生活110番辞典 各種電気工事

このエントリーをはてなブックマークに追加

モバイルバッテリー選びのポイントは?あなたにぴったりの製品を紹介

2018-11-12

モバイルバッテリー選びのポイントは?あなたにぴったりの製品を紹介

この記事を読むのに必要な時間は約 25 分です。

担当スタッフがあなたに合った業者を紹介
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラPCLINEでの無料相談はこちらPC
担当スタッフがあなたに合った業者を紹介
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

今や日常生活に欠かせなくなったスマートフォン。普及当初は娯楽やコミュニケーションのためのデバイスというような見方が強かったスマートフォンですが、現在では仕事や勉強もこれがないと成り立たないという場面がますます増えてきています。

最近は赤ちゃんをあやしたり、小学生が課題をしたりするのにもスマートフォンやタブレットが使われる場面を見ることも多くなりましたね。幼いころからデジタルデバイスを使うことについての賛否はあるものの、今後もますます社会のデジタル化がすすむと考えられているようです。

そんなスマートフォン社会において絶対に避けたいのが「充電切れ」ではないでしょうか。
スマホのバッテリーは消耗品です。使用回数を重ねるとともに老朽化し、徐々に短くなっていきます。

買いたてのスマートフォンは朝家を出て夕方家に帰るまで十分充電が持つことが多いですよね。しかし、長く使っているスマートフォンになると、いつの間にか充電が減っていき、最悪の場合電池切れで使えなくなってしまうということが起こります。

思いがけない外出先でのスマホの充電切れは焦ってしまいますよね。
近年はコンセントを各席に常備してあるカフェも増えてきましたが、海外に比べるとまだまだその数は少ないのが現状です。そもそも、コンセントがあるカフェを探そうにも、スマートフォンの充電が切れていたら検索することもできません。

また、ようやくコンセントにつないでもなかなか充電できず、早く使いたいのに使えないという状況を経験したことがある方もいるでしょう。

そこでおすすめしたいのが、「モバイルバッテリー」です。コンセントがなくても、いつでもどこでもスマートフォンを充電できるので、急な電池消耗にもすぐに対応できます。また、モバイルバッテリーを買ってみたことがあるけど、コンセントの数が足りなくて充電できなかったという方にもぜひおすすめしたいタイプのモバイルバッテリーもあるのです。

最近はその利便性から、持っている人が増えてきたモバイルバッテリーですが、一体どのように選べばよいのか、お困りではありませんか?この記事では、モバイルバッテリーの選び方のポイントや、用途・目的にあわせておすすめのモバイルバッテリーをご紹介しますので、ぜひ参考にしてください!

モバイルバッテリーはどれも一緒?選び方とは

ひとくちにモバイルバッテリーといっても、実はさまざまなポイントがあります。まずは自分がどんな時に「モバイルバッテリーがあったらな~……」と思うのかを考えてみましょう。たとえば、今までにこんなことはありませんでしたか?

「学校からの帰りの電車で、暇つぶしにスマートフォンを使おうとしたけど、もう電池がなかった」

「きれいな夕焼けを撮ろうとしたら、『バッテリー残量が少ないためカメラを起動できません』と出てきてがっかりした」

「朝起きてスマートフォンを見たら、昨夜充電したつもりだったのにまったく充電できていなかった」

「旅行先で道に迷ったのに電池がなくて道を調べられなかった」

「友だちと遊んでいるとき、写真を撮ったら加工してすぐSNSにアップ、を繰り返していて、気がついたら電池が30%しかなかった」

「キャンプに行ったらコンセントがなくて、メンバー全員のスマートフォンの電池がなくなってしまった」

「会社が終わるころにはiPhoneもiPodもいつも充電切れ」

こんなスマートフォンのバッテリー切れに関する困った出来事は、誰でも一度は経験しているのではないでしょうか。スマートフォンのバッテリーは以前の携帯電話に比べて数倍も早く消耗するといわれています。さらに、同じスマートフォンをずっと使用していると、内臓バッテリーが劣化して充電の減りがどんどん早くなってしまうのです。スマートフォンを使っていてふと「あれっ、もう電池ない!?」と驚いたこと、きっとありますよね。

このような悩みは、持ち運びできる充電器であるモバイルバッテリーが解消してくれます。といっても、モバイルバッテリーにはさまざまな種類がありますので、まずは自分にはどんな機能が必要なのかを考える必要があるでしょう。さっそく、自分が普段スマートフォンやその他のデジタルデバイスをどのように使っているかを考えてみてください。

たとえば、毎日常に充電切れを気にしているというのであれば、大きさや重さが控えめで、毎日気軽に持ち歩ける製品がいいでしょう。くわえて大容量であれば充電切れへの不安もしっかり解消されます。

