生活110番ニュース 各種電気工事

このエントリーをはてなブックマークに追加

アンテナ工事にかかる時間はどれくらい?

投稿日:2020-02-21 更新日:2020-03-16

アンテナ工事にかかる時間はどれくらい?

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

アンテナ工事の時間は、短くても2時間はかかると考えておきましょう。作業に立ち会う場合は、最低2時間は家にいなければならないのです。それを踏まえた上で、都合のいい日に業者へ依頼しましょう。

この記事では、アンテナ工事にかかる時間についての理由と、業者に依頼した場合の設置完了までの流れから、アンテナの種類と費用までご紹介いたします。快適なテレビの視聴をおこなうためにお役立てください。

テレビアンテナの工事にかかる時間

アンテナ工事の時間は、業者に依頼した人の場合、とても気になることだと思います。作業に立ち会う場合は、完了するまで家から離れることはできないからです。

どれくらいで施工が終わるのか大体予測がつけば、施工日をいつにするか決める幅も広げることができます。ここではアンテナ工事の時間について、目安となる時間から長時間かかってしまう理由などをご紹介いたします。日程調整にお役立てください。

目安は2~3時間

テレビアンテナの設置工事の目安は、およそ2時間~3時間です。しかし、取り付けるアンテナの種類や設置する場所によっては、早く済む場合もあれば遅くなる場合もあります。たとえば、もっともポピュラーな種類とされる八木式アンテナだと早ければ1時間ほどで済みます。一方、BS放送や4K放送など設置場所や方向に繊細な調整が必要なものになると、3時間を超えてしまうことが多いのです。

また、悪天候のときも、時間がかかってしまうケースが多いとされています。軽度の風雨であれば中止されることなく作業は始められる場合が大半ですが、高所からの転落などを避けるためにスタッフの動きは慎重になるからです。

古い家は半日以上かかることも

古い家は半日以上かかることも
アンテナは基本的に屋根の上に設置します。建造されてから年数が経っていなかったり、外からはしごを立てかけて問題なく登っていけたりする場合は、問題なく作業ができるため目安どおりに完了する場合が多いです。

一方、築年数が随分と経っていて建材が壊れやすくなっていると、スタッフは屋根の上までいくのに慎重にならなければならないため、目安以上の時間がかかる場合があります。

アンテナ工事の流れ

基本的なアンテナ工事の流れを把握していれば、予想以上に作業時間がかかってしまっているときに、何が原因なのかがわかります。業者が余計な作業をしているのであれば、指摘することで作業スピードを速めることができるといったこともあるのです。ここでは一般的な業者がおこなう施工の流れをご紹介いたします。お役立てください。

1.現場の状況を確認

アンテナ工事業者は、現場まで来たら最初に、テレビの台数や配置の把握をおこないます。台数や配置次第ではアンテナから伸びるケーブルを分岐させたり、分配器といった機器を設置したりしなければならないからです。

また、屋根の上の状況確認もおこないます。測定した電波状況をかんがみて、もっともアンテナを設置するのに適している場所がゴミなどで汚れている場合は、まず掃除からやらなければならないからです。仮に設置が難しいのであれば、外壁上部や屋根裏など、別の場所に取り付けることも検討しなければなりません。

2.アンテナの種類と取り付け位置を決定

2.アンテナの種類と取り付け位置を決定

アンテナは何を視聴するかによって種類が異なります。BSやCS放送・4K放送では、それぞれ周波数の異なる電波のため、専用のアンテナがあるのです。どういった放送を視聴したいのか、業者が現地調査・見積りに来たときには話せるようにしておきましょう。

アンテナによっては、ただ屋根の上に設置すればよいわけではありません。BSやCSなどのアンテナは、都市ごとに向けるべき角度が決まっています。その角度から少しでもずれてしまうと、視聴できません。屋根では正しく設置できない場合は、ほかに取り付けられる場所を探すことになります。

3.設置作業

施工当日になったら、業者は現地調査の際に決めておいた設置箇所に、アンテナを取り付けます。まずは固定金具を設置箇所に取り付けます。必要な場合は建材に穴を開けての取り付けになりますが、優良な業者であれば取り付けた後にシーリング材でしっかりと穴埋めしてくれるため安心してください。

次に、アンテナは固定金具に取り付けます。必要な電波をしっかりと受信できる方角を向けて取り付けたら、動かないように固定します。テレビ映りを確認した際に正常でなければ角度の微調整をおこなう必要がありますが、ひとまずはこれで設置作業は完了です。

4.テレビ映りの確認

アンテナを設置したからといって、テレビが正常に映らないようであれば、意味がありません。そのため、アンテナを取り付けたあと、スタッフは依頼主の許可を得てから自宅に上がり、直接テレビを見て問題ないかどうか確認します。仮に問題があれば、アンテナの角度の微調整をおこなうのです。問題が何もなければ、工事は完了となります。

