生活110番ニュース 各種電気工事

このエントリーをはてなブックマークに追加

防犯や暮らしに役立つ!センサーライトのおすすめ商品の紹介と選び方

投稿日:2019-01-23 更新日:2019-08-05

生活・防犯や暮らしに役立つ!センサーライトのおすすめ商品の紹介と選び方

この記事は1904人に読まれています。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

家が「暗い」というだけで、プライベートの快適性と防犯性は一気に損なわれます。仕事帰りに家が暗いと電気のスイッチを探すのも一苦労ですし、万が一不審者・侵入者が家に現れた際には、トラブルにも気付きづらく危険ともいえるでしょう。

そこでおすすめしたいのが「センサーライト」です。センサーライトは自動で点灯してくれるので、暗さがもたらすあらゆる問題を解決してくれます。現在さまざまな種類のセンサーライトが販売されており、中には家の中に置けるようなお手軽サイズの商品もあるのです。

しかし、いざ購入するとなると商品数の多さから頭を悩ませてしまうかもしれません。そういった方のためにも、この記事では理想のセンサーライトを見つけだす方法をご紹介しています。センサーライトの種類や選ぶ際のポイント、具体的におすすめできる商品が知りたい方はぜひ読んでみてください。

センサーライトとは?

センサーライトとは?
センサーライトは、本体に「人感センサー」や「熱センサー」といった、なんらかのセンサーを搭載しているライトのことです。センサーが人間や動物などの動きを感知すると、自動的にライトがつきます。

一般的なライトのON/OFFを切り替えるためには、壁に取り付けてあるスイッチやリモコンのボタンを押さなければなりません。対するセンサーライトは、近づくだけで辺りを明るくしてくれ、離れれば勝手に消灯されるのです。

みなさんは、「電気を付けたいのになにも見えない」という状況に遭遇したことはないでしょうか。さらに、荷物が多くて手がふさがっていたりすると「電気をつける」という行為自体もわずらわしく感じてしまうものです。

そういった経験がある方には、センサーライトはとくにおすすめできます。買い物帰りで両手がふさがっているときや辺りが真っ暗でなにも見えないときでも、センサーライトならON/OFFの操作をする必要がありません。

センサーライトを取り付けることで、わずらわしい電源の操作をする必要がなくなるので、快適に暮らしていくことにつながるでしょう。また、センサーライトは「快適性」だけでなく、「防犯性」も高めてくれるアイテムです。

夜は家の周りの状況を把握しづらく、不審者が近寄っても気付けないかもしれません。とくに女性で一人暮らしをしている方などは、危険にいち早く気付くことが大切です。そんななかセンサーライトを玄関に設置しておけば、動きに感知して光で危険を知らせてくれます。周囲が照らされれば目立ってしまうため、犯行を阻止することにもつながるでしょう。

センサーライトは一言でいってしまえば、「自動でON/OFFが切り替わるライト」です。しかし、取り付けることで快適というだけでなく防犯としても活躍してくれる優れものといえます。

電源タイプによって取り付けられる場所が違う

電源タイプによって取り付けられる場所が違う
センサーライトにはいくつかの種類が存在します。また、種類の違いによって取り付け方や適した使用方法も異なるのです。

理想のセンサーライトを見つけだすためには、まずは種類を把握することやそれぞれの特徴を知ることが大切です。購入してから「思っていたものと違う……」といったことにならないためにも、ひとつひとつ確認していきましょう。これから、種類とメリット、デメリットをまとめてご紹介していきます。

乾電池を入れることで作動する「電池式」

メリット

乾電池を電源として使用しているため、使用場所を選ばない点が大きな魅力です。小型の商品も多く販売されており、家の中で使用することができるセンサーライトもあります。夜帰ってきたときに壁をつたってスイッチを探している方は、玄関などに設置してみてはいかがでしょうか。

デメリット

電池式の商品は、ランニングコストが高くなるというデメリットがあります。センサーライトの性質上、一般的なライトよりも電池の消耗は激しいです。そのため、定期的な電池交換が必要となります。乾電池を買い替えたくない方は、充電式の電池を使用するなどの工夫が必要になるでしょう。