また、スマートフォンや音楽プレーヤーなどデジタルデバイスを使いこなす人には、複数の端末を同時に充電できる複数ポートがあるものがおすすめです。容量が大きいものであればノートパソコンの充電もできるので、ビジネスマンなら一台持っておくと安心ですね。さらに、充電速度もモバイルバッテリー選びの重要な指標です。充電速度の速いモバイルバッテリーならば、「今すぐスマートフォンを使いたいのに全然充電できない」という状況を解決し、あっという間にフル充電することができます。スピードが命の情報社会においては大切なポイントですよね。

モバイルバッテリーには機種ごとによって機能や特徴に違いがあるため、このように自分のライフスタイルにあわせて選ぶことで、より快適にスマートフォンを使用できるようになるでしょう。

では、自分に必要な機能をよりはっきりさせるために、モバイルバッテリーの選ぶポイントとなる機能や形態について、より詳しく見ていきましょう。

【モバイルバッテリー本体への電気チャージ方法】

モバイルバッテリーからスマートフォンを充電するためには、まずはモバイルバッテリーにちゃんと充電されていなければなりません。スマートフォンだけでなく、モバイルバッテリーも電気をチャージする必要があるのです。

モバイルバッテリーは、コンセントやUSBポートなどから充電することで繰り返し使うことができる「充電タイプ」と、乾電池を入れることで使うことができる「乾電池タイプ」の2種類に大きく分けることができます。

乾電池はコンビニなどですぐ手に入るので、急な電池消耗にも即座に対応できるのが大きなメリットです。しかし、乾電池タイプは充電タイプに比べるとお金がかかるうえ出力も弱く、結果として充電速度が遅くなるというデメリットも存在します。あまりにも充電速度が遅い場合、充電しながらスマートフォンを使っているのに、なぜかスマートフォンのバッテリーが減っていくという現象が起こってしまいます。

一方、充電タイプは一度買ったら何度も繰り返し充電して使うことができるので、乾電池タイプに比べるとはるかにコスパがよいといえるでしょう。普段は充電タイプのモバイルバッテリーを持ち運び、モバイルバッテリーの充電もないというような緊急時には乾電池タイプというような使い方がおすすめです。この記事でご紹介しているのはこちらの充電タイプです。

【コンセント一体型】

モバイルバッテリーでスマートフォンを充電するためには、モバイルバッテリー自身もチャージしなければなりません。そのため、モバイルバッテリー用とスマートフォン用で少なくとも2本の充電コードが必要になってしまいます。持ち運びにも不便ですし、コード同士が絡まるおそれもあるため少しわずらわしく感じてしまいますよね。

そこでおすすめなのは、「コンセント一体型」というタイプのモバイルバッテリーです。このタイプのものはモバイルバッテリーそのものにコンセントがついていますので、コードを持ち運ぶ必要がありません。製品の数は少ないものの、とても利便性の高い機能ですので、この機能からモバイルバッテリーを選んでみてもよいでしょう。

くわえて、スマホとバッテリーを別々に充電する必要がなく、スマートフォンとバッテリーの両方を一度に充電することができるのも大きなメリットです。

外出先でもコンセント1つでモバイルバッテリーとスマートフォンを両方充電することができるので、持ち運びにもとても便利なタイプのバッテリーです。

ただし、コンセント一体型はふつうのモバイルバッテリーよりも重さが増す傾向にありますので、次の項でご紹介するモバイルバッテリーの重さの目安を参考にして選んでみてください。

【持ち運びのしやすさと容量のバランス】

モバイルバッテリーを毎日持ち運ぶにあたって大切なのは、重さや大きさです。毎日快適にスマホを使うためのモバイルバッテリーなのに、持ち運びにストレスを感じてしまっては意味がなくなってしまいますよね。できるだけ小さくて軽いものを選びたいところです。

しかし、モバイルバッテリーの重さ・大きさは充電できる容量ともかかわりがあります。モバイルバッテリーにおける「容量」というのは電気の容量、つまり1回のチャージで何回スマートフォンを充電できるのかということを表わすのです。容量が大きくなるほどより大きな電池が必要になり、重さや大きさも増していく傾向にあります。

バッテリーの容量はmAh(ミリアンペアアワー)で表されており、この数値が多いほどたくさん充電することができるという意味です。mAhは大きくなればなるほど本体も大きく、逆に小さくなればなるほど本体も小さくなる傾向にあります。
モバイルバッテリーの中にはポケットに入るほど小さくて軽い商品もあり、確かに持ち運びには便利です。しかし、はたしてどれくらいスマートフォンを充電できるのか、自分の必要とする容量を満たしているのか、「mAh」をきちんと確認するのをおすすめします。

では、実際に充電に必要な数値はどれくらいなのかを見ていきましょう。フル充電を約1回するのに必要な電力はiPhoneで2,500 mAh程度、androidやgalaxyで3,000mAh程度です。これを見ると、案外少ない容量でも十分充電できそうに思えますよね。

