生活110番ニュース 各種電気工事

このエントリーをはてなブックマークに追加

ロボット掃除機の選び方とは?おすすめ商品もいくつかご紹介します!

投稿日:2018-12-03 更新日:2018-12-03

ロボット掃除機の選び方とは?おすすめ商品もいくつかご紹介します!

この記事を読むのに必要な時間は約 17 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

普段のわずらわしい掃除の手間を大幅に削減してくれるのが、ロボット掃除機です。自ら掃除をしなくても自動で掃除してくれるため、知らず知らずのうちにお部屋がきれいになっていく、とても魅力的なアイテムとなります。動力源は電気のため充電が必要となりますが、ロボット掃除機のなかには充電までをも自動でおこなうものもあるようです。

そんな利便性の高さから「ロボット掃除機を購入しよう!」と考える方も多くいることでしょう。しかし、一口にロボット掃除機といっても、見た目や大きさ、性能などはさまざまなものがあります。料金帯も幅広く、1,000円代のものから10万円以上するものまであります。数あるなかから、自分に最もあっている掃除機を見つけ出すのは難しいでしょうし、「そもそもなにがいいのかも分からない」という方も少なくないことでしょう。

この記事では、ロボット掃除機の選び方やおすすめの商品についてご紹介します。掃除をすることが目的でロボット掃除機の購入を検討している方が多いでしょうが、製品を選ぶ基準は人によって違います。機能性重視の方やデザインに重きをおいている方などにもおすすめできる商品について解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

ロボット掃除機を選ぶポイント

どんなロボット掃除機を選べばよいのかが分からない方は、自分がなにを一番求めているかを明確にしましょう。ロボット掃除機を購入するにあたって、最重要とする基準を把握しておくことによって、数あるロボット掃除機のなかでも少数の商品に絞り込むことができます。

機能性で選ぶ

ロボット掃除機に求めるものが機能性であるなら、ロボット掃除機のタイプを確認しておく必要があります。ロボット掃除機には、大きく分けて2通りのタイプがあります。その2つのタイプとは「掃除機タイプ」のものと「床拭きタイプ」のものです。この2つは、どこを掃除するかによって使い分けられることが多いので、これから詳しくご説明します。

【掃除機タイプとは】

掃除機タイプのロボット掃除機は、ゴミを吸い取りながら掃除を進めていきます。吸い取ったゴミは、機械の中へとため込まれていく仕組みです。このタイプのロボット掃除機は、畳の上やじゅうたんなどの敷物の上を掃除するのに適しています。

比較的安価な掃除機タイプのものは、ただ単にゴミを吸引していくだけなのですが、性能のよいものにはブラシが付いています。ブラシにも「サイドブラシ」と「床ブラシ」があり、このブラシがあることによってより効率よくゴミをかき集めることができるのです。

サイドブラシとは、腕のようにロボットから飛び出して回転しながらゴミをかき取るブラシです。サイドブラシがあることで、壁際の細かいゴミも掃除することができます。床ブラシは、一般的な掃除機の底に付いている回転ブラシのようなものです。床面の小さな溝や畳の隙間などに入り込んでいるゴミをかき出す役割があるため、よりきれいに掃除することができます。

家の中に和室や敷物が多い方やいくら掃除してもすぐにホコリがたまってしまうという方は、この掃除機タイプのものが向いているのではないでしょうか。

【床拭きタイプとは】

床拭きタイプは、名前の通り自動で床の拭き掃除をしてくれるロボット掃除機です。主な掃除場所は、フローリングとなります。床拭きタイプのものは、クロスやモップなどをセットし、電源を入れると自動で掃除してくれます。なかには、市販のお掃除シートをセットできるようなものもあり、最近人気が高まっているようです。

床拭きタイプのロボット掃除機のなかには、水をためておくタンクが付いているものがあります。そのタンクに水を入れておくことで、掃除中に自動で給水し広範囲を一気に水拭きすることができます。

家の中にフローリング部分が多い方や掃除のなかでも拭き掃除が特に億劫に感じるという方には、この床拭きタイプのロボット掃除機がおすすめです。

タイプとしては2つに分けられるロボット掃除機ですが、共通している便利な機能もいくつかあるのでご紹介します。


【衝突防止機能】

自動で掃除をするロボットなので、家具や壁などにぶつかるおそれがあり、ぶつかればお互いに傷ついてしまうことが考えられます。そういった衝突を防止したり衝撃をやわらげたりする機能が衝突防止機能です。この機能が付いているものは、周りに傷をつけないだけでなく、本体を長持ちさせることにもつながります。しかし、衝突防止機能のついているものは、掃除をする時間が長くなる傾向にあるようです。

