生活110番ニュース 各種電気工事

このエントリーをはてなブックマークに追加

インターホンの音が聞こえない!故障原因や音量調整についてご紹介

更新日:2021-01-12

インターホンの音が全然聞こえない…そんなときはどうすればいいの?

この記事は17054人に読まれています。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

家にいるのにポストに不在連絡票が入っていた経験はありませんか?何度もそのようなことが起こると宅配業者の方にも申し訳ない気持ちになります。

1階ではインターホンの音が聞こえるのに、2階でテレビを見ていると気が付かないという場合もあります。何とか改善しよう思っても自分で配線を触るのは不安だし、技術的にも無理……という場合がほとんどだと思います。そもそも配線の問題かどうかもわからない。そんな方のためにインターホンの音が聞こえない理由とその対処法についてご紹介したいと思います。

玄関のインターホンの音が聞こえない原因

インターホンの音が聞こえないのにはいくつかの原因が考えられます。
すぐに解決できる場合もありますのでぜひ参考にしてみてください。

電池が入っていない

インターホンの消費電力は非常に低いため、滅多に電池が切れることはありません。しかし長年使用している場合は、電池が切れている場合があります。

インターホンには親機と子機が存在します。子機とは玄関についているもので来客者が押す時のものです。親機は家の中にあり玄関先で鳴らしたチャイムを在宅者に知らせるためのものです。2階などにあるものは室内子機といい、2階建て以上の戸建なら複数のインターホンがある場合が多いかもしれません。

まずは子機の本体を開けて新しい電池を入れます。これでチャイムが鳴れば電池切れということです。子機のチャイムは鳴っているのに家の中だと聞こえない場合、親機の電池も変えてみましょう。ほとんどの場合は親機・子機の電池を交換することで解決します。

電池の入れ間違い

電池を新しいものにかえてもインターホンの音が聞こえない時は、電池の入れ間違いの可能性があります。電池の端子は正しい向きで入れられていますか?プラスとマイナスを正しく入れましょう。またインターホンに使用される電池にマンガン電池などを使用すると液漏れの原因となり、正しく作動しないことがあります。電池を正しく入れることで解決することがほとんどです。

機械の故障

子機の故障、あるいは親機の故障、いずれにせよ電池を交換しても改善が見られなかった場合は故障が考えられます。買って間もない機種であれば親機か子機の交換のみで済みます。しかし年数が経っているインターホンであれば同じ機種を見つけることが難しいかもしれないので、思い切って新しい機種に交換したほうが時間的にも早く、確実な方法と言えます。

ブレーカーが落ちている

一度に大量の電力を消費するとブレーカーが落ちてしまいます。ブレーカーが落ちたあと、全てのブレーカーを上げたつもりでも、落ちたままのブレーカーがあるかもしれません。インターホンに使われているブレーカーが落ちていないかもう一度確認してみましょう。

音量の設定が小さい

インターホンは音量の設定ができるものがほとんどです。インターホンによって設定場所は異なりますが、親機本体(室内子機)の側面、もしくはカバーを開けたところに音量調整ができる場所がないか確認してみてください。もし音量が一番小さくなっているのであれば、聞こえるところまで大きくしましょう。

別の階にいて聞こえない

親機が1階にしかなく、2階にいるとインターホンの音を聞こえない場合は2階にもインターホン(室内子機)を設置しましょう。新たに子機を設置すれば別の階にいても聞こえるようになります。

インターホンはホームセンターなどで購入することができます。
インターホンの音が聞こえない理由は?

インターホンの音を聞き逃さないための対策方法

聴覚障害のかたや、お年寄りでインターホンの音が聞こえづらいかたのために、インターホンが光でわかる商品があります。これを設置しておけば来客にも気が付きやすくなり、いつ来客があるかそわそわする必要もなくなります。

チャイム本体と、光る部品の2つだけなので設置も簡単です。チャイムを玄関に取りつけ、光る部品を目の届く場所に置いておけばLEDライトが盛大に光って誰かが来たことを知らせてくれます。

インターホンは音量を調整することができる

インターホンの音は聞こえるが、大きすぎて困るといった場合も考えられます。初期設定で音量が最大になっている可能性があるので、適音までボリュームを下げます。インターホンにはほとんどの機種で音量の調整が可能ですので、大きすぎて困る場合は調整してみてください。
逆に音を小さくできる?音量の調整について

経年劣化は修理や本体交換で解決

24時間365日、休みなく働くインターホン。ほかの家電製品と同じようにインターホンにも寿命があります。設置から15年以上経過していると、経年劣化により修理が必要になってくる場合があります。考えられる改善策はすべて試したけどインターホンの音が聞こえない場合は、思い切って新しいものに買い換えましょう。

まとめ

インターホンの音が聞こえないのにはいくつかの原因が考えられますが、電池交換以外の原因であった場合、自分で作業を行うことは難しいですよね。技術面や、新しいインターホンの取り付け位置など、わからない方が多いと思います。

そのような場合は、インターホンの工事ができる業者に依頼することをおすすめします。最近ではインターホンの種類にも色んなものがありますので、生活にあったインターホンのアドバイスをもらえるかもしれません。

インターホン工事・取替を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「インターホン工事・取替」をご覧ください。

防犯対策の第一歩に!
すぐにご自宅へうかがいます
※対応エリアや加盟店によって変わります
カメラ付きのインターホンは防犯対策にもなり、さまざまな場面で活躍しています。訪問販売対策にもなりますので、一度考えてみてはいかがでしょうか?
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
インターホン修理もおこないます!なんでもご相談ください!
インターホン 6,000円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:こうた
家電やガジェットにこだわりがある。パソコンの使用歴が長く、インターネットや周辺機器のアドバイスやトラブル対応もお手のもの。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
8投票,  平均評価値:3.3

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2021-01-12 17:05:12
https://www.seikatsu110.jp/electrical/et_interphone/36975/
各種電気工事
家にいるのにポストに不在連絡票が入っていた経験はありませんか?何度もそのようなことが起こると宅配業者の方にも申し訳ない気持ちになります。1階ではインターホンの音が聞こえるのに、2階でテレビを見ていると気が付かないという場合もあります。何とか改善しよう思っても自分で配線を触るのは不安だし、技術的にも無理……という場合がほとんどだと思います。そもそも配線の問題かどうかもわからない。そんな方のためにインター...

この記事のキーワード

各種電気工事 インターホン工事・取替

インターホン工事・取替のお問い合わせ・ご相談はこちら

インターホン工事・取替についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!