コンセントにプラグを差し込むことで作動する「コンセント式」

メリット

コンセントから電源を取り入れるため、安定して使用できます。防犯目的の場合は、常に侵入者を警戒しておかなければなりません。その点、バッテリー切れの心配がないコンセント式のセンサーライトは、防犯性が高いといえるでしょう。明るさは商品によって異なりますが、コンセント式のセンサーライトには光が強力な商品も販売されています。

デメリット

使用するためにはコンセントが必要となるので、使用場所は限られてしまいます。とくに屋外で使用する場合はコンセントがないことが多いため、取り付け場所には悩んでしまうかもしれません。防犯目的でコンセント式のセンサーライトの購入を検討している方は、延長コードも併用してみてください。

太陽の光を動力源として作動する「太陽光式」

メリット

動力源として太陽の光を使用するため、屋外であれば基本的にどこでも取り付けることができます。また、ランニングコストにも優れているというのも大きなメリットです。日中の太陽光を蓄電しておくことができるので、夜でも問題なく使えます。ソーラーパネルに光を当てないといけないので、設置するときは日陰にならないように注意しましょう。

デメリット

天気が悪い日が続くと充電されず、作動しなくなってしまうことがあります。そのため、雨雲で太陽が隠れてしまう梅雨の時期や天気が安定しない冬などは注意が必要です。防犯対策としてセンサーライトを使用する予定の方は、天気も気にしながら使用していく必要があるでしょう。

太陽光式の充電時間は、約1日を目安として考えてください。ただし、これは「太陽光がパネルに垂直に当たっている」なおかつ「晴天」という好条件での数字です。パネルの設置場所や天候によって充電時間は大きく変わるので、注意しましょう。また、点灯時間については、運転モードや各製品によって異なります。

センサーライトは上記3つの種類があり、それぞれが特徴をもっています。センサーライトを購入する際は、まずはどの種類のセンサーライトにするかを決めてみてください。ご自身の生活環境や使用用途によって適したタイプは異なるので、使用するシーンを想像しながら決めていきましょう。

センサーライトを選ぶときにチェックするポイント

3つの種類の中からどのセンサーライトにするか決めたら、次は実際に商品を選んでいきましょう。センサーライトを選定するときのポイントをご紹介するので、下記を参考にしてみてください。

照度

センサーライトで最も重要といえるのが、明るさです。センサーライトにはさまざまな使用用途があります。「足元を少しだけ照らす」という目的で使う方や「防犯としてしっかりと照らしたい」という方もいることでしょう。そういったそれぞれの用途に適した照度の商品を選ぶことが、快適に使用していくことにつながります。

センサーライトに使用されている電球には、「LED」や「ハロゲン」などいくつかあります。センサーライトの明るさは電球によって異なるため、なにを使用しているかを確認しましょう。また、商品によってライトの色も異なるので、使用シーンにあった電球を選ぶとよいです。

範囲

センサーライトを選ぶ際には、照らすことができる範囲の広さも重要なポイントになります。とくに屋外での使用を考えている方は、できるだけ広範囲を照らせるライトを選ぶ必要があるでしょう。外は家の中と違って、光が反射するようなことがありません。そんななか範囲の狭いライトを選んでしまうと、周りの状況を確認することは難しくなります。

しかし、使用用途によっては一概に広範囲の商品の方がよいとはいえません。センサーライトの購入を考えている方のなかには「少しの範囲だけ照らせればいい」とお考えの方もいるはずです。そのため、ご自身の使用シーンと照らし合わせながら考えていくことが大切になります。

センサー

搭載されているセンサーは、どの程度の感度なのかも確認しておくようにしましょう。センサーライトには「人感センサー」や「熱センサー」などが搭載されています。このセンサーによって自動でON/OFFが切り替わるのですが、範囲や感度は商品によって異なるのです。より広い範囲に届くものがよさそうに思えますが、じつはそうともいいきれません。

センサーが広範囲に届く商品は、ライトから少し離れた場所でも反応するようになります。そのため、近くを通りかかっただけで点灯することもあるのです。家の前に道路や歩道などがある方は、通行人にまで反応してライトが作動するかもしれません。そうならないためにも、センサーライトを取り付ける場所に適したセンサーのものを選んでみてください。