【段差乗り越え能力】

じゅうたんや、部屋と部屋の間にある段差を乗り越える機能です。この機能が優れているのであれば、1~2cmの段差なら乗り越えられるでしょう。しかし、商品説明などで乗り越えられる段差が1cm以下となっている場合やこの機能について説明のない場合は、段差乗り越え能力には期待できないかもしれません。

【Wi-Fi機能】

この機能を持つ製品は、ロボット掃除機をWi-Fiに接続することができます。Wi-Fiに繋ぐことによって、スマートフォンからの操作が可能となり、機種によってはリモコン操作やタイマー設定、掃除状況の確認などがおこなえるのです。より快適に使用していきたい方は、この機能はあった方がいいかもしれません。

【バーチャルウォール機能】

バーチャルウォールというものを置くことで、自動運転中の清掃エリアを制限することができます。この機能は、ペットの餌や割れ物などといった、ロボット掃除機を近づけたくないデリケートな場所に入り込ませないようにすることができます。

【落下防止センサー】

自動運転中に階段などから落下することを防ぐための、段差を検知するセンサーです。この機能が備わっていない場合は、バーチャルウォールなどを使用して、落下のおそれがある場所に近づけないようにする必要があります。

【タイマー機能】

タイマー機能を搭載している機種には、掃除開始時間の設定や時間と曜日の設定ができるものなどがあります。そのため、自動で運転をスタートさせることも可能です。「出かけているうちに掃除を済ましておきたい」という方は、タイマー機能を使うことで、さらに快適に使用していくことができるでしょう。

機能性を重視する場合は、上記にあるような機能で、どんなものが備わっているかを確認してみてください。機能の名称や内容を知っておくことで、ロボット掃除機を選ぶ基準を明確にすることができます。

カラーやデザインで選ぶ

ロボット掃除機を選ぶ基準に、見た目の好みで選ぶという方もいるのではないでしょうか。最近のロボット掃除機には、黒や白といったシンプルな色のほかに、赤、青、黄色、といったようにカラフルな色の機種も発売されています。また、形状も円形、楕円形、三角形、四角形、というようにさまざまです。なかには、人気キャラクターのイラストがプリントされているものもあります。

カラーバリエーションや形状、イラスト付きのものなどが増えているため、ロボット掃除機を見た目のデザインなどで選ぶことも、充分可能です。また、機能性だけでは決められない人も、デザインの選択肢が多いことで判断材料が増え、どれを買うか決めやすくなるのではないでしょうか。

上記にある「便利な機能」や「見た目」といったポイント以外にも、本体のサイズやダストボックスの容量、動作音についてなども確認しておくことをおすすめします。

数ある商品のなかから、最も自分にあったロボット掃除機を見つけ出すために、重要視するのは「機能性」か「見た目」か、というのを最初に決めてみてください。そうすることによって、自分の理想とするロボット掃除機が見つけやすくなるでしょう。

ロボット掃除機を選ぶポイント

【吸引力抜群で掃除の手間いらず!】ロボット掃除機のおすすめ3選

ロボット掃除機を選ぶ際のポイントについて解説してきましたが、ここからは実際にどんな製品がおすすめなのかについてご紹介していきます。さまざまな商品があるなかから、まずは「吸引力」に着目した場合におすすめできる機種です。


ネイトロボティクス ロボット掃除機【掃除機】neato Botvac D Series D8500 BV-D8500
【吸引力抜群で掃除の手間いらず!】ロボット掃除機のおすすめ3選

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

アメリカでルンバに次ぐ2位のシェアを誇る、ネイトロボティクスというメーカーが発売した商品です。この商品は、特に敷物の上の掃除に適しており、カーペットなどに絡まっている髪の毛や小さなゴミも、ほとんど取り残すことなく吸い取ります。

D字の本体の前面にブラシが付けられており、部屋の隅の14㎜以内まで近づくことができます。また、ブラシがシリコンのため、大量の髪の毛やペットの毛を吸い取ったとしても毛が絡まることがありません。そのため、掃除後のお手入れがかなり楽になるというのも、この商品の大きな利点といえるでしょう。