5.精算

無事に工事が終われば、その場で料金の支払いになります。現金やクレジットカード、スマートフォンのアプリまで、決済方法は業者によってばらつきがあるものです。カード払いがよいのにどうしても現金払いのみの受けつけだったり、ポイントがたくさん溜まる最新のアプリにも対応していたりします。

自分はこれで支払いたいという方法があるなら、業者を選ぶ際にその方法に対応しているかどうかを基準にして選ぶとよいでしょう。

アンテナ工事当日の注意点

アンテナ工事の当日になって慌てることがないように、依頼主が注意しておくべきことがいくつかあります。注意することによって、当日にほかの予定をキャンセルしないで済んだり、アンテナ工事の時間を短縮できたりするといったメリットがあります。ここでは注意点のうち代表的なものをみっつご紹介いたしますので、ぜひ工事当日になって慌てないで済むように意識してみてください。

最低でも4時間程度は空けておく

アンテナ工事時間の目安は2時間~3時間です。しかし、建築物の状態や天候などによってはこの目安よりも30分、1時間と長引いてしまうこともあります。

そのため、当日にアンテナ工事以外の予定を入れる場合は、工事にかかる時間は4時間程度としてスケジュールの調整をしましょう。

目安よりも1時間ほど余裕をもってスケジュールを組むことによって、工事後の予定も問題なく実行できる可能性が高くなるからです。

業者の人が部屋に入っても問題のない状態にしておく

業者の人が部屋に入っても問題のない状態にしておく

アンテナ工事スタッフは、アンテナを設置したあとに問題なくテレビが映るかどうか確認するため、屋内に入ります。このときになって、部屋が片付いていなくて入って来られることに抵抗を覚え、掃除を始めるなどすると、工事完了までの時間は長くなってしまいます。

工事の時間を少しでも短くしたいのであれば、「汚いから部屋に入られるのはちょっと……」なんて思うようなことがないように、あらかじめ清掃をしておきましょう。

現金を用意しておく

精算をスムーズにおこなうためにも、最低でも10万円程度は現金を用意しておくとよいです。現金払いしか対応していなかったり、カードやアプリでの決済にも対応しているけれど機器の操作に慣れていないがために精算まで時間がかかってしまったりするからです。

現金払いであれば、精算に予想外の時間がかかってしまうことはまずありません。ほかの予定もあるから業者に早く帰ってもらいたいのであれば、キャッシュレス決済がまだ当たり前になっていない今は、現金払いをおすすめします。

テレビアンテナの種類

アンテナ工事の時間は、アンテナの種類によっても変わってきます。そのため、完了までの時間が気になるのであれば、種類についてもある程度は知っておいたほうがよいです。ここでは『八木式アンテナ』『ボックスアンテナ』『パラボラアンテナ』『ロングワイヤーアンテナ』という4種類についてご紹介いたしますので、選ぶ際の参考にしてください。

八木式アンテナ

八木式アンテナは、1本の太い棒に、いくつもの細く小さい棒がついているという、魚の骨のような形をしています。小さい棒の数を増やすことによって受信性能が高まるため、電波が弱い地域でも活躍します。

屋根の上に直接設置して使う場合が大半です。取り付け作業は簡単なので、工事時間がもっとも短い種類と考えてよいでしょう。普及率もアンテナの中ではもっとも高いです。

ただし、家全体の見た目が悪くなったと不満に思う人も多いです。また、鳥が止まることも多いため、屋根がフンで汚れたり、アンテナ自体が壊されたりするおそれがあります。

ボックスアンテナ

ボックスアンテナ

デザインアンテナといわれるものです。八木式アンテナと同じく、地上デジタル放送を受信するために使われます。直方体に近い洗練された形状をしています。家の外観を悪くする八木式アンテナを仕方なく使っていた人たちの気持ちに答えて製造されたと考えてよいです。

ボックスアンテナは屋根の上だけでなく、外壁や屋根裏といった目立たないところにも取り付けられます。取り付け箇所の幅が広がった点も支持されている理由です。

ただし、取り付け箇所の幅が増えたことで、取り付け作業には時間がかかってしまう場合もあります。選択肢が増えることで、悩むことができてしまうからです。

パラボラアンテナ

お椀のような形をしています。BSやCSといった衛星放送の電波を受信するためのアンテナです。BSやCS放送は、地上デジタル放送とは異なる電波になります。そのため、視聴するためには専用なアンテナが必要なのです。

BSやCS放送の電波は、地域によって向けるべき角度が決められています。その角度からほんの少しでもずれてしまうと、正常に受信することはできません。そのため、設置完了までの時間は、八木式アンテナやボックスアンテナと比べて長くなると考えてよいです。

