生活110番ニュース 各種電気工事

このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビがつかない!そんなときに知ってほしい。やってほしい解決方法

投稿日:2017-10-31 更新日:2020-03-16

テレビがつかない!そんなときに知ってほしい。やってほしい解決方法

この記事は196163人に読まれています。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

私たちが生活していくなかで、テレビを見るという行為は情報を知るという意味でも、日々の嫌なことを忘れるという意味でも、必要不可欠な娯楽用品となります。
1日に1回は必ずテレビを付けている家も多いことでしょう。そんな使う頻度も多いテレビが突然つかないなどのトラブルは、テレビを使う上で多く発生しています。

このコラムではテレビがつかない場合の原因や対処法についてご紹介していきます。ぜひ参考にしてくださいね。

テレビがつかないパターン

テレビは電気の力で動く電気製品。いままで通り何不自由なく使えていたテレビも、ある日突然テレビがつかない……。などといったトラブルに発展してしまう場合があります。
なぜ、テレビが付かなくなったのかパターン別の原因を見ていきましょう。

テレビがつかないパターン

【パターン①】ランプが点滅、点灯しているのにテレビがつかない

テレビにはスタンバイランプというものがあります。このスタンバイランプは簡単に説明すればテレビがついたかついていないかなどの状態を確認できるランプのこと。
このランプの点滅具合によって、テレビがつかないときの対処法がことなってきます。
ちなみに、テレビのランプの意味は以下の通りです。メーカーによって違いがあるので、あくまでも参考程度にとどめておいてくださいね。

【点滅】

点滅はランプがチカチカと付いたり消えたりする状態です。色の意味は以下の通りです。
赤:テレビ側になにかしらの異常がある
オレンジ:ソフトウェアの更新中。更新されればランプの色は元に戻る
緑:機種によりますが、BS、またはCSのデジタルアンテナ電源がショートした状態

【点灯】

ランプの色が付いていることを意味します。色別の意味は以下の通りとなります。
赤:テレビの電源がオフになっている
オレンジ:録画・視聴予約など、機能動作の予約がされている状態
緑:受信できない放送に切り替わっているか、受信関係で問題がでている可能性

解決方法は後章でご紹介していきます。

【パターン②】エラーコードが出てる

エラーコードはテレビ側の処理でなにかしらのエラーが発生してしまったときに、エラーの種類、内容を表した番号のことです。このエラーコードの種類を覚えておくと、なにが原因なのか特定できますよ。

エラーコードの種類
E100:B-CASなどのカードが正しく挿入されていない
E201:信号レベルの低下
E202:電波が受信できていない
E203:選局したチャンネルが放送を休止している
E204:選局したチャンネルがみつからない
E205:選局したチャンネルが利用できない
E206:チャンネルの購入受付時間が終了している
E300:チャンネルが購入できない

【パターン③】落雷後にテレビがつかなくなった

落雷の後にテレビの電源がつかなくなった場合、テレビ本体や、アンテナなどの受信設備が影響を受けた場合があります。
もし、落雷が起きた場合は、後章で紹介する解決法を実践してみてください。

【パターン④】画面が割れている

テレビは付くけど、画面が割れて満足にテレビが見れないときもあるでしょう。画面割れの多くの原因は、テレビを倒した。何か固い物をぶつけた、投げつけた場合の損傷です。

【パターン⑤】テレビの画面がおかしい、電波が悪い

テレビが付くけど、映像が見れないパターンのひとつとして多いのは、ノイズが走ったり、音が途切れ途切れになってしまったりなどです。
こういった場合は「電波障害」によるものが多いです。こういった場合は、本体ではなく、テレビが受信する電波などに原因があることが多いので改善するとよいでしょう。

ランプが点滅している

ランプが点滅している

ランプが点滅しているけど、テレビがつかない場合、ランプが点灯、点滅している色や、点滅の仕方によって対処法が異なります。
前章ではランプの意味について軽く触れましたが、この章ではランプの点灯、点滅別の対処法をご紹介していきます。