消費電力

センサーライトを作動させるためには、必ず「電力」が必要です。太陽光式のものは基本的に問題ありませんが、それ以外のタイプはランニングコストが発生します。

電池式のセンサーライトは、電力の消費が激しいとすぐに電池交換をしなければなりません。交換の際は電池の費用だけでなく、取り替えの手間も発生してしまいます。コンセント式は基本的にはプラグをつけたままになるので、待機電力も含めた電気代は軽視できません。

「少しでも安く済ませたい……」とお考えの方は、商品の消費電力についても確認しておくようにしましょう。商品ごとに消費電力は異なり、中には省エネ設計のセンサーライトもあります。

設置方法

センサーライトの種類によって配線の有無が決まり、コードのない種類の方が比較的簡単に取り付けることができます。ここでさらに気にしておきたいのが、設置方法です。センサーライトはビスで固定するものやクランプ式のもの、テープで張り付けるものなど設置方法はさまざまです。

場所によっては相性が悪い場合もあるので「購入したけど設置できない……」というトラブルが起きることも考えられます。そうならないためにも、センサーライトを設置する場所はどこなのかを確認しておいてください。接地面に出っ張りがあるならクランプ式、賃貸で傷つけたくないならテープといったように、適した設置方法の商品を選びましょう。

メンテナンス方法

センサーライトは使用していくなかで定期的にメンテナンスをおこなう必要があります。電球やセンサーの汚れを放置しておくと、本来の力が発揮できなくなるのです。とくに屋外で使用する場合は砂やホコリで汚れるのが速いので、こまめに掃除しなければなりません。メンテナンスのことを考えると、シンプルな形状のものがよいといえます。

また、センサーライトに使用されている電球や乾電池など、使用にともない消耗する部品もあります。交換が必要な部位は簡単に取り外しができるのかどうかも含めて商品を選ぶことで、よりよい商品を見つけだすことにつながるでしょう。

防水性能

屋外でセンサーライトを使用する方は、防水性能が備わっている商品を選んでください。外に設置した場合、雨や雪にさらされながら使用していくことになります。そのため、どの程度の水に耐えることができるかが重要です。防水性能が搭載されている機種は多く販売されていますが、商品によって耐久性は異なります。

製品のパッケージなどに「IP66」と明記されているものは、防水というだけでなく防塵性能も兼ね備えている商品です。屋外では水だけでなく砂ボコリなどのゴミからも守れるとよいので、IP66と書いてある商品を探してみてください。

機能面

上位機種のセンサーライトには「あると便利な機能」が搭載されていることがあります。これは、より快適に使用していくためのものなので、絶対にないといけないというわけではありません。しかし、機能面が充実しているセンサーライトは使い勝手がいいので、「便利なセンサーライトが欲しい!」とお考えの方にはおすすめできます。

搭載されている機能として代表的なものに、「明るさ調節機能」があります。この機能が搭載されている機種は、センサーライトの照度を変更することができるのです。季節ごとに明るさを分けることができるため、さまざまなシーンに柔軟に対応してくれるセンサーライトとなります。

便利機能はほかにも「センサー調整」「フラッシュ機能」「警報機能」などさまざまなものがあり、防犯に特化したセンサーライトを購入することも可能です。なかなか商品を決めることができないという方は、機能面も確認してみるとよいでしょう。

ちょっとしたところに!お手軽センサーライト

玄関や階段などといった、家の中にセンサーライトを設置する場合は、大きなものや明るすぎるものはあまり適していないといえます。大きくて邪魔になるのも嫌ですし、明るすぎるとうっとうしく思うかもしれません。

ここでは、家の中で使用するのに適している「お手軽センサーライト」をご紹介します。設置してもスペースを取ることがなく、なおかつ持ち運びしやすい電池式のセンサーライトです。

家に入った後に暗闇の中電気のスイッチを探し回っているという方は、ぜひこれからご紹介する商品を置いてみてください。自動で電気がつくことで、快適に生活していくことができるでしょう。


