生活110番ニュース 各種電気工事

このエントリーをはてなブックマークに追加

簡単にしわを伸ばせるズボンプレッサー!選び方と商品を紹介します!

投稿日:2018-12-12 更新日:2019-09-18

簡単にしわを伸ばせるズボンプレッサー!選び方と商品を紹介します!

この記事を読むのに必要な時間は約 16 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

ズボンのしわを取り除くことや折り目をつけるために、ズボンプレッサーを使ったことがある人も多いのではないでしょうか。ズボンプレッサーを使用すると、わざわざアイロンをかけてしわを伸ばす必要がなく、簡単にズボンをお手入れすることができます。ズボンプレッサーの仕組みは、2つの板の間にスーツのズボンを引っかけたら、板からズボンに熱を加えてしわを取り除くというものです。ズボンを引っかけてスイッチを入れるだけなので、自分の家でもズボンのしわを簡単に伸ばすことができ、便利ですよね。

しかしズボンプレッサーは、ただしわを伸ばすだけではありません。中には、除菌や消臭をする機能や、ズボンをセットした状態がわかる機能が搭載されているものもあるのです。さらに、縦置きで使うものだけでなく、横置きにして使うものもあったりします。

意外とさまざまなタイプのものがあるため、自分がズボンプレッサーを選ぶときにどれにしたらよいか迷ってしまうかもしれません。そこでこの記事では、ズボンプレッサーを選ぶときのポイントとおすすめの商品を紹介します。ズボンプレッサーを購入したいけど迷っている……という人は、ぜひこの記事を参考にして探してみてください。

身だしなみを整える必須アイテム!ズボンプレッサーの決め手とは

ズボンプレッサーを家電量販店やウェブサイトで探してみると、たくさんの種類があることがわかります。その中から自分に適したズボンプレッサーを選ぶというのは、非常に難しいことでしょう。
ズボンプレッサーを選ぶ前に、自分がズボンプレッサーを使用する環境や目的を明確にしておくことで、選びやすくなるかもしれません。

普段はあまり見かけないズボンプレッサーですが、ビジネスホテルだと見かけることが多いです。ビジネスホテルではサラリーマンの方がよく宿泊するので、ズボンを手入れするためにズボンプレッサーの貸し出しをおこなっていることが多いのです。購入前に一度ズボンプレッサーを使ってみたいという方は、ホテルに宿泊したときに貸し出しができないか問い合わせてみるとよいでしょう。

ズボンプレッサーを使用すると、ズボンプレッサーに入れてプレスするだけで済むため、アイロンのように同じ場所を何回も往復する必要はありません。そのため、アイロンよりズボンを傷めずにしわを伸ばすことができます。さらに、ズボン全体をズボンプレッサーでおおって熱を加えるため、殺菌をすることも可能です。

そんなズボンプレッサーを選ぶときのポイントは、しわの伸ばしやすさ、ズボンプレッサーの保管方法、消臭機能、耐久性などです。順番に紹介をするので、自分が重要にしたい項目を見つけ、自分に合ったズボンプレッサーを選んでください。

プレスをする温度

ズボンプレッサーを選ぶときの一番の基準は、しわの伸ばしやすさです。しわの伸ばしやすさは、ズボンプレッサーが動作できる温度によって異なります。温度が高いものだとプレスする時間は短くなる傾向がありますが、温度が低いものを選ぶと朝起きて急いでズボンのしわを伸ばしたいときに時間がかかってしまうかもしれません。

ズボンの生地によってプレスをする時間や温度が異なる場合があるため、自分がしわを伸ばしたいズボンがどのような素材でできているのかを把握しておきましょう。たとえばスーツのズボンは、夏と冬で異なる種類のズボンになることがあるからです。いま履いているズボンだけでなく、1年を通してズボンプレッサーを使うと考えて、ほかのズボンもどのような生地であるかを把握しておくと購入してから困らないでしょう。