ランプが【点滅】しているときの対処法

テレビの電源ランプが点滅しているのに、テレビがつかない場合は以下の対処法を実践してみましょう。もしかしたら、ほんの少し手間をかけるだけで解決できるかもしれませんよ。

赤色に点滅する場合

赤の点滅はテレビ側になにかしらの異常がある証拠。もし、テレビの電源ランプが赤点滅したとき、一時的な不具合の場合はテレビの電源をリセットすれば解決する場合があります。

テレビ電源のリセット方法
テレビの電源をリセットする場合の方法をご紹介します。テレビの機種によっては意味合い、対象方が異なる場合があります。テレビの説明書をお持ちの人は、説明書やメーカーの指示に従いましょう。

・テレビ本体の電源をオフにする
・電源を切ったら1分ほど放置
・1分ほど放置したらコンセントを抜いて2分以上放置
・放置したらコンセントを差し、付くか確認

このとき気を付けるべき点は……。

・テレビがダビング・録画中、開始直前、終了直後になっていないか
・ソフトウェアのアップデート中になっていないか

です。これらの確認はおこたらないようにしましょう。

オレンジ色に点滅する場合

テレビがついていないのに、オレンジ色のランプが点滅する場合は、テレビの「ソフトウェアの更新」をしているサインです。しばらく放置し、更新がうまくいけば、ランプの状態も元に戻ることでしょう。

テレビのランプが緑色の点滅をしている場合

製品にもよりますが、テレビのランプの緑点滅はBS、またはCSのデジタルアンテナ電源がショートした状態かもしれません。この場合は2つのパターンの対処法があるので、ぜひ参考にしてみてください。

BS/CSが視聴できない場合
・リモコンのホームボタンを押す
・設定の項目を開く
・放送受信設定を選択
・アンテナ設定を選ぶ
・BS・CS:衛星アンテナ設定を選び、設定をオフ(切)にする

BS/CSが視聴できるけど、点滅する場合
BS/CSは視聴できるけど、ランプが緑に点滅している場合は……。
・リモコンのホームボタンを押す
・設定の項目を開く
・放送受信設定を選択
・アンテナ設定を選ぶ
・BS・CS:衛星アンテナ設定を選び、設定をオフ(切)にする
・電源ランプが点滅するか確認
・確認したら、衛星アンテナ設定を自動に切り替える。このときも電源ランプが点滅するか確認

テレビランプが点滅する場合はBS/CSデジタルアンテナ電源がショートしている場合があります。また、上記の方法で解決できなかった場合は、テレビ側に問題がある場合があるので、テレビを購入した販売店に相談するか、テレビ修理業者に相談してみてくださいね。

テレビのランプが点灯している場合の対処法

ランプが赤色に点灯している場合

電源ランプが赤の場合はテレビの電源がオフになっていることが多いです。テレビの電源をオンにすると多くの場合、テレビがつきます。

ランプがオレンジ色に点灯している場合

オレンジ色に点灯する場合の多くはテレビの録画予約、視聴予約を知らせるための点灯であることが多いです。つまり、故障などではないことが多いので安心してください。しかし、テレビのランプが不自然に点灯してしまうと、どうしても気になってしまうもの。
もし、ランプの点灯を不愉快に思う人は、テレビの録画や視聴予約を消すと解除できますよ。

また、オンタイマー、スリープタイマーのせいで点灯してしまうことも。これらの機能をオフにしておくとオレンジ色のランプが点灯しなくなる場合があります。

ランプが緑色に点灯している場合

受信できない放送に切り替わっているか、受信関係で問題がでている可能性があります。まずは、今まで映っていたチャンネルに切り替えてみるといいでしょう。

すぐにテレビが映らない異常を改善したい、という場合は、業者に一度点検してもらうのもオススメです。

場合によっては、自分ではどうにもならないような故障が発生しているかもしれません。プロの業者であれば、そんな異常もすぐに発見し、的確に対処してもらえます。まずは一度、相談だけでもしてみてはいかがでしょうか?

