生活110番ニュース 各種電気工事

このエントリーをはてなブックマークに追加

炊飯器のおすすめ商品をご紹介!加熱法と釜の素材で炊き上がりが違う

投稿日:2018-12-05 更新日:2018-12-14

炊飯器のおすすめ商品をご紹介!加熱法と釜の素材で炊き上がりが違う

この記事を読むのに必要な時間は約 18 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

炊飯器はお米を炊くときに欠かすことのできない家電機器です。炊きたてのご飯が食べたいと考えている人は毎日使っているのではないでしょうか。炊飯器は、研いだお米を炊飯器の釜に入れて水を適量まで注げば、スイッチひとつでお米を炊くことができます。たったそれだけのことをするだけで、おいしいお米を炊いて食べることができる炊飯器はとっても便利な家電用品ですね。

販売されている炊飯器は、お米を炊くだけといってもさまざまな種類が用意されています。例えば、白米や玄米などの精米の度合いによって炊き方を変えてくれるものです。ほかにも自分の好みの固さに合わせて炊くといった機能も搭載されていたりします。このように、最新の炊飯器は食べる人の好みや特徴に応じて炊くことができ、手間がかからなくなっています。

さらに、炊飯器を販売するメーカーによって強みとしていることが異なります。炊飯器は、加熱方法や釜の素材などの特徴がたくさんあるため、炊飯器がほしいとしてもどれを選んだらよいかわからないかもしれません。そこで、自分に合った炊飯器を選ぶのに参考になるポイントを紹介します。炊飯器のおすすめも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

炊飯器は加熱方法で炊き上がりが違う!

家電量販店やショッピングサイトで炊飯器を探してみると、さまざまなものが販売されています。炊飯器によっては炊き方だけではなく、調理機能が搭載されている特徴的な炊飯器まで販売されています。たくさんの種類がある炊飯器のなかから自分に合った炊飯器を選ぶことは、難しいのではないでしょうか。

大切なことは、炊飯器選ぶときのポイントを押さえておくことです。ここで紹介するポイントは、炊飯器の加熱方法です。炊飯器の加熱方法は、マイコン式、IH式、圧力IH式の3種類が一般的です。加熱方法の違いによって、ご飯の炊き上がり方が異なります。それぞれの特徴を見てみましょう。

マイコン式

できるだけ安く炊飯器を購入したいと考えている人におすすめできる炊飯器の加熱方法です。マイコン式の加熱方法は、昔からの炊飯器に使用されている加熱方法に近い形です。マイコン式の加熱方法は、炊飯器の底にあるヒーターから熱を発生させることでお米を炊いています。マイコン式の炊飯器は、安価なものだと5,000円程度のものから販売されているので、ご飯を炊ければよいと考えている方におすすめです。

熱の強い場所は炊飯器の下部のヒーターのみなので、水につけてある時間が短いとお米に水分が十分に含まれず、固くなりやすい傾向があります。そのため、ご飯の粒が固いものが好きな方におすすめできます。

熱のムラができずにお米を炊きたいと考えている方は、熱が保たれやすい窯が厚いものを選ぶとよいかもしれません。マイコン式の炊飯器には、小型のものも販売されています。そのため、ひとり暮らしもしくは1度に炊くご飯の量が少ない方におすすめできます。

IH式

IH式の炊飯器は、現在主流となっているものです。この炊飯器は、窯の中にあるコイルを使用することで加熱します。コイルに電気を流すことで電磁力と呼ばれる力が発生し、この電磁力を熱に変換することでお米を炊いています。このIH式の炊飯器は、コイルが炊飯器の下部だけでなく窯の横側に内蔵されている炊飯器もあるので、わかりにくいかもしれません。

さらに、窯の内側にもコイルを搭載することで炊飯器の窯全体を加熱できるようなものも販売されています。このため、マイコン式の炊飯器と比べて、熱に偏りが少ないことが特徴です。

このIH式の炊飯器は、全体に熱を保つことができることから保温機能に優れているものもおおいです。1度に2食分のご飯を炊きたいと考えている人に向いているでしょう。一般的なものがほしいと考えている方にとって、IH式の炊飯器はおすすめです。

