生活110番ニュース 各種電気工事

このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビブースターとは?種類の選び方や設置場所について解説します

投稿日:2019-11-18 更新日:2019-11-18

テレビブースターとは?種類の選び方や設置場所について解説します

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

家のテレビの受信レベルが低いと感じたら、テレビブースターの設置を検討しましょう。受信レベルが低いと、テレビの映りが悪かったり、複数の場所でテレビが観られなかったりと不便なことがあります。

テレビブースターとは、テレビ受信で使用する高周波用の増幅器です。ブースターを設置することで、上記のような悩み解決することができるのです。

家族がそれぞれ楽しくきれいにテレビを観ることができるように、ブースターの必要性や種類、選び方や設置場所などを覚えておきましょう。

テレビブースターとは「uhf」や「bs」に対応した増幅器

テレビブースターとは、テレビ受信に使用されるuhf(地上波)やbs・csなどの衛星波に対応した高周波用の増幅器です。最近では4K8Kの電波に対応するものも出てきています。

テレビの受信レベルを強くして、テレビの映りの悪さを改善するためのもので、ネット通販や家電量販店などで購入することができます。

テレビブースターとは?種類の選び方や設置場所について解説します

テレビブースターが必要になるタイミング

テレビブースターの設置が必要になるのは、以下のふたつのタイミングです。それぞれなぜテレビブースターが必要になるのか解説します。

①電波状況が悪いとき

お住まいのエリアによっては、そもそもアンテナが受信する電波が弱い場合があります。それは、電波塔からの距離が遠い場所や、電波塔と家との間に障害物が多いエリアです。

家に届く電波が弱ければテレビの映りは悪くなるので、ザラザラとした画質の悪い画面になってしまうでしょう。

また、アンテナからテレビまでの距離が長い場合にも、テレビがきれいに観られなくなることがあります。アンテナで受信した電波信号は、テレビに届くまでの経路で少しずつ質が落ちるため、アンテナから離れれば離れるほどテレビの映りは悪くなってしまうのです。

②複数の部屋でテレビが観たいとき

複数の部屋でテレビを観る場合も、アンテナからテレビの間に受信した電波を複数に分ける分配器を使用するため、それぞれのテレビに届く電波の質が落ちて映りが悪くなります。

これらふたつのような現象を防ぐために必要なのが、ブースターなのです。アンテナとテレビの間にブースターを取りつけることで、受信レベルの低いエリアでも、複数のテレビできれいな映像を観ることができます。

テレビブースターとは?種類の選び方や設置場所について解説します

テレビブースターの種類や選び方

テレビブースターにはさまざまな種類があり、人によって必要なものが異なります。どのような方にどのようなブースターが必要になるのかご紹介しましょう。

テレビブースターの種類はおもに3つ

テレビブースターが増幅させるのはテレビの受信レベルです。テレビ放送に使われる地デジ(uhf)用、bs・cs用、4K8K用のブースターがあり、金額は地デジ用、bs・cs用、4K8K用の順に高くなります。

どの電波の受信レベルを増幅させたいかによって必要なものが異なるので、自分に必要なものがどの種類かよく考えて購入しましょう。

ただし、地デジ用とbs・cs用は、両方に対応した混合ブースターが存在します。それを利用すればブースターの設置はひとつで済むので、両方必要だという方にはおすすめです。

また、お住まいの地域によっては受信できる電波が限られている場合もあります。その場合は、受信できる電波のものしか使えないので注意しましょう。

テレビブースターの選び方

必要な種類のものを見極めて設置するというのも選び方のひとつですが、それ以外にもブースターの選び方があります。それは、ブースターの性能です。ブースターを機能で選ぶ際には、おもにみっつのポイントがあるのでご紹介します。

ひとつ目は電波信号を増幅させる能力の高さです。ブースターは、ものによって電波信号を増幅させる能力が異なります。そして、能力の高いものがよいものというわけではなく、受信している電波信号によって適した能力の高さがあるのです。

どのくらい電波信号を増幅させるか、ある程度自由に調節できるブースターもあるので、きれいに観える状態などを細かく確認したい場合は、調節機能つきをおすすめします。

ふたつ目は雑音の影響をどの程度受けるかです。アンテナが受信する電波信号は、少なからず雑音が含まれています。そして、ブースターがその雑音の信号まで増幅させてしまうものだと、映りが改善されてもテレビを楽しむことができない場合があるでしょう。

そのため、画面の映りを改善したうえで快適にテレビを観るには、雑音の影響を受けにくい性能のブースターを選ぶ必要があるのです。

みっつ目は定格出力です。定格出力とは、アンテナが受信した電波信号の品質を保ちながら増幅させることができる最大出力レベルのことをいいます。

定格出力内の電波信号であれば、アンテナからテレビまで信号の質を落とすことなく届けることができるため、テレビは安定してきれいに映ります。

ただし、定格出力を超える電波信号は、質が落ちるどころかブースターが故障するおそれがあるので注意しましょう。故障を防ぎたい場合は、なるべく定格出力の数値が大きいものを選択することをおすすめします。

テレビブースターはどこに設置するものなの?