当サイト・生活110番にご相談いただければ、最短即日でご希望のエリアや要望にぴったりの業者をご紹介。無料現地調査・見積りに対応できる業者も、すぐにお探しいたします。

見積り後のキャンセルももちろん大丈夫なので、費用面が心配な方も安心! 電話窓口は24時間受付対応しておりますので、いつでもお気軽にご相談ください!

エラーコードが表示される場合

テレビがつかない、なおかつエラーコードが表示される場合の対処法を簡単にご紹介していきます。

エラーコードの種類
E100:B-CASなどのカードの抜き差しをおこなってみる。またはカードが正しく刺さっているか確認
E201:配線に抜けや緩みがないか確認、あればキチンと配線をする
E202:エラーコード「E201」と同様に配線に抜けや緩みがないか確認
E203:みたい番組が放送中止になっていないか確認。放送中であれば、アンテナの向きや、電源ケーブルなどが接触不良を起こしていないかなども確認し
E204:配信していないチャンネルを選局している場合があるので、正しいチャンネルになっているかどうか確認する

BS・CSおよびCATV(ケーブルテレビ)のSTBを利用している場合

E205:契約内容と視聴できるチャンネルの確認をおこなう。映らない場合はチャンネルを変えずに15分~30分待つ
E206:PPV(「ペイ・パー・ビュー」。1本ごとに課金されるビデオサービス)の場合、番組によっては購入できる時間が決められている場合が。購入受付時間を過ぎている場合は、次の購入可能時間のときに購入する
E300:PPVの利用状況を確認。異常があればSTBリセットをおこない、モデムランプが正常であることを確認

雷が落ちた場合

雷が落ちた場合

雷が落ちた直後、テレビがつかなくなった場合は、以下の対処法を参考にしてみてください。

・テレビの電源を落とす
・電源プラグからコンセントを抜き、目安1分放置する
・放置したら電源プラグを差す
・テレビの電源を付けて確認

感電する恐れがあるので、リセット操作をおこなうときは必ず雷が止んだことを確認してからおこなってください。

テレビがおかしい、画面が壊れている場合

テレビの画面の画面割れの多くは、テレビを倒してしまったり、固い物を投げつける、当たってしまった場合などにできるものです。こういった場合の多くは、テレビ修理業者に修理を依頼するほかありません。
しかし、テレビの修理を業者に任せるといっても、気になってしまうのは修理費用。テレビ画面を修理する場合、修理費用はどの程度かかってくるのでしょうか。

液晶テレビの画面修理は平均で5万円

液晶テレビの場合、液晶パネルなどはテレビの部品のなかでも高価なため、修理費用も高くついてしまうことがあります。
しかし、業者によっては費用が変動することがあるので、より詳細な費用を知りたい人は利用する予定の業者やメーカー修理などに問い合わせ、見積もりを請求してみてくださいね。

どうしても直らない・原因が分からないときは?

ここまでの方法を取っても直らない、という場合は、自分ではどうにもならないような原因がひそんでいるかもしれません。そんなときは、一度業者に相談して、不調を点検してもらいましょう。

現状起きている、テレビが映らない原因をしっかり特定してもらうことは、非常に大切です。原因が分かった上で行動できれば、無駄な手間や出費も省けるでしょう。

また、原因によってはそのまま業者に対応を依頼してもよいでしょう。アンテナの不調ともなるとやや高度な作業が必要になりますが、業者に依頼すれば、ただ待っているだけですぐに不安を解消してもらえます。

テレビの不調を迅速かつ、確実に直したいのであれば、まずは一度点検だけでも依頼してみてはいかがでしょうか?

そんなテレビ不調の点検は、ぜひ当サイト・生活110番にお任せください。
24時間・365日対応の電話窓口にご相談いただければ、すぐにご要望に沿った業者をご紹介します。場合によっては、最短即日で現地調査・見積りも可能です!

無料調査に対応した業者も、希望があればもちろんお探しいたします。また見積り後でも、作業前であればもちろんキャンセルOKですので、ぜひお気軽にご相談ください!

