生活110番ニュース 各種電気工事

このエントリーをはてなブックマークに追加

インターホンには電源の取り方がいろいろある?配線の仕方も紹介

投稿日:2018-02-07 更新日:2018-10-04

インターホンには電源の取り方がいろいろある?配線の仕方も紹介

この記事は8289人に読まれています。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

家の中から来客の確認ができるインターホンはとても便利ですよね。
機種によっては姿を確認できるものもあるインターホンですが、種類があってどれを選べばいいか迷ってしまうこともあるのではないでしょうか。

防犯対策としても役立つインターホンは、機能や種類によって構造が違います。電源の取り方や配線方法も違うので、確認しておくとよいでしょう。

今回はインターホンの電源の取り方にスポットを当てておはなししたいと思います。違いを理解して設置、交換のときに役立ててくださいね。

インターホンの電源を取る方法は2種類

インターホンは電化製品ですから、電源がなければ動きません。
電化 製品が動くための電源はいくつかあります。インターホンには、屋内に引かれている配線を電源にしているタイプと、電池を電源にしているタイプがあります。

屋内配線から取るタイプ

家の中にはコンセントがありますよね。家の中には電化製品を使うための配線がされているのです。
インターホンにはこの配線を利用して使う機種があります。コンセントを使うものとインターホンの親機に直接繋ぐものとありますので、予算や用途に合わせて機種を選んでみてはいかがでしょうか。

電池を使うタイプ

インターホンの中には電池を使って動くものもあります。乾電池を使用しているので、設置が簡単におこなえるのが特徴です。
ただし乾電池を供給源にしているので、定期的に電池を交換する必要があります。

インターホンは電源の取り方によって故障したときの交換の仕方が変わります。設置してあるインターホンの電源の取り方を把握しておくとよいでしょう。
             インターホンの電源を取る方法は2種類

こんなインターホンの配線も!

インターホンは来客の確認や応対をするための機器だと思っていませんか?

実はインターホンにはそれらの機能とは別に、熱感知器やガス警報器などと連動しているものがあります。
他の機能を持つ機器と連動していると配線が複雑になっている場合があります。新しいものに交換するときに連動できなくなる可能性がありますので注意が必要です。

また、玄関の子機からの呼び出しに電話機で対応するように配線されているものもあります。
壁に埋め込まれていたり、二世帯住宅に対応しているような特殊な子機を使っている場合も、配線が複雑になっていることが多いです。

このようにインターホンの配線は、機種や状態によって複雑になっている可能性があります。交換するときに、インターホンの電源の取り方も変わることがありますので注意が必要です。

玄関チャイムはインターホンに交換できる?

チャイムは、音を鳴らして来客を知らせる機能だけを持っています。防犯のためにインターホンへ交換したいと思っても、できるか不安になってしまうかもしれません。

結論からいうと、玄関チャイムをインターホンに交換することは可能です。用途に合わせたインターホンを準備してください。

ただし、設置してあるチャイムの形式と新しく設置するインターホンの機種によって設置方法も変わります。チャイムから交換するときには、使用するインターホンの電源がチャイムの電源をそのまま利用できるか、配線の延長が必要かなどの確認が必要です。

確認方法が不安なときは、インターホン交換のプロに相談してみてくださいね。
      玄関チャイムはインターホンに交換できる?

自分でインターホンの交換はできる?

インターホンにはプラグ式のものと電池式のもの、直配線式のものがあります。

プラグ式と直配線式のものはインターホンの電源に屋内配線を利用していますが、プラグ式はコンセントを使用しているので交換が簡単にできるようになっています。そのため、プラグ式と電池式のインターホンは自分で交換することが可能です。

しかし、直配線式のインターホンは交換に電気配線工事が必要になります。この工事は電気工事士の資格を持っていないとおこなうことができません。
また、複雑な配線になっているインターホンも配線工事を必要とします。

配線工事が必要なインターホン交換をする場合は、インターホン交換のプロに依頼することをおすすめします。

過去コラム「【インターホン交換はDIYできる?最新インターホンで防犯力を高めよう!】」では自分でインターホンを交換する方法を紹介しています。こちらも一度ご覧ください。

まとめ

配線から取る場合でもプラグ式のものは比較的簡単に交換ができますが、直配線式のものは電気配線工事が必要になるため個人ではおこなうことができません。別の機器が連動している場合は、更に複雑な配線になっていることが多いのです。

チャイムからインターホンに交換する場合など、配線方法が変わるときにはインターホン交換のプロに交換依頼をしてください。最適な方法で交換作業をおこなってくれると思います。

インターホンの電源の取り方を理解して、有効な交換方法を探してくださいね。

インターホン工事・取替を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「インターホン工事・取替」をご覧ください。

防犯対策の第一歩に!
すぐにご自宅へうかがいます
※対応エリアや加盟店によって変わります
カメラ付きのインターホンは防犯対策にもなり、さまざまな場面で活躍しています。訪問販売対策にもなりますので、一度考えてみてはいかがでしょうか?
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
インターホン修理もおこないます!なんでもご相談ください!
インターホン 6,000円(税抜)~


相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:かなで
専門用語を使わず、分かりやすく解説することをモットーとしている。日々SNSなどを駆使して情報を収集し、旬な情報を集めるのを得意としている。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
3投票,  平均評価値:2.3

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-10-04 11:42:50
https://www.seikatsu110.jp/electrical/et_interphone/37022/
各種電気工事
家の中から来客の確認ができるインターホンはとても便利ですよね。機種によっては姿を確認できるものもあるインターホンですが、種類があってどれを選べばいいか迷ってしまうこともあるのではないでしょうか。防犯対策としても役立つインターホンは、機能や種類によって構造が違います。電源の取り方や配線方法も違うので、確認しておくとよいでしょう。今回はインターホンの電源の取り方にスポットを当てておはなししたいと思いま...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

各種電気工事 インターホン工事・取替

インターホン工事・取替のお問い合わせ・ご相談はこちら

インターホン工事・取替についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!