生活110番辞典 各種電気工事

このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビにブースターを取り付ける方法とは?施工手順や注意点を解説

2018-08-16

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

担当スタッフがあなたに合った業者を紹介

アンテナ工事の無料相談はコチラPCメールでの無料相談はコチラPC 灰
担当スタッフがあなたに合った業者を紹介

LINE

みなさんは「テレビの映りが悪いな……」、「映像にノイズがあるな……」ということでお困りではありませんか。テレビの映りが悪いと、大好きなテレビ番組も十分に楽しむことができませんよね。

テレビの不調の原因としては、電波の受信が弱いことが考えられます。そのような場合の対処法として、テレビのブースターを取り付ける方法があります。
テレビのブースターとは、受信したテレビ放送の電波を増幅することができる機器のことです。テレビの映りが改善されるかもしれません。

本コラムでは、テレビのブースターの取り付け方やブースターを選ぶ際の注意点をご紹介します。テレビの映りが悪いという方は、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめアンテナ工事サービス

ブースターはこんなときに活用できる

先ほども説明しましたが、テレビのブースターとはテレビ放送の受信電波を増幅する機器のことです。テレビの映りが悪い、もしくはテレビが映らないときにブースターを使うことで、トラブルを解決できるかもしれません。

しかし、そもそもなぜテレビの受信電波は弱くなってしまうのでしょうか。ここではテレビの受信感度が弱くなる原因をご紹介します。

電波基地局から遠い

テレビの放送電波は、電波基地局から発信されています。お住まいの地域が電波基地局から遠ければ遠いほど、電波の受信感度が弱くなってしまいます。

障害物

電波基地局とアンテナの間に障害物がある場合にも、テレビの受信電波が弱まってしまいます。自宅の近くに大きな建造物ができたことが原因で、受信感度が弱まってしまうこともあるようです。

分配器を使う場合

分配器とは、受信した電波を複数にわける機器です。1つのテレビ端子から複数のテレビに接続できるため、非常に便利ですが、分配器を使うことによって受信電波は弱くなってしまいます。

このような場合に、テレビの受信電波は弱くなってしまいます。もし心当たりがある場合は、テレビのブースターの取り付けを検討しましょう。

      一部屋?全体?アパートやマンションでテレビが映らないときの対処法

ブースターの取り付け方

では、テレビのブースターはどのように取り付けるのでしょうか?ここでは、テレビのブースターの取り付け方を紹介します。

まずは、テレビのブースターとアンテナ、テレビをつなぐ同軸ケーブルを準備しましょう。同軸ケーブルとは、アンテナとテレビなどの周辺機器を接続するためのケーブルです。

【ブースターの取り付け方法】

①ブースターのふたを開けて、同軸ケーブルを接続する端子を確認する
②地デジ、BS/CSそれぞれの接続端子を確認する
③アンテナから配線している同軸ケーブルを接続する
④ブースター電源部から増幅部へ同軸ケーブルの配線を確認して接続する
⑤ブースター電源部から分配器へ同軸ケーブルを接続する

簡単ではありますが、以上がテレビのブースターを取り付ける手順になります。テレビーのブースターを接続することができたら、テレビの電源をつけて電波の受信感度を確認してみましょう。

もし受信感度が改善されない場合や、接続方法がわからない場合はアンテナ工事のできる業者に相談してみましょう。

ブースターを使う際の注意点とは?

テレビのブースターの取り付け方をご紹介しましたが、取り付ける際にいくつか注意点があります。

ブースターを設置する場所

ブースターは、アンテナの近くに設置するようにしましょう。分配器やケーブルの近くに設置すると、電波が干渉することや、雑音が発生してしまうおそれがあります。

ブースターは電波を増幅させるものであるため、雑音も増幅されてしまいます。また、ブースターを置く場所はアンテナの真下がよいといわれています。ただし、その場合は雨や風の影響を受けないよう、防水性のブースターを選択する必要があります。

屋外用か屋内用か

ブースターには屋外用と室内用があります。屋内用のテレビブースターは容易に設置できるほか、価格が比較的安いことが特長ですが、ブースターとしての効果は屋外用と比べると劣るといわれています。

そのため、屋内用のテレビブースターは「少しだけ受信感度を高めたい」という場合に使うことをオススメします。「テレビが全く映らない」という状況の場合は、より効果の高いが屋外用テレビブースターを設置するようにしましょう。また、BS/CS放送に対応しているかどうかを事前に確認しておくことも大切です。

      ブースターを使う際の注意点とは?

アンテナが不調の原因になっていることも

テレビのブースターを取り付けても、テレビが映らないというケースもあります。そのような場合は、テレビアンテナ自体に問題があるかもしれません。テレビのアンテナに不具合がある場合は、素人で対処することは難しいため、アンテナ工事のできる業者に相談してみましょう。

なかには自分でアンテナを調整する方もいますが、あまりオススメはできません。一般的なテレビアンテナは高所に設置することが多いため、作業には危険を伴います。アンテナ工事のプロであっても、安全面を考えて複数人で作業をおこなう業者も多いほどです。

また、アンテナの設置、配線には専門的な知識も必要です。無理な作業をおこなうことで、テレビアンテナが破損してしまうことも考えられます。そのため、テレビアンテナのことでお悩みがあれば、アンテナ工事のプロに相談することをオススメします。

おすすめアンテナ工事サービス

まとめ

今回は、テレビのブースターの取り付け方をご紹介しました。テレビのブースターとは、受信した電波を増幅する機器のことです。電波の受信感度が弱い場合にテレビブースターを取り付けることで、改善することができます。

ブースターを選ぶ際は、室内用のものや屋外用のものを設置するのか、BS/CSに対応しているものか確認しましょう。また、テレビブースターを設置する場所はアンテナの近くにすることで、より高い効果を発揮するほか、雑音を防ぐこともできます。

ブースターの取り付け方は比較的簡単ですが、ご自身での作業に不安がある方は、アンテナ工事のプロに依頼することをオススメします。経験豊富なプロに依頼することで、素早く丁寧にテレビのトラブルを解決してくれますよ。

アンテナ工事を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「アンテナ工事」をご覧ください。

弊社調べの最安値 15,000円~

弊社調べの最安値 15,000円~

アンテナ工事のおすすめ業者を見る

担当スタッフがあなたに合った業者を紹介

アンテナ工事の無料相談はコチラPCメールでの無料相談はコチラPC 灰
担当スタッフがあなたに合った業者を紹介

LINE

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
2投票,  平均評価値:3.5

最新記事

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、200ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!

このエントリーをはてなブックマークに追加
暮らしのトラブルに備えよう!あると安心のパンフレット
2018-08-16 16:47:44
https://www.seikatsu110.jp/electrical/et_antenna/107226/
各種電気工事

シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

各種電気工事 アンテナ工事

おすすめ記事

アンテナ工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

アンテナ工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
電話番号必須
都道府県必須
相談したい内容必須

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

0120-949-986