生活110番ニュース 各種電気工事

このエントリーをはてなブックマークに追加

電気代を安く抑えるカギは電気の「契約アンペア」にあり!

投稿日:2017-11-14 更新日:2018-11-27

電気代を安く抑えるカギは電気の「契約アンペア」にあり!

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

月々支払う電気料金をもっと安くしたい」「電気の使用を控えているのになかなか電気代が安くならない……」そんなときは、『契約アンペア数』を見直してみましょう。料金明細に記載されている電気の契約アンペア数は、電気代の基本料金に大きく影響する重要な部分です。もしも日常生活で同時に使用する家電製品が少ないときは、契約アンペアを下げることで電気代をぐっと抑えることができるかもしれません。
本コラムでは、契約アンペアの概説と、電気料金を安く済ませるコツについて簡単にご紹介していきます。

アンペア数の目安を求める方法

電気の契約アンペア数とは、そのご家庭で同時に使用できる電力の総量を表す単位です。たとえば30アンペア(A)で契約しているご家庭の場合、一度に併用する家電の消費電力の合計が30Aを下回っている必要があり、超過するとブレーカーが切れるなどして電気が使えなくなってしまいます。

具体的な例を挙げますと、電子レンジの消費電力が約15Aで、電気ドライヤーは12Aだと言われています。この二つを同時に使用すると合計消費電力は27Aなので、契約アンペア数が30Aのご家庭では、3A以上消費する家電を更に併用するとブレーカーが切れてしまいます。掃除機が10A程度なので、電子レンジとドライヤーと掃除機は同時に使えないということです。

ここまで書くと、「この3つはともに常時稼働させるわけではないので時間を分けて使えば問題ない」と思いがちですが、実際は更に照明やテレビ、冷蔵庫や空調器具など、長時間稼働させておくような家電の消費電力もプラスされることになります。明るい部屋でこたつに入りつつテレビを見て、ちょっと飲み物を温めようと電子レンジを稼働させたらブレーカーが切れてしまった……なんてことも珍しくはありません。

したがって、生活のためにはある程度余裕をもったアンペア数で契約をしておく必要がありますが、逆に30Aしか使わないのに50Aで契約していたら、20A分が無駄になってしまいます。基本的に契約アンペアが大きいほど電気代の基本料金は高くなる傾向にあるので、自分の生活スタイルに合わせた必要最小限のアンペア数で契約することが、電気代を抑えるうえで重要になります。

契約アンペア数の決め方

  
では、自分にとって最適な契約アンペア数はどんな目安で考えればいいのでしょうか。考え方としては、『ベースの家電』と『ピークの家電』に分けて見るとわかりやすいかもしれません。

ベースの家電とは、照明器具や空調類、冷蔵庫など、日常の中で常に点けっぱなしにしておく家電です。テレビやラジオを日常的に視聴する方はそれらを常時稼働に含めてもよいかと思われます。
逆にピークの家電は、料理や掃除など特定の作業にのみ使う、一時的に稼働させる家電です。電子レンジや掃除機、電気ケトルやドライヤーなどがこれに当たります。

ベースの家電は使用する全てを合算して消費アンペア数を割り出します。例えば照明(1A)が二つ、エアコン(7A)が一台、冷蔵庫(3A)、テレビ(2A)を常時使っている家庭であれば、ベースの家電の消費電力は合計14Aということになります。

ピークの家電は逆に、最も大きな消費電力の家電一つ分の消費アンペアを抜き出します。ピークの家電を二つ以上同時に使用しないのであれば、常に一番大きく消費する家電の電力以上にアンペアが発生することはないためです。ここでは仮に電子レンジの15Aをピークの家電と仮定します。

ベースとピークの合算値、つまり14A+15A=29A……多少余裕を見て30Aが、上記の場合における生活スタイルに適合した契約アンペアということになります。
契約アンペアを見直すにあたって、ご自宅のベース家電とピーク家電を確認して適正契約アンペア数を算出してみましょう。
      アンペア数の目安を求める方法

家電を上手に使ってアンペア数を下げましょう

前述の通り、ピークの家電のアンペア数は、あくまで二つ以上同時に使用しない場合の数値です。料理をするときに必ず電子レンジと電気ケトルを併用するという場合は、ピークの家電は二つの合算値になってしまいます。