ズボンプレッサーの保管方法

ズボンプレッサーは、縦置きにして使用するものと横置きにして使用するものがあります。それぞれの形のズボンプレッサーによって保管方法が異なるので、しっかり押さえておくことが大切です。

縦置きのズボンプレッサーは、ズボンを縦に入れてプレスをするものなので、使用する際は小スペースで済みます。しかし、横置きのズボンプレッサーと比べると大きいものが多いので、片づけておくことは難しいかもしれません。

対して横置きのズボンプレッサーは、床に置いてアイロンをかけるのと似たように使うことができます。横置きのメリットは、縦置きのものよりも小型のものが多く、使わないときには収納しておくことができる点です。
しかし横置きのズボンプレッサーを使用するときは、机や床に設置する面積が広く、余裕がある必要があります。

機能性

ズボンプレッサーは、しわを伸ばすことや折り目をつける以外にも搭載されている機能があります。たとえば、タイマー機能や消臭機能です。

タイマー機能が搭載されているズボンプレッサーは、夏の時期に使用する薄い生地のズボンや冬の時期に使用する厚い生地のズボンなど、種類に合わせてプレス時間を変更することができます。

夏の外から帰ってきた汗だくのズボンやたばこのにおいがついてしまったズボンは、消臭機能のあるズボンプレッサーを使用するとよいかもしれません。ズボンプレッサーによってはハンガーがついているものもありますので、このような場合はジャケットも一緒に消臭できるかもしれません。

耐久性

ズボンプレッサーは、耐久性に応じて価格が異なることが多いです。安価なズボンプレッサーでもズボンのしわを伸ばすことができますが、耐久性が低い場合が多いでしょう。できるだけ長く同じものを使いたいならば、しっかりとした耐久性が高いズボンプレッサーを選ぶとよいかもしれません。実際にホテルで採用されているようなズボンプレッサーは信頼性も高く、耐久性が高いと考えられるので、耐久性が高いズボンプレッサーを探している人におすすめです。

以上、ズボンプレッサーを選ぶときに参考にできるポイントを紹介しました。自分が使用する頻度や環境を想定すると、自分が選ぶときに重要なポイントを見つけることができます。このポイントを見つけることができたら、ズボンプレッサーも選びやすくなるでしょう。

身だしなみを整える必須アイテム!ズボンプレッサーの決め手とは

【コルビー社】ズボンプレッサーおすすめ4つ

さまざまな種類があるズボンプレッサーの中から自分に合ったものを選ぶポイントを紹介したところで、ズボンプレッサーを販売しているメーカーごとにズボンプレッサーのおすすめをピックアップして紹介します。紹介するズボンプレッサーは、コルビー社、TWINBIRD、TOSHIBAです。

最初に紹介をするコルビー社は、ズボンプレッサーを作り始めて80年以上たつ老舗の会社になります。コルビー社のズボンプレッサーは、機能性や耐久性を兼ね備えていることが特徴です。また、ホテルに客室の備品として提供をしている面もあります。


・コルビー CORBY ズボンプレッサー [3300JC / マホガニー]

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

このズボンプレッサーは、はじめて使用する人でも安心して使うことができるような機能が搭載されています。その機能というのは、タイマー機能と自動引き伸ばし機能です。

タイマー機能は、30分たつと自動的に電源が切れる設計になっています。電源をつけっぱなしにしてしまいズボンが焦げてしまうことや、火災の原因となるおそれを防ぐことができるでしょう。

自動引き伸ばし機能は、ズボンを引き伸ばして膝の出ている部分やしわを取り除きながらプレスできます。この自動引き伸ばし機能を使用すると、簡単にいつでも生地を傷めずにしわを伸ばせるのです。ズボンプレッサーのフロントボードは、耐久性のある合板を使用しているため毎日使っても簡単には壊れません。電源のオンとオフもボタン1つで切り替えができるので自分のズボンに合わせた使い方も可能です。


