生活110番ニュース 各種電気工事

このエントリーをはてなブックマークに追加

街の犯罪抑制の強い味方が防犯灯!設置にはうれしい補助が出ることも

投稿日:2017-11-07 更新日:2018-11-27

街の犯罪抑制の強い味方が、防犯灯!設置にはうれしい補助が出ることも

この記事は1146人に読まれています。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

暗い夜道を照らしてくれる、地域住民の心強い味方をご存知ですか?道を照らすことで犯罪の抑制や、犯罪検挙に一役買っているのが「防犯灯」です。防犯灯は主に、国や自治体によって管理維持されています。当然電気を使うものですから電気代は安く済ませたいですよね。

実は防犯灯にも省エネのもがあり、昨今導入する例が増えてきているのです。さらに市町村には設置に当たり補助を出してくれるところもあります。今回はそんな防犯灯について解説していきます。

防犯灯とは?

防犯灯は防犯を目的として街路などに設置される街灯のことです。防犯灯の防犯性能は「優良防犯機器認定制度(RBSS)」にも認められています。優良防犯機器認定制度は日本防犯設備協会によって定められている制度で、機器が犯罪抑止・犯罪発生後の対処・追跡に関する、犯罪検挙等に効果的な防犯性能をもつ場合に認められるものです。

このことから防犯灯には、高い防犯性能があることがうかがえます。実際、夜道に灯りがないと人目がつきにくく不安になりますが、防犯灯があるだけで状況がよくわかるため犯罪の抑止につながります。

防犯灯の維持・管理方法はさまざまで、国が設置し管理する場合や、自治体が設置し管理する場合などがあります。いずれにせよ、灯りが少なく不安な夜道がある場合は国もしくは自治体に相談するとよいでしょう。
      防犯灯とは?

街路灯や防犯灯の省エネ方法

すでに公園や街路で使われている街路灯・防犯灯は、取りかえて省エネ化することができます。

LEDで省エネ

街路灯・防犯灯を省エネ化したいときは、LEDに取りかえるのがよいでしょう。LEDは水銀ランプや白熱電球より効率的で、消費電力が小さい特徴があります。少ない電力で明るさを長期間確保できるため、街路灯・防犯灯に向いているといえます。

たとえば200Wの水銀街路灯の場合、同等の明るさをもつのは59WのLED街路灯です。これにより、年間10,000円以上電気代を削減することができます。

ソーラーライト

電気を自分で作り出すソーラーライトの導入も省エネになります。日中は太陽光パネルで発電し、内蔵されているバッテリーに蓄電しておきます。そして太陽が沈んで暗くなってきたところで、蓄電した電気を使って夜間照明として機能します。

最近のソーラーライトでは長寿命低消費電力のLEDが使われており、明るさもしっかり確保することができます。また電源が独立しているため、震災が起こった際にも活躍してくれる照明です。

LED防犯灯の選び方

自治体などが街路灯を設置する場合は、自分たちで防犯灯を選ばなくてはなりません。防犯灯を選ぶ基準には何があるのでしょうか。ここでは、防犯灯を選ぶ基準について解説します。

消費電力で選ぶ

昨今では省エネ・節電への関心の高まりなどから、国や自治体でもLEDが積極的に採用されています。その背景から電気料金について、平成23年12月より街路灯・防犯灯が属する「公衆街路灯A」というカテゴリに「10Wまで」という料金区分が追加されました。

これは街路灯防犯灯を使う際に、消費電力が低いほど電気代が安く済むということです。このことから防犯灯を、消費電力の観点から選んでみてもよいかもしれません。

場所に応じた明るさで選ぶ

消費電力にこだわることもよいですが、こだわった結果、夜道を照らすには暗い照明を選んでしまっては本末転倒になってしまいます。

防犯設備協会では防犯照明の明るさとしてクラスAからクラスBまでを推奨照度としています。「クラスA」は4m先の歩行者の顔(目・鼻・口)が認識できる明るさで、「クラスB」は4m先の歩行者の挙動姿勢や顔の向きなどがわかる明るさとされています。地域の住民の安心安全を守るためにも、なるべく明るい防犯灯を選びましょう。
      LED防犯灯の選び方

防犯灯の点検を忘れずに

防犯灯は設置場所が街路であることから、雨風にさらされやすく故障や劣化しやすい機器です。年に1度は点検をするようにしましょう。

防犯灯の点検は次のような箇所を見るようにしましょう。

・球切れ、故障していないか
・老朽化して落下する危険性はないか
・近くに新しい街路灯が設置され、不要になっていないか

これらは放置しておくと、街頭犯罪の増加や事故につながるおそれがあります。また電気代がかさんだり環境に悪影響がでたりと良いことがありません。球切れのものは交換し、故障したものは修繕しましょう。落下の危険があるもの、不要なものはなるべく早く撤去・廃止を検討しましょう。
      防犯灯の点検を忘れずに

防犯灯の補助制度がある場所も

市町村によっては防犯灯の取りつけに際して、補助金を給付しているところもあります。

たとえば名古屋市なら、8灯を上限に市からLED防犯灯を現物支給しています。さらに設置に費用がかかる場合は1灯につき5,000円まで補助をするとしています。現物支給以外のLED防犯灯を設置する場合は、3灯を上限に10,000円の補助が出るそうです。

このような補助制度を設けている市町村は多く、市のホームページなどで公布しています。地域の団体で防犯灯をつけようとなった場合はこういった制度を使って、LED防犯灯を購入することを検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

地域の安全を守る防犯灯は、国や自治体によって管理・維持されています。自治体に属する人は自分たちで、省エネなどに配慮しつつ防犯灯を選ばなくてはなりません。

防犯灯を選ぶポイントは消費電力と明るさです。なるべく電気代がかからないように10W以下の防犯灯を選ぶと電気代を抑えられるはずです。LEDが決まったら、市町村の制度を使って設置しましょう。

多くの市町村でLED防犯灯の設置が推奨されており、補助金を給付しています。自分の地域にもそういった制度があるかは、各市町村のホームページで確認できます。設置の予定が決まったら業者に依頼して取り付けを行いましょう。

電気工事を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「電気工事」をご覧ください。

電気工事にスピード対応!
到着まで 最短10分で駆けつけます!
※対応エリアや加盟店によって変わります
毎日の生活に欠かせない電気。交換や設置、電気がつかないといった急なトラブルなど…電気工事は様々です。生活110番ならあらゆる電気工事に対応!すぐに駆け付けいたします。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
電気がつかない・コンセントを追加・漏電など。あらゆる電気工事をお任せください。
電気工事 5,000円 (税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:こうた
家電やガジェットにこだわりがある。パソコンの使用歴が長く、インターネットや周辺機器のアドバイスやトラブル対応もお手のもの。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-11-27 16:19:23
https://www.seikatsu110.jp/electrical/et_electrical/16965/
各種電気工事
暗い夜道を照らしてくれる、地域住民の心強い味方をご存知ですか?道を照らすことで犯罪の抑制や、犯罪検挙に一役買っているのが「防犯灯」です。防犯灯は主に、国や自治体によって管理維持されています。当然電気を使うものですから電気代は安く済ませたいですよね。実は防犯灯にも省エネのもがあり、昨今導入する例が増えてきているのです。さらに市町村には設置に当たり補助を出してくれるところもあります。今回はそんな防犯灯...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

各種電気工事 電気工事

電気工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

電気工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!