調色調光LEDどこでもセンサーライト

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

取り付け場所を選ばないものをお探しの方は、この商品がおすすめです。本体を支える三脚は柔らかい素材でできており、自由に形を変えることができます。そのため、棚の上に自立させたり取っ手に引っかけたりというさまざまな方法で設置することができるのです。また、三脚を外せば磁石が現れ、鉄製のロッカーならそのまま張り付けることもできます。

センサーライトを高いところに取り付ける場合、固定方法にはビスやクランプを用いるのが一般的です。家の中でそういった設置方法に抵抗がある方もいるでしょう。一方この商品は、三脚のみで本体を固定するため家具や家を傷つける心配もありません。

さらに、この商品には調色機能が搭載されているため、光を好みの色に変更することができます。家の中で使用する場合は部屋の景観にも配慮する必要がありますが、この機能があればお部屋にあった雰囲気で使用可能です。設置時・使用時共に自由度の高いこのセンサーライトは、使い勝手のよい商品といえるでしょう。


アイリスオーヤマ 乾電池式LEDセンサーライト ハンディタイプ ホワイト ISL3HN-W

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

「置く」「持つ」「掛ける」の3つの使い方ができるセンサーカメラが、この商品です。本体サイズは約幅6.8㎝×奥行3.4㎝×高さ10㎝というコンパクトサイズなので、置いた際もスペースはあまり取りません。玄関に置いておくことでドアを開けたら自動で点灯し、そのまま持ってライトとして使用することもできます。

センサーの範囲は水平130度、垂直80度という広範囲のつくりになっているので、しっかりと検知してくれるでしょう。使用する電池は単3電池が3本となっているので、もし電池が切れても手に入れやすいです。オーソドックスな小型センサーライトを探している方は、この商品をご検討ください。


ELPA センサーライト もてなしのあかり 足元に置いても邪魔にならに薄型デザイン 電球色LED 広角Wセンサー HLH-1203(PW)

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

センサーライトを足元に置いて使用していきたい方は、この商品が適しているでしょう。このセンサーライトは本体の形状が薄型設計なので、廊下に置いても邪魔に感じることはありません。この商品を廊下に置いておくことで、夜勤で帰りが遅くなったときや、お手洗いで夜中に目が覚めたときでもスイッチを押すことなく移動することができるでしょう。

また、運転モードを変更することで明るいときはセンサーを反応しないようにすることができます。そのため、無駄な電力を使わず電池を長持ちさせることができるのです。常時点灯させることもできるので、停電や災害などといったトラブル発生時でも活躍するセンサーライトです。

電気代ゼロ!ソーラーセンサーライト

センサーライトの購入を考えている方のなかには「魅力的だけど、電気代が気になる……」という方もいることでしょう。センサーライトは電源を入れたままにしておかないとセンサーが反応しないので、待機電力も気になるものです。

そこでおすすめしたいのが、太陽光式のセンサーライトになります。これからご紹介するセンサーライトは、すべて太陽の光を動力源としています。そのため、一切の電気代が発生しません。

ランニングコストを気にする必要がないソーラーセンサーライトを自宅に置いて、気兼ねなく快適な生活を手に入れてみてください。


Mpow センサーライト ソーラーライト 40led IP65 防水 3つ点灯モード センサー時間30s 人感ライト 屋外照明 18ヶ月間保証 停電防災緊急対策 2019年新品 2個

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

太陽光を効率よくエネルギーに変換することができるこの商品は、多くの人に使用されている人気のセンサーライトです。太陽光のみで作動するため、電気代はまったく発生しません。取り付けるためにはネジで固定する必要があるので、屋外での使用に適している商品となります。

この商品は、運転モードを「センサーモード」「DIMセンサーモード」「常夜灯モード」の3つに切り替えることができます。このモードを必要に応じて使い分けることで無駄なエネルギーを消費することはなくなるでしょう。切り替え方法もボタンを押すだけの簡単な仕様なので、使い勝手はよいといえます。


KEYNICE ソーラー LED ライト アウトドア スポットライト 太陽光パネル充電 ガーデンライト 防犯対策IP65防水 15メートル照明距離 光センサー 自動点灯/消灯 玄関先 庭 車道 歩道のライトアップに最適 ウォームホワイト

