生活110番辞典 各種電気工事

このエントリーをはてなブックマークに追加

地デジとBSアンテナを取り付けたい!事前に知っておくべきこと

2018-09-25

地デジとBSアンテナを取り付けたい!事前に知っておくべきこと

担当スタッフがあなたに合った業者を紹介
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラPCLINEでの無料相談はこちらPC
担当スタッフがあなたに合った業者を紹介
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

インターネットの発達で自宅での娯楽に困らない世の中になりましたが、みなさんはお家でどのようにお過ごしでしょうか。一番の楽しみはインターネットではなく、テレビだという人は多いと思います。

天気やニュースなどを見るために使用するテレビですが、テレビを見るのに必要なアンテナの取り付け方や、取り付ける際の注意点をご存じでしょうか。また、お家の新築や転居の際、地デジのアンテナを付けるけど、bsを設置しようかと悩む人もいらっしゃると思います。

今回のコラムでは地デジとbsのアンテナの取り付け方や、一緒に取り付けるべきかどうかを簡単にご説明します。ぜひご参照ください。

おすすめアンテナ工事サービス

地デジとBSは何が違うの?

「地デジとbsって何が違うの?」と、一度は思ったことがありますよね。地デジとbsの違いとは、発信された「電波」がどこを中継して視聴者のお宅に届けられているか、ということに違いがあるのです。

地デジは「地上波」の名前のとおり、地上に設置された放送局から電波を発信しています。対してbsは「衛星放送」のため、テレビ放送専用に打ち上げられた人工衛星から、電波を発信しています。

地デジは、地上に設置されている放送局から電波を発信するため、受信可能な範囲が限られています。各地に電波を中継する放送局を設置しているものの、障害物などが原因で電波を受信できない地域が発生してしまうこともあります。

衛星放送は、宇宙から地上に降り注ぐように電波が発信されています。離島や山奥でも、受信環境さえ整えてしまえば、どこだって視聴可能なのです。

そのほか、サービス内容にも違いはありますが、それぞれの魅力があります。そして地デジやbsを視聴するためには、地デジ・bs用のアンテナや、専用機材、設置工事が必要になってきます。

地デジとBSは何が違うの?

アンテナを付けるときの重要なポイント

アンテナを設置できる場所として、ベランダの柵や手すり、壁面、屋根などがあります。いずれの場合も落下などのトラブル防止のために、しっかりと固定できる場所を選びましょう。屋根に取り付ける場合は、強風で落下しないようにワイヤーでアンテナのマスト部分を固定します。

アンテナの向きは、快適に電波を受信するためにとても重要です。とくに衛星放送は、受信可能な角度が狭いため、正確な角度調整が必要になってきます。衛星やお近くの放送局がある方向をインターネットなどで調べて、アンテナの設置場所を選定しましょう。ご近所がアンテナを設置している場合は、その方向を参考にするのもよいかもしれませんね。

また、アンテナと電波の発信源の間に障害物があると、電波の受信が弱くなってしまうこともあります。アンテナを取り付ける場所は、なるべくひらけた場所にしましょう。

地デジ・bsのアンテナを付けるときは、ご自宅によってはアンテナを設置できる場所が異なるので、アンテナを設置する前に確認しておきましょう。

アンテナを付けるときの重要なポイント

アンテナ工事で重要なポイントとは

地デジ・bsのアンテナ工事ではアンテナ設置のほかにも、アンテナケーブルの配線と必要な機器の設置をおこなう必要があります。それぞれどのようなことをするのか簡単にご説明します。

アンテナケーブルの配線では、まずアンテナから伸びたケーブルを屋内に引き込まなければなりません。エアコンの通気口を利用したり、隙間配線用のケーブルを使用したりします。

どちらも不可能な場合は、壁にアンテナケーブル用の穴をあけるのですが、個人でおこなうには難しい作業なので業者に依頼するのがよいでしょう。また、アンテナケーブルは、屋外配線用、室内配線用、テレビ周り用で種類を使い分ける必要があります。

