生活110番ニュース 各種電気工事

このエントリーをはてなブックマークに追加

アンテナ修理を検討している方へ!気になる修理費用と使える保険について

投稿日:2020-02-21 更新日:2020-03-16

アンテナ修理を検討している方へ!気になる修理費用と使える保険について

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

アンテナ修理を検討する際に、どんなことに注意をすればいいのでしょうか。アンテナの不具合は頻繁に起こることではありません。そのため、いざテレビが映らなくなりアンテナ修理の依頼をしようとしても、どうすればいいかわからないという方も多いようです。

ここでは実際の『アンテナ修理費用の相場について』『自分で修理することの注意点について』『保険について』など、前もって知っておきたい情報を紹介していきます。

アンテナ修理費用の相場

アンテナの修理をお考えであれば、一番に気になるのが費用です。インターネットでいろいろなサイトを見てみると、安く表示されているサイトや高い金額で表示されるサイトがありイマイチよくわからないという声もよく聞かれます。

そこで、ここではアンテナ修理の費用相場をまとめていますので参考にしてみてください。

UHFアンテナの交換

UHFアンテナの本体を交換する場合にかかる費用:1万5千円~2万5千円程度

金額の内訳はおもに、『アンテナ本体の代金』『アンテナ作業費用(アンテナの設置・配線の接続・電波の方向の調整など)』です。この金額は、UHFアンテナ自体に不具合があり修理をしても改善が難しく、アンテナ自体を交換したほうがよいと判断された場合の料金です。

アンテナの作業費用には、固定器具などの部品を交換する必要があるため金額に差があらわれます。

UHFアンテナの再設置

UHFアンテナを外した後、再設置が可能な場合にかかる費用:6,000円~1万円程度

金額の内訳はおもに、『修理に必要なパーツの代金』『作業費用(アンテナの修理・配線の接続・電波の方向の調整など)』です。

アンテナの不調が軽微なものであれば、再利用することもあります。たとえばアンテナを外して状態を確認した際に、ケーブルの劣化が見られるが他には異常がないと判断されればケーブルの交換のみとなり、費用を抑えることが可能です。

BS/CSアンテナの交換

BS/CSアンテナの本体を交換する場合にかかる費用(通常):1万2千円~2万円程度 
BS/CSアンテナの本体を交換する場合にかかる費用(4K8K):5万円~

金額の内訳はUHFアンテナとほとんど同じで、『アンテナ本体の代金』『アンテナ作業費用(アンテナの設置・配線の接続・電波の方向の調整など)』です。通常のものであれば、UHFアンテナよりも価格を抑えて修理をすることができるでしょう。

しかし、4K8KのBS/CSアンテナについては『技術的に難しい』『施工のできる業者がまだ少ない』ことなどから料金が高く設定されています

BS/CSアンテナの再設置

BS/CSアンテナを外した後、再設置が可能な場合にかかる費用:5,000円~6,000円程度

金額の内訳はUHFアンテナとほとんど同じで、『修理に必要なパーツの代金』『作業費用(アンテナの修理・配線の接続・電波の方向の調整など)』です。

BS/CSアンテナはUHFアンテナよりも電波の方向調整が簡単のため、費用を抑えて修理することが可能となっています。

ブースターの交換

ブ―スターの交換にかかる費用:1万5千円から2万5千円程度

金額の内訳は、『ブースター本体の代金』『作業費用(ブースターの交換・配線の接続・調整など)』です。ブースターの設置自体はそこまで難しい作業ではないでしょう。しかしブースターは、電波を増幅すればよりきれいにテレビが見られるというものではありません。

設置するブースターの種類によっても、電波を増幅するためのものやノイズを抑えるためのものなどスペックによっても違います。しっかりと、アドバイスや提案をしてくれる業者を選ぶようにしましょう。

分配器の交換

屋内の分配器の交換にかかる費用:4,000円~8,000円程度
屋外の分配器の交換にかかる費用:8,000円~1万2千円程度

金額の内訳は、『分配器本体の代金』『ケーブルの費用』『作業費用(分配器の交換・配線の接続・調整など)』です。分配器は分配させる数が多くなるほど金額が高くなります。

また、分配器は屋根裏といったような人が入ることが難しい場所に設置していることもあり。作業の難易度によっても金額が変わってくるでしょう。

アンテナの調整・点検

アンテナの調整にかかる費用 4,000円~6,000円程度

アンテナ修理を検討している方へ!気になる修理費用と使える保険について

金額の内訳は『アンテナの角度調整』『アンテナやケーブルなどの確認』です。アンテナ修理のプロは機械で数値を確認しながら正しい位置に角度をあわせて設定します。調整をしっかりおこなうことで以降のアンテナの動作にも違いがあらわれてくるでしょう。