しかし、モバイルバッテリーからスマートフォンに充電する際、熱として放出されてしまうエネルギーが3~4割程度あるのです。そのため、実際に使える電気の容量は表示よりも減ってしまう点に注意が必要です。

これを踏まえて計算すると、一般的なスマートフォン用モバイルバッテリーの容量は、ヘビーユーザーでも10,000mAh以上があれば安心でしょう。モバイルバッテリーのパッケージに「10,000mAh」と書いてあれば実際に充電に使われるのは6,000mAh程度となり、スマートフォンを大体約2回フル充電できるということになります。もちろん、普段の日常づかい用や、万一のときのために持っておきたいという方はこれ以下の容量でも大丈夫です。

なお混乱を防ぐため、今回ご紹介する商品に関しては、商品ページで紹介されている充電可能回数をそのまま引用して商品を紹介しています。発熱によって失われるエネルギーを考慮したうえでの回数なのか、モバイルバッテリーの容量を単純に換算した回数なのかについては購入前にご自身で確認していただけると幸いです。

また上でもご説明しましたが、一般的にモバイルバッテリーは容量が増えるほど大きく、重くなる傾向にあります。毎日持ち運ぶモバイルバッテリーの重さとして適切なのは200gだといわれているようですので、参考にしてみてください。300gまでいくと、やはり少し重く感じるようになるようです。

わずか100gの違いですが、200gはもやし約一袋分、300gはリンゴ約1個分だと考えてみると、意外と感じ方に差があるのではないでしょうか。モバイルバッテリーは毎日携帯するものですので、無理なく使えるものを選ぶのが大切です。

同じ容量のモバイルバッテリーでも重さに幅があることが多いので、選ぶ際はまずは容量で絞り込んで、そのあとで重量を比較するのがよいでしょう。

もちろん、場合によっては大きくて重い、容量の大きいモバイルバッテリーのほうが活躍する場面があります。たとえばキャンプをする場合や災害時など、コンセントがない環境や電力の少ない場面において複数人で使用したい場合です。このようなシチュエーションを快適に過ごすには、重くても容量重視でモバイルバッテリーを選んだほうが便利でしょう。モバイルバッテリーを購入する際は、普段使い用とアウトドア用などで分けて購入するなど、用途に合わせて最適なものを選ぶのがおすすめです。

【充電速度】

モバイルバッテリーを選ぶ際、パッケージに「急速充電対応」や「超急速チャージ」などの表示がついている商品を見かけたことがありませんか?

これらの表示がついているモバイルバッテリーは電気の出力が高く、機種によってはふつうのモバイルバッテリーよりも早い速度で充電することができるのです。

そのため、急いでスマートフォンを充電したいという人や、気がついたら電池切れになることがよくあるという人にとっては特におすすめの機能だといえるでしょう。電池の減るスピードが早い人は、充電速度が早いものを選ぶと安心ですね。

また、スマートフォンへの充電だけでなく、モバイルバッテリーへの充電も急速充電することができるものもあります。特に容量が大きいモバイルバッテリーの場合は、本体をフル充電するのに時間がかかりがちなので便利です。

ただし、これらのモバイルバッテリーはスマートフォンや充電ケーブル側も急速充電に対応している必要があります。1台のモバイルバッテリーから複数の機器を充電する場合には速度が落ちる商品もあるので、購入前に確認が必要です。(同時に複数機器を充電できるタイプについては次の項でご紹介します)。

急速充電をしたい場合には、自分のスマートフォンやケーブルが急速充電に対応しているか調べておきましょう。そのモバイルバッテリー専用のケーブルが販売されている場合もありますので、モバイルバッテリーへの急速充電も希望する場合にはあわせて購入するとより便利になりますよ。

【複数ポート】

1台のモバイルバッテリーから複数の電子機器を充電したい、誰かとモバイルバッテリーをシェアしたいという人におすすめなのが、複数ポートがついているタイプのものです。

いろんなデジタルデバイスを使いこなしている人や、友だちや家族とも外出先で一緒に充電できたら便利だと考えている人はより快適にスマホライフを送ることができるのではないでしょうか?

複数ポートがついているモバイルバッテリーを選択するうえで大切なのは、複数台充電する際、それぞれの端末への出力はどうなるのかということについてです。複数ポートがついているモバイルバッテリーには2つのパターンがあります。

それぞれのポートごとに出力が割り振られている場合と、ひとつのモバイルバッテリー全体で出力が決まっている場合のどちらかです。

後者の、「ひとつのモバイルバッテリー全体で出力が決まっている」ものを選ぶと、充電する端末がひとつの場合はすばやく充電することができますが、複数の端末を接続してしまうと合計出力を端末台数で割った出力での充電になります。すると1台当たりの出力が減少するため、充電速度は遅くなってしまいます。

複数台を同時に急速充電したいと考えている方は、前者の「それぞれのポートごとに出力が割り振られている」もので、なおかつそれぞれ2.0A以上の出力を選ぶのがよいでしょう。