・コルビー CORBY ズボンプレッサー [3300JASC / ステンクローム] 数量限定 Limited Color

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

ステンレスの色をしたおしゃれなズボンプレッサーがほしい人におすすめです。このズボンプレッサーは、数量限定の色になっており、落ち着いた雰囲気の部屋に合います。ズボンプレッサーとしての機能もしっかりと備えているため、しわを伸ばすことには困りません。

電源コードの長さが1.8mほどあるため、部屋の置きやすいところに置けるでしょう。3年間の保証期間があることから、もし壊れてしまっても安心です。上部にはジャケットをかけるハンガーやネクタイピンなどを置けるアクセサリー棚が用意されています。一度電源を入れると30分間のタイマーになっているので、切り忘れの心配もありません。


・コルビー ズボンプレッサー マホガニー 4400JTBMG

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

2種類のタイマーがついた高級感のあるズボンプレッサーを探している人におすすめです。このズボンプレッサーは、30分のタイマーだけでなく、15分のタイマーも搭載されています。この15分タイマーは、夏の薄い生地のズボンなどに使用するとよいかもしれません。
高級感があふれるトリムが前面についているので、おしゃれなズボンプレッサーがほしいと考えている人にもおすすめです。

このズボンプレッサーにも自動引き伸ばし機能が搭載されているので、きれいにしわを伸ばすことができるでしょう。また、ズボンプレッサーの後部にジャケットハンガーやネクタイハンガーが用意されており、ズボン、ジャケット、ネクタイ一式をまとめておいておくことも可能です。アクセサリーの棚も用意されているので、身につけていたネクタイピンやカフスをおいておけます。


・日本発売25周年モデル CORBYコルビー ズボンプレッサー エグゼクティブ Executive ブラック&ミラー7800JAMR

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

高機能かつ、耐久性に優れたズボンプレッサーを探している人におすすめです。このズボンプレッサーは、日本での発売25周年モデルとして販売されています。

このズボンプレッサーの特徴は、前面にミラーが用意されているところです。ズボンの状態をその場で客観的に見て確認することができます。本体カラーも落ち着いた黒色に統一されているので、設置しても落ち着いた雰囲気をもつでしょう。

もちろん、自動引き伸ばし機能やタイマー機能も搭載されています。タイマー機能は、30分のタイマーだけでなく、15分と45分のタイマーも用意されているので、ズボンの生地に応じた使い分けができます。
さらに、タイマーの残り時間がわかりやすくなるように、デジタルディスプレイが用意されているので、簡単に残り時間を把握することが可能です。

【TWINBIRD 】ズボンプレッサーおすすめ3つ

日本製のズボンプレッサーがほしいと考えている人におすすめできるメーカーがTWINBIRD社です。そこでここでは、TWINBIRD社のズボンプレッサーをピックアップして紹介します。この企業のズボンプレッサーは、プレスシートやセットしたときのしわを確認することができるロック機能が搭載されているものがあるのです。


・ツインバード ズボンプレッサー SA-D629BR 【ビックカメラグループオリジナル】

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

脚長のズボンをプレスしてしわを伸ばしたいと考えている人におすすめしたいズボンプレッサーです。このズボンの板の大きさは約86cmもあるため、足の長い人でも使用することができるでしょう。大きいので収納には向いていませんが、省スペースな設計がされているので、壁の近くに設置しても、邪魔になることはありません。さらに高級感を感じるような木目の仕上げがされているため、部屋のインテリアと置いておいても違和感はあまりないでしょう。
また、上部のポケットの中に小物を置くことができるスペースが用意されているため、携帯電話や鍵を忘れずにしまっておけます。

オートオフ機能が搭載されているので、夜に家に帰って着替えたときにズボンプレッサーを使用して寝れば、朝起きるときにはしわが伸びたきれいなズボンを履くことができます。