圧力IH式

圧力IH式の炊飯器は、先ほどのIH式のものと比べてお米の芯までしっかりと炊き上げることができます。この圧力IH式は、IH式の炊飯器と同様に窯の外側や内側にコイルが内蔵して、コイルに電気を流すことで熱を発生させています。このため、窯の全体に熱を通すことができます。では、IH式の炊飯器とはどのような点で異なるのでしょうか。

圧力IH式は、名前の通りご飯を炊くときに圧力を加えて炊きます。圧力を加えるとご飯を炊くときに使用する水の沸点を変えることができるため、圧力が加われば加わるほど、水の沸点が上昇します。この水の沸点が上昇し、お米の芯までしっかり熱を通すことができるので、おいしいお米を食べることができます。

そのため、圧力を高めれば高めるほど、お米の芯までに水分が浸透することでもっちりとしたご飯に炊き上がります。対して、圧力が低い炊飯器であれば、お米の一粒一粒がはっきりとした食感になると感じるかもしれません。

IH式にも搭載されている保温機能がついていますが、お米の芯まで水分が浸透しているので時間が経過したお米でも固くなりにくい傾向があります。圧力IH式の炊飯器の中には、白米よりも栄養が含まれている玄米をもっちりと炊くことができるもの販売されています。これらのことより、お米にはこだわって炊きたいと考えている方や日にちが経ったご飯でもおいしく食べたいと考えている方に向いているといえるでしょう。ただし、この圧力IH式の炊飯器は、ほかの2つの炊飯器に比べて高価なものがおおいです。

炊飯器は加熱方法で炊き上がりが違う!

釜の素材によっても味が変わる

炊飯器の加熱方法によってもご飯の炊き上がりも大きく異なります。ほかにも、ご飯の味が変わる要因として窯の素材があげられます。このため、窯の素材によってどのように味が異なることを押さえておくことが大切です。現在販売されている窯の素材は、鉄釜、土鍋釜、炭釜などが使用されています。

素材が変わることによって炊飯器のヒーターやコイルからの熱をどれだけ全体に伝えやすいかが変わります。順番に紹介をするので押さえておきましょう。

鉄窯

鉄窯の炊飯器は、熱が全体にいきわたりやすい特徴があります。そのため、ご飯をむらなく炊きやすいといわれています。ほかにも、窯の内部の火力が高くなりやすいので、お米の芯まで熱を通しやすいです。鉄窯は、炊飯器の窯として加工がしやすいことからおおくの種類のものが販売されています。

また、高価な鉄窯を採用している炊飯器は、かまどで炊いたようなご飯を食べることができるでしょう。鉄窯の欠点として、土鍋窯や炭窯のものと比べて非常に重いことがあげられます。そのため、毎日お米を炊きたいと考えている人は、窯の移動が負担になるかもしれません。

土鍋窯

土鍋窯の炊飯器は、もともと昔から使われていた土鍋を参考にして作られた炊飯器です。この土鍋窯の特徴は、外部との熱に対して耐熱性が高いことがあげられます。さらに、熱の伝わりかたがゆっくりであるため、お米を蒸らすことができ、保温効果が持続します。

ほかにも、土鍋には遠赤外線効果があるので、表面だけでなくお米の芯まで同じように熱を伝えることができます。このように土鍋窯の炊飯器は、窯全体に熱が伝わる速度がゆっくりとしており、遠赤外線効果を生かしたふっくらとしたご飯に仕上げることができます。しかし、土鍋窯はほかの窯とよりも高価であることがおおいです。そのため、お米をおいしく炊きたいとこだわりを持っている方にとって、土鍋窯の炊飯器はおすすめです。

炭窯

炭窯は鉄窯と同様に熱を伝えやすい性質があります。このため、ご飯をむらなく炊きやすいことやお米の芯まで熱を通しやすいです。さらに、炭窯にも遠赤外線効果があるので、じっくりと熱を伝えて、ふっくらとお米を仕上げることができます。

