生活110番ニュース 各種電気工事

このエントリーをはてなブックマークに追加

4K放送を見よう!4Kテレビのチューナー内蔵と外付けのちがいを解説

投稿日:2020-01-17 更新日:2020-01-17

4K放送を見よう!4Kテレビのチューナー内蔵と外付けのちがいを解説

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

4Kテレビを購入するときには、チューナーが内蔵されているのかどうかを確認しておきましょう。なぜなら、4K放送を視聴するためにはチューナーが必要であり、チューナーはテレビに内蔵されているものとされていないものがあるからです。チューナーが内蔵されていない4Kテレビを購入するときには、別売りのチューナーが必要となります。

また、4K放送を視聴するためには、4K対応テレビまたは4Kテレビとチューナーに加えて、アンテナの設置も必要です。この記事では、4K放送を視聴するために必要なものをご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

4Kテレビのチューナー内蔵と外付けのちがい

4Kテレビには、チューナーが内蔵されているものと外付けのものがあります。まずは、これらのちがいについて、詳しく見ていきましょう。

4K対応テレビと4Kテレビがある

4K放送に対応したテレビの中で、チューナーが内蔵されているものは、”4Kテレビ”と呼ばれます。一方、内蔵されていないものは、”4K対応テレビ”と呼ばれます。4Kテレビはチューナーを買わなくても済みますが、4K対応テレビでは別売りのチューナーを購入しなければなりません。4K放送を視聴するためのチューナーについて、詳しくは以下からご説明します。

4K放送を見よう!4Kテレビのチューナー内蔵と外付けのちがいを解説

4Kチューナーとは?

4K放送を視聴するとき、各家庭に設置されているアンテナが電波を受信しています。4Kチューナーは、その受信した電波を画面に映しだすアイテムなのです。

4Kチューナーの必要性

4Kチューナーがないと、4K放送を視聴することができません。なぜなら、4Kチューナーがない場合は、アンテナで受信した電波を映像化することができないからです。チューナーが内蔵されていない4K対応テレビを購入する場合には、必ず別売りのチューナーを用意しておきましょう。

4K放送を視聴するためにはアンテナも必要

4K放送を受信する際、視聴するアンテナによっては”4K対応アンテナ”が必要です。ここでは、4K対応アンテナを設置したほうがよいのか悩んでいる方のために、4K対応アンテナで見られるものや4K対応アンテナを設置する費用についてご紹介します。以下の内容を参考に、4K対応アンテナを取りつける必要があるかどうかを判断してみてください。

4Kの電波の仕組み

4Kテレビは、受信する電波の回転の仕方によって、右旋(右回り)と左旋(左回り)に分けられます。従来の衛生放送(BS/CS放送)では右旋が使われていましたが、その帯域に新しいチャンネルをつくるだけの余裕がなく、新しくチャンネルをつくる際に右旋と反対に回る左旋が使用されることとなったのです。

右旋と左旋のおもなちがいは、4K対応アンテナが必要かどうかです。右旋では従来のBS/CSアンテナがあれば視聴することが可能ですが、左旋の場合は従来のアンテナでは電波を受信することができず、4K対応アンテナが必要となります。

また、右旋と左旋では見ることのできるチャンネルが異なります。右旋と左旋でのチャンネルのちがいは、以下からご説明します。

4K対応アンテナでしか見られないチャンネルがある

先ほど申し上げたとおり、従来のBS/CSアンテナで視聴できるのは右旋のチャンネルのみです。4K放送に対応している放送には、BS放送と110度CS放送がありますが、このうち右旋では、NHKと民放キー局の計5つのBS放送を視聴することができます。

一方、4K対応テレビを取りつけて視聴する左旋では、映画やショップチャンネル、スポーツの専門チャンネルといった番組を視聴できます。左旋では、BSとCSをあわせると、計13個のものチャンネルを視聴することが可能です。

4K放送を見よう!4Kテレビのチューナー内蔵と外付けのちがいを解説

ケーブルテレビならそのままで視聴可能

「アンテナを新しくつけるのは大変だけど、左旋のチャンネルを視聴したい」という場合、”ケーブルテレビ”を利用する手段もあります。

ケーブルテレビとは、各家庭でケーブルを敷くことで地上波放送を視聴できるサービスのことです。ケーブルテレビなら、新しくアンテナを設置しなくても4K対応テレビとチューナーがあれば4K放送を視聴できます。

ケーブルテレビを契約すると継続的に費用を払う必要がありますが、「4K対応アンテナをつけるのが大変」「アンテナをつけられるところがない」という方は、ケーブルテレビの契約を検討してみるとよいかもしれません。

