生活110番ニュース 各種電気工事

このエントリーをはてなブックマークに追加

放送開始はもうすぐ!4K放送をBSで楽しむために準備すべきこと

投稿日:2018-09-22 更新日:2018-09-25

放送開始はもうすぐ!4K放送をBSで楽しむために準備すべきこと

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

画素数が大幅に増えたことで高精細化、高色域化、画像の高速表示など、4K映像には多くの魅力があります。みなさんは、2018年12月からBSおよび東経110度CSで、新4K8K衛星放送が開始されるのはご存じでしょうか?BSアンテナも4K映像が映るテレビがあるからといって、何も準備していないと見られなくなってしまうかもしれません。

では、4K8K衛星放送を見るには何を用意したらいいのでしょうか。このコラムを読んで、アンテナやテレビの準備を万全にして、2018年12月から開始される新4K衛星放送のBSを楽しめるようにしましょう。

4K放送をBSで見てみよう!

2018年12月から、新4K8K衛星放送がBSおよび東経110度CSにより放送開始されます。なぜ4Kや8Kと呼ぶのかといいますと、4Kは解像度が「3,840×2,160ピクセル」となり、横が約4K(Kは1,000を表す)となるからです。現在のハイビジョンである2K(1,920×1,080ピクセル)と呼ばれる地上デジタル放送よりも4倍の画素数をもちます。

8Kの場合は解像度が「7,680×4,320ピクセル」となり、横が約8Kのため8Kと呼ばれているのです。画素数では、現在のハイビジョンの16倍の画素数になります。新衛星放送開始前の段階で、8K放送を予定している放送局はNHKのみのようです。

今までのテレビでは、実際に見える色と同じ色で放送することができませんでした。しかし、解像度が4K・8Kになることで、画素数が大幅に増えて、色彩豊かなでなめらかな表現が可能となり実際に見える色へとさらに近づけることができるようになりました。

また、1秒間のコマ割りが現在のテレビでは30コマになっていますが、最大で1秒間120コマになります。スポーツなどの素早い動きがぶれたりぼやけたりせず、よりリアルさが増すことでしょう。

さらに現在は約1,600万色のグラデーションですが、これが約10億色のグラデーションになるのです。色や明るさの変化を、より自然に近い映像として見ることができます。このように今までと違う放送を楽しむためにも、4K放送のBSを見ることのできるテレビを用意しましょう。

4K放送をBSで見てみよう!

意外な盲点?「4Kテレビ」と「4K対応テレビ」の違い

4K放送を見るために、テレビを購入する際には注意しておきたいことがあります。それは、「4Kテレビ」というものと「4K対応テレビ」というものがあるからです。この2つは何が違うのでしょうか。

両者の違いは、4Kチューナーが内蔵されているかいないかの違いです。「4Kテレビ」にはチューナーが内蔵されていますが、「4K対応テレビ」にはチューナーが内蔵されていないので、チューナーを新しく用意する必要が出てきます。

家にあるのは4Kテレビでも、4K衛星放送であるBSや110度CS放送のチューナーを内蔵していないかもしれません。これは、4K放送の内の1つでもチューナーが内蔵されていると4Kテレビとなるからです。どの放送のチューナーを内蔵しているか、テレビの説明書をよく見ましょう。新しく用意するチューナーが新4K衛星放送のBS・110度CS放送に対応しているかきちんと確認しておきましょう。

4K放送をBSで見るために。準備しておくべきもの

新4K衛星放送では、BSアンテナを左旋電波に対応したものにしなければ、すべての放送を見ることができません。今までの2KBS・110度CS放送で使われている電波は右旋電波です。右旋電波や左旋電波はどのような違いがあるのかといいますと、まず衛星から送り出される電波はらせん状に飛ばされています。このらせんが、回転する方向によって右旋電波と左旋電波に分けられるのです。

電波で飛ばせる情報量には限界があります。そこで新4K衛星放送ではチャンネル数を増やすために、今まで使っていた右旋電波に加えて左旋電波も使うようになりました。すべての放送を見るために、アンテナは左旋電波にも対応しているものを用意しましょう。

また、ケーブルなどの配線を3,244MHzの周波数にも対応したものへと交換する必要があります。なぜ3,244MHzに対応しなければならないかといいますと、新4K衛星放送のBS・110度CS放送で使われる左旋電波は新しく高い周波数で受信されるからです。

チューナーと、テレビをつなぐケーブルも注意しましょう。HIGH SPEED(カテゴリー2)に対応したケーブルが必要です。テレビ側の端子も、HDCP2.2と4K60Hzに対応していなければなりません。2014年以前のテレビだと対応していないことがあるそうなので、あらかじめ確認しておくことをおすすめします。

アンテナは屋根などの高い場所にあることが多いため、アンテナの取り付けまたは交換作業には、危険をともないます。そのため、アンテナへの作業は業者に頼むことをおすすめします。ケーブルが、新衛星放送に対応しているかも確認してもらいましょう。

4K放送をBSで見るために。準備しておくべきもの

放送開始まで待てない!今すぐ見れる4Kコンテンツ

124・128度CS放送や、ひかりTV4Kなどのケーブルテレビの一部、Netflixなどインターネット動画配信サービスの一部では4K映像が配信されています。124・128度CS放送では110度CS放送のアンテナとは別に専用アンテナが必要な場合があります。注意しましょう。

新4K衛星放送のBS・110度CS開始まで待てない方は、これらのサービスで4K映像を楽しみましょう。サービスの多くは月額や年会費として利用料金がかかりますので、申し込む際には確認してください。ジャンルとしては、映画やドラマなどが4K配信されていることが多いようです。

まとめ

2018年12月から始まる新4K衛星放送のBS・110CS放送を4Kで見るためには、まず4K映像に対応しているテレビと対応しているチューナー、左旋電波に対応したアンテナやケーブルに交換する必要があります。1つ1つよく確認しながら用意しましょう。

新4K衛星放送よりも早く4K映像を見られるテレビを購入するなら、ぜひ何かしらの4Kコンテンツを楽しみましょう。新4K衛星放送をBSが開始するのは、2018年12月です。それまでにBSアンテナを準備しておきましょう。

屋根などの高い位置にアンテナがある場合、アンテナの交換やケーブルの付け替えは、業者に依頼してみてはいかがでしょうか。

アンテナ工事を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「アンテナ工事」をご覧ください。

アンテナ工事即日対応可能
現地調査・お見積り無料!
※対応エリアや加盟店によって変わります
テレビの不具合の原因はアンテナにある場合も!そんな時はプロにお願いして解決してしまいしょう!8年間 の長期保証もあるので、万が一も安心です!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
※天災・災害・お客様の過失によるものは施工保障対象外となります。
アンテナ工事 8,000円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:こうた
家電やガジェットにこだわりがある。パソコンの使用歴が長く、インターネットや周辺機器のアドバイスやトラブル対応もお手のもの。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-09-25 10:09:15
https://www.seikatsu110.jp/electrical/et_antenna/112195/
各種電気工事
画素数が大幅に増えたことで高精細化、高色域化、画像の高速表示など、4K映像には多くの魅力があります。みなさんは、2018年12月からBSおよび東経110度CSで、新4K8K衛星放送が開始されるのはご存じでしょうか?BSアンテナも4K映像が映るテレビがあるからといって、何も準備していないと見られなくなってしまうかもしれません。では、4K8K衛星放送を見るには何を用意したらいいのでしょうか。このコラムを読んで、アンテナやテレビ...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

各種電気工事 アンテナ工事

アンテナ工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

アンテナ工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!