対して、炭窯は傷がつきやすく、窯を落としてしまうと割れてしまうおそれがあります。このため、炭窯の扱いには注意する必要があるでしょう。

このように、炊飯器の窯の素材によってもいくつかの特徴があります。窯の素材によって、熱を伝えやすいものや遠赤外線効果があるもの、重量が重たいものまであることから、自分の用途に合わせて選ぶとよいかもしれません。

釜の素材によっても味が変わる

【低コストで購入しやすいマイコン式!】炊飯器のおすすめ5つ

炊飯器を選ぶときのポイントを紹介したところで、炊飯器のおすすめを紹介します。ひとり暮らしの方や1度に炊くご飯の量が少ない方におすすめできるものが、マイコン式の炊飯器です。そのなかで安価で購入しやすいマイコン式の炊飯器のおすすめをピックアップして紹介します。


ハイアール マイコンジャー炊飯器(3合炊き) ホワイトHaier JJ-M30C-W
【低コストで購入しやすいマイコン式!】炊飯器のおすすめ5つ

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

安価で購入がしやすい炊飯器を探している人におすすめです。この炊飯器は、0.5合から炊くことができるので、ひとり暮らしの方にはうれしいのではないのでしょうか。仕事が帰ると炊き立てのご飯が食べられるように、予約炊飯ができるタイマーが搭載されて、最大で3合まで炊くことができます。

対して、じっくりとさらにおいしく炊くことができるようなじっくりコースもあります。また、玄米や分づき米を炊けるようなヘルシーメニューも用意されるので、いろいろな種類のお米を炊くことができますね。

炊飯器の窯は、2mm厚フッ素塗装加工がされているので、中心部だけの炊けているようなむらが少なくなり、一粒一粒をしっかり炊くことができます。


アイリスオーヤマ 炊飯器 マイコン式 1升 銘柄炊き分け機能付き RC-MB10-B
【低コストで購入しやすいマイコン式!】炊飯器のおすすめ5つ

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

1台の炊飯器でたくさんのお米を炊きたいと考えている人におすすめできる炊飯器です。この炊飯器は、1度に最大で10合まで炊くことができます。そのため、まとめて炊いておきたいと考えている方や大家族の方に向いているでしょう。この炊飯器の特徴として、品種によって大きさやねばり気などの特徴が異なるお米に合わせた炊き方ができます。このため、日ごろから食べているご飯をよりおいしくすることができるでしょう。

炊飯器の窯は、3.1mmもの厚さがあることから、お米を炊くときに熱のむらが抑えてられます。また、お米を炊く機能以外にも、煮込みや蒸しモードが搭載されているので、シチューやスープなどの料理をつくることができます。


東芝 マイコンジャー炊飯器(3合炊き) グランホワイトTOSHIBA RC-5SL-W
【低コストで購入しやすいマイコン式!】炊飯器のおすすめ5つ

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

銅がコーティングされた窯の炊飯器がほしいと考えている人におすすめできます。この炊飯器の窯は、4mmもの銅のコーティングがされています。このため、炊飯器全体に熱が伝わりやすく、一粒一粒のお米に熱を加えることができるでしょう。また、この炊飯器は、最大で3合まで炊くことができるので、約2日分のお米を炊いておけます。

炊飯器の特徴として、炊飯器を開ける蓋の部分に水蒸気の水滴がたまらないように「つゆ防止」のヒーターが搭載されています。また、内蓋や水蒸気がでてくる蒸気口の部分は、取り外して洗うことができます。お米を炊く機能だけでなく、パンやケーキなどをつくることができる機能があります。


シャープ 炊飯器 3合 黒厚釜 球面炊き ホワイト KS-C5K-W
【低コストで購入しやすいマイコン式!】炊飯器のおすすめ5つ

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

窯の持ち運びがしやすい取っ手がついている炊飯器を探している人におすすめです。この炊飯器は、内蓋が持ちやすいように窯のふちに取っ手がついています。この取っ手を使うことで、お米をほぐすときにも支えやすいようになっています。この炊飯器の窯は、厚みが3mmもあり、底面を球体のように丸めてあるので、おいしく炊くことができるでしょう。