4K対応アンテナの設置にかかる費用

4K対応アンテナを設置する場合は、専門の業者に依頼するのがよいでしょう。なぜなら、4K対応アンテナ設置の際は、電波を受信するためにアンテナの角度調整をおこなう必要があり、それが素人には難しいのです。

しかし、業者に依頼するとなると、費用が気になるという方が多いでしょう。業者に依頼したときの費用は、工事費と材料費で15,000円~50,000円程度が相場です。

テレビを1部屋だけ視聴できればよいという場合では安く済みますが、複数の部屋で視聴したいという場合はブースターなどが必要となるため、高額になるようです。ただし、正確な費用は業者によって異なるため、一度業者から見積りを取ってみるとよいでしょう。

弊社では、アンテナの取りつけをおこなう業者をご紹介します。弊社加盟店では、見積りは無料でおこなっているため、お気軽にご相談いただけます。4K対応アンテナの取りつけを検討している方は、まずは弊社までご相談ください。

4K放送を楽しむために知っておきたいポイント!

ここからは、4K放送を楽しむために知っておきたいポイントをご紹介します。4K放送を楽しむためにも、以下の内容を読んで理解を深めてみてください。

4K放送と2K放送(現行)のちがい

4K放送と2K放送のちがいは、”画素数”です。画素数は、従来の2K放送では約207万画素なのに対し、4K放送は約829万画素となっています。つまり、4K放送は2K放送に比べて約4倍の画素数がある放送なのです。

では、画素数が大きい4K放送では、具体的にはどのようなメリットがあるのでしょうか。詳しくは、以下から見ていきましょう。

4K放送を見よう!4Kテレビのチューナー内蔵と外付けのちがいを解説

4K放送で視聴するメリット

画素数が大きい4K放送では、従来の2K放送と比べてより高画質な映像を見ることができます。具体的には、精細さ・鮮やかさ・映像の滑らかさなどが増します。それにより、スポーツ観戦などで、その場にいるような臨場感あふれる映像を楽しむことが可能なのです。

ちなみに、2Kテレビでも4Kチューナーを用意すれば4K放送を見ることができるようですが、画質が粗くなってしまいます。画質を気にすることなく見たいのであれば、4Kテレビを用意するとよいでしょう。

4Kで録画もブルーレイも楽しめる

4K放送では、4K対応のレコーダーを購入するか、従来のブルーレイディスクを利用して録画することが可能です。ただし、4K放送は地デジ放送に比べてデータ量が2倍程度になるため、従来のブルーレイディスクでは録画できる4K放送のデータ量(録画時間)が約半分ほどになるでしょう。

もし、従来のブルーレイディスクで4K放送を録画したいという方は、容量の大きなものを選ぶとよいかもしれません。

まとめ

4K放送を視聴するには、4K対応テレビまたは4Kテレビと、チューナーが必要です。4K対応テレビの場合は、チューナーが内蔵されていないので、新しく用意しなければなりません。

このほか、4K放送を視聴するには、チャンネルによってはアンテナを取りつけなければなりません。アンテナの取り付けは、専門的な技術や知識が必要となり素人には難しいので、業者に依頼するとよいでしょう。

弊社では、アンテナ工事をおこなう業者をご紹介します。弊社加盟店では、無料で見積りもおこなっているので、まずは費用を知りたいという方でもお気軽にご相談ください。お電話相談は24時間365日いつでも対応しているので、ご都合のよい時間にいつでもお電話ください。

アンテナ工事即日対応可能
現地調査・お見積り無料!
※対応エリアや加盟店によって変わります
テレビの不具合の原因はアンテナにある場合も!そんな時はプロにお願いして解決してしまいしょう!8年間 の長期保証もあるので、万が一も安心です!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
※天災・災害・お客様の過失によるものは施工保障対象外となります。
アンテナ工事 8,000円(税抜)~

この記事を書いた人
編集者:こうた
家電やガジェットにこだわりがある。パソコンの使用歴が長く、インターネットや周辺機器のアドバイスやトラブル対応もお手のもの。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-01-17 11:31:43
https://www.seikatsu110.jp/electrical/et_antenna/183695/
各種電気工事
4Kテレビを購入するときには、チューナーが内蔵されているのかどうかを確認しておきましょう。なぜなら、4K放送を視聴するためにはチューナーが必要であり、チューナーはテレビに内蔵されているものとされていないものがあるからです。チューナーが内蔵されていない4Kテレビを購入するときには、別売りのチューナーが必要となります。また、4K放送を視聴するためには、4K対応テレビまたは4Kテレビとチューナーに加えて、アンテナの...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

各種電気工事 アンテナ工事

アンテナ工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

アンテナ工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!