モバイルバッテリーはどれも一緒?選び方とは

【軽いのを重視するなら!】モバイルバッテリーのおすすめ5つ

それでは早速商品をご紹介していきましょう。スマートフォンと一緒に常に持ち運ぶことになるモバイルバッテリーとして欠かせない条件は、やはり重量ではないでしょうか。軽さ重視のあなたに、200g以下でかつさまざまな魅力をもったモバイルバッテリーを5つご紹介します。

Anker PowerCore 10000mAhiPhone&Android対応
【軽いのを重視するなら!】モバイルバッテリーのおすすめ5つ

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

10000mAh以上のモバイルバッテリーの中では特に人気があるモバイルバッテリーです。

大きさは従来のモバイルバッテリーの約7割程度になり、クレジットカードとほぼ同じ大きさしかありません。重さは約180gで、卵約3個分といえばその軽さが伝わるでしょうか。持ち運びに便利な重さである200gを下回っており、とても使いやすい商品です。

最大2.4Aによる急速充電機能に加え、ほとんどのスマートフォンを2回以上充電できる大容量ですので、長時間充電できない外出の際であっても安心ですね。色はブラック・ホワイト・レッドと、合わせやすい3色で展開しています。

KYOKA 11200mAh LEDライト付き 持ち運び急速充電器iPhone/iPad/Android各種他対応
【軽いのを重視するなら!】モバイルバッテリーのおすすめ5つ

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

こちらは11200mAhと大容量であるにもかかわらず、重さは170g、厚さは12mmと非常にコンパクトな製品です。出力電圧は2.1Aで、充電時間が従来よりも約25%短縮されているようです。

また、約70時間持続可能なLEDライトが搭載されており、災害時などでも安心して使える仕様となっています。カラーバリエーションはゴールド・シルバー・ブラック・ブルー・ローズゴールドの5色あり、ファッション性もばっちりです。

RAVPower 6700mAh モバイルバッテリーiPhone/Andorid 等対応
【軽いのを重視するなら!】モバイルバッテリーのおすすめ5つ

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

10,000mAh以下でも満足できるという方には、こちらの6700mAhの商品がおすすめです。丸っこくて手になじみやすい、シンプルなデザインが特徴的ですね。

大きさは9㎝×4㎝ととても小さく、重さも124g(みかん1個分)しかありません。小さいボディながらも最大2.4Aの出力による急速充電や、スマートフォンを約1.5~2回程度フル充電できる容量など、実用性の面でも満足して使える製品です。

フルーバ furu-ba 4000mAh iPhone&Android
【軽いのを重視するなら!】モバイルバッテリーのおすすめ5つ

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

2018/5/16放送の「マツコの知らない世界」でも紹介された、フルーツのような見た目がかわいらしいモバイルバッテリーです。手にフィットしやすい丸みを計算して作られており、デザインにこだわりを感じます。

もちろん見た目だけでなく、容量も4000mAhとスマートフォンを約1.5回充電できる程度、さらに最大50%ほど充電時間を短縮できる出力も確保しています。重さも112gと超軽量なので、毎日楽しく持ち歩けますね。

フルーツ調の見た目が人気ですが、ハロウィン風のものやペット柄のものなども展開されており、集めたくなってしまう可愛さです。

口紅型 コスメモバイルバッテリー リップスティックタイプ2600mAh
【軽いのを重視するなら!】モバイルバッテリーのおすすめ5つ

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

今回ご紹介する中では最も軽いバッテリーで、重さは約63gしかなく、大きさも本当の口紅と同じくらいしかありません。

キャップをしめてコスメポーチに入れておけば、本当のリップスティックと見間違えてしまう特徴的なデザインがおしゃれです。しかもライトの色でバッテリーの電池残量を把握できる優れモノです。容量は2600mAhと低めですので、日常の中で軽く充電したいという方や、万が一のために持っておきたいという方におすすめです。

【複数端末で使用するなら!】モバイルバッテリーのおすすめ5つ

さまざまな端末を使いこなす方におすすめなのは、複数ポートをもったモバイルバッテリーです。自分一人だけでなく、周りの人と一緒に使うこともできるので、コミュニケーションを円滑にする手段としても一役買ってくれます。容量の大きいものであればノートパソコンも充電できるので、仕事もはかどりそうですね。

ここではさまざまなシチュエーションで役に立つ、複数ポートをもったモバイルバッテリーをご紹介します。

モバイルバッテリー 10000mAh 2USBポート iphone/ipad/Android対応
【複数端末で使用するなら!】モバイルバッテリーのおすすめ5つ

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

2USBポートのついた大容量バッテリーでありながら、約169gと軽量かつiphoneと同じくらいの大きさのバッテリーです。

USBポートごとにそれぞれ出力が決められているタイプのもので、それぞれ2.4Aと1Aとなっています。複数の端末を充電しても2.4Aのほうでは急速充電をおこなうことができ、とても便利です。

