生活110番辞典 各種電気工事

このエントリーをはてなブックマークに追加

費用はどれくらいかかるの?アンテナ工事の意外な価格

費用はどれくらいかかるの?アンテナ工事の意外な価格

アンテナを購入したら設置は必ず必要です。工事費用の相場はご存知ですか?アンテナ本体が安かったからといって、工事費用が予想以上に高くなることもあります。業者によって、値段も様々なので、自分で少し知っておくと工事費用が抑えられるかもしれません。
ここでは費用がいくらかかるのか、アンテナ工事にはなにが必要になるのかを紹介していきます。

アンテナ別工事費用の相場

相場といっても、どのアンテナを設置するかによっても費用は異なります。ここからは、アンテナの種類と施工費用の相場について見ていきましょう。

地デジ(UHF)アンテナの工事費用

地デジアンテナの場合は万円台の相場が多いです。アンテナ本体だけで安価なものもありますが、しっかりと見極めないと品質が悪い場合もあります。アンテナ本体で1万円前後が人気だと言われています。

VHFアンテナの工事費用

VHFアンテナはアナログ放送を受信していたアンテナのことで、デジタル放送に移行してから不必要になりました。しかし骨組み状のアンテナなので、劣化により落下したり倒れたりする危険もあります。使っていないのであれば撤去が必要になります。
アンテナやマスト、馬車馬などの撤去費用がかかります。加えて処分費用もかかります。2つの費用を合わせて5千円~2万円前後が相場です。

アンテナ別工事費用の相場

BS/CSアンテナのベランダへの取りつけ費用

BSやCSはいろいろな番組が放送されているため、設置を考えている方もいらっしゃるでしょう。BS/CSアンテナは屋根ではなくベランダへの設置も可能です。しかし、ベランダの構造によって値段も変わります。

アンテナ別工事費用の相場
Photo by Amazon

・格子に取り付けられる場合
取付金具の値段は2,000円程度です。そこに工事費がプラスされるため、安くて1万円程度で行われます。
・コンクリートベランダ
コンクリートでも設置可能ですが、挟み込みの金具が必要となるため2万円弱くらいからと、少し高くなってしまいます。

BS/CSアンテナの屋根への取りつけ費用

屋根に取り付けるには、屋根馬やワイヤーが必要になるうえ、危険な高所作業が必要です。そのぶん費用もかかります。2万円からのところが多いようです。

デザインアンテナの工事費用

デザインアンテナは、その名の通りデザイン性に優れたアンテナです。一見アンテナには見えないすっきりとした外観が特徴で、設置場所を問わず調和しやすいです。
長方形タイプのもの以外にも六角形の形をしているものなどもあり、カラーバリエーションも外壁に合わせて選ぶことができます。工事費用は2万円前後からが多いようです。
アンテナ別工事費用の相場
Photo by Amazon

ブースター追加の工事費用

アンテナ工事だけで済むかと思ったら、ブースターが必要なんてこともあるかもしれません。例えば、地デジアンテナは放送電波を受信していますが、その受信の間に障害物があるかもしれません。また受信距離によっては、受信レベルが低くなる場合があります。十分な受信が確保できてない時にブースターによって電波を増幅することができます。

また最近では、一家に数台のテレビがあるのが当たり前です、十分に電波を受信していても、数台のテレビがあると1台あたりに割り当てられる電波は少なくなります。
1つのアンテナから放送電波を分けるので、共同アンテナが設置されているアパートやマンションなどの住宅では、必ずと言っていいほどブースターが設置されています。
もしブースターの設置が必要となった場合、追加の料金がかかります。1万5千円~4万円と振れ幅が大きいのでしっかりと選びましょう。

アンテナ別工事費用の相場
Photo by Amazon

アンテナ工事費用を抑えるポイント

費用が安く済むなら、それに越したことはありません。業者に頼む際にはしっかりと事前に打ち合わせをすることをおすすめします。
業者に頼む際に費用を安く抑えるポイントを紹介します。

安いアンテナを選ぶ

アンテナはメーカーなどや発売月日によって値段が大きく変化します。もしアンテナは最新のものでなくていいという方は、業者に安いモデルにしてもらうように頼んでみるといいでしょう。

撤去作業は省く

古い配線は支障がなければそのままでも問題ないことが多いです。
古いアンテナが設置してあり、新しいアンテナの設置に問題なさそうであれば、そのままにしておいて、また別の機会に撤去する方法もあります。アンテナ設置業者に問題がないか確認してもらい、それから判断するとよいでしょう。

当たり前ですが、さまざまな工事を同時に行えば費用はかさみます。省くことができるものを知っていることで、費用を減らすことも可能になるかもしれません。

アンテナ工事費用を抑えるポイント

アンテナ工事にかかる期間

設置場所や業者によって時間は異なりますが、施工にかかる時間は次のとおりです。
UHFアンテナ新規工事    約1.5時間
デザインアンテナ新規工事  約 1.5時間
屋根裏アンテナ設置 約1.5時間
BS/CS取り付け工事セット 約 2時間
ブースターの設置 約30分

短く感じられるかもしれませんが、あくまでもアンテナの工事や設置の目安です。正確な時間は、現場を見せて判断してもらいましょう。

アンテナ工事にかかる期間

アンテナ工事のDIYはダメ

設置ぐらいならDIYでできそうですが、かなり危険です。アンテナを設置する際には、アンテナを固定する必要があります。素人が設置するとアンテナの落下や、強風に耐えられないといった危険があります。また、固定には屋根に穴をあける必要があります。素人が屋根に穴をあけてしまうと、そこから雨漏りしてくる危険性もあります。
設置の際には屋根に登ることが多いでしょう。一見そんなに高くない屋根は登ってみると意外と高かったりします。そんな屋根から落下すると、大けがをし、命にかかわる事態になるかもしれません。

他にも、設置には電界強度の知識が必要です。電界強度とは電波の強さのことで、しっかり把握していないとせっかく設置しても視聴できないおそれがあります。

確実に設置をし、安全を保つためにはプロの方に頼んだ方がよいでしょう。

アンテナ工事のDIYはダメ

まとめ

アンテナ工事はしっかりとした業者選びが必要です。施工はもちろん、調査や見積りから丁寧に行う業者を選び、自分の意見も忘れずはっきりと伝えましょう。また自分のライフスタイルにあったアンテナ選びも必要です。

アンテナ工事を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」「アンテナ工事」をご覧ください。

記事の内容はいかがでしたでしょうか。この記事がお役に立てましたら、下の投稿ボタンからご評価ください!
0投票,  平均評価値:0
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017-09-06 14:07:12
https://www.seikatsu110.jp/electrical/et_antenna/7641/
各種電気工事
アンテナを購入したら設置は必ず必要です。工事費用の相場はご存知ですか?アンテナ本体が安かったからといって、工事費用が予想以上に高くなることもあります。業者によって、値段も様々なので、自分で少し知っておくと工事費用が抑えられるかもしれません。 ここでは費用がいくらかかるのか、アンテナ工事にはなにが必要になるのかを紹介していきます。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

各種電気工事

最新記事

おすすめ記事

0120-949-986