生活110番ニュース 各種電気工事

このエントリーをはてなブックマークに追加

『感震ブレーカー』って? 火災などの二次災害を防いでくれる優れもの

更新日:2021-04-30

『感震ブレーカー』って? 火災などの二次災害を防いでくれる優れもの

この記事は1264人に読まれています。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

大災害の発生時には、多くの二次災害が懸念されます。そのなかでもとくに注意が必要なのが、電化製品による火災と言えます。
そのような事態を回避するために有効なものとして、感震ブレーカーというものが存在します。

しかし、あまり認知されていないためいったいどのようなものか分からない方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、感震ブレーカーとはいったいどのようなものなのかを詳しく説明していきます。

感震ブレーカーとは?

一定値以上の震度を観測したときに作動し、自動で電力を供給することを可能にするのが感震ブレーカーです。災害時に大きな効果が期待でき、家庭ごとに設置することで様々なトラブルを未然に防ぎやすくなります。

あまり一般の方に認知されていない傾向がありますが、昨今推進特別法が制定され普及が高まりつつあります。市によっては設置を補助する制度も設けられ、個人の方でも設置することが可能な場合もあるのです。

なぜ感震ブレーカーが必要なのか?

大きな災害時が発生すると、様々な二次災害が想定できます。震度が高い地震が起こり、電化製品から出火、断裂した電気コードからの出火などのおそれもあります。

震災時の発熱が原因で火災につながるケースが多く、未然に防ぐのが困難な傾向がありました。とくに木造住宅が密集している地域では、火災がすぐに広がることもあり危険性が高まることもあります。

しかしながら感震ブレーカーは、自動で震度を感知する機能をもっているため、これまで防ぎにくいとされていた災害を限りなく減らせる効果が期待できます。

また、火災を防止することによって建物内から安全に避難できるようになる可能性も上がらり、多くの方が混乱するのを防ぎやすくなります。

万が一に備えて避難経路や非常食などを用意しておくことも重要ですが、感震ブレーカーを設置することで被害の拡大を防ぐことも可能なのです。

普及率が低いとされているため、重要性を認知していない方も多いと思います。しかしながら、いつ発生するか予想が難しい災害に備えるために、設置を検討されてみてはいかがでしょうか。

      なぜ感震ブレーカーが必要なのか?

感震ブレーカーの種類

感震ブレーカーは、主に3種類に分類されます。それぞれの特徴を正確に理解し、どのような事態に効果的なのかを確認していきましょう。

分電盤タイプ

一定の震度を感知して電気を遮断する機能が付いたタイプになります。
被害を防ぐために非常に効果的と言えます。

しかし大きな揺れに反応すると全ての電気を遮断してしまうため、電力を必要とする医療器具などを設置する際には注意が必要です。

いざというときに使用できないケースも想定できますので、設置の際は事前に確認するのがいいでしょう。

コンセントタイプ

ご家庭に設置されているコンセントプラグに挿し込むタイプと、既存のコンセントと取り替えて使用するタイプに分類されます。

埋め込む場合は、別途埋め込み工事が必要になり、場合によってはおおがかりな工事になる場合もあります。

コンセントごとの電気を遮断し、電熱器具からの火災を防ぐ効果が期待できます。
そのため電子レンジや電気ストーブなど、電熱器具を接続しているコンセントプラグに接続するのが望ましいでしょう。

簡易タイプ

分電盤に取り付けて使用するタイプです。比較的安価に手に入るものが多く、初めて感電ブレーカーを購入する方におすすめできるものと言えます。

一定の震度を観測すると重りが落下し、ブレーカーを自動的に下げる効果があります。

しっかり機能すれば効果的に活用することが可能ですが、誤作動を起こしてしまうこともあるため、定期的に動作確認をすることが大切です。

また、賃貸などでは、取り付け工事をむやみに行うことはできません。感電ブレーカーの取り付けを検討しているのであれば、ご自宅の状況を適切に把握して合うものを選びましょう。

      感震ブレーカーの種類

感震ブレーカーの設置はプロに依頼を

地方自治体の援助により、設置の際は補助金を受け取ることも可能な場合があります。
しかしながら、設置作業は自分だけで行うのは困難な場合が多いです。

適切に取り付けないとうまく機能が働かないおそれがあります。いざというときに効果を発揮しないとトラブルを招くことも考えられます。

そのため正しく設置することが大切です。電気工事を正確に行えるプロであれば、感震ブレーカーの設置をまかせやすいメリットがあります。

作業後の定期的な点検なども相談することができ、感震ブレーカーの特性を十分に活かせるようになるはずです。

まとめ

一定以上の震度を感知し、自動的にトラブルを防いでくれる感震ブレーカーですが、いまだに普及率は低い傾向にあります。

自治体などの協力によって、設置を促す活動もありときには補助金ができることもあります。

個人のお宅にも設置することが可能であり、種類によっては安価で手に入れやすいもの存在します。設置に関しては、正確に行う必要があるため電気工事のプロに依頼する方法が有効です。

ブレーカーについてのご相談やご依頼は

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」「電気工事」をご覧ください。

電気工事にスピード対応!
到着まで 最短10分で駆けつけます!
※対応エリアや加盟店によって変わります
毎日の生活に欠かせない電気。交換や設置、電気がつかないといった急なトラブルなど…電気工事は様々です。生活110番ならあらゆる電気工事に対応!すぐに駆け付けいたします。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
電気がつかない・コンセントを追加・漏電など。あらゆる電気工事をお任せください。
電気工事 5,500円~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:たくぞう
家電の新製品と旧式の違いを発見することが特技。特技が高じて人に伝えたいという思いにいたり、ライターの道を目指すきっかけとなった。家電や電気工事関連の記事を担当。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
2投票,  平均評価値:2.5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事のキーワード

各種電気工事 電気工事

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、150ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!