・ツインバード パンツプレス ズボンプレッサー SA-4625BL ダークブルー

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

安価で購入しやすいズボンプレッサーがほしいと考えている人におすすめです。このズボンプレッサーはほかのズボンプレッサーと比べて安価にも関わらず、しっかりとしわを取り除くことが可能です。このズボンプレッサーは、しわを伸ばしやすくするためにプレスシートが用意されており、さらにズボンをセットしたときにしわを確認できるように2段ロックできる形になっています。

ズボンプレッサー本体もスリム設計であるため、本体の足の奥行きが短く、壁に近いところに設置できます。家に帰ったら着替えるときにズボンをプレスしておくことで、翌朝すぐにズボンを履くことができるでしょう。上部には収納スペースが用意されているため、スマートフォンや鍵を入れておけます。電源コードの長さは1.9mほどあり、タンスから離れた場所に置くことも可能です。


・ツインバード パンツプレス ブラック SA-D719B

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

ズボンをセットした状態を確認することができるガラスパネルを採用しているズボンプレッサーです。このガラスパネルによって、自分がセットしたズボンの状態を確認することができるようになっています。引っ張り不足によるよれやしわだけでなく、プレスがずれた2重線を把握してあらかじめ取り除けるでしょう。
セットした後にしわやよれを見つけたら、セットの後からでもズボンを伸ばすことができる2段ロック機能もついています。

ズボンのにおいを消すことができる消臭シートもついています。この消臭シートを使用すると、たばこや汗のにおいを取り除くことができるでしょう。
電源コードは、約1.9mの長さがあるので、コンセントから離れた場所でもズボンプレッサーを使用することができます。

このズボンプレッサーのデザインは、前面がガラスパネルであることから、インテリアとして設置しても違和感がありません。ズボンプレッサーを倒してしまい、ガラスが割れるようなことがあっても、破片の飛散防止フィルムが取り付けられているので安心です。

【TOSHIBA 】ズボンプレッサーおすすめ4つ

TOSHIBA社は、縦置きのズボンプレッサーだけでなく、横置きのズボンプレッサーも販売しています。収納しやすい横置きのズボンプレッサーを探している人におすすめです。TOSHIBA社のズボンプレッサーのおすすめをピックアップして紹介しましょう。


・東芝 ズボンプレッサー シルバーTOSHIBA スタンド型 HIP-T36-S

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

簡単にズボンをセットできて、ズボンの折り目をきっちりとつけたいと考えている人におすすめのズボンプレッサーです。このズボンプレッサーは、2重線を防止するためのプレスシートが用意されています。シートにズボンを入れてレバーを下げるだけでセットできるのです。ズボンプレッサー本体の上部には、ハンガーが用意されているので、ジャケットや上着をかけておくこともできます。

1回のプレス時間は15分程度しかないため、冬のときに着用する生地が厚いズボンは2回プレスするとよいでしょう。オートオフ機能も搭載されているので、プレスが終わったら電源が自動的に切れます。電源コードが1.9mもあるため、設置場所にも困りません。


・東芝 ズボンプレッサー シルバーTOSHIBA ヨコ型 HIP-L36-S

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

横置きのズボンプレッサーとなっているため、収納がしやすい形になっています。ズボンプレッサーを設置しておく場所がない人にもおすすめです。折り目をきっちりとつけられるようなプレスシートも用意されているので、2重線を防げます。足が長いズボンや大きなズボンをプレスすることもできる大型のズボンプレッサーです。

コードリール式で、ズボンプレッサーの本体に電源コードを格納し、省スペースで簡単にしまっておけます。
さらにズボンプレッサーに搭載されている除菌機能で、寝る前にズボンをプレスすると、朝には除菌されたきれいなズボンに仕上がっているでしょう。プレスが終わったらズボンが冷めるまで約10分そのままにすると、仕上がりがよくなります。