また、細かい異常にもいち早く気づき、軽微な不具合であればその場で修理もおこなってくれます。長期的にみれば調整を定期的におこなうほうが安く済むことが多いようです。

DIYでのアンテナ修理は安い費用で済むかもしれないけど要注意

アンテナ修理の費用が理解できたところで、もっと安く済ませたいと思いませんでしたか。アンテナの修理方法がわかれば、DIYで直すことによってアンテナ修理の費用を安く済ませることが可能です。

しかし、安く済ませたいからといって安易にDIYをすると決めてはいけません。ここでは、アンテナ修理をDIYで直す際の注意点をしっかり見てみましょう。

知識と技術が必要

アンテナの修理をするのであれば知識と技術は絶対に必要です。アンテナ工事はしっかりと工法が決まっていて、きちんと手順通りに設置をしたつもりでも実際にテレビをつけてみたら映らなかったということもありえます。

業者に依頼する場合、知識をもったアンテナ工事のプロが細心の注意をしながら作業をおこないます。ただでさえ作業のしにくい場所で危険をともないながらの作業です。自分でおこなう場合何度も確認しながらの作業になり注意力も散漫になってしまうことが考えられますので、十分注意しましょう。

道具を揃える手間が必要

アンテナの修理には状態にもよりますが必要なものがたくさんあります。『アンテナ本体』『ケーブル』『ブースター』『分配器』『固定用のネジ』など、そのほかにもアンテナの電波を測ることのできるレベルチェッカーがあると便利ですし、屋根によっては足場が必要になることもあります。

このように必要な道具がたくさんありますが、実際になにが必要なのかを判断し、準備をすることは、アンテナ修理に慣れていないと難しいでしょう。

失敗したら費用がさらに必要

作業に慣れていない方が、アンテナ修理をすると失敗してしまうことがあります。単純にテレビが視聴できないだけであればまだよいのですが、ときにはアンテナの不具合をさらに悪化させてしまうことや屋根材を踏み抜いてしまい屋根を破損させてしまうこともあるようです。

そのほかにも、設置がしっかりできておらず風の強い日にアンテナが飛ばされてしまったということも多いので気をつけましょう。落ちたアンテナやパーツなどが人にぶつかってケガをさせてしまったり、近隣のお宅の窓を破ってしまったりなんてことがあってはいけません。

ケガのリスクに注意

アンテナ修理を検討している方へ!気になる修理費用と使える保険について

アンテナは、おもに屋根の上など高い場所に設置することになります。そのうえ、屋根というのは斜めになっているなど不安定な場所が多く、アンテナを修理していたらバランスを崩して地面に落下してしまったなんてことも少なくありません。

屋根にコケが生えていたり瓦がずれてしまったりして、足を滑らせてバランスを崩してしまうことも考えられるため、転倒など十分に注意しましょう。また、転倒以外にも感電やパーツで指を切ってケガしてしまうといったことも懸念されます。

アンテナ修理で使える保険

アンテナ修理は費用がかかるからといって、そのままにしている方もいるかもしれません。実は、アンテナの修理費用は保険を使用することによって返ってくる可能性があります。

ご加入の保険の契約内容に含まれている災害であればアンテナ修理にも保険が適用されることもあるのでぜひ確認してみましょう。

火災保険

まず1つ目が火災保険です。火災保険は住宅用の保険ですが、火災が起こったときに適用する保険だと思っている方も多いようです。実は火災保険はさまざまな災害に使え、雪や風などでアンテナが曲がってしまうような場合にも、それぞれ『雪災保証』『風災保証』が適用されます。

ただし、アンテナ修理に火災保険が適用できないケースもあります。そのため、ご自身がご加入の保険内容を確認してみるか、保険会社に問い合わせてみることをおすすめします。

地震保険

2つ目は地震保険です。地震保険についてはその名の通り地震が要因として考えられる場合に適用される可能性があります。地震で家が大きく揺れて、アンテナが倒壊してしまったときなどには地震保険を使用しましょう。

火災保険も地震保険も保険会社との契約内容によって保証内容が変わってきます。適用範囲外ということもありえますので、アンテナ修理を依頼する前に一度保険会社に事前確認をしてみましょう。

アンテナの修理依頼をするための準備

実際にアンテナの修理が必要な状況になったのであれば、依頼の前になにをすればいいのでしょうか?準備や状況の確認をしっかりとすることで業者との連携がうまくいきスムーズに修理をすることができるでしょう。そこで、続いてはアンテナの修理依頼の前に準備できることをお伝えしていきます。

破損した原因・状況を把握

まずは、破損した原因や状況をしっかりと確認しましょう。たとえば、原因が台風や地震といった自然災害であれば、火災保険または地震保険が適用されることもあります。

また、アンテナが倒れて屋根から落ちそうになっている場合、そのまま放置しておくのは大変危険です。万が一アンテナが落下してしまったら、家族や通行人がケガをしたり、家の窓ガラスを割ってしまったりと二次被害につながる危険性もあるからです。まずは安全をしっかり確保しましょう。