【Amazon.co.jp限定】アイロボット ルンバ891 wifi対応 特殊ブラシ 複数床面対応 自動充電・再開 ロボット掃除機 R891060
【吸引力抜群で掃除の手間いらず!】ロボット掃除機のおすすめ3選

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

 

ルンバのシリーズは大きく分けて「900」「800」「600」の3つに分けられます。数字の大きい順に上位機種となるのですが、この商品は、ルンバ800シリーズに分類され、そのなかでも上位の機種となります。

600シリーズがスタンダードなものとして売られていますが、このルンバ891は、吸引力が600シリーズの5倍もあります。しかしこの数字は、吸い込む力を5倍に上げたというよりは、吸い込む効率が5倍になったという考え方のほうが正しいといえます。600シリーズにはなかった「エアロフォースクリーニングシステム」を搭載することによって、従来よりも効率よくゴミを吸引できるようになったのです。

800シリーズより上位機種となるルンバ900シリーズには、「吸引力10倍」というものもあります。しかし、販売価格も無視することはできません。そのため、600シリーズよりも優れており、900シリーズよりは手を出しやすい値段の800シリーズをご紹介しました。ちなみに、ルンバ891には、色違いのルンバ890という機種もあります。


ダイソン 掃除機 ロボット掃除機 dyson 360 eye RB01 NB ニッケル/ブルー
【吸引力抜群で掃除の手間いらず!】ロボット掃除機のおすすめ3選

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

ロボット掃除機としての快適さも備えたダイソン360eyeのうたい文句は、「他のロボット掃除機の4倍の吸引力」です。掃除機内にある、ダイソンデジタルモーターV2が毎分最大78,000回転し、かなり強力な吸引力を実現しています。そのため、あらゆる床面に対応しており、確実にゴミを取り除いてくれる掃除機といえるでしょう。

搭載されているブラシは、ナイロンブラシとカーボンファイバーブラシというものです。それらの働きによって、敷物の奥に潜むゴミや、フローリングにあるわずかなホコリを取り除きます。この商品は、スマートフォンアプリと連動させることによって、外出先からロボット掃除機を操作することが可能です。また、運転モードを、通常モードと静音モードで使い分けることができ、その時にあった掃除方法を選ぶことができます。

【便利な拭き掃除機能付き!】ロボット掃除機のおすすめ3選

ロボット掃除機のなかには、掃除機タイプのようにゴミを吸い取りながらも、床拭き機能を兼ね備えている両用タイプというものが存在します。そのなかでも特におすすめできる商品をご紹介します。掃除機タイプと床拭きタイプのもので、どちらにするか迷ってしまうという方は、こういったロボット掃除機を検討してみてはいかがでしょうか。


SEEBEST ロボット掃除機 全自動スマート掃除機 ロボット型クリーナー 床拭き自動拭き掃除機 落下防止と衝突防止 静音強力吸引 D750
【便利な拭き掃除機能付き!】ロボット掃除機のおすすめ3選

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

 

吸引、床拭きのどちらもこなせるタイプでありながらも、高い機能が備わっている機種がこのSEEBEST D750です。両用タイプとなるので、じゅうたん、タイル、マットなど、さまざまな場所で使用することができます。落下防止センサー、衝突防止機能といった機能が搭載されているため、本体や家具などを傷つけるリスクがかなり減ります。

また、もう一つ便利な機能として、「自動充電機能」も搭載されています。掃除が完了したときや、バッテリーの減少を感知したとき、自ら充電台へと戻っていくのです。この機能があることで、掃除途中で止まることや、充電をし忘れるといったことをなくせます。頻繁に充電することがわずらわしく感じる方には、向いている商品といえます。


ロボット掃除機 DEEBOT M88 スマホ アプリ対応 水拭き機能搭載 小型 コンパクト
【便利な拭き掃除機能付き!】ロボット掃除機のおすすめ3選

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

必要に応じて取り外しが可能なモップシステムを搭載しています。掃除機とモップ掛け機能を活用することで、ホコリや髪の毛や汚れといったものでも、柔軟に対応します。また、メインのブラシにはV字型のものが使われており、カーペットのホコリや汚れも強力にかき出すことが可能です。

この商品には、清掃モードという機能がついています。清掃モードには、1部屋を徹底的にきれいにするシングルルームモードや壁際に特に力を入れる壁際清掃モードなどがあり、一部分を重点的に掃除することもできるのです。お部屋の気になる部分にあわせてモードを選ぶことができるという点は、DEEBOT M88の大きな利点となるのではないでしょうか。