さらにこの製品にはiPhone用のlightningケーブルとandroid用のmicro USBケーブルが内蔵されており、ケーブルを持ち歩く必要がありません。iPhoneとandroidどちらも持っているという方は荷物が減るため、特におすすめだといえるでしょう。

hoco. 10000mAh モバイルバッテリー 2台同時充電可能LEDライト付き
【複数端末で使用するなら!】モバイルバッテリーのおすすめ5つ

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

電池残量が一目でわかるスタイリッシュなディスプレイがついたモバイルバッテリーです。重さも240gと、複数台充電可能なタイプの中では軽くて無理なく持ち運べるサイズなのがいいですね。

複数の端末を充電する際には2.1Aの出力を分配するタイプのものなので、1台のみの充電であれば急速充電をすることができます。

また、LEDライトがついているので懐中電灯代わりにもなります。複数台充電でき、懐中電灯もついているのでアウトドアや災害時にも活躍するでしょう。

モバイルバッテリー 24000mAh三台同時充電 iPhone/iPad/Android各種対応
【複数端末で使用するなら!】モバイルバッテリーのおすすめ5つ

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

24000mAhの超大容量かつ3台同時に充電できるモバイルバッテリーです。こちらのバッテリーも電池残量が表示されるディスプレイがついており、複数台充電していてもバッテリーのチャージ切れを心配することなく使えます。

気になる出力ですが、USBポートごとにそれぞれ2.1A、2.1A、1Aと分配されているので、2台であれば同時に急速充電することができそうです。

重さは420g(キャベツ半個程度、500㎖ペットボトル1本より少し軽いくらい)と毎日持ち運びをするのにはちょっと重めですが、iPhoneを6~8回充電できる超大容量ですので、ひとつ持っておくと便利なのではないでしょうか。

エレコム モバイルバッテリー 11200mAh 4.4A出力 USBポート×2 DE-M01L11244BKA
【複数端末で使用するなら!】モバイルバッテリーのおすすめ5つ

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

2.4Aと2Aの2つの出力ポートがついた、複数端末でも急速充電が可能な製品です。くわえてバッテリー容量が11200mAhもあり超大容量ですので、常に複数の端末を稼働させるという方も安心して充電することができます。

複数端末の急速充電ができて大容量にもかかわらず、一般的な名刺入れの約85%程度の大きさ、リンゴ1個とほぼ同じ260g程度の重さと案外持ち運びにも便利な製品です。

BERNET モバイルバッテリー 24000mah 3USB出力ポート
【複数端末で使用するなら!】モバイルバッテリーのおすすめ5つ

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

ソーラーチャージができるモバイルバッテリーもあります。ご紹介するこちらの製品は出力ポートが3つあり、それぞれ2.1A、2.4A、2.4Aと割り振られているので3台同時に急速充電をすることができます。

3台同時に充電するとなるとモバイルバッテリーの電気がすぐになくなってしまうのではと心配する方もいらっしゃるかもしれません。しかしこちらは24000mAhという超大容量に加え、太陽光で1時間あたり200mAhの本体チャージができるため、バッテリー切れ知らずの製品だといっても過言ではないでしょう。災害時にも安心ですね。

ちなみにこちらの製品にはUSB扇風機が付属しています。暑い屋外でスマホを充電しながら使うという場面で役立ちそうです。

【コンセント付きも便利】モバイルバッテリーのおすすめ5つ

モバイルバッテリーを使用したことがある人なら、スマートフォンとモバイルバッテリー両方を充電しなくてはならないことにわずらわしさを感じた経験があるのではないでしょうか。旅行のために購入したモバイルバッテリーが、宿泊先のコンセントが足りずに結局使えなかったという声もあるようです。そんなちょっとした、しかし見過ごせないモバイルバッテリーのストレスを解消してくれる、コンセント付きのモバイルバッテリーをご紹介します。

ROMOSS モバイルバッテリー 10000mAh ACプラグ内蔵 2ポート iPhone iPad Android対応
【コンセント付きも便利】モバイルバッテリーのおすすめ5つ

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

コンセント一体型で、モバイルバッテリーとスマートフォンを同時に充電できるモバイルバッテリーです。最初にスマートフォンを充電し、スマートフォンが満充電に近づくと自動でモバイルバッテリーの充電を開始します。だいたい一晩コンセントにつないでおけば、スマートフォンもモバイルバッテリーも両方フル充電できるというのは大きな魅力ですね。

旅行に行きたくなるようなスーツケース風のおしゃれなデザインですが、見た目のイメージ通り、100V~240Vの世界電圧対応でどの国へ行っても変圧器不要で使うことができます。ちなみに、モバイルバッテリーの飛行機への持ち込みについてはこの記事の最後の方でご紹介していますので、ぜひそちらもあわせてご覧ください。