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

センサーライトと聞くと屋根などに取り付けて上から照らすものを想像する方が多いかもしれません。しかし、この商品は地面に差し込んで下から照らすセンサーライトとなります。
ソーラーパネルとライト本体は別々のつくりになっているので、パネルだけを離れた場所に設置することができます。

また、アルミ素材を使用しているためサビにも強くメンテナンスはほとんど必要ありません。防犯性や快適性を高めるためだけでなく、この商品なら「外観をよくする」という意味でも使用することができるでしょう。ガーデニングを趣味としている方や家の外観をおしゃれに演出したい方にはとくにおすすめする商品です。


SOLLA Elegant 防雨型センサーライト (12Wx2灯) 防犯灯 6000K LEDライト【二年保証】 (ソーラー式 3灯)

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

 

この商品は、センサーライト本体とソーラーパネルが別々になっています。そのため、ライトは屋根の下、パネルは屋根の上という風に分けて設置することができるのです。太陽光式のライトは、日の当たる場所に設置する必要があります。ライトとパネルが別々になっているこの商品は、一般的な太陽光式の商品よりも設置場所の自由度は高いといえるでしょう。

また、この商品はワイヤーで取り付けることができるセンサーライトです。「できるだけ家を傷つけることなく設置したい」とお考えの方や工事が苦手な方でも安心して取り付けることができるでしょう。もちろんネジ固定にも対応しているので、しっかりと固定したい方でも安心して購入していただけます。

防犯効果が高いセンサーライト

センサーライトの設置理由が防犯である場合、一般的なセンサーライトでは少し心もとなく感じてしまうかもしれません。センサーライトによって危険を察知することはできますが、不審者を追い払う「もうひとつのなにか」が備わっていればなおよいでしょう。

これからご紹介するセンサーライトには、「フラッシュ機能」や「警報機能」が搭載されています。これらはどれも不審者を追い払うためには効果的です。防犯性能に優れたセンサーライトとはどんなものなのかを確認してみてください。


人感ピカフラッシュセット (チャイム付きLEDピカフラッシュ XL3000&増設用 人感送信機 X50) XL3050

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

この商品は、動きを検知すると「音」と「光」で知らせてくれるセンサーライトです。音に関しては選曲することができ、「チャイム」「オルゴール」「サイレン」など用途に応じて使用することができます。また、赤色のLEDが搭載されており、侵入者を視覚的に威嚇することができるのです。

本体サイズは幅8㎝×5.5㎝×高さ13㎝とコンパクトな設計なので、設置場所を選ぶことはありません。さらに、センサーライト本体には防滴加工も施されているため、屋外での使用などさまざまなシーンに対応してくれます。誰でも手軽に防犯性を高めることができるこの商品は、大変おすすめできるセンサーライトです。


Yihiro 【防犯アラーム・LEDセンサーライトの1台2役! 】 人感をセンサーすると 大音量ブザー LEDライト付き 夜間自動点灯 廊下 玄関 ドア 防犯グッズ 電池式 簡単取付

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

 

この商品もアラーム機能が搭載されたセンサーライトです。本体には、「センサーライトモード」と「防犯アラームモード」といった2つの運転モードが用意されています。そのため、「在宅時はセンサーライト」「外出時は防犯アラーム」というように使い分けることができるのです。

切り替え方法はスライド式のスイッチを変更するだけなので、簡単にモード変更をすることができます。設置方法は、ネジ固定と両面テープ固定の2つが用意されているため、お好きな方を選んでみてください。しかし、この商品は屋内専用のセンサーライトとなります。屋外での使用はできないので注意してください。

監視カメラ代わりに!録画機能付きセンサーライト

防犯効果を高めるためには、監視カメラを設置することも効果的です。現在販売されているセンサーライトのなかには、録画機能を搭載した機種もあります。そういった商品を購入することで、より安心して暮らしていくことにつながるでしょう。また、不審者が逃げてしまった場合でも映像として残しておくことで、証拠として使用することもできます。