アンテナの破損により生じた問題を整理

続いては、アンテナの破損により生じた問題も見ていきましょう。アンテナの倒壊により、屋根が破損していることも考えられます。その場合は、破損した箇所からの雨漏りが起きるといった二次被害が起きてしまうこともありますので注意しましょう。

またアンテナが倒れていても、テレビはいつも通り視聴できるという場合もあるようです。その場合、軽微な破損なため、アンテナの再利用ができるかもしれません。

しかし、アンテナが一部破損した状態で使用していると劣化しやすく、さらに破損してしまうことも考えられます。そのため、施工業者とよく相談して、必要があるなら新しいアンテナと交換するようにしましょう。

チェックした業者が自分の地域に対応しているか確認

アンテナの修理を業者に依頼しようと思ったら、対応エリアがお住まいの地域に含まれているか確認するようにしましょう。

選んだ業者が対応エリア外の場合、出張してもらえることもありますが、距離が遠いと出張費として金額が上乗せされる可能性もあります。自分が住んでいる地域から近くの業者を選ぶことで、なにかトラブルがあってもすぐに来てもらいやすいでしょう。

業者の保証内容の確認

おもにアンテナを新規設置したときの保証となりますが、設置後『5年間』や『8年間』は不具合が起きても無償で修理をおこなうといった保証を付けている業者も多いです。

注意点としては、補償内容が業者によって異なることです。たとえば、アンテナに関するすべてのことが対象と思っていたら、『アンテナの倒壊』は無償修理でも『テレビが映らない』ことに関しては有償修理になるといったこともあるので注意しましょう。

業者に依頼する前に補償内容をしっかり確認しておくことが重要です。

アンテナ修理のためにスケジュール調整をおこなうこと

アンテナ修理を検討している方へ!気になる修理費用と使える保険について

災害などによってアンテナが破損した場合、前述の通り落下による二次被害が懸念されるため、早めに修理をおこないましょう。ただし、大型台風が発生した後でアンテナ修理が必要になった場合は、他の世帯の方もアンテナ修理を依頼していることがほとんどなので大変混み合います。そのため、早めに予約しておくことが大切です。

予約は電話で可能で、業者によっては最短即日でおこなってもらえるかもしれません。まずは、連絡して希望日を伝えてスケジュール調整をしましょう。

テレビアンテナの修理依頼をおこなう際は生活110番がおすすめ

テレビアンテナ修理なら、生活110番への依頼をおすすめします。その理由の1つ目は、『取り扱っている提携業者数が多い』ことです。テレビアンテナでお困りの方へ希望に沿った、最適な業者を紹介することができます。また、アンテナ修理を安い価格でできる業者を探したいといったご依頼も可能です。

2つ目は『24時間365日受け付け可能』なことです。たとえ真夜中であってもお気軽にご相談が可能です。相談自体はもともと無料なので夜間に割増料金が取られることもありません。業者探しでお悩みなら、お気軽にご相談お待ちしております。

まとめ

このコラムではアンテナの修理について、前もって知っておきたい情報をご紹介してきました。相場を知ることで実際にアンテナ修理の業者に依頼をするときに割高なのかどうかなどを判断しやすくなるでしょう。

生活110番ではさまざまな業者の中から選りすぐりのアンテナ修理業者を紹介しています。業者選びにお困りなら、ぜひ弊社にお任せください。

【掲載料金は消費税を含んでおりません】

【記載情報はコンテンツ作成時の情報です】

アンテナ工事即日対応可能
現地調査・お見積り無料!
※対応エリアや加盟店によって変わります
テレビの不具合の原因はアンテナにある場合も!そんな時はプロにお願いして解決してしまいしょう!8年間 の長期保証もあるので、万が一も安心です!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
※天災・災害・お客様の過失によるものは施工保障対象外となります。
アンテナ工事 8,000円(税抜)~
この記事を書いた人
編集者:たくぞう
家電の新製品と旧式の違いを発見することが特技。特技が高じて人に伝えたいという思いにいたり、ライターの道を目指すきっかけとなった。家電や電気工事関連の記事を担当。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-03-16 16:05:39
https://www.seikatsu110.jp/electrical/et_antenna/188892/
各種電気工事
アンテナ修理を検討する際に、どんなことに注意をすればいいのでしょうか。アンテナの不具合は頻繁に起こることではありません。そのため、いざテレビが映らなくなりアンテナ修理の依頼をしようとしても、どうすればいいかわからないという方も多いようです。ここでは実際の『アンテナ修理費用の相場について』『自分で修理することの注意点について』『保険について』など、前もって知っておきたい情報を紹介していきます。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

各種電気工事 アンテナ工事

アンテナ工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

アンテナ工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!