さらに、出力ポートが2つあって、それぞれ2.1A、1Aとなっているようです。急速充電をすることもできるのでとても便利ですね。

重さは253gとそこまで重くないので、毎日持ち運んでも安心です。

Anker PowerCore Fusion 5000mAh折畳式プラグ搭載iPhone、iPad、Android各種対応
【コンセント付きも便利】モバイルバッテリーのおすすめ5つ

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

こちらは5000mAhのモバイルバッテリーです。もちろんコンセント用プラグ付きで、折りたたむとクレジットカードとほぼ同じ大きさになります。さらに、重さも189gとかなり軽量です。

スマートフォンを1回以上フル充電できる容量があるうえ、USBポートも2つついていますので、日常の中で複数端末を手早く充電したいという方にもぴったりです。

エレコム モバイルバッテリー5800mAh USB 2ポート 2.4A DE-AC01-N5824WF
【コンセント付きも便利】モバイルバッテリーのおすすめ5つ

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

癒される顔のイラストが描かれた、かわいらしいモバイルバッテリーです。こんなかわいい顔のモバイルバッテリーなら、忙しい毎日の中でも見かけるたびにちょっと幸せになりますね。

2つのUSBポートの合計出力が2.4Aなので、1台のみの充電であればより早く充電することができます。また容量も5800mAhと、スマホのバッテリーが切れてしまってもフル充電ができる程度あり、見た目と実用性どちらもよいポイントをあわせもつ製品です。

サンワダイレクト モバイルバッテリー5200mAh 2ポート「追っかけ充電」700-BTL034
【コンセント付きも便利】モバイルバッテリーのおすすめ5つ

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

合計で2.4Aの2つの出力ポートが付いたコンセント内蔵のモバイルバッテリーです。重くなりがちなコンセント内蔵のモバイルバッテリーですが、こちらの製品はわずか重量170gと超軽量です。

複数ポートを持つコンセント内蔵のモバイルバッテリーのいいところは、コンセントの差込口がひとつでも複数端末を充電することができるという点にもあります。この製品はスマートフォンの充電が完了に近づくと自動で本体の充電を開始する「追っかけ充電」機能が搭載されていますので、コンセント1つで端末2台とモバイルバッテリー1台を充電することができてとても便利です。

ポーチにも入りやすいサイズかつスマートフォンを1.5回ほどフル充電できる容量ですので、日常使いにはぴったりではないでしょうか。

Luxtude 9000mAh折畳式プラグ/2ポートLightningケーブル内蔵携帯バッテリー
【コンセント付きも便利】モバイルバッテリーのおすすめ5つ

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

iPhoneやiPadなどのapple製品を使用している方におすすめなのがこちらの製品です。コンセントだけでなくLightningケーブルも内蔵されていますので、スマホとモバイルバッテリーをつなぐケーブルが必要ありません。

本体とスマホどちらを充電する場合でもこれひとつだけで大丈夫なので、「モバイルバッテリーはもってきたのにケーブルを忘れて充電できない」という事態が起こらないのです。中国、米国、タイ、カナダ、フィリピン、ブラジル、台湾では変換機不要で使用できるので、これらの地域への出張が多いという方には非常に便利でしょう。

また、出力ポートが内蔵のLightningケーブル以外にも2つもあるので、最大3台を同時に充電することが可能です。単一端末の場合は2.4A、複数台の場合には合計3Aの出力なので、急速充電も可能です。9000mAhと比較的容量が大きいので、余裕をもって使うことができます。

【急速充電可能!】モバイルバッテリーのおすすめ5つ

「今すぐスマホが必要なのに、もう充電がない!」というシチュエーションには、きっと誰もが焦ってしまいますよね。コンセントを探して充電を始めても、なかなか充電がたまらず早く使いたいのに使えないというのはもどかしいものです。

しかし、急速充電が可能なモバイルバッテリーであれば、その心配はいりません。スマホ本体やケーブルも急速充電に対応している必要がありますが、従来の数倍の速さで充電することができます。スマホだけでなくモバイルバッテリーへの急速充電が可能なものを選べばさらに充電切れ知らずのスマホライフが送れることでしょう。そんな急速充電対応の充電器をご紹介します。

Anker PowerCore II Slim 10000 iPhone & Android各種対応
【急速充電可能!】モバイルバッテリーのおすすめ5つ

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

この記事内でも何度かご紹介している、モバイルバッテリーメーカー「Anker」の製品です。メーカー独自の急速充電技術を搭載しており、Amazon内でも安定した評価を得ている安心の製品です。

また、スマートフォンともほぼ同じサイズで重量は約210g。外出先でもポケットに入れて気軽にサクッと充電できるのが魅力的ですね。

MOXNICE 10000mAh 超急速充電 各種対応
【急速充電可能!】モバイルバッテリーのおすすめ5つ

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

iPhoneX/8/8plus であれば30分以内に50%以上充電することができる製品です。このモバイルバッテリー本体も早くチャージすることができ、10000mAhにもかかわらず3時間で充電完了します(30W以上の別売PD対応ACアダプタが必要です)。
さらに、入力・出力互換可能なUSB-CとMicroUSB入力の2つのアダプタがついているため、幅広い端末への充電はもちろん、組み合わせることで2台同時の充電も可能です。