必要な機器は住宅環境などによって変わってきます。共通して必要なものは「チューナー」です。「チューナー」はアンテナが受け取った電波を映像信号に、変換し出力する機器です。地デジ・bs・csそれぞれに専用のチューナーがあり、最近販売されているテレビのほとんどには最初から内蔵されています。テレビに内蔵されていない場合は、新規に用意しなければなりません。

そのほかに、2つ以上の部屋でテレビを見るため「分配器」、複数のアンテナをまとめて配線するための「混合機(ミキサー)・分波器(セパレーター)」、弱い電波を増幅する「増幅器(ブースター)」があります。

自宅の環境によって、電波が弱かったりするなどの電波環境がよくないこともあるため、テレビを視聴するためには上記のようなさまざまな機器が必要になる場合もあります。業者に依頼をする際は、事前にどの機器が必要になるのかを確かめておきましょう。

アンテナ工事で重要なポイントとは

地デジアンテナとBSアンテナはセットで工事したほうがいい?

地デジアンテナの工事と一緒に、bsアンテナを設置しようか悩んでいる人には、地デジとbsのアンテナ工事は同時におこなうことをおすすめします。

テレビアンテナの設置工事は、電波を調査してアンテナを設置後、配線工事を行い、アンテナの角度を微調整して…と、地デジとbsで内容は大きく変わりません。地デジとbsのアンテナを両方設置する場合は、配線に混合器と分波器を設置することになるでしょう。これはアンテナを後付けする場合も同様です。

もし別の日に工事を行った場合、業者を繰り返して呼ぶわけですから、出張費や作業費がその分発生してしまいます。

地デジとbsのアンテナを同時に設置してしまえば、電波の調査など業者の判断が必要な工事をまとめておこなうことができます。また、アンテナの設置や配線工事など一度にすることができるので、作業にかかる手間や費用を抑えることができるでしょう。

おすすめアンテナ工事サービス

まとめ

地デジとbsの大きな違いは、電波が放送局と放送衛星のどちらを中継しているかということです。アンテナを設置するときの違いとして、bsではアンテナの受信可能な角度が狭いので、正確に調整をする必要があります。

アンテナを設置する場所は、周りに障害物がなく、しっかりと固定できる所を選びましょう。また、アンテナの適切な方向を調べることも忘れないでくださいね。

アンテナ設置工事では、ケーブルを屋外から室内に引き込むために、状況によっては穴をあける必要があります。また、必要な機材は「チューナー」に加えて「分配器」、「混合機・分波器」、「増幅器」など視聴環境によって変わってきます。

アンテナ工事には、設置場所の選択、取り付けの強度、アンテナの方向の調整、電気系統の正しい取り扱いなど、注意しなければならないことが多く、専門的な知識・技術が必要になります。また、地デジ・bsアンテナの設置工事は一緒に発注したほうが、費用を抑えることができるのでおすすめです。

地デジ・bsのアンテナ工事は高所作業などの危険を伴い、専門性の高い作業です。安全のためにも、信頼のおける業者にアンテナ工事を依頼してみてはいかがでしょうか。

アンテナ工事を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「アンテナ工事」をご覧ください。

 

弊社調べの最安値 15,000円~

 

 

弊社調べの最安値 15,000円~

 

アンテナ工事のおすすめ業者を見る

 

担当スタッフがあなたに合った業者を紹介
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラPCLINEでの無料相談はこちらPC
担当スタッフがあなたに合った業者を紹介
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

おすすめコンテンツ

最新記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
暮らしのトラブルに備えよう!あると安心のパンフレット
2018-09-25 10:54:23
https://www.seikatsu110.jp/electrical/et_antenna/107495/
各種電気工事
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

各種電気工事 アンテナ工事

おすすめ記事

アンテナ工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

アンテナ工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
電話番号必須
都道府県必須
相談したい内容必須

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、200ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!

0120-949-986