・東芝 ズボンプレッサー ブラックTOSHIBA スタンド型 HIP-T56-K

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

ズボンをプレスするときに除菌や消臭をまとめてしたいと考えている人におすすめです。このズボンプレッサーは、プレスするときの熱を利用して除菌することができます。さらに、プレス板に消臭繊維が織り込んであるため、消臭することもできるのです。
大きなプレス板であることから、足が長いズボンや大柄のズボンもプレスすることができるでしょう。

ズボンプレッサーの上部にはハンガーがついているので、ジャケットや上着をかけておけます。また、ズボンプレッサーの脚にはロックができるキャスターがついているので、掃除するときに移動することも簡単です。


・東芝 ズボンプレッサー(消臭機能付き)スタンドタイプ ブラック HIP-T100(K)

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

ズボンプレッサーでズボンだけでなく、上着も消臭したいと考えている人におすすめです。このズボンプレッサーは上部に大型ファンが設置されており、たばこやお酒などの気になるにおいを吸い込みます。この吸い込んだ空気を、ファンの中にある消臭フィルターを通すことでアンモニア臭を減らすのです。
この消臭機能にも最大1時間のタイマーがついているので、ズボンのプレス時間に合わせた消臭が可能になっています。

プレスにもタイマーが搭載されており、最大で30分まで設定することが可能です。パワフルモードを選択すれば、除菌効果も期待できるでしょう。また、本体の脚にはキャスターがついているので、10kg以上もあるズボンプレッサーを持ちあげて運ぶ必要はありません。

さらにズボンプレッサーの上部には、タイマー以外に小物を収納することができるようなケースが用意されています。腕時計や携帯電話を収納しておくことが可能です。本体にコンセントが2つ取り付けられているので、携帯電話を充電することも可能になっています。

ズボンプレッサーの使い方はこの点に注意!

さまざまなズボンプレッサーのおすすめを紹介したところで、ズボンプレッサーを使用する手順と注意する点をいくつか紹介します。せっかく購入したズボンプレッサーでも、よくない使い方をしてしまうと、ズボンを傷めてしまうおそれがあるのです。
そこで、ズボンプレッサーの使用する手順や使用するときの注意点を押さえておきましょう。

ズボンプレッサーを使用する前に最初に確認したいことが、ズボンの折れ目です。ズボンの折り目がずれてしまうと、プレスした後にズボンの形が悪くなってしまうおそれがあります。ズボンを足の裾からもってどこに折り目があるか確認をしておくことが重要です。

ズボンを挟むためにズボンプレッサーを開くと大きな2枚の板の間に半透明なプレスシートと呼ばれるものがあります。プレスシートが2枚ある場合には、プレスシートがズボンを挟むようにしてズボンプレッサーの中に入れましょう。もしプレスシートが1枚しかない場合には、プレスシートをズボンの両足で挟むように設置します。ズボンの折り目がしっかりと折られているかどうか確認しておくことが重要です。
縦置きのズボンプレッサーは、ズボンにたるみがなくピンと伸ばせている状態にしておくことが大切になります。横置きの場合もまっすぐ伸ばしておくことを意識しておきましょう。

ここまでできたら後は、電源を入れてしわを伸ばすだけです。ズボンプレッサーの種類によって1回の時間が決まっているものや、自分でタイマーの時間を調節することができるものがあります。ズボンプレッサーの説明書を確認して、プレスしたいズボンに合わせた設定をしましょう。
プレスが終わった直後のズボンプレッサーの板はとても熱くなっているので、やけどしないよう注意して取り出しましょう。


ズボンプレッサーを使用する主な手順は以上ですが、いくつかの点で注意する必要があります。注意するべき点を押さえて、ズボンが痛まないように使いましょう。

濡れたズボンをプレッサーしたり、霧吹きをしない

濡れたズボンや霧吹きをかけたズボンをプレスすることはやめておきましょう。アイロンでは霧吹きをしてしわを伸ばすことがありますが、ズボンプレッサーは、アイロンよりも長い間熱を加えるので生地が傷む原因になります。