大容量かつ急速充電が可能な高性能にもかかわらず、薄くてコンパクトな形状をしています。重さも225gと、容量の割には比較的携帯しやすくて便利です。

また、本体を保護するための革袋が付属しています。カラーもブルー・ブラック・ピンクの3色展開ですので、革袋に入れて持ち歩くことで高級感のあるおしゃれさを演出することができるでしょう。

Anker PowerCore II10000
【急速充電可能!】モバイルバッテリーのおすすめ5つ

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

「2.【軽いのを重視するなら!】モバイルバッテリーのおすすめ5つ」の最初でもおすすめしたAnker PowerCore 10000ですが、最新版のこちらは入力出力ともに最大1.8倍に進化した製品です。GALAXY S8の場合ではわずか1.5時間で満充電になり、本体の充電も対応充電器を使えば4時間程度で終了するというのでその速さには驚かされます。

重量は先代の約180gに対して約195gと微増していますが、それでもかなり軽くて大容量のモバイルバッテリーです。

Omars USBC モバイルバッテリー10000mAh
【急速充電可能!】モバイルバッテリーのおすすめ5つ

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

電池残量が一目でわかるディスプレイに加え、触り心地のよい柔らかな素材でできたモダンなデザインが素敵な製品です。重量も221gと比較的軽量で、持ち運びの際にもほかのアイテムとかさばりにくいのもうれしいですね。

通常のiPhoneXチャージャーよりも1.5倍速く、わずか30分でiphonex/8を最大50%充電することができます。モバイルバッテリー本体自体の充電も、従来であれば5時間かかるところを3.5時間で充電完了するため、忙しい現代人の味方ともいえる製品です。

KYOKA 10000mAh (QC3.0急速充電 LCD残量表示 Micro & Type-C入力ポート)
【急速充電可能!】モバイルバッテリーのおすすめ5つ

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

わずか35分程で一般的なスマートフォンを約80%充電可能なモバイルバッテリーです。最大3Aでの充電が可能ですが、ちゃんと自動充電停止機能がついているのでこの高出力でも安心して使うことができます。

対応しているポートを利用することでモバイルバッテリー本体自体も急速充電することができるようです。

縦横はiPhone6とほぼ同じサイズなのに加え、厚さ13mmの側面にモバイルバッテリーの残量を示す液晶がついており、とてもスマートな印象のデザインです。

モバイルバッテリーを使用するときの注意点

スマホの充電切れの不安を解消し、毎日便利で快適な生活を送れるようにしてくれるモバイルバッテリーですが、使用する際には注意しなければならない点があります。

モバイルバッテリーを使用する際に最も注意したいのは「発火事故」です。2014年時点では、1年で100件近い事故が発生しており、これからモバイルバッテリーが普及するのにともなってますます件数が増えることが予想されます。

モバイルバッテリーに使用されているリチウムイオンバッテリーは、この記事でご紹介しているように、スマホを複数回フル充電できるほどの高いエネルギー保持能力がメリットです。しかし、その代わりに危険なデメリットも存在します。モバイルバッテリーを購入する前に、そのデメリットについて理解しておきましょう。

スマホを使っているときや充電しているときに本体が熱くなった経験はありませんか?リチウムイオンバッテリーは温度や湿度による影響を受けやすいうえ、発熱しやすく、衝撃に弱いというデメリットがあります。モバイルバッテリーを落としてしまったり、こたつの上に置きっぱなしにしていたりすると、思わぬ事故に繋がってしまう危険があるのです。

本体に「Li-ion」という記載があれば、リチウムイオンバッテリーを使用しているということです。モバイルバッテリーを使用する際は安全に注意して、本体の温度が異常に高いときや落としてしまったときなどは使用を控えるようにしましょう。

もちろん、想定されている使用法以外の使い方をすることも故障の原因になります。間違えて「出力側から充電」してしまったり、うっかり「水濡れ」してしまったりということがあるかもしれません。また、モバイルバッテリーを使用しながら充電するというのもやってしまいがちな危険行為です。スマートフォンとモバイルバッテリーを同時に充電したいのであれば、はじめからコンセント付きのモバイルバッテリーを購入するのが安全です。

モバイルバッテリーを持っている方は、今ご紹介したような危険な使用法をしないように十分注意してください。万が一使用中に煙が出たり液体がもれたりしたときは、すぐに使用をやめましょう。

また、日常生活だけでなく、飛行機に乗る際もモバイルバッテリーの取り扱いに注意が必要です。モバイルバッテリーによる事故が多く発生していることを受けて、2016年にICAO(国際民間航空機関)は、「電子機器に内蔵されていないリチウムイオンバッテリー」を預入手荷物として機内に持ち込むことを禁止しました。というのも、貨物室は客室より衝撃が大きいうえ、温度や湿度の条件が悪く、環境の変化を受けやすいリチウムイオンバッテリーにとっては危険な場所であるためです。

