生活110番ニュース 各種電気工事

このエントリーをはてなブックマークに追加

揺れの中で電源を切るのは難しい!感震ブレーカーと補助金について

投稿日:2018-04-04 更新日:2018-11-27

揺れの中で電源を切るのは難しい!感震プレーカーと補助金について

この記事は1265人に読まれています。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

地震大国といわれる日本では、毎年のように大きな揺れが観測されています。
そして地震の怖さはその揺れだけではなく、揺れの影響で起こる二次災害にあります。
とくに強調されるのが火災ではないでしょうか。
例えば1995年1月に発生した阪神・淡路大震災(兵庫県南部地震)では、広い範囲で火災が発生しました。

揺れが収まったら火を止めなさいと言われた経験も、そんな火災予防のためです。
しかし地震で起こる火災、その半数以上が電気によるものとはあまり知られていません。
そして、電気による火災は防ぐことができる、というのも知られていない事実です。
予防法のひとつに、感震ブレーカーがあります。
近年では感震ブレーカーに補助金を出す自治体も増えており、興味を持って調べている方もいるのではないでしょうか。

今回はそんな感震ブレーカーの役割と、設置で出る補助金について見ていきましょう。

地震で怖い火災!その原因が電気にある?

感震ブレーカーに補助金が出るといっても、お金をかけてまで設置する意義がつかめない場合も多いでしょう。
しかし地震での火災事例を見てみると、感震ブレーカーは大きな役割を果たすと考えられるのです。
ではまず、なぜ地震で火災発生するか見ていきましょう。

電気器具の転倒やショートで火災が!

地震の揺れで電気器具が倒れることで、コードに力がかかって断線することが少なくありません。
このコードの断線によってショートで火花が出るなど、火災へとつながっていく可能性が意外と大きいのです。

地震の揺れといえばガスコンロの印象が強いかもしれませんが、現代では揺れにより自動でメーターが止まります。そのためガス関連の火災は少なくなっているといえるでしょう。

電気復旧時の火事が意外と多い!

電気・水道・都市ガスの三大ライフラインでは、電気の復旧が一番早いといわれています。
逆に言えば避難した際、家の片づけが始まるよりも早く電気が復旧する可能性も高いといえます。
このとき、怖いのが電気復旧時の火災、いわゆる通電火災です。
先ほど取り上げたように、地震によって電気器具のコードなどが断線していることは少なくありません。
そのため電気が復旧したとき、この断線部分がショートして火が出るおそれがあるのです。

火事をふせぐためにはブレーカーが大切!

地震による火災、とくに通電火災を防ぐには分電盤のブレーカーを落とすことが大切です。
分電盤のブレーカーを落とせば家全体の電気が遮断されるため、電気が復旧してもブレーカーを上げない限り電気器具へ電流が流れていくことはありません。

そのため地震に限らず、避難時にはブレーカーを落としてから避難することが呼びかけられています。
しかしいざ避難というとき、ブレーカーまで意識がいかない可能性も考慮しなければなりません。
とくに地震によって停電しているとき、ブレーカーが落ちているか確認を忘れる可能性も捨てきれないでしょう。
そのため地震の揺れによって電気を遮断する感震ブレーカーが注目され、自治体によっては感震ブレーカーに補助金を出すこともあるのです。

       地震で怖い火災!その原因が電気にある?   

どのくらいの地震で感震ブレーカーは遮断されるの?タイプとともに解説

分電盤内蔵型

これには内蔵タイプと後付けタイプがあります。
 
内蔵タイプは感電ブレーカーが内部分電盤の内部に取り付けてあります。
揺れを感知したらブレーカーを落として通電を切ってくれます。

他にバリアフリーというタイプがありますが、こちらは通電を切ってくれる機能の他に、地震が起きた時に音声で危険を知らせたり、などの付加機能があるタイプです。

ただ即座に止めてくれるわけでなく、待機時間が3分間ほどある感震ブレーカーも多いです。
3分間という時間は大事なデータが消えてしまわないようにパソコンの電源を落とすなど、余裕時間として設けられています。
ただ、設置は自身で行うのは難しいため、業者に依頼することが必要となります。
 
次に後付けタイプですが、分電盤に設置する増設機器です。
屋内配線をいじる設置になるのでこちらも電気工事士の資格を持った業者の工事が必要となりますが、分電盤ごと変えるより比較的安価で済みます。

分電盤簡易型

こちらは、バネやおもりでブレーカーを落として通電を切るといったタイプですね。
 
ただ、この簡易タイプは揺れが起こると紐が引っ張られて電源が切られる仕組みでできているので、少し精度が落ちます。
利点は、取り付けが簡単で工事も不要なところです。

コンセント型

揺れを感知するとコンセントの通電のみを切るタイプです。
そのため、電気機器すべて止まるわけではないので利点としては、コンセントごとに電気のオン・オフができます。
電気を切りたくない「医療機器」などのコンセントには設置しないなどの選択ができます。
コンセント型は工事が必要になるものと、不要なものがあります。

       感震ブレーカー設置には補助金が出る?