搭載されている機能として、玄米や雑穀米を炊くことができる機能や時間を短くしていそいでお米を炊けるよう「おいそぎ炊飯機能」がついています。また、収納時にコードがかさばらずスッキリと収納することができるように、コードリール機能があるみたいです。


パナソニック 3合 炊飯器 マイコン式 ホワイト SR-MZ051-W
【低コストで購入しやすいマイコン式!】炊飯器のおすすめ5つ

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

 

お米を炊いたことがない方でもおいしく炊けるような炊飯器を探している方におすすめできます。この炊飯器は、ゆっくりとお米に水を吸収させたのちに一気に炊き上げることでおいしくなるそうです。炊飯器の窯は銅を素材としているので、窯全体に熱が伝わりやすくお米の芯までしっかりと水分が浸透しているご飯が炊けるでしょう。また、この窯は軽くてお手入れがしやすい窯であるといわれています。

あらかじめご飯が炊ける時間を設定しておくタイマー機能や蒸し板を使用した蒸し機能がついています。また、計量カップがついていることから食べたいお米にあわせた量を測ることができるでしょう。

【火の通りすぎを防ぐIH式!】炊飯器のおすすめ4つ

炊飯器を使うなら保温機能がしっかりとしているIH式の炊飯器がほしい人もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで、保温機能に優れたIH式の炊飯器のおすすめをピックアップして紹介します。


アイリスオーヤマ 炊飯器 IH式 5.5合 大火力 ERC-IB50
【火の通りすぎを防ぐIH式!】炊飯器のおすすめ4つ

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

手軽にIH式の炊飯器を使ってお米を炊いてみたいと考えている人におすすめです。この炊飯器は、1130Wもの電力を用いることで火力を高くし、お米を炊くことができます。火力が高いので、お米の一粒一粒しっかりと炊くことができるでしょう。窯の厚さは、3mmもの厚さがあるので、炊飯器全体に熱がいきわたるようになっています。さらに、お米を炊く仕上げの部分でさらに加熱をすることで、お米に含まれている余計な水分を飛ばして、かおりを引き立てています。

お米の種類に応じた炊き方ができるようになっているので、白米だけでなく、無洗米や玄米、炊き込みご飯を炊くことができるので、料理の幅が広がるでしょう。また、炊飯機能以外にも肉じゃがやシチューなどの煮込み料理を作ることができる煮込み機能が搭載されているので、調理の仕方を変えることもできるのではないでしょうか。


象印 炊飯器 5.5合 IH式 極め炊き ブラウン NP-VQ10-TA
【火の通りすぎを防ぐIH式!】炊飯器のおすすめ4つ

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

お米をよりいっそうおいしくなるような熟成炊きをしたいと考えている人におすすめできる炊飯器です。この熟成炊きとは、時間をかけてお米に水を吸収させることで、お米が甘くなる炊き方です。

この熟成炊きは、普通の白米だけでなく、玄米にも使用することができます。また、お米のうまみを引き出せるように沸騰した後も加熱を続けて、お米の芯までふっくらとしたごはんが炊き上がります。

この炊飯器は、保温機能にも優れており、窯の底に搭載されているセンサーを用いることで保温に適した温度に調節することができます。この機能を使用することで、最大で30時間もの保温に対応しています。


三菱電機 IHジャー炊飯器 備長炭炭炊釜 3.5合炊き ピュアホワイト NJ-SE068-W
【火の通りすぎを防ぐIH式!】炊飯器のおすすめ4つ

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

お茶碗一杯から手軽に炊けるような炊飯器を探している人におすすめです。この炊飯器は、0.5合から最大で3.5合まで1度に炊くことができます。この炊飯器の特徴として、底や側面だけでなく蓋にもヒーターが搭載されています。このヒーターを使用することで強火のまま、お米を炊くことができるようになっています。

ほかにも機能があり、お米を研いだらすぐに炊く機能が搭載されています。この機能は、1秒間に約88,000回の振動を与えることでたくさんの水をお米に浸透させています。このため、うまみを引き出すことができるといえるでしょう。炊飯器の窯は、内側に炭をコーティングしていることから窯全体に熱が伝わりやすく、ふっくらとしたご飯ができます。