日本の航空会社ではそれ以前よりリチウムイオンバッテリー持ち込みの制限を設けていたので、すでにご存じの方も多いかもしれませんね。うっかり預入荷物の中にリチウムイオンバッテリーを入れてしまうと、もう一度取り出さなくてはならなくなってしまいますので注意しましょう。

リチウムイオンバッテリーを預入手荷物に入れるのには制限がありますが、一方で機内持ち込み手荷物に関する規制は比較的ゆるく、航空会社によって多少違いがあるようです。

国内線で機内に持ち込めるリチウムイオンバッテリーは160Wh(ワット)までで、2個まで持ち込み可能というのが大まかな目安と考えるといいでしょう。ワット数は「定格定量(Ah)×電圧(V)」によって求められます。ほとんどのモバイルバッテリーは規格内に収まるようですが、長期の旅行などで多くのを持っていこうと考えている場合や、アウトドア用に超大容量のモバイルバッテリーを持っていく場合は一度確認してみるのがよいでしょう。

国外の航空会社の場合、目安として制限がかかるのは100Wh以上です。国内は160Wh、海外は100Whとより厳しくなる点には注意が必要です。渡航先や航空会社によっても異なりますので、荷造り前に確認しましょう。

リチウムイオンバッテリーに関しては、国内外どちらも預入手荷物より機内持ち込み手荷物の場合のほうが規制がゆるいので、「モバイルバッテリーは機内持ち込み」と決めておくのがよさそうです。

まとめ

モバイルバッテリーを選ぶ際の基準や、それにあわせておすすめの商品や、使用上の注意点についてご紹介しました。あなたのスマートフォンライフにぴったりの商品は見つかったでしょうか?最後にもう一度、今回の記事の要点をまとめてみます。

まず、モバイルバッテリーを選ぶ際には、日々のスマホの使用頻度やライフスタイルにあわせて「容量」から絞り込みましょう。そして、毎日無理なく持ち運びができる「重さ」として200gを目安にし、さらに細かく商品をチェックしていきます。

この際、「急速充電機能」や「コンセント付」、「複数ポート」などの機能で自分にとって必要なものがあれば、重量と照らし合わせながら商品を見ていくのがおすすめです。

モバイルバッテリーを選ぶ際の容量についてですが、充電の際の発熱によって失われてしまうエネルギーもあるので、実際には容量の0.6~0.7倍が充電に使用できる量ということになります。フル充電約1回するのに必要な電力はiPhoneで2500 mAh程度、androidやgalaxyで3000mAh程度ですので、参考にしてみてください。混乱を防ぐため、今回の記事では商品ページに記載されている充電可能回数をそのまま記載してあります。

ちなみに、大容量であるのにあまりにも値段が安すぎる商品は、バッテリーの多くが熱によって放電されてしまう、あまり品質のよくないものであるおそれがあるようです。

また、モバイルバッテリーの多くに使用されているリチウムイオンバッテリーは、熱や湿度などの外的要因に弱く、熱を持ちやすいという特徴があるので注意してください。
実際に、モバイルバッテリーの発火や爆発による事故が起きています。高温になりすぎないように配慮し、落としてしまった際は使用を控えるなどして安全に注意することが大切です。

それ以外にもうっかり危険な使い方をしてしまうということがあります。モバイルバッテリーは電子機器ですので、水に濡らしたり出力側から充電してしまったりしないように十分気をつけましょう。

また、外的要因に弱く、発火や発煙のおそれがあるという理由から、飛行機への預入手荷物としての持ち込みは禁止・制限されています。機内へ持ち込む場合には国内なら160Wh、国外であれば100Whを目安に制限されているようですので、飛行機に乗る際は事前によく確認するのがオススメです。各航空会社のHPが一番確実な情報源です。

また、ワット数の表示が見つからない場合は、「定格定量(Ah)×電圧(V)」によって求められるので参考にしてみてくださいね。

あなたにぴったりなモバイルバッテリーは見つかりましたか?
安全に利用して、充電知らずの快適なスマートフォンライフを送ってくださいね!

担当スタッフがあなたに合った業者を紹介
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラPCLINEでの無料相談はこちらPC
担当スタッフがあなたに合った業者を紹介
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:4

おすすめコンテンツ

最新記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
暮らしのトラブルに備えよう!あると安心のパンフレット
2018-11-12 10:55:45
https://www.seikatsu110.jp/electrical/et_outlet/122541/
各種電気工事
シェアリングテクノロジー株式会社

おすすめ記事

コンセント工事・取替・増設のお問い合わせ・ご相談はこちら

コンセント工事・取替・増設についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
電話番号必須
都道府県必須
相談したい内容必須

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、200ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!

0120-949-986