生活110番ニュース 各種電気工事

このエントリーをはてなブックマークに追加

地デジのケーブルの違いについて|選び方を知って適切な商品を購入

投稿日:2019-11-21 更新日:2019-11-21

地デジのケーブルの違いについて|選び方を知って適切な商品を購入

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

地デジテレビを見るためには、地デジアンテナかケーブルを設置して電波を受信する必要があります。アンテナは屋外に設置するため、天候の影響を受けやすくテレビが映らないことも珍しくありません。

ケーブルは電線からケーブルを屋内に引き込んで電波を受信します。天候の影響を受けないため、安定して快適に地デジ放送を楽しむことができるのです。そのため、ケーブルを設置する方もいらっしゃるでしょう。

快適に地デジ放送を楽しむためには、目的にあったケーブルを購入しなければなりません。ケーブルは種類が豊富で長さや太さ、端子の形状が異なります。

さまざまな種類があるのは用途や接続の環境によって使い分ける必要があるからです。この記事では地デジのケーブルの違いや選び方についてご紹介していきます。

地デジケーブルの違い①:太さと長さ

地デジケーブルの違いに「太さと長さ」があります。ケーブルの太さと長さの関係は比例しており、太さが細いほど長さが短く、太さが太いほど長さが長くなっています。

私たちが一般的に使用するケーブルは「〇C」と表記され、数字が小さいほど細く短いです。また、地デジケーブルは太さと長さの違いによって使用する用途が違います。ケーブルの太さ・長さで異なる用途について以下にまとめました。

種類 直径 長さ 用途
3C 5.4mm 3m以下 テレビ周りなど短い場所での接続
4C 6mm 10m以下 コンセントなどメインでの使用
5C 7.7mm 10~20m 一戸建て、部屋間での使用
7C 10mm 20~50m ビル、マンションなど共用での使用

ケーブルが太く・長くなるほど電波が弱まります。そのため、長い方が太くて頑丈だからといって選ばないようにしましょう。家庭で使用する場合は、10mまでのケーブルを使うのがオススメです。

地デジケーブルの違い②:接続部分の形状

つづいて地デジケーブルの違いには「接続部分の形状」があります。おもな接続部分の形状は「L型プラグ」「ストレートプラグ」「F型プラグ(ネジ込み式)」の3種類です。接続部分の形状の種類に対応するアンテナ端子でなければ接続できませんので注意しましょう。それぞれの形状について詳しく解説していきます。

L字型プラグ

L型プラグは差込口が「L字型」になっているプラグです。プラグ式・ネジ込み式のどちらのアンテナ端子に使用できます。

プラグ式とは、ご家庭の壁に設置されているアンテナ端子のネジが飛び出ているものです。ネジ込み式は、アンテナ端子のネジが壁に埋まっていて、飛び出ていないものになります。

L字型プラグはL字型になっているため、場所を取らず、狭い場合に使用するのがオススメです。

ストレートプラグ

ストレートプラグは差込口がまっすぐで直線的なプラグです。ストレートプラグも、プラグ式・ネジ込み式の両方に使用することができます。テレビの差し込み部分が下向きだった場合に向いています。

地デジのケーブルの違いについて|選び方を知って適切な商品を購入

F型プラグ(ネジ込み式)

F型プラグ(ネジ込み式)はネジ込み式のアンテナ端子に対応したプラグです。ストレートプラグのように、差込口がまっすぐで直線的になっています。

ほかのプラグと異なり、引っ張っても抜けないメリットがあるため、小さい子供がいるご家庭に向いているでしょう。また、プラグ式のアンテナ端子には使用できませんので注意してください。

アンテナ端子の種類や、ご家庭の状況によって選ぶべき接続部分の形状が異なります。事前にアンテナ端子の種類や配線・接続の状況などを確認しておきましょう。

地デジケーブルの選び方

地デジケーブルにはさまざまな種類があります。そのため、選び方で迷われる方も多いでしょう。そこで、地デジケーブルの選び方のポイントを以下にまとめました。

・自宅のアンテナ端子の種類や形状の確認
・テレビ本体に接続する端子の形状の確認
・地デジ用と地デジ・BS/CS用と種類がわかれているので注意する

地デジケーブルは家の造りやアンテナ端子など決められた環境の中で選ぶことが大切です。環境によって適切なケーブルの長さや太さ、接続部分の形状が決まります。上記でご紹介したポイントをふまえて、自宅にあったケーブルを選んでみてください。

地デジのケーブルの違いについて|選び方を知って適切な商品を購入

まとめ

地デジケーブルの購入を考えている方は、地デジケーブルの違いについて知っておかなければなりません。なぜなら、ケーブルは種類が豊富で長さや太さ、端子の形状が異なるからです。

ケーブルは太さが太くなるほど長くなり、電波が弱まる特徴があります。そして、接続部分の形状は、家の壁に設置されているアンテナ端子の種類や配線の状況などをみて選ぶのがオススメです。

地デジケーブルの違いを知って間違えることなくケーブルを購入しましょう。もし、自分でケーブルを購入するのが不安だったり、テレビを見ていて調子が悪かったりしたら、弊社へご連絡ください。テレビのアンテナに関する相談を無料で承っております。

アンテナ工事即日対応可能
現地調査・お見積り無料!
※対応エリアや加盟店によって変わります
テレビの不具合の原因はアンテナにある場合も!そんな時はプロにお願いして解決してしまいしょう!8年間 の長期保証もあるので、万が一も安心です!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
※天災・災害・お客様の過失によるものは施工保障対象外となります。
アンテナ工事 8,000円(税抜)~


この記事を書いた人
編集者:たくぞう
家電の新製品と旧式の違いを発見することが特技。特技が高じて人に伝えたいという思いにいたり、ライターの道を目指すきっかけとなった。家電や電気工事関連の記事を担当。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:4

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-11-21 14:36:52
https://www.seikatsu110.jp/electrical/et_antenna/176858/
各種電気工事
地デジテレビを見るためには、地デジアンテナかケーブルを設置して電波を受信する必要があります。アンテナは屋外に設置するため、天候の影響を受けやすくテレビが映らないことも珍しくありません。ケーブルは電線からケーブルを屋内に引き込んで電波を受信します。天候の影響を受けないため、安定して快適に地デジ放送を楽しむことができるのです。そのため、ケーブルを設置する方もいらっしゃるでしょう。快適に地デジ放送を楽し...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

各種電気工事 アンテナ工事

アンテナ工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

アンテナ工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!