【Amazon Echo/Google Home対応製品】minibot スマートロボット掃除機 X5 WiFi接続 スマホアプリ制御 自動充電 吸引 水拭き 4つの清掃モード リモコン 充電台付属 Alexa対応 ミニボット 【日本正規代理店品】
【便利な拭き掃除機能付き!】ロボット掃除機のおすすめ3選

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

 

minibot スマートロボット掃除機 X5は、リモコン操作にも対応している、使い勝手のよい商品となっています。自動で清掃するロボット掃除機は、部屋の状況によってはどうしてもうまく掃除できない場所が出てきます。そこでこの掃除機をリモコンで操作することにより、掃除できていない場所もきれいにすることができるのです。

水拭き掃除をする場合は、給水タンクとモップを取り付けることによってできます。しかし、掃除機タイプとしてゴミを吸引しながら水拭きをするということはできないので、その点は注意が必要です。

【狭い隙間も掃除が可能!】ロボット掃除機のおすすめ2選

お部屋の中に家具が多く、ロボット掃除機では充分な掃除ができるか不安な方もいることでしょう。そういった場合は、隙間の掃除に適しているロボット掃除機がおすすめです。狭いところは自分で掃除するのも苦労するので、おすすめの機種をぜひご検討ください。


ECOVACS 超薄型 床用お掃除ロボット 自動充電式 タイマー付 DEEBOT D35 【日本正規品】
【狭い隙間も掃除が可能!】ロボット掃除機のおすすめ2選

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

この商品の特徴として、一般的なロボット掃除機と比べると、厚さが5.7cmとかなり薄いところが挙げられます。一般的なロボット掃除機の厚さでは入れないような隙間に、このDEEBOT D35なら入り込むことができます。普段の掃除で面倒な、ベッドの下やソファの下にも入っていき、自動できれいにしてくれるのです。

DEEBOT D35は、ただ薄いだけではなく、タイマー機能や自動充電機能も搭載しています。また、これまでの機種から改良を重ねたダブルサイドブラシによって、より効率よく掃除することができるのです。ロボット掃除機としての役割を果たしつつ、これまでのロボット掃除機では入ることのできなかった場所にも入り込める機種となっています。


エスキュービズム 超薄型床用ロボット掃除機 SCC-R05GM ガンメタリック/ブルーメタリック
【狭い隙間も掃除が可能!】ロボット掃除機のおすすめ2選

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

前述である「DEEBOT D35」よりも更に薄く設計されているのが、この商品です。本体の厚みは3.2cmとなっており、ロボット掃除機のなかでもかなり薄い部類に入ります。部屋の隅にたまったホコリがよく取れるように四角い形状になっており、例え家具の下であろうと部屋の隅をきれいに掃除してくれる商品です。

また、この商品には「家具下重点モード」というものがあります。運転中に家具の下に入るとセンサーが反応し、じっくり15分間掃除をおこなうというモードです。こういった本体の薄さを活かした機能を持つため、家具の下が気になる方には特におすすめできる商品です。しかし、掃除できる床面はフローリング限定となってしまうため、掃除予定の床の確認は忘れないようにしましょう。

【デザインがおしゃれ!】ロボット掃除機のおすすめ3選

ロボット掃除機を選ぶ基準が、「見た目がいいもの!」という方にもおすすめできる商品もあります。これからご紹介するロボット掃除機は、見た目もおしゃれですが、機能性も優れているものばかりです。見た目の好みでロボット掃除機を決めようと思う方は、ぜひ参考にしてみてください。


パナソニック ロボット掃除機 RULO(ルーロ) クリアホワイト MC-RS800-W
【デザインがおしゃれ!】ロボット掃除機のおすすめ3選

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

高性能な上に形状がおしゃれなロボット掃除機が、RULO MC-RS800です。この商品は、本体がまるでおにぎりのような形をしている、三角形のロボット掃除機です。この一風変わった形状にはきちんと意味があり、よりきれいに掃除することを目的としています。形状が三角形のため部屋の隅までブラシが入り込み、さらに本体を左右に振りながら動くことによって確実にゴミをかき出すのです。

また、前述したように、RULO MC-RS800は形状に特徴があるだけでなく、性能もかなり高い商品となっています。「レーザーセンサー」「超音波センサー」「赤外線センサー」の3種類の障害物検知センサーを搭載しており、家具のキワまでしっかりきれいにしてくれるのです。さらに、人工知能をも搭載しているという点もこの商品の特徴といえます。