感震ブレーカー設置には補助金が出る?

自治体による補助制度

それぞれの自治体による補助制度はあります。
補助金については自治体ごとに異なりますので、ホームページやお電話などでお住まいの地区がどういった制度を行っているのか調べる必要があります。
また、補助は自治体の予算にもよるので早めの申請をお勧めします。
 利用の流れなども異なってくるので、ご面倒だとは思いますが調べてみてください。

対象となる種類を指定している場合が多い

対象としているタイプは内蔵タイプ、後付けタイプに限定されている地区が多いようです。高価なため導入しにくい分電盤内蔵タイプに補助金を当てるか、後付けで補助金を抑えられる分多くの世帯への導入を目指すかは自治体によって判断が分かれています。一度お住いの自治体に確認してみましょう。

感震ブレーカー設置にはどのくらいの費用がかかる?

感電ブレーカーの設置費用の相場はタイプによって異なってきますが、分電盤内蔵型であれば、およそ5万円~8万円。
後付けであれば2万円前後のようです。

分電盤簡易型は大体3,000円~4,000円の幅です。

コンセント型ですが、こちらの費用相場は種類によってだいぶ差があるようで、約5,000円~2万円程度となっています。

       .感震ブレーカー設置にはどのくらいの費用がかかる?

まとめ

地震が起きた時、防災は大事な要素になります。
感震ブレーカーの設置率はまだまだ低いものの、その意義から感震ブレーカーへの補助金制度を実施している自治体が増えています。この機会にお住まいの地区がどういう補助を調べてみてはいかがでしょうか。
自治体の中には、世帯の90%が感震ブレーカーを設置しているという成果をあげている所もあるようです。

ちょっとの揺れでも恐怖を感じる地震。
大きな災害につながった時に、地震から逃れることができたとしても、火災に巻き込まれて大きな傷を負ったり、最悪の場合、命を落とすことにもなります。

地震災害による火災は半数以上が電気が原因になっています。
とくに通電時の火災発生を抑えるよう避難時にはブレーカーを落とす意識を持つとともに、自動でブレーカーを落とす感震ブレーカーの導入も検討してみてください。

分電盤工事を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「分電盤工事」をご覧下さい。

分電盤工事はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
分電盤工事はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:こうた
家電やガジェットにこだわりがある。パソコンの使用歴が長く、インターネットや周辺機器のアドバイスやトラブル対応もお手のもの。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
2投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-11-27 16:34:51
https://www.seikatsu110.jp/electrical/et_distribution/60513/
各種電気工事
地震大国といわれる日本では、毎年のように大きな揺れが観測されています。そして地震の怖さはその揺れだけではなく、揺れの影響で起こる二次災害にあります。とくに強調されるのが火災ではないでしょうか。例えば1995年1月に発生した阪神・淡路大震災(兵庫県南部地震)では、広い範囲で火災が発生しました。揺れが収まったら火を止めなさいと言われた経験も、そんな火災予防のためです。しかし地震で起こる火災、その半数以上が...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

各種電気工事 分電盤工事

お住まいの地域の分電盤工事業者を検索

北海道・東北
  • 北海道0
  • 宮城県・仙台市0
  • 青森県0
  • 岩手県0
  • 秋田県0
  • 山形県0
  • 福島県0
関東
東海
  • 愛知県・名古屋市<0
  • 岐阜県0
  • 三重県1
  • 長野県0
  • 静岡県0
北陸
  • 新潟県0
  • 福井県0
  • 石川県0
  • 富山県0
関西
  • 大阪府0
  • 京都府0
  • 兵庫県・神戸市0
  • 奈良県0
  • 滋賀県0
  • 和歌山県0
中国・四国
  • 広島県1
  • 岡山県0
  • 山口県0
  • 鳥取県0
  • 島根県0
  • 徳島県0
  • 高知県0
  • 愛媛県0
  • 香川県0
九州
  • 福岡県1
  • 長崎県0
  • 佐賀県0
  • 熊本県0
  • 大分県0
  • 宮崎県0
  • 鹿児島県0
  • 沖縄県0

詳細検索で探す

分電盤工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

分電盤工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!