生活110番ニュース 各種電気工事

このエントリーをはてなブックマークに追加

ダクトレールの使い方をご紹介!おしゃれな部屋でよくみる便利な照明

投稿日:2017-10-14 更新日:2018-10-04

ダクトレールの使い方をご紹介!おしゃれな部屋でよくみる便利な照明

この記事は5292人に読まれています。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

ダクトレールとは、照明器具を天井から吊り下げるために用いられる専用レールのことです。照明器具はレールに沿って動かすことができるので、広い部屋でもレールの範囲内なら好きな位置に照明を持ってくることができます。

ダクトレールがあれば誰でも簡単に雰囲気のある照明の設置が可能ですので、今回はダクトレールの使い方について、事例をまじえながら紹介いたします。

ダクトレールの魅力

ダクトレールは、ペンダントライトやスポットライトを横並びに取りつけることができるバー状の部品です。ライティングレールやスライドコンセントともよばれます。バーの上はどこでも電流が流れているので好きな位置に照明を取りつけることができます。

ダクトレールの魅力は、照明の幅を広げられることにあります。複数のペンダントライトを綺麗に並べてモダンな雰囲気にしたり、スポットライトで部屋の一部分を強調したりとさまざまな照明の使い方を楽しむことができます。

取りつけがさほどむずかしくないことから、DIYでキッチンやリビングに取りつける人が多くなってきているようです。

ペンダントライトを取り付ける

ここではダクトレールの上手な使い方をご紹介します。
まずは、ペンダントライトをダクトレールに取りつけた例です。

sunomaさん(@sunoma.jp)がシェアした投稿


ダイニングテーブルの灯りとしてペンダントライトをつかうと食事に温かみが生まれます。そのときダクトレールを使って、ライトを等間隔でおいてあげるととてもおしゃれな食卓になります。ダクトレールを使わないとこういうライトの並べ方はできません。

    
    

リサさん(@mamahana_r)がシェアした投稿


こちらはつり下げるペンダントライトをあえてバラバラにすることで、かわいいインテリアに仕上がっています。ダクトレールは照明だけでなくドライフラワーなどもつり下げてつかうことができます。

    
    


同じ形状のペンダントライトでも色や高さが違うとよりおしゃれになります。カバーとしてガラスを使うのもありです。ガラスと光は相性がよく、きれいで落ち着いた印象を与えてくれます。
これもダクトレールならではのインテリアです。

スポットライトを取り付ける

つぎに、スポットライトとダクトレールの使い方をご紹介します。

    
    


スポットライトは、インテリアを強調するのによく使われるようです。スポットライトは等間隔に置かなくても、不自然になることが少ないという特徴があります。また影ができるので部屋の立体感が増し、広く感じられるメリットもあります。

    
    

akira.mさん(@akira.311)がシェアした投稿


こちらは打ちっぱなしのコンクリートにダクトレールを使用している例です。スポットライトはコンクリートと相性がよく、コンクリートのもつ無骨な印象をシックな印象に変えてくれます。

    
    


スポットライトはクールな印象を出す使い方だけでなく、かわいくまとめる使い方もできます。等間隔でおくのではなくコンパクトにひとまとめにしているところが、かわいさを引き出しています。色を統一していないのもいいアクセントになっていますね。

ダクトレールの使い方で知っておきたいこと

切断して短くできる

ダクトレールは市販のものだと1m、2mなど決められた長さになっていますが、アルミ製のものが多いためのこぎりなどで簡単に切断加工することができます。
長さが変わると見た目の印象もガラッと変わる場合があるので、取りつけたい場所にあわせた長さに加工しましょう。

配置場所は自由

ダクトレールは電源さえ確保できれば部屋のどこにでも取りつけることができます。スポットライトで照らしたいインテリアがある場所の近くにも取りつけられます。天井だけでなく壁にも設置できるので、幅広い使い方ができそうです。

ただしスイッチがない部屋と賃貸住宅では使えない可能性があります。

ダクトレール自体にスイッチがないため、照明用のスイッチがない部屋には取りつけることがで
きません。

賃貸の住宅などでは壁に直接とりつけるダクトレールは使えない可能性があります。そのときは天井の引掛けシーリング(天井照明用の配線)に取りつける簡易ダクトレールがつかえます。

取り付けられる照明のワット数に気をつける

ダクトレールには複数の照明を取りつけることができますが、使える電力の最大値が決まっています。
ダクトレール1本で1500Wまでの電力が使えます。100Wの電球が15個つけられるほどなので、十分余裕があると考えてよいでしょう。
また、ワット数は基準内でも耐荷重量が決まっているため、あまり多くつるすのは避けた方がよいと思います。

まとめ

ダクトレールは使い方次第で照明だけでなく、部屋のインテリアとしても使える便利なアイテムです。天井などに取りつけが必要となるためハードルが高いと感じている人も多いようですが、意外と簡単に取りつけることができます。ペンダントライトやスポットライトと一緒に使って、部屋の雰囲気を演出することができますし、ドライフラワーで装飾するような使い方もでき、幅広い用途があります。この機会にダクトレールの取りつけを考えてみてはいかがでしょうか?

簡易式でない本格的なダクトレールの取りつけを希望される方は、業者に依頼しましょう。

照明工事を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「照明工事」をご覧ください。

照明工事はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
照明工事はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:たくぞう
家電の新製品と旧式の違いを発見することが特技。特技が高じて人に伝えたいという思いにいたり、ライターの道を目指すきっかけとなった。家電や電気工事関連の記事を担当。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
2投票,  平均評価値:5

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-10-04 10:30:20
https://www.seikatsu110.jp/electrical/et_light/12876/
各種電気工事
ダクトレールとは、照明器具を天井から吊り下げるために用いられる専用レールのことです。照明器具はレールに沿って動かすことができるので、広い部屋でもレールの範囲内なら好きな位置に照明を持ってくることができます。 ダクトレールがあれば誰でも簡単に雰囲気のある照明の設置が可能ですので、今回はダクトレールの使い方について、事例をまじえながら紹介いたします。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

各種電気工事 照明工事

お住まいの地域の照明工事業者を検索

照明工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

照明工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!