本体にあるカメラセンサーで部屋の特徴をとらえ自己位置を把握し、壁際などのゴミの多い場所を先に掃除していきます。壁際などの掃除が終わると、次は部屋の全体を塗りつぶしていくようなルートで掃除していき、掃除してきたルートを記憶することによって部屋の間取りを学習するのです。こういったルートで掃除を進めていき効率をあげることが、清掃時間の短縮にもつながっています。

ほかにも、クリーンセンサーやアプリとの連動機能を搭載しているので、性能面で見てもかなり優れているといえるでしょう。


ツカモトエイム ecomo 2in1モップロボットクリーナー (ホワイト) AIM-MRC01-WT
【デザインがおしゃれ!】ロボット掃除機のおすすめ3選

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

掃除機タイプとしても床拭きタイプとしても使用できる、両用タイプの商品です。変わった形状をしており、カラーバリエーションも、ホワイト、グリーン、オレンジの3色があります。ほかのロボット掃除機とは一味違ったものが好みの方におすすめできる商品となります。

頑固な汚れを拭き取る回転式モップに加え、ゴミの吸引も同時におこなえる仕組みになっているので、しっかりと部屋をきれいにしてくれます。しかし、バンパー走行と呼ばれる方法で掃除を進めていくため、少し注意が必要です。バンパー走行とは、家具や壁といった障害物にぶつかるまでまっすぐ進み、ぶつかった時点で方向転換して掃除を進めていくというものです。

両用タイプであり見た目もおしゃれなこの商品ですが、使用の際には部屋の中に壊れやすいものなどはないかを確認することが必要となるでしょう。


NEATIDY 掃除機 強力吸引 落下と衝突防止スマートロボット6.3cm超薄軽量掃除機 全自動 (掃除機E630)
【デザインがおしゃれ!】ロボット掃除機のおすすめ3選

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

 

多くのロボット掃除機が丸型のものに対し、SEEBEST- E630はU字型の形状をしています。本体には黒色と赤色が使われており、落ち着いたデザインのロボット掃除機をお探しの方にはおすすめできる商品です。また、U字型という独特の形状により部屋の隅まで掃除することができるので、壁際にゴミを残したくないという方にもおすすめできます。

また、この商品は、U字型の本体前方の左右にブラシが付いており、本体の届かない場所のゴミをかき出してくれるのです。サイズもコンパクトなため、狭い場所へも入り込んで掃除をしてくれます。厚みも6.3cmと薄型のため、掃除できる範囲も広がります。

搭載されている機能についても、自動充電機能、落下防止機能、衝突防止機能の3つがあるので、安心できて便利な商品です。

ロボット掃除機のメンテナンス

衝突防止機能や落下防止機能でロボット掃除機への衝撃を抑えるということは、ロボット掃除機本体の寿命を延ばすことにもつながります。しかし、メンテナンスをせずに使用していくと本来の性能を発揮しきれないほか、ロボット掃除機の寿命を縮めてしまうことになるかもしれません。

購入したロボット掃除機を長く使っていくためには、ある程度のメンテナンスは必要不可欠といえます。ロボット掃除機のメンテナンスにはどんなものがあるのか参考にしてみてください。

ダストボックス

ダストボックスとは、吸い込んだゴミをためておく部分のことをいいます。使用しているうちに吸い込んだゴミがダストボックスへとたまっていくのですが、たまったらすぐ捨てることを忘れずおこないましょう。ダストボックスにゴミがたまった状態で掃除を続けると、吸引力の低下につながります。そのため、充分に掃除が進まないといったことになります。

商品によってダストボックス内のゴミを捨てる頻度は異なりますが、ゴミ捨てのタイミングは取扱説明書に記載されています。ダストボックスの水洗いが可能であれば、冷水やぬるま湯できれいに掃除しましょう。なお、水洗いした場合は、ダストボックスを完全に乾燥させてから取り付けるようにしてください。濡れたまま装着することは故障につながるので、絶対に避けましょう。

フィルター

フィルターのメンテナンスを怠った場合も、故障の原因となったり、本来の吸引力を発揮できなかったりすることになります。フィルターのメンテナンスをするタイミングですが、1ヶ月に1度が目安とされています。しかし、使用頻度などによって異なるので、使用していて違和感があるときはすぐにメンテナンスをするようにしましょう。