パナソニック 5.5合 炊飯器 IH式 大火力おどり炊き スノーホワイト SR-HX107-W
【火の通りすぎを防ぐIH式!】炊飯器のおすすめ4つ

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

火力の高いIHでご飯を炊きたいと考えている人におすすめです。炊飯器に搭載されている2つのIHを0.04秒というわずかな時間で切り替えることで外側に向いている対流と内側に向いている対流によって、泡の対流を生み出すことができます。この対流によってお米とお米の間に空気が入ることで、一粒一粒に熱を通すことができます。搭載されているIHのコイルは、全部で5段もあるので炊飯器全体で熱を加えることができるでしょう。

炊飯器の窯は、ダイヤモンド銅窯と呼ばれるダイヤモンドハードコートや銅などがコーティングされています。この窯にすることで、熱を逃がしにくい構造になっています。炊き方もかため、ふつう、やわらかいの3種類が用意されているので、自分の好みにあった固さを選ぶことができるでしょう。

【芯までふっくらな炊き上がり圧力IH式!】炊飯器のおすすめ5つ

ご飯をおいしく炊くことにこだわりがある人やお米の芯までしっかりと熱を通したいと考えている人は圧力IH式の炊飯器がおすすめです。圧力IH式の炊飯器は、圧力をかけることで炊飯器の水の温度を100度以上にすることができるため、ふっくらとした炊き上がりができます。そこで、おいしくご飯が炊ける圧力IH式の炊飯器のおすすめをピックアップして紹介します。


タイガー 炊飯器 5.5合 土鍋圧力IH ブラック 炊きたて 炊飯 ジャー JPH-A100-K Tiger JPH-A100K
【芯までふっくらな炊き上がり圧力IH式!】炊飯器のおすすめ5つ

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

炊飯器の窯が土鍋を使用して熱の伝わりが速い炊飯器がほしいと考えている人におすすめです。この炊飯器は、土鍋の中に炭化ケイ素の成分を配合することで、従来のものと比べて約2.5倍熱の伝わりがやすくなります。窯に遠赤外線の効果がみられる遠赤釉薬を採用することで、熱の流れを理想的に動かしています。炊飯器の圧力は、最大で1.25気圧もの大きさにすることでお米のねばりやもっちりとした触感を得ることができるでしょう。

3段階のご飯のねばりを選ぶことができる機能があるので、自分の好みに応じた仕上がりができます。この炊飯器には、洗浄コースと呼ばれる炊飯器の蓋を洗浄する機能がついています。このため、炊き込みご飯などをつくったときのにおいを減らしてくれるでしょう。


日立 炊飯器 圧力IHスチーム 打込み鉄釜 ふっくら御膳 5.5合 RZ-YW3000M R
【芯までふっくらな炊き上がり圧力IH式!】炊飯器のおすすめ5つ

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

ふっくらと圧力とスチームでお米を炊きたいと考えている人におすすめできる炊飯器です。この炊飯器は、内部の素材に鉄とアルミの合金を使用しています。このため、熱が伝わりやすいので、ご飯の炊きむらを抑えて炊くことができます。また、圧力は最高で1.2気圧になるので水の沸騰温度は105℃まであげることができます。さらに、圧力を加えたままスチームをしてお米を蒸らすことができるでしょう。

炊飯器の炊き方の種類はしゃっきり、ふつう、もちもちの3段階あることから、料理に応じたご飯をつくることができます。


東芝 真空圧力IHジャー炊飯器(5.5合炊き) グランブラックTOSHIBA 合わせ炊き RC-10ZWL-K
【芯までふっくらな炊き上がり圧力IH式!】炊飯器のおすすめ5つ

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

羽窯の形をしており、真空の状態でしっかりとしたうまさを引き出したご飯が食べたい人におすすめできる炊飯器です。この炊飯器は、お米をひたすときに窯の内部を真空にすることでお米の一粒一粒に水分が浸透することができます。羽窯の形にすることで、かまどで炊くことに近い炊き方ができるみたいです。さらに、1420Wもの高い火力で炊くことで、お米にうまみ成分がいきわたります。

