生活110番ニュース 各種電気工事

このエントリーをはてなブックマークに追加

方法は1つじゃない!地デジを受信するために必要な手順を解説

投稿日:2019-02-18 更新日:2019-02-28

方法は1つじゃない!地デジを受信するために必要な手順を解説

この記事は6724人に読まれています。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

地デジ化が進んだ現在では、テレビを視聴するためには地デジ電波を受信している必要があります。アンテナの故障や引っ越しなどを原因として地デジが見られなくなってしまった場合は、どのようにして電波を受信すればよいのでしょうか。

この記事では、地デジを受信する方法やアンテナの選び方、アンテナ設置の手順をご紹介しています。自分でアンテナ設置をすることに自信がない場合の対処法についても触れていくので、ぜひ参考にしてみてください。

地デジには3つ受信方法がある

地デジを受信する方法はいくつかあり、「アンテナ」「光ファイバー」「ケーブルテレビ」の3つのいずれかを経由して受信することになります。受信する方法によってアンテナの有無が決まるため、どれを経由するのかというのは非常に重要なポイントなのです。

アンテナ

アンテナを経由して地デジを受信する場合、もちろんアンテナを設置する必要があります。地デジに対応しているアンテナを設置することで、電波を受信することができるようになります。

光ファイバー

この方法で地デジを受信する場合、アンテナは必要ありません。しかし、光ファイバーを経由して地デジを受信する場合は、月額料金が発生してしまいます。インターネット回線を、同時に利用できるようになるというメリットもあります。

ケーブルテレビ

ケーブルテレビを経由して地デジを受信する場合、ケーブルテレビ会社によって方法が異なるようです。この方法を予定している方は、ご自身が利用しているケーブルテレビ会社に一度問い合わせをおこなってみてください。

地デジには3つ受信方法がある

アンテナを選ぶときは電界強度に気をつけよう

なにを経由して地デジを受信するのかによって、アンテナの有無が決まります。光ファイバー経由であればアンテナは不要ですが、そのほかの方法ではアンテナが必要になることが多いです。

アンテナを新しく購入する方は、アンテナを選ぶ際には「電界強度」というものに気を付けた方がよいかもしれません。このことについてなにも考えずに購入すると、ものによっては快適に地デジを見ることができなくなってしまいます。

電界強度とは、簡単にいうと電波の強さを意味しています。この電界強度にはエリア分けがされており、電波の強い地域を「強電界地域」、電波の弱い地域を「弱電界地域」と呼びます。ご自宅がこのどちらに該当するのかを把握しておかないと、最適なアンテナを選び出すことはできません。

電界強度は自分でも簡単に調べることができるので、下記のような方法で確認してみてはいかがでしょうか。

お店に聞いてみる

ご自宅の近くの家電量販店で、電界強度について直接聞いてみるという方法です。アンテナを取り扱っているところであれば、一緒に購入することもできるので手間が削減されてよいかもしれません。

お隣の家のアンテナを確認する

近所の家のアンテナを確認し、自宅の電界強度を把握するというものです。通常、強電界地域であれば小さなアンテナで、弱電界地域の場合は大きなアンテナが使用されていることが多いでしょう。

自分でアンテナを設置してみよう

アンテナを購入したら、早速設置に取り掛かりましょう。地デジを受信するためのアンテナは、必要部品さえあれば自分でも取り付けることができます。

①アンテナの設置場所を選ぶ

アンテナの取り付け場所は、一般的には「屋根」「外壁」「ベランダ」の3つです。屋根は電波を効率よく受信することができますが、高所での作業となるため非常に危険です。また、外壁の場合であっても、高いところに設置しようとすれば落下の危険は伴ってしまいます。

そのため、ご自身で設置をおこなう場合は、ベランダに取り付けるのがおすすめです。ベランダだと外観が気になるという方がいるかもしれませんが、安全性や難易度を比べるとベランダが最善といえるでしょう。

②専用金具で固定

アンテナは、設置場所に適した専用の金具を使用することで取り付けることができます。そのため、設置場所を決めたら、どの金具を使用するべきかを把握しておくとよいでしょう。金具はビスで固定するため、専用の工具が必要です。また、雨水の進入を防ぐためのコーキング処理などもおこなう必要があります。

③配線を繋げた後、方向調整

アンテナと配線を繋げたら、テレビを実際に視聴しながらアンテナの方向を調整していきます。この作業はテレビの映りを確認しながらおこなう必要があるため、二人以上はいた方がよいかもしれません。

自分でアンテナを設置してみよう

難しいと思ったらプロに相談しよう

地デジを受信するためのアンテナは、個人で設置することは可能ですが、難易度は高いといえるでしょう。

とくに方向調整は難しく、受信する方向が正しくないと満足にテレビを見ることはできません。見ていると途中で受信がきれてしまうおそれもあります。

また、アンテナの取り付けが不安定だと風や台風で倒れてしまうこともあります。場合によっては、屋根の工事が必要なくらい、勢いよく倒れてしまうことがあります。

また、作業には工具も必要で、一から揃えようとすると出費も大きくなってきます。そのため、ご自身での取り付け作業に少しでも不安がある方は、業者に依頼をすることをおすすめします。費用は発生してしまいますが、業者に任せるのが一番安全で確実な方法ではないでしょうか。

まとめ

地デジを受信するためには「アンテナ」「光ファイバー」「ケーブルテレビ」のいずれかを経由する必要があります。どれを経由するかによってアンテナの有無が決まるので、お好みのものを選んでみてください。

電波を受信するためにアンテナが必要な場合は、地デジ対応のアンテナを新しく購入する必要があります。購入の際は、ご自宅の電界強度をしっかりと把握しておくようにしましょう。

アンテナ設置は個人でおこなうこともできますが、作業は簡単ではなく、危険も伴います。設置作業に少しでも不安を感じる方は、安心・確実に作業を進めてくれる業者に依頼するようにしましょう。

アンテナ工事を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「アンテナ工事」をご覧ください。

アンテナ工事即日対応可能
現地調査・お見積り無料!
※対応エリアや加盟店によって変わります
テレビの不具合の原因はアンテナにある場合も!そんな時はプロにお願いして解決してしまいしょう!8年間 の長期保証もあるので、万が一も安心です!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
※天災・災害・お客様の過失によるものは施工保障対象外となります。
アンテナ工事 8,000円(税抜)~
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:かなで
専門用語を使わず、分かりやすく解説することをモットーとしている。日々SNSなどを駆使して情報を収集し、旬な情報を集めるのを得意としている。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
7投票,  平均評価値:4.1

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-02-28 11:15:53
https://www.seikatsu110.jp/electrical/et_antenna/132590/
各種電気工事
地デジ化が進んだ現在では、テレビを視聴するためには地デジ電波を受信している必要があります。アンテナの故障や引っ越しなどを原因として地デジが見られなくなってしまった場合は、どのようにして電波を受信すればよいのでしょうか。この記事では、地デジを受信する方法やアンテナの選び方、アンテナ設置の手順をご紹介しています。自分でアンテナ設置をすることに自信がない場合の対処法についても触れていくので、ぜひ参考にし...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

各種電気工事 アンテナ工事

アンテナ工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

アンテナ工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!