また、ズボンプレッサーの故障の原因となるものが水です。ズボンプレッサーの取り扱い説明書にも記載されていることなので、確認をしてみてください。ズボンプレッサーは、乾いているズボンのしわを伸ばすものであるため、ズボンが濡れている場合には除湿器や乾燥機を使用するようにしましょう。

ウールのズボンには使わない

ウールで作られているズボンは、一般的なズボンと比べて、熱に弱く傷みやすいです。ウールのズボンをプレスすることはやめておきましょう。もしウールのズボンのしわを伸ばしたいと考えている人は、当て布をしてスチームアイロンにかけることをおすすめします。

股下のしわは伸ばせない

ズボンプレッサーは、ズボンを2つの板でプレスをして熱を加えることでしわを伸ばしています。しかし、ズボンプレッサーは、足の裾からふとももの上くらいまでしかプレスをしてしわを伸ばすことができません。その理由として、ズボンプレッサーの大きさが股下まで届いていないことやおしりの部分は足と比べて立体的であることがあります。
もし股下のしわを伸ばしたいときには、アイロンを使用してしわを伸ばしましょう。

まとめ

ズボンプレッサーはズボンを挟んでしわを伸ばすことができる機械で、ズボンの折り目をつけることも得意としています。
さらに販売されているズボンプレッサーには、しわを伸ばして折り目をつけるだけでなく除菌や消臭をおこなう機能が搭載されているものもあるのです。

今回紹介したズボンプレッサーを選ぶときのポイントは、プレスの時間や温度だけでなく、保管方法、機能性、耐久性などです。ズボンの素材によって適した時間や温度が異なるため、プレスの時間や温度もポイントになります。あらかじめ自分が所有しているズボンがズボンプレッサーに適しているかどうか確認をしておきましょう。

ズボンプレッサーは、縦置きのものと横置きのものとの2種類です。縦置きのズボンプレッサーは、使用するときに少ないスペースで利用することができます。対して、横置きのズボンプレッサーを使用するときにはある程度の広い場所が必要になりますが収納しやすいです。

また、ズボンプレッサーを使用するときに気をつけておきたい点として、濡れたズボンを使用しない、ウールのズボンは使用しない、股下のしわは伸ばせないというものがあります。どれもズボンプレッサーを使用するときに重要となる点であるため、覚えておくことが大切になります。

さまざまな種類が販売されているズボンプレッサーの中から自分に適したものを見つけることは難しいかもしれません。ズボンプレッサーを選ぶことに悩んでいたら、今回紹介したズボンプレッサーの中から選んでみてください。

便利な位置にコンセント!
最適な位置への設置をご提案
※対応エリアや加盟店によって変わります
コンセント工事には専門の知識が必要です。安全のためにも電気工事の経験が豊富なプロにお任せください。ご相談・ご依頼に対し、迅速・丁寧に対応。最適な位置への設置をご提案いたします。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
移動・増設・交換など、コンセント工事はお任せください。
コンセント 8,000円(税抜)~
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:かなで
専門用語を使わず、分かりやすく解説することをモットーとしている。日々SNSなどを駆使して情報を収集し、旬な情報を集めるのを得意としている。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
2投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-09-18 11:37:20
https://www.seikatsu110.jp/electrical/et_outlet/125942/
各種電気工事
ズボンのしわを取り除くことや折り目をつけるために、ズボンプレッサーを使ったことがある人も多いのではないでしょうか。ズボンプレッサーを使用すると、わざわざアイロンをかけてしわを伸ばす必要がなく、簡単にズボンをお手入れすることができます。ズボンプレッサーの仕組みは、2つの板の間にスーツのズボンを引っかけたら、板からズボンに熱を加えてしわを取り除くというものです。ズボンを引っかけてスイッチを入れるだけな...
シェアリングテクノロジー株式会社

コンセント工事・取替・増設のお問い合わせ・ご相談はこちら

コンセント工事・取替・増設についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!