一人暮らしなどで周りに頼れる人がいないという方は、心強い味方として録画機能付きのセンサーライトの購入を検討してみてはいかがでしょうか。


高儀 EARTH MAN センサーライト 録画機能付 SLT-6LWVA

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

この商品は、動きを検知すると自動で録画が開始されるセンサーライトです。普段は一般的なセンサーライトとして使用することができます。しかし、センサーが反応した際には映像をすべて記録しているため、トラブル発生時の証拠を残しておくことができるのです。センサーライトと防犯カメラを1台にまとめた商品ともいえるでしょう。

搭載されているカメラは30万画素と高画質なため、鮮明な映像を撮影することができます。そのため、侵入者の顔や車のナンバープレートまで確認できるような映像を残すことができるのです。映像を証拠として使用する場合は、画質が大変重要になります。この商品なら問題なく証拠として提出することができるでしょう。

さらに、赤色のLEDを常時点灯させることであらかじめトラブルを防ぐ効果も期待できます。フルカラーで撮影できることや映像と同時に日時も記録できるということからも、防犯性に力を入れている商品であるといえます。「センサーライトだけでは心配だ……」という方は、1台2役のこの商品を設置してみてください。


【小型カメラ】録画機能付きLEDモーションセンサーライト 防犯カメラ(8GB付属)

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

 

この商品も、ライトとカメラが一体となった商品です。昼間は録画機能のみが作動し、夜間はライト点灯と共に録画が開始されます。本体には赤外線の人感センサーが搭載されているため、周りが暗くても動きに正確に反応することが可能です。普段使っているときは一般的なセンサーライトと変わりはないので、ストレスなく使用することができるでしょう。

映像データはメモリがいっぱいになると古いものから順に消去され、新しいデータが上書きされていきます。このことから、不審者を撮影したデータが消えるのではないかと心配になる方もいるかもしれません。しかし、センサーが動きを感知しなくなると10秒後に録画は停止されるというつくりになっているため、無駄なメモリを使う心配はありません。

外国でつくられているセンサーライトになりますが、日本語の簡易マニュアルも付属してきます。そのため、初めてセンサーライトを設置するという方でも安心して購入することができるでしょう。8GBのメモリーカードも標準で付いてくるので、手元に届けばすぐに使用することができます。

まとめ

センサーライトは、人や動物の動きを感知して自動でON/OFFを切り替えることができるライトです。取り付けることで得られるメリットには、「快適性」と「防犯性」があります。「暗闇のなか照明のスイッチを探す」という生活に不満がある方や「防犯性が低くて心配だ」という方は、センサーライトを取り付けることで改善されるかもしれません。

センサーライトには「電池式」「コンセント式」「太陽光式」の3種類があります。購入を考えている方は、まずはどのタイプのセンサーライトにするのかを決めましょう。それぞれにメリット、デメリットが存在するので、使用用途と照らし合わせながら考えてみてください。

種類を決めることができたら、次はポイントをおさえながら商品を選んでいきます。「照度」「センサー」「機能」など、ひとつひとつ確認しながら商品を絞り込んでいきましょう。屋外での使用を考えている方は、「防水性能」についての確認は忘れずおこなうようにしてください。

センサーライトをきれいに、確実に取り付けたいという方は、照明工事ができる業者に依頼するのも一つの方法です。商品によっては取り付け方法が複雑な場合もあるので、そういったときにはプロの力を借りるようにしましょう。

照明工事を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「照明工事」をご覧ください。

照明工事はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
照明工事はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:こうた
家電やガジェットにこだわりがある。パソコンの使用歴が長く、インターネットや周辺機器のアドバイスやトラブル対応もお手のもの。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-08-05 11:15:30
https://www.seikatsu110.jp/electrical/et_light/129914/
各種電気工事
家が「暗い」というだけで、プライベートの快適性と防犯性は一気に損なわれます。仕事帰りに家が暗いと電気のスイッチを探すのも一苦労ですし、万が一不審者・侵入者が家に現れた際には、トラブルにも気付きづらく危険ともいえるでしょう。そこでおすすめしたいのが「センサーライト」です。センサーライトは自動で点灯してくれるので、暗さがもたらすあらゆる問題を解決してくれます。現在さまざまな種類のセンサーライトが販売さ...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

各種電気工事 照明工事

お住まいの地域の照明工事業者を検索

照明工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

照明工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!