テレビブースターとは?種類の選び方や設置場所について解説します

テレビブースターには、屋内用と屋外用があります。屋内用のほうが性能は低いですが、テレビの映りが少し悪い程度であれば屋内用で十分なので、テレビの近くに置いてケーブルをつなげるだけで使用可能です。

しかし、テレビがほとんど映らないほど受信レベルが低い場合や、テレビの映りが安定しない場合は、屋外用の性能の高いブースターが必要になります。

屋外用のブースターはアンテナのすぐ下に取りつけるのが最適です。アンテナから離れれば、そのぶん電波信号の質が落ちるので、なるべくアンテナの近くで信号を受信して増幅させたほうがよいでしょう。

そして、ブースターの取り付け工事は、業者に依頼することをおすすめします。ブースターは、ただ取りつけるだけでなく、テレビがきれいに映るように細かい調整が必要です。素人ではその設定がうまくできないというケースが多いので、プロに任せるのが得策でしょう。

とくに、屋外用のブースターは屋根の上にあるアンテナの近くで取り付け作業をおこないます。慣れない人が作業をするのは落下や感電の危険性があるのでプロに任せましょう。

受信レベルの改善に困ったら業者に相談してみよう!

ブースターの取り付け工事の依頼だけでなく、テレビの受信レベルが低いと感じたら、まずは業者に相談しましょう。

業者はさまざまなアンテナや電波のトラブルに対応しています。相談者の状況を見聞きして、どのようなブースターを選択するべきか、どこにブースターを設置するのが効果的かなどを正しく判断することができるでしょう。

また、ブースターの設置以外にもアンテナ工事について気になることがあれば、まとめて作業することができる場合もあります。何度も相談する手間をなくすために、小さなトラブルと感じることでも、プロに相談するようにしましょう。

まとめ

テレビの受信レベルが低い家では、テレビの映りが悪く、複数の部屋でテレビを楽しむことができません。しかし、テレビブースターを設置することで、そのような悩みを解決することができます。

テレビブースターとは、テレビ放送用の電波信号を増幅させるための機器です。さまざまな理由で家に届く電波信号が弱い家庭でも、ブースターがあれば安定してきれいにテレビを観ることができるようになります。

ただし、ブースターには種類があり、お住まいの地域やなにを必要としているかによって設置すべきものや適切な設置場所が異なります。適切な機器を選択し、効果的に活用できるように、テレビブースターに関するお悩みは業者に相談しましょう。

アンテナ110番では、テレビブースターの設置やアンテナに関する工事をおこなう業者のご紹介をおこなっています。ご相談は年中無休で受け付けており、最短即日対応も可能です。

ご相談を受けてから、現地調査や見積りをおこない、作業内容や料金に納得いただいたうえでの作業依頼になりますので、安心してご利用いただけるでしょう。どのような作業が必要になるのか知るためにも、まずは一度相談のお電話をお待ちしています。

アンテナ工事即日対応可能
現地調査・お見積り無料!
※対応エリアや加盟店によって変わります
テレビの不具合の原因はアンテナにある場合も!そんな時はプロにお願いして解決してしまいしょう!8年間 の長期保証もあるので、万が一も安心です!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
※天災・災害・お客様の過失によるものは施工保障対象外となります。
アンテナ工事 8,000円(税抜)~
この記事を書いた人
編集者:たくぞう
家電の新製品と旧式の違いを発見することが特技。特技が高じて人に伝えたいという思いにいたり、ライターの道を目指すきっかけとなった。家電や電気工事関連の記事を担当。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-11-18 10:23:28
https://www.seikatsu110.jp/electrical/et_antenna/176216/
各種電気工事
家のテレビの受信レベルが低いと感じたら、テレビブースターの設置を検討しましょう。受信レベルが低いと、テレビの映りが悪かったり、複数の場所でテレビが観られなかったりと不便なことがあります。テレビブースターとは、テレビ受信で使用する高周波用の増幅器です。ブースターを設置することで、上記のような悩み解決することができるのです。家族がそれぞれ楽しくきれいにテレビを観ることができるように、ブースターの必要性...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

各種電気工事 アンテナ工事

アンテナ工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

アンテナ工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
電話番号必須
相談したい内容任意

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!