生活110番ニュース 各種電気工事

このエントリーをはてなブックマークに追加

有線LANの工事をして、遅いインターネット回線のストレスにおさらば!

投稿日:2017-10-10 更新日:2018-11-27

有線LANの工事をして、遅いインターネット回線のストレスにおさらば!

この記事は9091人に読まれています。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

近年では、急速な通信技術の発達によって、ノートパソコンなどで無線LANを利用する機会が多くなりました。そんななかで、無線LANで動画を視聴しているときに、「重たい」と感じたことはありませんか?

重たいと感じる原因は、無線LANにつなげている機器が多いことが原因かもしれません。また、有線LANが利用できるものは、有線のほうが速い通信ができます。
今回は有線LANの導入の流れについて解説します。

LAN工事は新築時・リフォーム時がいいタイミング

今すぐ有線LANに変えようと思っても、工事が必要となる場合が多く、なかなかむずかしいものがあります。ではどのタイミングで有線LANを導入するのがよいのでしょうか。

家づくりのときに有線LANの工事をしっかり検討しよう  <小見出し>
家を建てるとき、同時に有線の工事もしてしまうのがよいでしょう。回線業者も新築時に配線工事をするプランを提案しているところも多く、スムーズにことが運ぶと思います。

リフォームも狙いどき

有線LANは壁のなかに配線を行うため、部屋のリフォームをする際もタイミングとしてよいと思います。しかし、リフォームを担当する業者は回線について疎いケースがあるようで、回線業者と一緒に話を進めていかないと難航してしまう場合があるようです。

無線LANから有線LANに変えるきっかけ

インターネットを利用するぶんには、無線LANで十分と考えている方が多いようですが、どのような時に有線LANは助かるのでしょうか。

有線LANでないと困るとき

・動画の視聴など通信量が大きいコンテンツを利用するとき
動画の視聴やオンラインゲームなど通信量が多いものは、通信速度によって読み込みに時間がかかったり、遅延が発生する場合があります。有線LANであれば、高速通信を安定して継続することができます

・無線LANの電波が弱いとき
無線LANは固定されたアクセスポイントに機器を接続して利用しますが、接続する場所が遠かったり、遮蔽物が多いところなどでは電波が弱くなってしまいます。電波が弱いと通信速度が低下するか、もしくはインターネットに接続できなくなります。有線LANは場所は固定されますが、安定した通信を行うことができます。

・無線LANを利用する機器が多いとき
最近の家電には、無線LANを利用してインターネットに接続できるものが多く、将来的に家庭に無線LANを利用する機器が増えると予想されます。無線LANは、同時に複数の機器を接続すると電波が干渉し通信速度が低下することもあります。
      無線LANから有線LANに変えるきっかけ

有線LANの工事の流れ

有線LANの工事を、光回線を例に解説します。

屋外配線引き込み工事

現在の家にインターネット回線がない場合は、屋外の電柱から光ファイバーを引き込むところから工事がはじまります。すでにある場合は宅内配線のみとなります。屋外配線引き込み工事には2種類あります。

・架空配線
電柱から架空で引き込んだ光ファイバーケーブルを外壁に固定する工事です。金具を取りつける必要があるため、外壁に穴をあけることになります。

・地中配管経由
電柱付近から引込小柱を経由して、地中にある配管を通す工事です。この工事の場合、地中の配管は事前に用意しておく必要があるようです。

宅内配線

すでに光ファイバーケーブルは宅内にきているので、これを各部屋まで延ばす工事になります。

光ファイバーケーブルがつながっている回線終端装置とルーターがつながっていることを確認し、ルーターからLANケーブルを使って各部屋を目指します。一般的には目立たないように、天井裏や壁のなかを伝わせて延ばします。
                  有線LANの工事の流れ

無線LANを有線にするLAN工事費の相場はいくら?

すでに無線LANを利用している状態だと、LANケーブルを延ばす工事をする必要があります。状況によって料金は変動しますが、10mのLANケーブルを3本延ばす場合、およそ15,000円から25,000円が相場のようです。

新築などで無線もなく、光ファイバーを引き込む工事から行う場合は、宅内配線よりコストがかかります。同時に加入するプロバイダのプランなどの費用が別途必要になりますが、工事だけなら有線LANを通す場所一カ所につき10,000円から20,000円ほどかかるようです。

家を建てる際に配線工事してもよいですが、あとから有線LANの工事を検討しても良いかもしれません。
また、有線LANの工事は自分ですることもできます。その際にはLANケーブルの種類やネットワークの構成などを考えなくてはなりません。過去の記事『無線よりも有線?LANケーブルを知って安心の通信環境を整えよう 』 にて、詳しくご紹介していますのであわせてご覧ください。
      無線LANを有線にするLAN工事費の相場はいくら?

まとめ

インターネットを利用しているとき、通信速度が遅いとイライラしてしまいます。動画視聴やオンラインゲームをする人は有線LANにすることで快適にコンテンツを楽しむことができます。有線LANが利用できるものは、積極的に利用してストレスから解放されましょう。有線LANがない場合は工事をして延ばすことも可能です。

LAN配線工事を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「LAN配線工事」をご覧ください。

LAN配線工事はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
LAN配線工事はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:かなで
専門用語を使わず、分かりやすく解説することをモットーとしている。日々SNSなどを駆使して情報を収集し、旬な情報を集めるのを得意としている。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
7投票,  平均評価値:3.9

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-11-27 16:27:48
https://www.seikatsu110.jp/electrical/et_lan/11960/
各種電気工事
近年では、急速な通信技術の発達によって、ノートパソコンなどで無線LANを利用する機会が多くなりました。そんななかで、無線LANで動画を視聴しているときに、「重たい」と感じたことはありませんか?重たいと感じる原因は、無線LANにつなげている機器が多いことが原因かもしれません。また、有線LANが利用できるものは、有線のほうが速い通信ができます。今回は有線LANの導入の流れについて解説します。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

各種電気工事 LAN配線工事

お住まいの地域のLAN配線工事業者を検索

LAN配線工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

LAN配線工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!