費用、資格の有無、施工事例です。工事にかかる総額を確認しておき、複数社で見積りを出すなどして適切な業者を選ぶようにしましょう。

業者によっては、無料で見積りを出してくれるところもあります。複数社から見積りを出してもらう際は、費用をおさえるためにもそういった業者を選ぶとよいでしょう。

コンセントを増設するには、電気工事士という資格を持っていることが条件であり、業者に依頼することで、電気工事士の資格を持った方が工事をしてくれます。業者のウェブサイトなどから、施工事例も確認することができます。施工事例が多い業者であれば、いままで培ってきた経験や知識を活かした工事をしてもらえるので安心です。

電気工事士の資格を持っていれば、ご自身でコンセント増設工事をおこなうことも可能です。しかし、自分で慣れない工事をしてしまうと、不備によってコンセント自体が使えなくなってしまったり、最悪の場合、自分自身が感電などでケガをしてしまったりするおそれがあります。

このような事態を避けるためにも、コンセント増設工事は、業者に依頼することをおすすめします。

まとめ

トイレにコンセントを設置する方法はいくつもあります。使用する電化製品の消費電力に合わせて配線元を決めたり、トイレまで配線を持ってくるのが難しい場合は、天井の照明から電源を確保したりとさまざまです。

自分がどういった目的で、コンセントの設置を考えているのかによって、これらの方法から適切なものを選ぶことが大切です。方法がわかって自分で工事することも可能ですが、電気工事士の資格が必須であることや、感電などの事故にあうおそれもあります。

そのため、トイレのコンセント増設を考えている方は、業者に依頼を検討することをおすすめします。業者に依頼すれば、自分の目的にあった方法で工事をおこなってもらえるうえ、事故が起こる心配も非常に少なくて済みます。トイレのコンセント増設工事を考えている方は、業者に相談してみてはいかがでしょうか。

(この記事は2020年6月5日に加筆・修正しています)

便利な位置にコンセント!
最適な位置への設置をご提案
※対応エリアや加盟店によって変わります
コンセント工事には専門の知識が必要です。安全のためにも電気工事の経験が豊富なプロにお任せください。ご相談・ご依頼に対し、迅速・丁寧に対応。最適な位置への設置をご提案いたします。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
移動・増設・交換など、コンセント工事はお任せください。
コンセント 8,000円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

この記事を書いた人
編集者:たくぞう
家電の新製品と旧式の違いを発見することが特技。特技が高じて人に伝えたいという思いにいたり、ライターの道を目指すきっかけとなった。家電や電気工事関連の記事を担当。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
2投票,  平均評価値:3

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-06-05 14:18:53
https://www.seikatsu110.jp/electrical/et_outlet/127497/
各種電気工事
「トイレにウォシュレットを設置したいけど、コンセントがない」とお困りの方は多いのではないでしょうか。近年では、つぎつぎと便利な電化製品が販売されており、部屋だけではなくトイレにもコンセントの増設が必要な機械が増えています。しかしトイレにコンセントを増設したいと思っても、増設方法や自分で工事できるのか、業者に依頼したほうがいいのかなど、わからないことだらけですよね。本コラムではそういった方に向けて、...
シェアリングテクノロジー株式会社

コンセント工事・取替・増設のお問い合わせ・ご相談はこちら

コンセント工事・取替・増設についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!