メンテナンス方法は、付属品の専用ブラシではたいたりしてゴミを落とします。フィルターも水洗いが可能な場合があるので、一度確認してみることをおすすめします。なお、フィルターの場合も必ず乾いてから装着するようにしてください。

ブラシ

ゴミをかき出す役割を持つブラシは、ホコリや髪の毛などが絡まっていることが頻繁にあります。ブラシのメンテナンスをせずに使用していると、ゴミの取り残しが多く見られるようになります。ゴミなどの取り残しが見られる場合は、すぐにブラシのメンテナンスをおこないましょう。

ブラシのメンテナンスの際には、本体からブラシを取り外す必要があります。しかし、無理に外そうとすると破損の原因となるので、取扱説明書に従いながら取り外しをおこなってください。ブラシに付着しているゴミを除去する際には、ピンセットを用いることでスムーズにおこなうことができます。メンテナンスをおこなうときは、ブラシ本体に傷をつけないように、注意しながらおこないましょう。

本体、充電器

自動運転で家具の隙間などに入っていくロボット掃除機は、本体も徐々に汚れていきます。汚れが目に見える程度になったら、メンテナンスすることをおすすめします。本体のメンテナンスをする際には、乾拭きしたりよく絞った布で拭いたりしましょう。水分が多く付着すると故障につながるので、布の水気を充分にきってからおこなうようにしてください。

ここまで、一般的なメンテナンス方法をご紹介しました。詳しい方法については取扱説明書に記載されているので、そちらに従うようにしてください。また、水洗いをする際には、部品の劣化や破損の原因となるので、洗剤や漂白剤、洗濯機は使用しないようにしましょう。乾燥させる際も、陰干しすることをおすすめします。

ロボット掃除機は自動で掃除してくれる便利な製品ですが、上記のようなメンテナンスが必要となります。なかにはメンテナンスの手間を省くよう設計されている機種もありますが、そういった機種にも必要最低限のメンテナンスは必要となるでしょう。

まとめ

ロボット掃除機は現在、さまざまな機種が登場しており、いざ購入しようとしてもどれを選べばよいか決められず頭を悩ませてしまいます。そういったときには、機能性を重視するのか、デザイン性で決めるのかをまず選びましょう。機能性で選ぶ場合は、そのなかでもゆずれない機能を明確にしておくことで、数あるロボット掃除機のなかから、だんだんと候補が絞られていきます。

おすすめできるロボット掃除機を、吸引力、拭き機能付き、隙間に強い、デザイン性というジャンルごとに分けてご紹介しました。ご紹介した商品のなかに、もし気になるロボット掃除機があれば、ぜひご検討ください。

また、ロボット掃除機を長く使っていくためには、定期的なメンテナンスが必要となります。一般的なメンテナンスには、ダストボックスの掃除や、フィルターの掃除などが含まれます。しかし、メンテナンスの頻度や方法はロボット掃除機によって異なるので、取扱説明書に従いながらおこないましょう。

コンセント工事を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「コンセント工事」をご覧ください。

便利な位置にコンセント!
最適な位置への設置をご提案
※対応エリアや加盟店によって変わります
コンセント工事には専門の知識が必要です。安全のためにも電気工事の経験が豊富なプロにお任せください。ご相談・ご依頼に対し、迅速・丁寧に対応。最適な位置への設置をご提案いたします。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
移動・増設・交換など、コンセント工事はお任せください。
コンセント 8,000円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

この記事を書いた人
編集者:たくぞう
家電の新製品と旧式の違いを発見することが特技。特技が高じて人に伝えたいという思いにいたり、ライターの道を目指すきっかけとなった。家電や電気工事関連の記事を担当。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-12-03 16:19:52
https://www.seikatsu110.jp/electrical/et_outlet/125388/
各種電気工事
普段のわずらわしい掃除の手間を大幅に削減してくれるのが、ロボット掃除機です。自ら掃除をしなくても自動で掃除してくれるため、知らず知らずのうちにお部屋がきれいになっていく、とても魅力的なアイテムとなります。動力源は電気のため充電が必要となりますが、ロボット掃除機のなかには充電までをも自動でおこなうものもあるようです。そんな利便性の高さから「ロボット掃除機を購入しよう!」と考える方も多くいることでしょ...
シェアリングテクノロジー株式会社

コンセント工事・取替・増設のお問い合わせ・ご相談はこちら

コンセント工事・取替・増設についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!