ロングワイヤーアンテナ

その名前のとおり、長いワイヤーを張って作られたアンテナになります。アマチュア無線やラジオ放送に用いられる長波や、モールス符号による通信で用いられる短波を受信することができるアンテナです。

テレビを視聴したいという方には、まず縁のないものと考えてよいでしょう。「こういう名前のアンテナもあるんだ……」という程度に知っておけば問題ないかと思います。

テレビアンテナ設置にかかる費用の目安

アンテナ工事の依頼先は『専門業者』『家電量販店・電器店』『ホームセンター』が代表的です。ここではそれらに依頼した場合の、費用の目安をご紹介いたします。

アンテナ工事の時間が目安の範囲内で終わったのなら、費用も目安どおりになることが普通です。費用が高い場合は理由を聞く必要があります。しかし目安を知らなければできません。ここで解説する費用の目安を、不自然な価格がどうかの判断基準にしてください。

専門業者

専門業者
アンテナ工事専門業者に依頼した場合、費用の目安は『およそ3万円~10万円』になります。下限と上限に幅があるのは、アンテナの種類や工事内容による変動が大きいからです。

地上デジタル放送を視聴するためにアンテナを設置する場合で考えてみると、費用が安く済むと考えられるケースは、八木式アンテナを屋上に設置することです。一方、高くなってしまうケースには、ボックスアンテナを屋根裏に取り付けるなど、作業の手間が増える場合が考えられます。

これがBS/CS放送を視聴するためのアンテナ設置となると、パラボラアンテナが必要になるため、地上デジタル放送を視聴するためのアンテナ工事より総じて高くなります。4K放送を視聴するためには、また別の専用アンテナが必要になるため、さらに高くなると考えてよいです。

家電量販店・電器店

家電量販店に依頼した場合、費用の目安は『およそ3万円~15万円』になります。下限はアンテナ工事専門業者に依頼した場合と変わりませんが、上限はだいぶ高くなってしまうケースが多いと考えられます。

使用するアンテナの種類や施工内容によって料金が変動するところは、アンテナ工事専門業者に依頼した場合と同じです。異なる点は、アンテナ工事専門業者ほど、施工内容によって細かな料金プランを作っていないところになります。そのため、工事当日にやってきた担当者次第では、アンテナ工事専門業者が施工したときより高くなる場合があるのです。

ホームセンター

ホームセンターに依頼した場合、費用の目安は『およそ3万円~20万円』になります。下限は専門業者や家電量販店と変わりませんが、上限はもっとも高くなるケースが多いと考えてよいでしょう。

ホームセンターに依頼した場合であっても、アンテナの種類や施工内容によって料金が変動するところは変わりません。違いは元々の料金プランの高さにあります。また、ホームセンターでは事前に現地調査や見積りをおこなっているところも少なく、購入したアンテナしか設置しません。そのため、アンテナの選択ミスが起きてしまうと、また別に新しいアンテナを買いなおさなければならなくなるため、費用が高くなるケースもあるのです。

まとめ

アンテナ工事の時間の目安は、およそ2時間~3時間になります。しかし、最低でも4時間はかかると考えておきましょう。そのほうが、工事当日の予定もいろいろと組みやすくなります。

業者がいつ部屋に入ってもいいようにあらかじめ片付けておきましょう。業者が入る段階になって片付けをしていたら、そのぶん工事時間は長くなってしまいます。

アンテナ工事にかかる費用は、専門業者がもっとも安いケースが多いです。しかし、必ず現場の調査と見積りは依頼しましょう。業者選びでお困りの場合は、ぜひ生活110番をご活用ください。

【記載情報はコンテンツ作成時の情報です】

アンテナ工事即日対応可能
現地調査・お見積り無料!
※対応エリアや加盟店によって変わります
テレビの不具合の原因はアンテナにある場合も!そんな時はプロにお願いして解決してしまいしょう!8年間 の長期保証もあるので、万が一も安心です!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
※天災・災害・お客様の過失によるものは施工保障対象外となります。
アンテナ工事 8,000円(税抜)~
この記事を書いた人
編集者:こうた
家電やガジェットにこだわりがある。パソコンの使用歴が長く、インターネットや周辺機器のアドバイスやトラブル対応もお手のもの。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-03-16 16:04:51
https://www.seikatsu110.jp/electrical/et_antenna/188860/
各種電気工事
アンテナ工事の時間は、短くても2時間はかかると考えておきましょう。作業に立ち会う場合は、最低2時間は家にいなければならないのです。それを踏まえた上で、都合のいい日に業者へ依頼しましょう。この記事では、アンテナ工事にかかる時間についての理由と、業者に依頼した場合の設置完了までの流れから、アンテナの種類と費用までご紹介いたします。快適なテレビの視聴をおこなうためにお役立てください。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

各種電気工事 アンテナ工事

アンテナ工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

アンテナ工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!