BS4K・8K放送が映らない原因と対処法

さて、BS4K、8K放送が始まりましたが、それに合わせて、4K対応テレビを新しく購入した人も多いでしょう。
しかし、これらの放送が映らない、テレビがつかない。みれない、といった状況があります。

BS4K・8K放送が映らない原因と対処法

そもそも、4K8Kってなに

4K、8K放送とは超高精細度テレビビジョン放送と呼ばれています。画素が増え、密度が高くなり、HDR技術を用いることで、従来の放送より、各段に美しく、臨場感が溢れる音響を体感できます。

4K8Kには専用チューナーが必要な場合がある

4K対応テレビを買ったのに、テレビがつかない、映らないといった事態が多発しています。これは、テレビ本体が不良品なのではなく、専用のチューナーを購入していない、取り付けていないことが原因として挙げられるのでしょう。
4K8K放送を見たい場合は、対応のテレビの購入と一緒に、チューナーの存在も忘れないでくださいね。
また場合によっては、機器の配線、アンテナの交換が必要になる場合があります。
もし心配な場合は、購入する予定の販売店や、テレビ修理業者、または購入するメーカーに聞いてみるとよいでしょう。

まとめ

私たちの生活のなかの楽しみであるテレビ。1日に1回は必ずテレビをつけている家庭も少なくないはず。テレビは私たちの知らない情報の提供源であるほかに、家族団らんを過ごす為の必需アイテムとなることもあります。そんなテレビを持っているのに、テレビがつかない、見れないとなれば、ストレスが溜まってしまうことでしょう。
しかも、つかない原因がわからないのであれば、イライラも募る一方……。

まとめ

こういった場合は、まずは今回ご紹介した対策を参考にしてみてください。しかし、なかには本当にテレビが故障して付かないこともあります。場合によっては、素人ではどうにもならないような原因がひそんでいるかもしれません。

どうしても直らない……そんなときは、一度業者に点検を依頼してみてはいかがでしょうか? 一度しっかり原因を把握してから対処したほうが、やはり手間もかからず効率的。業者であれば、すぐにそんな原因も突き止めてくれます。

「今すぐに依頼してテレビを直したい!」
そんなときは、ぜひ当サイト・生活110番にお任せください。24時間365日受付中の無料電話窓口にご相談いただければ、最短即日で提携業者がすぐに現地へ急行します!

ご希望があれば、無料調査ができる業者もお探し致します。作業前であれば見積り後のキャンセルももちろんOKなので、費用を見てから決めたいという方でも大丈夫です!

テレビの不調を何とかしたい、という方は、まずはお気軽にご相談ください!

アンテナ工事を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「アンテナ工事」をご覧ください。
(この記事は2019年3月16日に加筆・修正しています)

アンテナ工事即日対応可能
現地調査・お見積り無料!
※対応エリアや加盟店によって変わります
テレビの不具合の原因はアンテナにある場合も!そんな時はプロにお願いして解決してしまいしょう!8年間 の長期保証もあるので、万が一も安心です!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
※天災・災害・お客様の過失によるものは施工保障対象外となります。
アンテナ工事 8,000円(税抜)~
この記事を書いた人
編集者:こうた
家電やガジェットにこだわりがある。パソコンの使用歴が長く、インターネットや周辺機器のアドバイスやトラブル対応もお手のもの。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
172投票,  平均評価値:3.6

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-03-16 17:53:16
https://www.seikatsu110.jp/electrical/et_antenna/15553/
各種電気工事
私たちが生活していくなかで、テレビを見るという行為は情報を知るという意味でも、日々の嫌なことを忘れるという意味でも、必要不可欠な娯楽用品となります。1日に1回は必ずテレビを付けている家も多いことでしょう。そんな使う頻度も多いテレビが突然つかないなどのトラブルは、テレビを使う上で多く発生しています。このコラムではテレビがつかない場合の原因や対処法についてご紹介していきます。ぜひ参考にしてくださいね。よ...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

各種電気工事 アンテナ工事

アンテナ工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

アンテナ工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!