生活110番ニュース 各種電気工事

このエントリーをはてなブックマークに追加

UHFアンテナ自作は可能!?うちわアンテナで地デジを受信してみよう

投稿日:2018-09-01 更新日:2019-09-03

UHFアンテナ自作は可能!?うちわアンテナで地デジを受信してみよう

この記事は3564人に読まれています。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

地デジのTV放送を見るためには、TV以外にも必要なものがあるのをご存知ですか?それは地デジの電波を受信するためのUHFアンテナです。TV放送を見るためには、このUHFアンテナの設置を行わなければいけません。

しかし、アンテナの設置と聞くと、「機械を使うからなんだか難しそう」「お金がかかりそう」というイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか?

そこでこの記事では、ご家庭にあるものや市販しているものを使ってUHFアンテナの自作を行う方法を紹介したいと思います。

アンテナはどうして電波を受信できる?

そもそもアンテナはどうして電波を受信できるのでしょうか?ここではループアンテナと呼ばれる種類のアンテナを例に説明していきたいと思います。

ループアンテナでは、伝導体に覆われた空間に電波が生じると、その伝導体に電気信号(電圧)が生じます。この電気信号を受信器が受け取ることで、地デジの信号を受信し、TV放送を見ることができるようになるんです。

上の説明では、「伝導体」と少し難しい言葉を使いました。ですが、皆さんの台所にもある普通のアルミホイルも伝導体の一つです。つまり、アルミホイルのような市販の材料を使って、UHFアンテナの自作を行うことが可能なんです!

アンテナはどうして電波を受信できる?

「うちわアンテナ」 で地デジを受信しよう!

それでは、実際にUHFアンテナの自作に取り掛かりましょう。主な材料はこちらになります。

・うちわ……骨組みがプラスチック、または竹を含む木材のものを使用します。金属のものは電波を受信できないためNGです。
・アルミホイル……ご家庭の台所にある普通のアルミホイルで大丈夫です。
・アンテナケーブル……別名は「同軸ケーブル」。太さによって種類が分かれていますが、一般的なものは「4C」と呼ばれているものです。
・コネクタ……別名は「F型コネクタ」。TVとアンテナケーブルを繋ぐ部品です。

この他にも、道具として、「セロハンテープ」「ビニールテープ」「透明ガムテープ」「スティックのり」「カッター」「ペンチ」「ハサミ」「定規」を使用します。

次に具体的な作り方を見ていきましょう。

①うちわにアルミホイルを貼る。
うちわの頭(扇ぐ部分)にアルミホイルをのり付けします。上記のループアンテナを作るには、アルミホイルは最終的にうちわのふちにだけ貼り、「C」のような形にする必要があります。その為、のり付けはふちだけで構いません。また、この作業はうちわの片面だけで大丈夫です。

②アルミホイルを「C」の形にする。
①で貼ったアルミホイルが「C」の形になるよう、カッターでくり抜きます。この時、うちわを切らないように気をつけてください。また、アルミホイルをはがした時に残ったのりは、ウェットティッシュなどでふき取ってください。


③アンテナケーブルを加工する。
まずコネクタ側のアンテナケーブルを加工します(※コネクタ自体の加工は、購入されたコネクタの説明書を参照してください)。アンテナケーブル先端の外側にある被膜を、用意したコネクタの大きさに合わせてカッターで切り取ります。
次に「誘電体」と呼ばれる内側にある被膜を、ペンチではがしてください。こうして外と内の二つの被膜をはずしたら、アンテナケーブルにコネクタを差し込み、付属していたリングなどを使って固定します。

次にうちわ側のアンテナケーブルを加工します。先ほど加工したコネクタ側の反対側のアンテナケーブルの先から、約8ミリの部分でまず外側の被膜をはがします。
それから、中心にある芯線と呼ばれる部分とその周りの誘電体と呼ばれる部分に分け、
導線の半分くらいのところで、内側の被膜をペンチではがしてください。


④うちわとアンテナケーブルを繋ぐ。
うちわ側のアンテナケーブルを、芯線と誘電体が分かれて「Y」のような形になるように開き、うちわに貼ったアルミホイルに載せてセロハンテープでくっつけます。
それから、アンテナケーブルとうちわの持つところをビニールテープで固定してください。
この時、アルミホイルやアンテナケーブルが外れないように、透明ガムテープを貼ることをおすすめします。

⑤TVにうちわアンテナを接続する。
アンテナケーブルのコネクタ側を、「地デジ」「UHF」「VHF/UHF」のどれかの端子に接続します。
※TVが故障する危険性がありますので、「BS/CS」には絶対に接続しないようにしてください。

⑥電波を受信できる位置を探す。
TVをつけた状態でうちわアンテナの方向や高さを変え、TVがよく映る位置を探します。その位置にうちわアンテナを固定してください。

「うちわアンテナ」 で地デジを受信しよう!

うちわアンテナが使えない場合も…

こうしてうちわアンテナを作っても、TVを見られない場合があります。なぜなら電波が弱い地域では、うちわアンテナでは電波を受信できない場合があるからです

こういった場合は、UHFアンテナの自作を行うよりも、業者の方にアンテナの設置を頼むことをおすすめします。うちわアンテナではTVを見られないような電波の弱い地域でも、業者の設置したアンテナなら電波を受信できる可能性があります。

まとめ

地デジを見るためには、TV本体だけではなく、TV放送の電波を受信するUHFアンテナが必要となります。
業者へアンテナの発注や設置を依頼しなくても、うちわやアルミホイルといったご家庭で簡単に手に入る材料を使ってUHFアンテナの自作を行い、設置することも可能です。

しかし、こうして自作したうちわアンテナでも、地域によっては電波が弱く、受信ができない場合があります。
そんな時には、一度アンテナ設置のプロの方に連絡してみるのがいいでしょう。

アンテナ工事を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「アンテナ工事」をご覧ください。

アンテナ工事即日対応可能
現地調査・お見積り無料!
※対応エリアや加盟店によって変わります
テレビの不具合の原因はアンテナにある場合も!そんな時はプロにお願いして解決してしまいしょう!8年間 の長期保証もあるので、万が一も安心です!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
※天災・災害・お客様の過失によるものは施工保障対象外となります。
アンテナ工事 8,000円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:たくぞう
家電の新製品と旧式の違いを発見することが特技。特技が高じて人に伝えたいという思いにいたり、ライターの道を目指すきっかけとなった。家電や電気工事関連の記事を担当。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
3投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-09-03 12:25:09
https://www.seikatsu110.jp/electrical/et_antenna/108858/
各種電気工事
地デジのTV放送を見るためには、TV以外にも必要なものがあるのをご存知ですか?それは地デジの電波を受信するためのUHFアンテナです。TV放送を見るためには、このUHFアンテナの設置を行わなければいけません。しかし、アンテナの設置と聞くと、「機械を使うからなんだか難しそう」「お金がかかりそう」というイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか?そこでこの記事では、ご家庭にあるものや市販しているものを使ってUHF...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

各種電気工事 アンテナ工事

アンテナ工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

アンテナ工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!