生活110番ニュース 各種電気工事

このエントリーをはてなブックマークに追加

漏電ブレーカーが復旧しない!?誰でもできる簡単チェック方法

投稿日:2018-11-27 更新日:2019-03-20

漏電ブレーカーが復旧しない!?誰でもできる簡単チェック方法

この記事は2208人に読まれています。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

ふとした瞬間に落ちてしまうことがあるブレーカー。停電の時以外にも様々な理由で落ちることがありますよね。特に新しい電化製品を使おうとしたときに、同じコンセントから電気を取り過ぎてブレーカーが落ちるなんてことも。そんな時は使用する機器やコンセントに気をつけてブレーカーをあげれば良いですが、今回はそんな原因ではなく、ただブレーカーをあげるだけでは治らないものについての対処法をお伝えします。

ブレーカーがなぜ落ちたのかを確認しよう

ブレーカーがなぜ落ちるのかはご存じですか?基本的によくあるのが、回路ごとの電気容量を超えてしまったときに落ちるもの。同一回路に大量の電気が流れてしまうのを防ぐためブレーカーが落ちるという事象です。
他にもブレーカーには種類があり、特に注意しなければならないのは漏電ブレーカーです。あまり聞いたことがないかもしれませんが、実はとても大事なブレーカーで、漏電があると危険なだけでなく漏れている分だけ電気代を払わなければならないので無駄な出費にもなってしまいます。
漏電は意外と簡単に起こりえます。雨の日が続いた湿気の多い日に、コンセントから電気が漏れてしまう。エアコンの故障により不自然な電気の流れ方をしてしまうなど簡単に起こってしまうものばかりです。漏電は電気を無駄にしてしまうだけでなく、感電の可能性もあるので注意が必要です。

漏電ブレーカーが復旧しない!?誰でもできる簡単チェック方法

 

漏電ブレーカーが落ちたときの対処法

多くの場合、漏電ブレーカーが落ちているなら漏電箇所を探して業者を呼ばなければいけません。多くの場合、自分で直せるような箇所や部品ではないためです。ただ、漏電ブレーカーが落ちると家中の電気が使えないので困ってしまいます。そのため、漏電している箇所以外のブレーカー復旧を試みましょう。

まず、安全ブレーカーを全て切り、漏電ブレーカーを入の状態にします。次に、安全ブレーカーを一つずつ入にしていき、漏電ブレーカーが下がらなければまた次の安全ブレーカーを、漏電ブレーカーが下がればその回路で漏電しているということですので、その安全ブレーカーを切ったままにして他の安全ブレーカーは入にしても大丈夫です。その状態でブレーカーのところに書いてある電話番号などに電話して修理に来てもらいましょう。

 

それでも復旧しないときは

ブレーカーの故障やどこかが断線している、電気設備の不良、絶縁体の劣化による漏電など、どうやってもブレーカー復旧ができないときはあります。
そんなときは契約している電力会社に電話して相談してみましょう。設備の問題であれば無償で直してくれますし、その他の修理でもスムーズに直してもらえるでしょう。

また、意外と盲点なのが家電製品の故障による漏電です。これは気づかないことが多いですし、どうしてもブレーカーが落ちるとブレーカーのみに注意がいってしまいがちです。古いエアコンや冷蔵庫が壊れていないか、まずはコンセントを外してブレーカーをあげてみるといったことを試してみましょう。

 

まとめ

以上、ブレーカーが落ちたときの対処法でした。時と場合によって冷静に対応することが大切です。落雷や工事の停電とは違い、単純にブレーカーをあげて戻せば良い場合と、漏電といった危険な場合もあるということが分かってもらえたと思います。
電力会社などに修理を依頼するのも良いですが、対応の早さは電気工事業者に依頼するほうが早く、安く済むかもしれません。まずは上の手順をしっかりと丁寧に踏み、本当に原因の分からないブレーカー落ちということを確認してからでも良いですし、色々触ったりするのが怖い場合は最初から頼んでしまうのも良いでしょう。

工事業者を探す手立てとして「生活110番」の「電気工事」をご利用ください。

電気工事にスピード対応!
到着まで 最短10分で駆けつけます!
※対応エリアや加盟店によって変わります
毎日の生活に欠かせない電気。交換や設置、電気がつかないといった急なトラブルなど…電気工事は様々です。生活110番ならあらゆる電気工事に対応!すぐに駆け付けいたします。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
電気がつかない・コンセントを追加・漏電など。あらゆる電気工事をお任せください。
電気工事 5,000円 (税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:かなで
専門用語を使わず、分かりやすく解説することをモットーとしている。日々SNSなどを駆使して情報を収集し、旬な情報を集めるのを得意としている。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
0投票,  平均評価値:0

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-03-20 11:58:07
https://www.seikatsu110.jp/electrical/et_electrical/123671/
各種電気工事
ふとした瞬間に落ちてしまうことがあるブレーカー。停電の時以外にも様々な理由で落ちることがありますよね。特に新しい電化製品を使おうとしたときに、同じコンセントから電気を取り過ぎてブレーカーが落ちるなんてことも。そんな時は使用する機器やコンセントに気をつけてブレーカーをあげれば良いですが、今回はそんな原因ではなく、ただブレーカーをあげるだけでは治らないものについての対処法をお伝えします。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

各種電気工事 電気工事

電気工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

電気工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!