生活110番ニュース 各種電気工事

このエントリーをはてなブックマークに追加

電気代の内訳は?電気代の計算方法を知れば節約になるかも…!

投稿日:2017-11-09 更新日:2018-11-27

今さら聞けない、オール電化とは?オール電化のメリット・デメリット

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

一般の住宅や賃貸などで毎月支払う電気代。人数や電気の使用量に応じて変動しますが、細かい内訳や計算方法を知る方は少ないのではないでしょうか。

そこで今回は、電気代の内訳と計算方法をご紹介します。しっかり計算できれば、月々の電気代の節約になる可能性があるので、是非参考にしてみてください。

電気代の内訳

まず、電気代の内訳がどのようになっているのかを説明してきます。しっかり理解することで、どのように電気代を計算したらいいのかが理解しやすくなるはずです。

電気代は、エアコンや各種家電などの電力使用量に基づいて計算されます。

暑い時期は通常よりも多めにエアコンを稼働させ、冬には暖房やこたつなどの電力使用量が多くなる傾向があります。

毎月届く請求書には、どの機材の電力をどのくらい使用したなどの詳細な情報が記載されていませんが、割合としては以下の順で多くなるとされています。

エアコン>照明器具>冷蔵庫>テレビ

エアコンや照明器具は稼働率が高い傾向があります。

また、冷蔵庫も常に稼働していますが、消費電力が少ない商品などが発売された影響もあり、今後は消費電力が少なくなることも考えられます。

テレビについては、全く見ないという方は電力使用量が少なくなりますが、頻繁に見る方やテレビゲームなどを好むという方は、割合が大きくなります。
      電気代の内訳

電気代の計算方法

電気代をなるべく節約したいとお考えの場合は、電気代を計算することが大切です。

明確な数字を算出することで、どの機材の使用を抑えればいいのかがわかり、節約の有効な手段が見つかるでしょう。

基本的な電気代の計算方法は、「消費電力×電気量料金×電気使用量+基本料金+その他の料金」となっています。

消費電力は、家電などの商品に貼られているシールなどに記載されていることが多いです。その数字をもとに1ヶ月にかかる消費電力を求める必要があります。

電気量料金については、契約されているプランに応じて変動します。電力会社ごとに設定されている料金単価を目安に求めましょう。地域によって単価も変動するため、しっかり確認してから計算することが大切です。

その他の料金は、再生可能エネルギーを買い取るための費用や、割引額、燃料費調整量などが挙げられます。
      電気代の計算方法

電気代計算の具体例

基本的な電気代の計算方法をご紹介してきました。

ここからは、具体的な計算例をご紹介し、電気代の計算をさらに明確にしていきます。

エアコンや冷蔵庫、テレビなども、商品に記載されている消費電力を参照に、何時間稼働させたかを細かく計算して割り出しましょう。

そして、住んでいる地域ごとの設定された基本料金を確認して足します。

例えば、洗濯機を週2回稼働させると、以下のような計算ができます。

洗濯機の消費電力×回数×月

他の家電も同様に計算し、細かく割り出します。消費電力を抑えるための有効な方法は「電気料金を節約しよう!照明が電気代を高くする?家計のための豆知識 」を参照してみてください。

電気会社ごとに電力量料金は異なる

電気会社によってプランや基本料金は異なります。

そのため電気代をしっかり計算して、節約したいとお考えの場合は、適切な業者を選ぶことが大切です。これまでは、地域ごとに電気会社は決められたところでなければ契約できないことが多かったです。

しかし昨今は電力自由化に伴い、自由に電気会社を選ぶことができるようになってきました。

様々な電力会社が消費者に直接電気を販売できるようになり、地域ごとに設けられた大手の電力会社だけではなく、別の業種も電力サービスを提供しています。

電気料金を節約するためには、電気の使用料を減らすことが大切ですが、最適な電力会社を選び、納得のいくプランを選択することも必要と言えます。
      電気会社ごとに電力量料金は異なる

なぜ電力量料金単価は三段階?

月ごとに送られてくる電気料金の明細を見ると、電気量料金単価が三段階に分かれている場合があります。

これは電気の使用量に応じて三段階に分けたものです。段階ごとに料金単価が変動し、使用量が多くなるにつれて単価が高くなるが特徴です。

かつて日本で輸入される原油の価格が上昇し、省エネルギーを余儀なくされることがありました。

それに伴い人々に節電を促す必要があり、基本料金を三段階ごとに分けて、料金設定を高くしたことが理由とされています。

現在でも採用されていることが多く、電気代を計算して節約するための目安として活用することも可能なのです。

まとめ

電気料金は、季節によって変動し、自分で算出することも可能です。また、電力会社ごとに基本料金も異なり、自由に会社を選ぶことができるようになってきました。

そのため、電気料金を節約する際は、最適な業者を選び、自分が一番納得するプランを選択することが重要になります。

そのうえで電気の使用量を抑えれば、毎月の電気代を節約することにつながるはずです。

電気工事を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「電気工事」をご覧ください。

電気工事にスピード対応!
到着まで 最短10分で駆けつけます!
※対応エリアや加盟店によって変わります
毎日の生活に欠かせない電気。交換や設置、電気がつかないといった急なトラブルなど…電気工事は様々です。生活110番ならあらゆる電気工事に対応!すぐに駆け付けいたします。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
電気がつかない・コンセントを追加・漏電など。あらゆる電気工事をお任せください。
電気工事 5,000円 (税抜)~


相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:たくぞう
家電の新製品と旧式の違いを発見することが特技。特技が高じて人に伝えたいという思いにいたり、ライターの道を目指すきっかけとなった。家電や電気工事関連の記事を担当。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
3投票,  平均評価値:4.7

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-11-27 16:18:16
https://www.seikatsu110.jp/electrical/et_electrical/17506/
各種電気工事
一般の住宅や賃貸などで毎月支払う電気代。人数や電気の使用量に応じて変動しますが、細かい内訳や計算方法を知る方は少ないのではないでしょうか。そこで今回は、電気代の内訳と計算方法をご紹介します。しっかり計算できれば、月々の電気代の節約になる可能性があるので、是非参考にしてみてください。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

各種電気工事 電気工事

電気工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

電気工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!