電気料金の契約アンペア数を抑えるポイントがあるとすれば、やはりこのピークの家電になります。一人暮らしの方ならともかく、ご家族で生活されている場合、どうしても家電の同時使用は避けられません。それでも、家庭内で電子レンジとドライヤーは同時に使わないといったルールを設けるなどしてピークの家電を減らすことが、契約アンペア数削減のカギになります。

電力会社によってはお得なプランがあることも

前項で解説した通り、基本的に契約アンペア数と基本料金は比例の関係にあります。しかし、電力会社によっては高い契約アンペア数でも安く電気を使用できるプランが用意されている場合があります。

代表的なものでは『定額プラン』を取り扱っている電力会社があります。これはインターネットの使用料のように、規定量の範囲内であれば使用電力に関わらず電気料金が一律になるというプランです。従来の従量課金制(使ったら使った分だけ電気代が発生)に比べて、大量に電気を消費するご家庭に向いているプランと言えます。

もう一つ、時間帯によって電気料金が変わるプランも各社から提案されています。これはたとえば日中と夜間とで電気の使用料が異なり、総じて夜間の方が安く電気を使えることの多いプランです。日中家を空けていて、帰宅後夜間のみ電気を使用するといった方はこのようなプランに変更すると電気代を抑えやすいとされています。
その詳細につきましては「電気代の安い時間帯は?料金プランを見直して電気代削減に役立てる! 」もご覧ください。

アンペアを変えたときの注意点

電気料金の契約アンペアを下げた場合、当然従来のように平行していくつも家電を使用することはできなくなります。以前の感覚で家電を同時使用してブレーカーが切れてしまわないよう注意しましょう。

また、契約アンペアの変更には多くの場合、ブレーカーの交換が必要になります。新しい契約アンペアに対応したブレーカーを取り付けなおさなければなりませんが、ブレーカーの交換には電気工事士の資格が必要な場合があり、無許可での交換工事に罰則が科せられる可能性があります。ブレーカーの交換は資格を持った専門業者に依頼するのが無難です。
      アンペアを変えたときの注意点
     
     

     
     

まとめ

電気代の契約アンペアについて、基本的な知識をここまでご紹介してきました。下記に要点をまとめます。

・契約アンペアは同時に使用できる家電の消費電力の総量
・契約アンペアを見直す際は、ベースの家電とピークの家電に分けて考えると適正アンペアがわかりやすい
・電力会社の中には、定額プランや時間帯による割引プランなどを取り扱っているところもある。
・契約アンペアの変更にはブレーカーの交換が必要な場合が多い。交換には資格が必要なので専門業者に依頼するのが無難。

消費電力の見直しは、無駄にしていた電気に対して改めて向き合う絶好の機会かもしれません。ぜひ一度、ご自宅でどのくらいの電気を消費しているのか確認してみてください。

電気工事を依頼できる業者や料金

  
依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「電気工事」をご覧ください。

電気工事にスピード対応!
到着まで 最短10分で駆けつけます!
※対応エリアや加盟店によって変わります
毎日の生活に欠かせない電気。交換や設置、電気がつかないといった急なトラブルなど…電気工事は様々です。生活110番ならあらゆる電気工事に対応!すぐに駆け付けいたします。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
電気がつかない・コンセントを追加・漏電など。あらゆる電気工事をお任せください。
電気工事 5,000円 (税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:かなで
専門用語を使わず、分かりやすく解説することをモットーとしている。日々SNSなどを駆使して情報を収集し、旬な情報を集めるのを得意としている。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
2投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-11-27 15:01:52
https://www.seikatsu110.jp/electrical/et_electrical/18012/
各種電気工事
月々支払う電気料金をもっと安くしたい」「電気の使用を控えているのになかなか電気代が安くならない……」そんなときは、『契約アンペア数』を見直してみましょう。料金明細に記載されている電気の契約アンペア数は、電気代の基本料金に大きく影響する重要な部分です。もしも日常生活で同時に使用する家電製品が少ないときは、契約アンペアを下げることで電気代をぐっと抑えることができるかもしれません。本コラムでは、契約アンペ...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

各種電気工事 電気工事

電気工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

電気工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!