炊飯器のお手入れがしやすいように工夫がされています。炊飯器の本体は、ふきやすいフラットパネルとフレームも拭き取りやすい構造になっていて、羽がある持ち手になっているので洗米がしやすいといえるでしょう。


象印 炊飯器 圧力IH式 5.5合 鉄器コート極め羽釜 プライムブラウン NW-AA10-TZ
【芯までふっくらな炊き上がり圧力IH式!】炊飯器のおすすめ5つ

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

ふっくらとしたご飯を炊きたいと考えている人におすすめできる炊飯器です。この炊飯器の窯は、羽窯の形になっているので、お米全体に熱が伝えやすくなっています。また、角度がついているので泡の対流が発生しやすく、お米の芯までふっくらと炊き上げることができるでしょう。

炊飯器の機能として、さまざまな炊き方が用意されています。冷めてもおいしく食べれるようなお弁当メニューや1.5気圧の圧力にすることで玄米をやわらかくする玄米メニューがあります。ほかにも、米の固さを調整することができる「やわらかメニュー」があるので、白米の固さをご自身の好みにすることができるでしょう。最大で40時間ご飯を保温することができる機能も搭載されています。


パナソニック 5.5合 炊飯器 圧力IH式 Wおどり炊き ブラック SR-VSX108-K
【芯までふっくらな炊き上がり圧力IH式!】炊飯器のおすすめ5つ

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

お米の鮮度をセンサーで計測して、お米の状態に合わせた炊き方ができる炊飯器を探している人におすすめです。お米の状態は、時間が経つにつれて劣化や乾燥していくことが明確に表れます。劣化してしまったお米を圧力センサーで感知することで、鮮度に応じた炊き方をすることができます。

さらに、お米の銘柄に合わせた火加減で炊き上げることができるようになっています。さらに、その中から自分の好みに合わせておすすめ、やわからめ、かためを選択することができるので、ご自身の好みの固さにすることができるのではないでしょうか。白米を炊くだけでなく、赤飯やおこわなどのご飯を炊くことに適したコースが用意されています。

お米の上手な保管方法!

炊飯器のおすすめを紹介してきましたが、お米の保管方法も、おいしいお米を食べるための大切な要素です。何キロも入っているお米を購入しても一度に全部のお米を使い切るようなことは少ないのではないでしょうか。そうすると、使わなかったお米を保管しておく必要がでてくるでしょう。このとき、お米を保管する方法として、いくつか注意すべき点があります。

そこで、この章ではお米を保管するときに覚えておいてほしいことをいくつか紹介します。お米の保管方法を把握して、いつ使用してもおいしいご飯が食べられるといいですね。

お米は冷蔵庫に入れる

お米を保管する理想的な場所は、風通しのよい冷暗所がよいといわれています。そのため、家の中で保管しておきやすい場所は、冷蔵庫の野菜室がよいと考えられます。

では、冷蔵庫に入れるスペースがないから炊飯器がおいてある台所に置くのはよいのでしょうか。台所にお米を置いて保管しておくことはおすすめできません。なぜなら台所は、食器を洗ったりするために水を使用することがおおく、湿度が高まりやすい状況になりやすいからです。これを放置しておくとカビや虫が発生する原因になります。

お米は密閉容器に入れる

お米を保管したい場合は、ジップロックなどの密閉することができる容器にいれておくをおすすめします。お米は、温度や湿度が高いことを苦手です。お米が変色してしまうおそれがあり、おいしくご飯を食べることが難しくなってしまいます。このため、お米を保管するときは、必ず密閉をすることができる容器を選びましょう。

密閉した容器にお米を入れておかないと、冷蔵庫に入れてあるニラやネギなどのにおいが強い食材のにおいが移ってしまうおそれがあります。一度においが移ってしまうと取り除くことができないので、注意が必要です。また、お米を買ったときについている袋は、空気が通れるような穴が開いているので、そのまま冷蔵庫で保管しないようにしておきます。

お米を入れる容器はこまめに掃除する

お米を入れる容器は、お米を使って空になるたびにしっかりと洗いましょう。洗い終わったらその都度しっかりと乾燥させます。また、夏の時期は温度や湿度が非常に高いため、2週間程度で食べきれる量だけ入れておくことがよいかもしれません。

お手入れせずに炊飯器を使用していると虫が発生する原因になるおそれもあります。発生しやすい虫としてコクゾウムシがあげられます。このコクゾウムシは、お米の中に卵を産み付けてお米の中からでてくる虫です。また、人間の目で見つけることは難しいので、あらかじめ虫が発生するような状態にしないようにしておくことが大切です。

まとめ

炊飯器といえばお米を炊いてご飯をつくることができるシンプルな家電用品です。昔から販売されていることから一家に1台はあるものではないでしょうか。この炊飯器ですが、現在ではいくつかの機能を搭載したたくさんの種類が販売されています。このため、新しい炊飯器を買うときに自分に適したものを選ぶことが難しくなっています。

そこで、炊飯器を選ぶときに参考になる炊飯器の加熱方法と窯の素材について説明をしました。炊飯器の加熱方法は、マイセン式、IH式、圧力IH式の3種類に分かれており、それぞれの特徴があります。マイコン式の炊飯器は、底に敷いてあるヒーターから熱を発生させることで窯の温度をあげてお米を炊いています。マイセン式の炊飯器を選ぶメリットは、ほかの2つの形式と比べて安価に買うことができることです。

IH式の炊飯器は、炊飯器の内部にIHを搭載して、電気を流すことで熱を発生させる炊飯器です。販売されている炊飯器には、窯の下部だけでなく、側面や蓋の部分にもIHが搭載されており、火力の高いものもあります。IH式の炊飯器のメリットは、熱に偏りが少なく、窯全体に熱を通すことができます。

圧力IH式の炊飯器は、IH式の炊飯器に圧力を加えることができる機能です。窯に圧力を加えることで、水の沸点を上昇させることができ、お米をもっちりとした状態で炊くことを得意としています。このため、お米をできるだけおいしく食べたいと考えている人におすすめできる炊飯器です。

炊飯器の窯の素材によって、それぞれの特徴があり、おもに比べられるところとして窯全体に熱が伝わりやすさです。熱が伝わりやすいものだと、お米全体に熱を通すことができ、炊きむらが少なくなる傾向があります。しかし、窯の素材だけでなく、窯の形状によっても熱の伝わりやすさが変わるので選ぶときに気にしておくとよいかもしれません。

さまざまな種類の炊飯器が販売されている中から、マイセン式、IH式、圧力IH式の3つに分けて炊飯器のおすすめを紹介しました。さきほど説明した炊飯器を選ぶときに気にしておきたいポイントを参考にして、自分に合った炊飯器を選んでみてください。

コンセント工事を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「コンセント工事」をご覧ください。

便利な位置にコンセント!
最適な位置への設置をご提案
※対応エリアや加盟店によって変わります
コンセント工事には専門の知識が必要です。安全のためにも電気工事の経験が豊富なプロにお任せください。ご相談・ご依頼に対し、迅速・丁寧に対応。最適な位置への設置をご提案いたします。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
移動・増設・交換など、コンセント工事はお任せください。
コンセント 8,000円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:たくぞう
家電の新製品と旧式の違いを発見することが特技。特技が高じて人に伝えたいという思いにいたり、ライターの道を目指すきっかけとなった。家電や電気工事関連の記事を担当。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-12-14 13:49:10
https://www.seikatsu110.jp/electrical/et_outlet/125527/
各種電気工事
炊飯器はお米を炊くときに欠かすことのできない家電機器です。炊きたてのご飯が食べたいと考えている人は毎日使っているのではないでしょうか。炊飯器は、研いだお米を炊飯器の釜に入れて水を適量まで注げば、スイッチひとつでお米を炊くことができます。たったそれだけのことをするだけで、おいしいお米を炊いて食べることができる炊飯器はとっても便利な家電用品ですね。販売されている炊飯器は、お米を炊くだけといってもさまざ...
シェアリングテクノロジー株式会社

コンセント工事・取替・増設のお問い合わせ・ご相談はこちら

コンセント工事・取替・増設についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!